矢野 武志 (ヤノ タケシ)

YANO Takeshi

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

麻酔、集中治療、ペインクリニック

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年03月

    宮崎医科大学   医学部   医学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2006年03月

    宮崎大学  医学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 宮崎大学 -  医学博士

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 麻酔科学

  • 救急医学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effectiveness of soluble recombinant human thrombomodulin in patients with severe acute pancreatitis complicated by disseminated intravascular coagulation

    Yano T., Taniguchi M., Shirasaka T., Tsuneyoshi I.

    Turkish Journal of Anaesthesiology and Reanimation   47 ( 4 ) 320 - 326   2019年08月

    共著

     概要を見る

    © 2019 by Turkish Anaesthesiology and Intensive Care Society. Objective: We aimed to evaluate retrospectively the effect of soluble recombinant human thrombomodulin (rTM) on prognosis in patients with severe acute pancreatitis complicated by disseminated intravascular coagulation (DIC). Methods: Based on Japanese diagnostic criteria of acute pancreatitis and DIC, patients who entered our intensive care unit (ICU) were selected. Comparisons were made between patients treated with rTM (rTM group) and without rTM (control group). Results: A total of 38 patients were selected, and rTM was administered to 13 patients. Mortality on the 60th day after entering the ICU was significantly lower in the rTM group (15%) as compared with the control group (56%) (p=0.036). Although the platelet count was significantly lower in the rTM group at the start of treatment, the reversal rate from DIC was significantly higher than in the control group (rTM 62%, control 24%, p=0.035). According to logistic regression analysis of therapeutics, only rTM contributed to survival on the 60th day (odds ratio, 12.5; 95% confidence interval, 1.80-160; p=0.009). Conclusion: In patients with severe acute pancreatitis complicated by DIC, it was suggested that rTM might improve the prognosis of survival, even if the platelet count was markedly reduced.

    DOI

  • 鶏刺し食後に急性腎障害に至った下垂体腺腫摘出後の1症例.

    内村修二,矢野武志,長濵真澄,與那覇 哲,谷口正彦,恒吉勇男

    臨床麻酔   42 ( 8 ) 1107 - 1110   2018年08月  [査読有り]

    共著

  • Continuous Muscle Relaxant Administration for the Management of Severe Tracheomalacia.

    Takeshi Yano

    Annals of Case Reports and Images   1 ( 2 ) 1   2018年  [査読有り]

    単著

  • Evaluation of the distance between the epidural puncture point and the thoracic cavity using CT images in Japanese adults.

    Taro Kawano, Takeshi Yano, Isao Tsuneyoshi

    Journal of anesthesia and clinical research   9   2018年  [査読有り]

    共著

  • A case of severe acute exacerbation of Yokkaichi asthma treated with a vibrating mesh nebulizer.

    Takeshi Yano, Tetsu Yonaha, Koutaro Hidaka, Masumi Nagahama, Tomohiro Koshida, Hiroshi Matsuoka, Masahiko Taniguchi, Isao Tsuneyoshi

    Respiratory Medicine Case Reports   19   83 - 85   2016年08月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 麻酔偶発症A to Z

    矢野武志 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 仙骨麻酔の失敗(効果なし)・不完全ブロック. )

    文光堂  2017年06月

  • 麻酔偶発症A to Z

    矢野武志 (担当: 分担執筆 )

    文光堂  2017年06月

  • 麻酔科医のための周術期の薬物使用法-イソプレナリン

    谷口正彦, 矢野武志, 恒吉勇男 (担当: 共著 , 担当範囲: 全身管理薬ーイソプレナリン pp206-208 )

    中山書店  2015年04月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 重症敗血症における臓器リモデリングの検討

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     概要を見る

    重症敗血症における臓器リモデリングの検討

  • 敗血症性ショック治療薬としてのトロンボモデュリンの効果

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月 

     概要を見る

    敗血症性ショック治療薬としてのトロンボモデュリンの効果

  • 敗血症性ショックに対する新規治療薬の開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

     概要を見る

    敗血症性ショックに対する新規治療薬の開発

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 麻酔覚醒時のバッキングが原因と思われる特発性縦隔気腫の1症例.

    長嶺佳弘,矢野武志,森 信一郎,江川久子,谷口正彦,恒吉勇男

    九州麻酔学会第56回大会  (沖縄)  2018年09月  -  2018年09月    九州麻酔学会

  • 緊急冠動脈バイパス術後に悪性高熱症を疑い,ダントロレンを投与した1症例.

    内村修二,谷口正彦,君安貴寛,長濵真澄,青山剛士,與那覇 哲,矢野武志,恒吉勇男

    第2回日本集中治療医学会九州支部学術集会  (佐賀)  2018年07月  -  2018年07月    日本集中治療医学会九州支部

  • 循環制御に関わる医療機器と臨床工学技士.

    吉海啓大,山﨑竜魅,江川雄紀,井上日央里,宮永明莉,副田 亮,宮原史和,都留奈々瀬,小田裕一,與那覇 哲,矢野武志,谷口正彦, 恒吉 勇男

    第39回日本循環制御医学会総会  (宮崎)  2018年06月  -  2018年06月    日本循環制御医学会

  • ラリンジアルマスクでの麻酔管理後に生じた陰圧性肺水腫の一例.

    與那覇 哲,谷口正彦,溜渕昌美,内村修二,日髙康太郎,青山剛士,長濵真澄,矢野武志,恒吉勇男

    第45回日本集中治療医学会学術集会  (千葉)  2018年02月  -  2018年02月    日本集中治療医学会

  • 外来部門におけるRapid Response Systemの有効性と問題点について.

    青山剛士,田崎 哲,溜渕昌美,内村修二,日髙康太郎,長濵真澄,與那覇 哲,矢野武志,谷口正彦,恒吉勇男

    第45回日本集中治療医学会学術集会  (千葉)  2018年02月  -  2018年02月    日本集中治療医学会

全件表示 >>