鳥巣 至道 (トリス シドウ)

TORISU Sido

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

小動物 肝臓 栄養療法 アミノ酸

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年03月

    日本獣医生命科学大学   獣医学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2007年03月

    日本獣医生命科学大学  獣医学研究科  画像診断学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医生命科学大学 -  獣医学博士

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 伴侶動物の獣医療に及ぼす食事療法の可能性に関する研究

    その他の研究制度  

    研究期間: 2016年04月  -  継続中

     概要を見る

    食事療法の可能性を獣医療で高めるために、新規サプリメントや治療システムを開発する

  • 機能性の高い粉末野菜サプリメントの開発

    共同研究  

    研究期間: 2009年02月  -  継続中

     概要を見る

    特殊技術で作成した粉末野菜を肝疾患をもつ動物に投与して 肝臓の機能が改善するかを評価する。

  • 犬の先天性門脈体循環シャント術後神経障害の病態生理の検討

    (選択しない)  

    研究期間: 2002年04月  -  継続中

     概要を見る

    犬の先天性門脈体循環シャントの手術後に原因不明のけいれん発作が発症することがある。このメカニズムを検討する。

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of dental scaling on oxidative stress in dogs.

    Nao Tsuzuki, Kio Iwamoto, Norimitsu Iwatsubo, Shingo Uchida, Yuichi Hidaka, Shidow Torisu

    THE JOURNAL OF COMPARATIVE INTEGRATIVE MEDICINE     2018年  [査読有り]

    共著

  • A possible origin population of pathogenic intestinal nematodes, Strongyloides stercoralis, unveiled by molecular phylogeny

    Nagayasu E., Aung M., Hortiwakul T., Hino A., Tanaka T., Higashiarakawa M., Olia A., Taniguchi T., Win S., Ohashi I., Odongo-Aginya E., Aye K., Mon M., Win K., Ota K., Torisu Y., Panthuwong S., Kimura E., Palacpac N., Kikuchi T., Hirata T., Torisu S., Hisaeda H., Horii T., Fujita J., Htike W., Maruyama H.

    Scientific Reports   7 ( 1 )   2017年12月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2017 The Author(s). Humans and dogs are the two major hosts of Strongyloides stercoralis, an intestinal parasitic nematode. To better understand the phylogenetic relationships among S. stercoralis isolates infecting humans and dogs and to assess the zoonotic potential of this parasite, we analyzed mitochondrial Cox1, nuclear 18S rDNA, 28S rDNA, and a major sperm protein domain-containing protein genes. Overall, our analyses indicated the presence of two distinct lineages of S. stercoralis (referred to as type A and type B). While type A parasites were isolated both from humans and dogs in different countries, type B parasites were found exclusively in dogs, indicating that the type B has not adapted to infect humans. These epidemiological data, together with the close phylogenetic relationship of S. stercoralis with S. procyonis, a Strongyloides parasite of raccoons, possibly indicates that S. stercoralis originally evolved as a canid parasite, and later spread into humans. The inability to infect humans might be an ancestral character of this species and the type B might be surmised to be an origin population from which human-infecting strains are derived.

    DOI

  • Retrospective analysis of canine gallbladder contents in biliary sludge and gallbladder mucoceles

    MIZUTANI Shinya, TORISU Shidow, KANEKO Yasuyuki, YAMAMOTO Shushi, FUJIMOTO Shinsuke, ONG Benedict Huai Ern, NAGANOBU Kiyokazu

    The Journal of Veterinary Medical Science   79 ( 2 ) 366 - 374   2017年02月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>The pathophysiology of canine gallbladder diseases, including biliary sludge, gallbladder mucoceles and gallstones, is poorly understood. This study aimed to evaluate the component of gallbladder contents and bacterial infection of the gallbladder in order to elucidate the pathophysiology of biliary sludge and gallbladder mucoceles. A total of 43 samples of canine gallbladder contents (biliary sludge, 21 and gallbladder mucoceles, 22) were subjected to component analysis by infrared spectroscopy, and the resultant infrared spectra were compared with that of swine mucin. Of the 43 samples, 41 were also evaluated by aerobic and anaerobic bacterial culture. The contents of 20 (95.2%) biliary sludge and 22 (100%) gallbladder mucocele samples exhibited similar infrared spectra as swine mucin. Although biliary sludge and gallbladder mucocele contents exhibited similar infrared spectra, one sample of biliary sludge (4.8%) was determined to be composed of proteins. The rate of bacterial infection of the gallbladder was 10.0% for biliary sludge and 14.3% for gallbladder mucoceles. Almost all of the identified bacterial species were intestinal flora. These results indicate that the principal components of gallbladder contents in both gallbladder mucoceles and biliary sludge are mucins and that both pathophysiologies exhibit low rates of bacterial infection of the gallbladder. Therefore, it is possible that gallbladder mucoceles and biliary sludge have the same pathophysiology, and, rather than being independent diseases, they could possibly represent a continuous disease. Thus, biliary sludge could be considered as the stage preceding the appearance of gallbladder mucoceles.</p>

    DOI CiNii

  • Oxidative stress markers in Thoroughbred horses after castration surgery under inhalation anesthesia.

    Tsuzuki N, Sasaki N, Kusano K, Endo Y, Torisu S.

    Journal of Equine Science   27 ( 2 ) 77 - 79   2016年04月  [査読有り]

    共著

  • A case report of suspected hepatopulmonary syndrome secondary to ductal plate malformation with chronic active hepatitis in a dog.

    Kaneko Y, Torisu S, Hagio M, Yamaguchi R, Mizutani S, Naganobu K.

    Journal of Veterinary Medical Science   78 ( 3 ) 493 - 497   2016年04月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • SURGEON

    鳥巣至道 (担当: 単著 )

    株式会社インターズ  2018年07月

  • 猫の診療指針ー肝外胆管閉塞

    石田卓夫, 鳥巣至道 他 (担当: 分担執筆 )

    緑書房  2018年02月

  • 猫の診療指針ー門脈体循環シャント

    石田卓夫, 鳥巣至道 他 (担当: 分担執筆 )

    緑書房  2018年02月

  • 伴侶動物治療指針 vol.7―臓器・疾患別 最新の治療法33

    石田卓夫、鳥巣至道他(合計36名) (担当: 共著 , 担当範囲: カテーテルとドレーンを使いこなす ~集中治療に欠かせない細かなテクニック~ )

    株式会社 緑書房  2016年10月 ISBN: 978-4-89531-282-0

     概要を見る

    小動物領域の集中治療において欠かせないカテーテルとドレーンの設置方法や設置基準、そしてそのときの細やかなテクニックを詳細に解説した。

  • 伴侶動物治療指針 vol.6―臓器・疾患別 最新の治療法33

    石田卓夫、鳥巣至道他(合計33名) (担当: 共著 , 担当範囲: カテーテル・ドレナージの基本的考え方 )

    株式会社 緑書房  2015年10月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • チューブフィーディング設置テクニックと臨床例への応用(後編)

    鳥巣至道

    獣医畜産新報 ( 文永堂出版 )  70 ( 9 ) 671 - 674   2017年09月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    小動物医療で最近頻繁に取り上げられているチューブフィーディングに関して、設置テクニックと臨床例への応用について解説した。

  • チューブフィーディング設置テクニックと臨床例への応用(前編)

    鳥巣至道

    獣医畜産新報 ( 文永堂出版 )  70 ( 8 ) 583 - 590   2017年08月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    小動物医療で最近頻繁に取り上げられているチューブフィーディングに関して、設置テクニックと臨床例への応用について解説した。

  • 常識を疑え!ドックフードにまつわる常識を再検証!~新しい概念で開発した消化器用フードのご紹介~

    鳥巣至道

    第13回日本獣医内科学アカデミー学術大会抄録集     2017年02月  [依頼有り]

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   単著

  • 猫の肝胆道系の疾患を議論する

    鳥巣至道

    第13回日本獣医内科学アカデミー学術大会抄録集     2017年02月  [依頼有り]

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   単著

  • 胆管のツマリの解除

    鳥巣至道

    第13回日本獣医内科学アカデミー学術大会抄録集     2017年02月  [依頼有り]

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   単著

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • Canine & Feline Gastroenterology

    書評 

    2012年08月
     
     
     

     概要を見る

    Robert J. Washabau & Michel J. Dayらが監修したCanine & Feline Gastroenterologyの書評を記載した。

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 獣医学術学会賞

    2019年02月08日   公益社団法人日本獣医師会  

    受賞者:  鳥巣至道, 保坂悠歩, 金子泰之, 北原豪, 日高勇一, 桐野有美, 水谷真也, 山本集士,

  • 第67回九州地区獣医師大会学会長賞(産業動物)

    2018年10月14日   九州地区獣医師会連合会   腹腔鏡で視認した牛の立位時腹腔内潜在精巣の解剖学的位置と腹腔内触診によるアプローチ法の検討  

    受賞者:  保坂悠歩, 鳥巣至道, 金子泰之, 北原豪, 佐藤裕之, 水谷真也, 山本集士, Benedict Huai Ern ONG, 水谷裕子, 桐野有美, 日高勇一, 浅沼武敏, 永延清和

  • 第67回九州地区獣医師大会フレッシュアワード

    2018年10月14日   九州地区獣医師会連合会   アミノ酸製剤の腹腔内投与を実施した肝疾患罹患犬の6例  

    受賞者:  山本集士, 鳥巣至道, 太田能之, 長谷川悦子, 金子泰之, 水谷真也, Benedict Huai Ern ONG, 赤松大, 野矢みどり, 藤本晋輔, 永延清和

  • 第67回九州地区獣医師大会フレッシュアワード

    2018年10月14日   九州地区獣医師会連合会   大十二指腸乳頭狭窄による肝外胆管閉塞と診断した犬の1例  

    受賞者:  向山徹, 古谷頼子, 鳥巣至道, 中村健介

  • 第65回九州地区獣医師大会 フレッシュアワード(小動物)

    2016年10月16日   九州地区獣医師大会   犬と猫の周術期における血中アンモニア値と血中乳酸値に関する検討  

    受賞者:  高橋愛美, 鳥巣至道, 金子泰之, 水谷真也, 山本集士, 永延清和

     概要を見る

    犬と猫の周術期における血中アンモニア値と血中乳酸値に関する検討を行い研究発表を行った。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 胆嚢運動障害と食餌管理に対する基礎的検討

    提供機関:  民間財団等  クリニカルニュートリション研究会1年プログラム

    研究期間: 2013年09月  -  2014年03月 

     概要を見る

    犬の胆嚢収縮に関する基礎的な研究は、あまり行われていない。 胆嚢疾患の原因の1つに胆嚢収縮力の低下が考えられているので、胆嚢収縮を促す栄養素を検討する。

  • 機能性の高い粉末野菜サプリメントの開発

    提供機関:  日本ペット栄養学会  平成20年度日本ペット栄養学会研究奨励金

    研究期間: 2009年02月  -  2009年07月 

     概要を見る

    ベジタブルサポート®ドクタープラスの原料である野菜は、乾燥、粉砕そして配合の3つの工程がある。このサプリメントは野菜の粉砕と配合は特殊技術(特許技術と特許申請中)を使用しているが、乾燥法に関しては通常の温風乾燥法を使用している。今回我々は、新しい野菜の乾燥法として、遠赤外線を用いた噴霧乾燥方法(特許:3478929)を使用する。この新しい野菜の乾燥法は、野菜の機能性成分であるビタミンやファイトケミカルを高濃度に濃縮することが可能であり、新しい乾燥法を使用した野菜を使用して作成したベジタブルサポート®ドクタープラスは、従来品より機能性の高いサプリメントとなる予定である。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • エマらない集中治療

    鳥巣至道

    第18回日本臨床獣医学フォーラム九州地区大会  ( 福岡国際会議場)  2019年03月  -  2019年03月    一般社団法人 日本臨床獣医学フォーラム

  • 消化器疾患 検査データから病態を読みとる

    鳥巣至道

    第21回日本臨床獣医学フォーラム東北地区大会  (仙台国際センター)  2019年03月  -  2019年03月    一般社団法人 日本臨床獣医学フォーラム

  • 大十二指腸乳頭狭窄により閉塞性黄疸となった犬の1例

    向山徹, 鳥巣至道, 古谷依子, 中村健介

    第15回日本獣医内科学アカデミー学術大会  (パシフィコ横)  2019年02月  -  2019年02月    一般社団法人 日本獣医内科学アカデミー

  • 内視鏡検査中に肺血栓塞栓症を急性発症し、救命し得た蛋白漏出性腸症の犬の1例

    赤松大, 鳥巣至道, 金子泰之, 水谷真也, 山本集士, Benedict Huai Ern ONG, 野矢みどり, 中村健介, 永延清和

    第15回日本獣医内科学アカデミー学術大会  (パシフィコ横浜)  2019年02月  -  2019年02月    一般社団法人 日本獣医内科学アカデミー

  • 小動物ってこんなことしてます!これって産業動物でもできますか?

    鳥巣至道

    平成30年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会  (新横浜プリンスホテル)  2019年02月  -  2019年02月    公益社団法人日本獣医師会

全件表示 >>