河村 隆介 (カワムラ リュウスケ)

KAWAMURA Ryusuke

写真a

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) ( 2007年2月   大阪府立大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 材料力学、機械材料

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Simulation of Thermal Environment Estimation inside Barn for Improvement in Livestock Productivity 査読あり

    Masato TODA, Dai ISHIBASHI, Masaru AIKAWA, Hideaki MURAKOSO, Hidenori OGIWARA, Ryuusuke KAWAMURA

    Proceedings of the 7th Asian Conference on Mechanics of Functional Materials and Structures (ACMFMS2020+1)   201 - 202   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    The purpose of this study is to examine the effectiveness of coating the barn roof with high solar reflectant paint called heat shielding paint as a measure against heat, and to establish the method to estimate thermal environment inside the barn using simulation software TRNSYS. Time transition of air temperature inside the barn where roof is coated with heat shielding paint has been predicted by simulation. Comparing the numerical result by simulation and the measured result by practical test, we have confirmed that it is possible to predict time transition of air temperature and daily maximum air temperature inside the barn.

  • Effect of Surface Areas of Heated Air Flow Paths on Heat Storage Efficiency of Mortar Block 査読あり

    Ryuusuke KAWAMURA, Kozo ONOUE, Yoshinori NAGASE, Shigeki TOMOMATSU, Rinsei ISHIGAMI

    Proceedings of the 7th Asian Conference on Mechanics of Functional Materials and Structures (ACMFMS2020+1)   271 - 274   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    We aim to develop a low-cost solid sensible heat storage system for central power tower plants using mortar blocks for heat storage using ferronickel slag as a fine aggregate of mortar. We have examined to increase amount of heat storage of the block by heat transfer enhancement between the block and heated air. Increasing number of circular holes under the condition that heat capacity of the block remains constant, we have examined effect of surface areas of heated air flow paths on amount of heat storage of the block by performing heat storage test. As surface areas of heated air flow paths increase, not only amount of heat storage of the block but also pressure drop due to pipe friction increase. We have found that there is the number of circular holes to maximize amount of heat storage of the block.

  • Bending Vibration Analysis of an Inhomogeneous Rectangular Plate Due to Cyclic Heating -When Temperature Change at the Bottom Surface is kept at Zero- 査読あり

    Masahide OHNO, Ryuusuke KAWAMURA

    Proceedings of the 7th Asian Conference on Mechanics of Functional Materials and Structures (ACMFMS2020+1)   223 - 224   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this study, a bending vibration problem of an inhomogeneous rectangular plate in which material properties are given in a form of power of the coordinate in the thickness direction is considered. Dynamic solutions of deflection and thermal stresses in the plate are derived under the mechanical boundary condition of the plate with all edges simply supported. Performing numerical calculation, the effect of inhomogeneity in material properties on amplification factor of thermal stresses in the plate is examined.

  • Improved Design of Water Washing/Paint Spraying Robot for Feeder Tank -Design for Reducing Weight of Main Body of the Robot and Its Trial Manufacture- 査読あり

    Masaki KATAOKA, Yusuke IKEYA, Shota OKAHARA, Ryuusuke KAWAMURA

    Proceedings of the 7th Asian Conference on Mechanics of Functional Materials and Structures (ACMFMS2020+1)   203 - 204   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    This paper presents a suitable technological solution to a problem of spray painting of high solar reflectance paint. We examine a new technology that enables to secure the safety of working at high altitudes, and to reduce the cost of heatshielding painting by introducing water washing/paint spraying robots. We describe an improved design for reducing mass and trial manufacture of the robot that moves and stands still on the rail around the tank and pulls a spray gun trigger. The mass of the robot is reduced from 13 kg to 8.9 kg by the present improved design. Carrying out the theoretical analysis of bending problem of rail for horizontal movement of the robot, we have considered the layout of the wheels and pinions in the horizontal movement of the robot so as to decrease the load of the motor.

  • 太陽熱を用いた酸化マグネシウムの還元(レトルト炉の回転による温度均一化の検討)

    濟陽 悠馬,長瀬 慶紀,友松 重樹,赤坂 重尭,河村 隆介

    日本機械学会九州支部第73期総会・講演会講演論文集   1   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    太陽熱エネルギーの利用方法としてマグネシウム空気電池に使用されるマグネシウムの精製がある.マグネシウム空気電池は温室効果ガスや環境汚染物質を出さず,反応物として出る酸化マグネシウムMgOを還元すれば再使用が可能である.しかし,現在,マグネシウムの還元は 主に 化石燃料を使用した熱還元法で行われているため,還元の際に温室効果ガスなどを排出してしまう.そこで,再生可能エネルギーである太陽熱エネルギーを用いて熱還元を行う事が出来れば,還元の際に温室効果ガスを排出しないクリーンな発電サイクルの構築が可能となる.本研究室ではビームダウン式太陽集光装置(Beam-Down Solar Concentrator,以下 BDSCと記す)を使用して直接加熱による還元を行おうとしたが,MgOの吸収率が低いため目標温度を達成することが出来なかった.そのため,吸収率を高めた容器の中にMgOを入れ,間接加熱を行うこととした.また,その際に入射エネルギー量に対する還元の効率を上昇させるために均一に加熱を行うための機構を製作する.本研究はBDSCを模した太陽光シミュレータと加熱容器を設計・製作し,間接加熱による材料の均一な加熱に必要な条件をモデル実験によって確認することを目的とする.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Dynamics and Control of Advanced Structures and Machines -Contributions from the 3rd International Workshop, Perm, Russia-

    Ryuusuke Kawamura, Kozo Onoue, Yoshinori Nagase, Shigeki Tomomatsu( 担当: 共著 ,  範囲: Experimental and Analytical Examination in Solid Sensible Cylindrical Heat Storage Block Consisted of Ferronickel Slag)

    Springer Nature Switzerland  2019年 

     詳細を見る

    総ページ数:204   担当ページ:75-86   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 大学院材料力学入学試験問題集2018―主要大学機械工学系大学院材料力学入試問題集―

    畑 俊明,伊藤勝悦,土田栄一郎,須見尚文,辻 知章,小畑良洋,石原正行,河村隆介,森本卓也( 担当: 共著 ,  範囲: 神戸大学 平成29年度)

    NPO法人 固体の力学研究会  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 大学院材料力学入学試験問題集2017―主要大学機械工学系大学院材料力学入試問題集―

    畑 俊明,伊藤勝悦,土田栄一郎,須見尚文,辻 知章,小畑良洋,石原正行,河村隆介,森本卓也( 担当: 共著 ,  範囲: 神戸大学 平成28年度)

    NPO法人 固体の力学研究会  2017年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • Dynamics and Control of Advanced Structures and Machines

    Ryuusuke Kawamura, Yoshinori Nagase, Shigeki Tomomatsu( 担当: 共著 ,  範囲: Effect of Material Layers in a Compound Circular Receiver Model Design for Concentrating Solar Power)

    Springer International Publishing Switzerland  2017年 

     詳細を見る

    総ページ数:233   担当ページ:125-136   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 大学院材料力学入学試験問題集2016―主要大学機械工学系大学院材料力学入試問題集―

    畑 俊明,伊藤勝悦,土田栄一郎,須見尚文,辻 知章,小畑良洋,石原正行,河村隆介,森本卓也( 担当: 共著 ,  範囲: 神戸大学 平成27年度)

    NPO法人 固体の力学研究会  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 特別講座:機械系大学院入試問題演習(4)材料力学:神戸大学2018年夏季実施より 査読あり

    河村 隆介

    機械の研究   73 ( 4 )   317 - 324   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:㈱養賢堂  

    本連載のシリーズ(3)に引き続き,本稿では,神戸大学大学院工学研究科機械工学専攻2018年夏季実施の問題IIに対する解答者のコメント,解法のための公式および解答を提示する.

  • 特別講座:機械系大学院入試問題演習(3)材料力学:神戸大学2018年夏季実施より 査読あり

    河村 隆介

    機械の研究   73 ( 3 )   236 - 241   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:㈱養賢堂  

    本連載のシリーズ(3)より,2018年,2019年夏季に実施された神戸大学大学院工学研究科機械工学専攻の材料力学入試問題に対して詳細な解答を提示する.(中略)本稿では,神戸大学2018年夏季実施の問題Iに対する解答者のコメント,解法のための公式および解答を提示する.

  • 工学部機械設計システム工学科における技術者教育の実践例ー材料と構造分野の場合ー 招待あり 査読あり

    河村 隆介

    教育・学生支援センター紀要   ( 2 )   29 - 37   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:宮崎大学教育・学生支援センター  

  • 牛舎屋根へ遮熱塗装を施し温熱環境の改善を

    河村隆介,小林郁雄,村社英秋,荻原英範

    DAIRYMAN デーリィマン   66 ( 6 )   40 - 41   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:デーリィマン社  

  • 研究室紹介 宮崎大学工学部機械設計システム工学科 材料研究室

    河村隆介,木之下広幸,池田清彦

    日本実験力学会誌   15 ( 1 )   77 - 77   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本実験力学会  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Simulation of Thermal Environment Estimation inside Barn for Improvement in Livestock Productivity 国際会議

    Masato TODA, Dai ISHIBASHI, Masaru AIKAWA, Hideaki MURAKOSO, Hidenori OGIWARA, Ryuusuke KAWAMURA

    The 7th Asian Conference on Mechanics of Functional Materials and Structures (ACMFMS2020+1)  (Online)  Tohoku University

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月13日 - 2021年3月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

    The purpose of this study is to examine the effectiveness of coating the barn roof with high solar reflectant paint called heat shielding paint as a measure against heat, and to establish the method to estimate thermal environment inside the barn using simulation software TRNSYS. Time transition of air temperature inside the barn where roof is coated with heat shielding paint has been predicted by simulation. Comparing the numerical result by simulation and the measured result by practical test, we have confirmed that it is possible to predict time transition of air temperature and daily maximum air temperature inside the barn.

  • Effect of Surface Areas of Heated Air Flow Paths on Heat Storage Efficiency of Mortar Block 国際会議

    Ryuusuke KAWAMURA, Kozo ONOUE, Yoshinori NAGASE, Shigeki TOMOMATSU and Rinsei ISHIGAMI

    The 7th Asian Conference on Mechanics of Functional Materials and Structures (ACMFMS2020+1)  (Online)  Tohoku University

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月13日 - 2021年3月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

    We aim to develop a low-cost solid sensible heat storage system for central power tower plants using mortar blocks for heat storage using ferronickel slag as a fine aggregate of mortar. We have examined to increase amount of heat storage of the block by heat transfer enhancement between the block and heated air. Increasing number of circular holes under the condition that heat capacity of the block remains constant, we have examined effect of surface areas of heated air flow paths on amount of heat storage of the block by performing heat storage test. As surface areas of heated air flow paths increase, not only amount of heat storage of the block but also pressure drop due to pipe friction increase. We have found that there is the number of circular holes to maximize amount of heat storage of the block.

  • Bending Vibration Analysis of an Inhomogeneous Rectangular Plate Due to Cyclic Heating -When Temperature Change at the Bottom Surface is kept at Zero- 国際会議

    Masahide OHNO, Ryuusuke KAWAMURA

    The 7th Asian Conference on Mechanics of Functional Materials and Structures (ACMFMS2020+1)  (Online)  Tohoku University

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月13日 - 2021年3月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

    In this study, a bending vibration problem of an inhomogeneous rectangular plate in which material properties are given in a form of power of the coordinate in the thickness direction is considered. Dynamic solutions of deflection and thermal stresses in the plate are derived under the mechanical boundary condition of the plate with all edges simply supported. Performing numerical calculation, the effect of inhomogeneity in material properties on amplification factor of thermal stresses in the plate is examined.

  • Improved Design of Water Washing/Paint Spraying Robot for Feeder Tank -Design for Reducing Weight of Main Body of the Robot and Its Trial Manufacture- 国際会議

    Masaki KATAOKA, Yusuke IKEYA, Shota OKAHARA, Ryuusuke KAWAMURA

    The 7th Asian Conference on Mechanics of Functional Materials and Structures (ACMFMS2020+1)  (Online)  Tohoku University

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月13日 - 2021年3月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

    This paper presents a suitable technological solution to a problem of spray painting of high solar reflectance paint. We examine a new technology that enables to secure the safety of working at high altitudes, and to reduce the cost of heatshielding painting by introducing water washing/paint spraying robots. We describe an improved design for reducing mass and trial manufacture of the robot that moves and stands still on the rail around the tank and pulls a spray gun trigger. The mass of the robot is reduced from 13 kg to 8.9 kg by the present improved design. Carrying out the theoretical analysis of bending problem of rail for horizontal movement of the robot, we have considered the layout of the wheels and pinions in the horizontal movement of the robot so as to decrease the load of the motor.

  • 畜舎屋根遮熱塗装による畜産生産性改善の予測

    赤松 慧, 戸田 雅人, 村社 英秋, 荻原 英範, 河村 隆介

    日本機械学会M&M2019材料力学カンファレンス  (九州大学)  日本機械学会材料力学部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月2日 - 2019年11月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best PaperAward

    2018年9月   International Conference on Science, Technology & Education 2018 (ICSTE 2018)  

    前田順登,長瀬慶紀,友松重樹,福井雄大,赤坂重尭,野村文椰,河村隆介

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:タイ王国

    「Improving Uniformity ofTemperature Distribution
    in Heating Medium of a Solar-Particle Receiver」と題した論文を発表し、優秀であると認められたため、Best PaperAward が授与された.

  • 宮崎大学教員教育活動表彰

    2016年12月   宮崎大学  

    河村隆介

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • The Michael Brown Award受賞

    2013年7月   宮崎大学・上海交通大学  

    小倉正樹,矢野康之,河村隆介,木之下広幸

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • ISAMR Excellent Poster受賞

    2013年7月   宮崎大学・上海交通大学  

    長瀬はるか,矢野康之,河村隆介,木之下広幸

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • ISAMR Excellent Poster受賞

    2013年7月   宮崎大学・上海交通大学  

    小倉正樹,矢野康之,河村隆介,木之下広幸

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • BD太陽集光装置のための蓄熱粒子流動型太陽光レシーバの開発

    2019年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • ビームダウン式太陽集光装置のための固体顕熱蓄熱システムの研究開発

    2015年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    河村隆介、尾上幸造,長瀬慶紀,友松重樹

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究では、鉄鋼スラグを蓄熱材料として用いる固体顕熱蓄熱槽の蓄熱特性と高温下での力学的強度を調査する。ビームダウン式太陽集光装置のための固体顕熱蓄熱槽の解析方法と最適設計方法の確立を図る。ビームダウン式太陽集光装置を用いた実験を行い、固体顕熱蓄熱槽を開発し、蓄熱性能及び高温強度を評価し、その有効性について検討する。

  • 機能性不均質導電構造物の電磁熱誘起振動と電磁熱衝撃の数理解析

    2010年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究は磁場の周期的および衝撃的時間変化により誘起される渦電流損の熱負荷とローレンツ力を同時に受ける不均質導電材料からなる構造物の電磁熱弾性問題の数理解析方法の確立を図り,数値計算による定量的評価を行って,電磁熱弾性応力と変形の準静的挙動,電磁熱誘起振動と電磁熱衝撃の動的応答に及ぼす不均質材料物性の効果の解明を目指すものである.

  • 機能性不均質柔軟構造物の熱負荷による動的応答と非線形不安定挙動に関する数理解析

    2005年04月 - 2007年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    谷川義信、河村隆介

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    傾斜機能材料(FGMs)や複合材料に代表される機能性不均質弾性体からなる柔軟構造物を対象として,本研究課題は外力や加熱による圧縮負荷を受ける場合の座屈,座屈後という非線形不安定挙動および,外力や加熱の周期的変化を受ける場合の熱誘起振動という動的応答の問題に関する数理解析に取り組もうとしたものである.そして,機能性不均質弾性体からなる種々の柔軟構造モデルの座屈や振動に及ぼす外力や加熱の条件,不均質材料特性および幾何学的形状等の影響を系統的に明らかにしている.

  • 機能性不均質材料の形態設計と材料設計に関する併合システムの構築(遺伝的アルゴリズムとセルラ・オートマトンを併用した構造最適化問題)

    1999年04月 - 2002年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    谷川義信、河村隆介

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    傾斜機能材料(FGM)に代表される機能性不均質材料の構造強度に関する種々の機能性をより発揮させるためにには,どのように材料設計を行うべきであるか,さらに材料設計段階で得られた結果をもとにして,どのように形態設計を行うべきかという課題に取り組もうとしたものである.

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 飼料タンク用洗浄・遮熱塗装ロボットの開発可能性研究

    2017年09月 - 2018年08月

    公益財団法人宮崎県産業振興機構  平成29年度産学官共同研究開発支援事業(事業可能性調査)重点分野型 

    河村隆介、田村宏樹,小林郁雄,甲斐崇浩,相川 勝,西片奈保子,村社英秋,荻原英範

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    本調査研究では,本県におけるフードビジネスの基幹をなす畜産業の生産性向上に有効な暑熱対策である遮熱塗装施工の新技術の開発可能性を調査する。具体的には,足場を使用することなく地上にいる作業員の遠隔操作により飼料タンク表面の洗浄及び遮熱塗装を行う自走式ロボットの開発可能性を検討する。このロボット技術の開発によって,飼料タンク表面の洗浄及び遮熱塗装を短時間で作業負担と施工コストを削減しつつ,作業性と安全性を確保できる新しい施工方法の開発可能性を検討する。