中村 嘉宏 (ナカムラ ヨシヒロ)

NAKAMURA Yoshihiro

写真a

所属

医学部 附属病院 整形外科

職名

助教

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(医学) ( 2000年3月   宮崎医科大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 整形外科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of total hip arthroplasty on improving locomotive syndrome in hip disease patients: A prospective cohort study focused on total clinical decision limits stage 3 査読あり

    Shigeaki Miyazaki, Kurumi Tsuruta, Saori Yoshinaga, Yoichiro Yamaguchi, Yoshinori Fujii, Hideaki Arakawa, Masaru Ochiai, Tsubasa Kawaguchi, Aya Unoki, Takero Sakamoto, Takuya Tajima, Yoshihiro Nakamura, Taro Funamoto, Masaru Hiyoshi, Etsuo Chosa

    Journal of Orthopaedic Science   21   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2020.12.028

  • 大腿骨頭骨折に対するsurgical dislocationの有用性について 査読あり

    帖佐悦男、中村嘉宏、日吉優

    骨折   43 ( 1 )   95 - 101   2021年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical and Radiographic Outcomes of Double-Bundle Anterior Cruciate Ligament Reconstruction for Asian Patients with Bone-Patellar Tendon-Bone and Gracilis Tendon Grafts: A Matched-Control Comparison 査読あり

    Takuya Tajima、Nami Yamaguchi、Yudai Morita、Makoto Nagasawa、Tomomi Ota、Yoshihiro Nakamura、Takuji Yokoe、Etsuo Chosa

    The Journal of Knee Surgery   1 - 8   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0040-1710376

  • 寛骨臼骨折に対し急性期に一期的人工股関節置換術を施行した2症例

    川越悠輔、帖佐悦男、坂本武郎、池尻洋史、中村嘉宏、舩元太郎、日吉優、川野 啓介

    宮崎整形外科研究会誌   ( 24 )   9 - 11   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Early weight-bearing after anterior cruciate ligament reconstruction with hamstring grafts induce femoral bone tunnel enlargement: A prospective clinical and radiographic study 査読あり

    Tajima T., Yamaguchi N., Nagasawa M., Morita Y., Nakamura Y., Chosa E.

    BMC Musculoskeletal Disorders   20 ( 1 )   274   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BMC Musculoskeletal Disorders  

    © 2019 The Author(s). Background: Bone tunnel enlargement following primary anterior cruciate ligament (ACL) reconstruction with soft tissue graft might be a severe disadvantage for revision surgery. The postoperative rehabilitation protocol including the non-weight-bearing periods were different depending on the surgeon or institute. To determine the relationship between femoral bone tunnel enlargement and the postoperative non-weight-bearing period after double-bundle ACL reconstruction with hamstring grafts. Methods: Forty-two patients who underwent primary double-bundle ACL reconstruction with hamstring grafts were divided into two postoperative non-weight-bearing protocol groups: 1-week non-weight-bearing postoperatively (group A, n = 19); and 2-week non-weight-bearing (group B, n = 18). Five cases were excluded due to additional knee injury, pregnancy, and lost to follow-up. Bone tunnel enlargement was evaluated by computed digital radiographs (anteroposterior (A-P) and lateral views) taken on the first postoperative day and at 12 months. Each tunnel diameter was shown as a percentage to the maximum joint width of the proximal tibia in the A-P view, or a percentage of the maximum diameter of the patella in the lateral view. To determine the incidence of tunnel enlargement, percentage diameter changes of more than 10% were defined as an enlarged tunnel. The magnitude of tunnel enlargement and the standard clinical evaluation were also evaluated. Results: There were no significant differences between groups in the incidences of anteromedial and posterolateral bone tunnel enlargement, both in the A-P and lateral views (2 × 2 Chi-squared test). The magnitude of femoral posterolateral bone tunnel enlargement was significantly greater in group A in the A-P view (p = 0.01) and lateral view (p = 0.03) (Mann Whitney U-test). Twelve months after surgery, the Lysholm score and Tegner activity level scale were not significantly different between the groups. Conclusions: This prospective, clinical and radiographical study showed that early weight-bearing protocol after double-bundle ACL reconstruction with hamstring grafts might have the potential risk of significant postoperative femoral bone tunnel enlargement of the posterolateral bundle. There was no significant difference in clinical outcomes by postoperative non-weight-bearing period. To reduce and prevent the femoral bone tunnel enlargement, the comprehensive management could be considered and required to establish the suitable early stage rehabilitation protocol after surgery. Trial registration: Trial registration number; UMIN000036212. Scientific title: Prospective comparisons of femoral tunnel enlargement with two different postoperative non weight bearing periods after double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction with hamstring grafts. Registered date: 15 Mar 2019 (retrospectively registered).

    DOI: 10.1186/s12891-019-2653-6

    Scopus

    PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 極める膝・下腿骨骨折の理学療法

    中村嘉宏( 担当: 共著)

    文光堂  2017年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:98-105   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 極める膝・下腿骨骨折の理学療法

    宮﨑茂明、落合優、石塚優樹、中村嘉宏、深尾悠、帖佐悦男( 担当: 共著)

    文光堂  2017年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:106-116   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 下肢臨床症候の診かた・考え方 【Ⅰ編】股関節・骨盤部 第1章:股関節・骨盤・大腿部の解剖とバイオメカニクス

    帖佐悦男, 中村嘉宏( 担当: 共著 ,  範囲: 8)

    株式会社南山堂  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 整形外科医師随想集 人として整えつづけて(共著)

    帖佐悦男, 中村嘉宏( 担当: 共著 ,  範囲: 6)

    株式会社すがの印刷  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 脛骨骨幹部解放骨折 招待あり

    中村嘉宏

    関節外科(別刷)   38 ( 10 )   135 - 146   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:メジカルビュー社  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 宮崎県の高校ラグビーにおけるメディカルサポートと脳震盪について

    今里浩之、田島卓也、横江琢示、森田雄大、吉川大輔、山口奈美、中村嘉宏、帖佐悦男

    JOSKAS-JOSSM2020  (兵庫県神戸市)  JOSKAS、JOSSM

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月17日 - 2020年12月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:兵庫県神戸市  

  • 長時間の砕石位手術後に下腿のwell-leg compatment syndromeを来した一例

    神谷俊樹、日吉優、帖佐悦男、坂本武郎、舩元太郎、中村嘉宏、山口洋一朗、平川雄介、今里浩之

    第140回西日本整形・災害外科学会学術集会  (大分県別府市)  西日本整形・災害外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月14日 - 2020年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分県別府市  

  • THA術後患者を対象としたロコプラウォークの可能性

    山口洋一朗、大内宏輝、中村嘉宏、荒川英樹、帖佐悦男

    第47回日本臨床バイオメカニクス学会in Niigata  (Web開催)  日本臨床バイオメカニクス学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月6日 - 2020年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 健康寿命延伸のために我々が行うべきこと、我々自身が改革するべきこと~運動機能低下者に対するロコトレと乳酸菌含有高タンパク質食の有用性に関して~

    中村嘉宏、帖佐悦男

    第31回日本臨床スポーツ医学会学術集会  (Web開催)  日本臨床スポーツ医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月4日 - 2020年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Web開催  

  • スポーツ現場におけるIT医療支援システムの構築-現場とスポーツドクターを繋ぐ、テレメディシンデバイスの可能性に関して-

    中村嘉宏、帖佐悦男、田島卓也、黒木修司、吉川大輔、比嘉聖

    第31回日本臨床スポーツ医学会学術集会  (Web開催)  日本臨床スポーツ医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月4日 - 2020年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Web開催  

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • ロコモティブシンドロームの評価法の開発

    2020年07月 - 2021年03月

    小林市立病院  一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  受託研究区分:一般受託研究

  • Outcomes of Hip Arthroplasty using A DePuy PINNACLE® Gription™ Cup

    2019年05月 - 2022年06月

    ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社  一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 第71回国民体育大会冬季大会

    2016年02月

     詳細を見る

    国民体育大会への医師派遣