田岡 洋介 (タオカ ヨウスケ)

TAOKA Yosuke

写真a

職名

准教授

研究室住所

宮崎市学園木花台西1-1

研究分野・キーワード

海洋微生物学、養殖、プロバイオティクス、発酵、富栄養化、脂質

研究室電話

0985-58-7232

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2007年03月

    鹿児島大学大学院  連合農学研究科  博士課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 -  博士(水産学)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 応用微生物学

  • 水圏生産科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Evaluation of Rate of Adhesion of Lactobacillus namurensis Strain GYP-74 to Porous Fine Ceramics

    Yousuke Taoka, Kentaro Sakai, Hiroyuki Kinoshita, Hanaka Fukuyama, Taichi Kobayashi, Atsushi Hirano, Noriaki Kuroki, Akihiko Kimura

    Processes   9 ( 4 ) 658   2021年04月  [査読有り]  [招待有り]

    共著

    DOI

  • Effect of a peptide complex on the defense mechanism of shrimp, Marsupenaeus japonicus against pathogens and changes in environmental parameters

    Linh N.T.H., Sudhakaran R., Itami T., Taoka Y.

    Journal of the World Aquaculture Society   51 ( 2 ) 488 - 500   2020年04月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © Copyright by the World Aquaculture Society 2019 This study examines the effect of a peptide complex extracted from chicken egg yolk on the action of the immune system of kuruma shrimp, Marsupenaeus japonicus, on pathogens as well as changes in environmental parameters. In the design of three independent experiments, we defined the treated shrimp or the control shrimp as shrimp receiving diet with or without peptide complex administration, respectively. In the first experiment, the shrimp were challenged by Vibrio sp. after 1 week of feeding; the results showed that the survival rates of the treated shrimp were 69%. In the other experiments, the shrimp were exposed to low salinity or high temperature to analyze the changes in various immunological parameters. In a low-salinity test, results showed that the total hemocyte count (THC) of the treated group was significantly higher than that of the control group within 24 hr. In a high-temperature test, THC and phenoloxidase activity of the shrimp in the treated group displayed significantly higher values than that in the control group during 48 hr. In short, the administration of the peptide complex was significantly effective in the prevention of disease and enhancement of the tolerance of kuruma shrimp to environmental changes.

    DOI

  • Production of anserine-rich fish sauce from giant masu salmon, Oncorhynchus masou masou and γ-aminobutyric acid (GABA)-enrichment by Lactobacillus plantarum strain N10

    Taoka Y., Nakamura M., Nagai S., Nagasaka N., Tanaka R., Uchida K.

    Fermentation   5 ( 2 )   2019年06月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2019 by the authors. Previously, we developed a novel production technique for giant masu salmon (GMS). This study aimed to develop a fish sauce from GMS to explore ways to efficiently utilize the salmon and to enrich the fish sauce with γ-aminobutyric acid (GABA) by microbial fermentation. The minced bodies of GMS were autolyzed by endogenous protease at 55 °C and 60 °C. During autolysis, the changes in total free amino acids and protein size was monitored by LC-MS and SDS-PAGE analysis, respectively. After 96 h, fish sauce was prepared by heating, and the amino acid composition was analyzed by LC-MS. To enrich the fish sauce with GABA, Lactobacillus plantarum strain N10 was added and incubated at 28 °C for 48 h. The total free amino acids content significantly increased for 96 h. SDS-PAGE analysis showed that major bands at 200 kDa and 48 kDa detected at 0 h gradually disappeared over time. The ratio of anserine to total amino acids in the fish sauce was approximately 36%. The concentration of GABA in the fish sauce significantly increased through the addition of strain N10. Thus, anserine-rich fish sauce could be quickly produced from GMS, and the fish sauce was enriched with GABA by microbial fermentation.

    DOI

  • Effect of Lactococcus lactis K-C2 on the growth performance, amino acid content and gut microflora of amberjack Seriola dumerili

    Linh N., Nagai S., Nagasaka N., Okane S., Taoka Y.

    Fisheries Science   84 ( 6 ) 1051 - 1062   2018年11月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2018, Japanese Society of Fisheries Science. This study aimed to evaluate the effect of Lactococcus lactis K-C2 on the growth performance, microbial diversity, and release of free amino acids in the intestinal tract and the edible parts of young amberjack, Seriola dumerili. Fish were fed a diet with or without strain K-C2 (2 × 1010 cfu/g feed) for 25 days. The results indicated that the growth performance of fish in the treated group was significantly higher than those in the control group (p < 0.05). The amount of five amino acids (aspartate, sarcosine, taurine, alanine, and arginine) in the gut content and 13 of 21 amino acids in the edible parts of fish in the treated group were significantly higher (p < 0.05) than those in the control group. Sphingomonas, Propionibacterium, and Mycobacterium were observed in gut microflora of fish in both the control and treated groups. Staphylococcus and Kocuria were detected in one sample from the control and treated groups; Acinetobacter and Acidobacteria were found in one sample from the control group. L. lactis was only found in one sample in the treated group. In conclusion, the dietary administration of probiotic L. lactis stimulated growth, reduced feed consumption, and improved the nutritional value of cultured amberjack.

    DOI

  • Effect of seawater reared on the nutritional composition and antioxidant activity of edible muscle in smoltified-landlocked masu salmon (Oncorhynchus masou masou)

    Tanaka R., Uchida K., Ishimaru M., Ito M., Matsumoto N., Taoka Y., Hatate H.

    Journal of Food Measurement and Characterization   12 ( 1 ) 200 - 208   2018年03月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2017, Springer Science+Business Media, LLC. A new system of aquaculture for landlocked masu salmon (Oncorhynchus masou masou) has recently been developed in the southern Kyushu Island, Miyazaki, Japan. In this system, moderately silvering fish (smolt salmon) are artificially transported from the freshwater aquaculture ponds to floating seawater fish preserve, and they are then aquacultured during winter season, starting from December to the following April. As a result, their growth and body mass were greatly increased (total length: 21.25 ± 1.04–37.80 ± 3.71 cm; body weight: 81.75 ± 19.91–632.00 ± 172.42 g; condition factor: 8.45 ± 1.44–11.4 ± 0.74). In addition, There was a marked increase in chemical components such as the lipid contents (35.0 ± 9.4–79.2 ± 6.7 mg/g muscle), α-tocopherol (29.0 ± 17.0–178.6 ± 15.0 μg/g muscle), astaxanthin (0.1 ± 0.1–15.2 ± 8.8 μg/g muscle), and anserine (4.75 ± 0.59–10.32 ± 2.68 mg/g muscle) in the seawater-reared landlocked masu salmon. Furthermore, the antioxidant activity of the water soluble extract from the seawater-reared landlocked masu salmon increased from 480.96 ± 79.295–848.99 ± 182.79 μmol Trolox equivalent/g tissue. This new system that involves a short period of aquaculture in seawater not only promotes the growth of landlocked masu salmon, but may also improve its nutritional components and antioxidant activity.

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 水産増養殖におけるプロバイオティクスの可能性と物質代謝から見た作用機序の解明

    田岡洋介・Nguyen Thi Hue Linh (担当: 共著 )

    北隆館  2021年05月

  • 水産増養殖におけるプロバイオティクスの可能性と物質代謝から見た作用機序の解明

    田岡洋介・Nguyen Thi Hue Linh (担当: 共著 )

    北隆館  2020年10月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Effects of cold shock treatment on total lipid content and fatty acid composition of Aurantiochytrium limacinum strain mh0186

    Taoka Y., Nagano N., Okita Y., Izumida H., Sugimoto S., Hayashi M.

    Journal of Oleo Science ( Journal of Oleo Science )  60 ( 5 ) 217 - 220   2011年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

     概要を見る

    To examine the effect of cold shock treatment on the fatty acid composition of Aurantiochytrium limacinum strain mh0186, a marine thraustochytrid, we cultivated this strain at 28°C for 72 h with shaking and stored the obtained biomass at 10°C for 72 h. A growth experiment was carried out for comparison, wherein strain mh0186 was grown at 10 and 15°C for 72 h with shaking, and it was found that the unsaturation of fatty acids was accelerated relative to that at 28°C. In the cold shock experiment, the total lipid content signifi cantly increased during storage at 10°C for 72 h. Overall, the percentage of unsaturated fatty acids such as docosahexaenoic acid was almost stable while that of n-6 docosapentaenoic acid decreased slightly, but signifi cantly, relative to that in the growth experiment. © 2011 by Japan Oil Chemists' Society.

    DOI CiNii

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • ストラメノパイルの形質転換方法

    特願 15/886599  特開 2018/0291407  特許 10815505

    田岡 洋介

  • ヤブレツボカビ類を用いたリグニン分解活性を有するタンパク質の製造方法

    特願 2015-003488  特許 特許第6682109号

    田岡洋介、林雅弘、本多大輔

  • ヤブレツボカビ類を用いたカタラーゼ活性を有するタンパク質の製造方法

    特願 2014-023848  特開 2015-149912 

    田岡洋介、岡戸ゆう、林雅弘、本多大輔

  • 酵素の製造方法

    特願 2007-201014  特開 2009-34037 

    田岡洋介、林雅弘、長野直樹、沖田裕司、泉田仁、杉本愼一

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度拡充(ソフト)事業"細島いわがき"成分検査事業

    書評 

    2018年04月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    日向市との共同研究「平成30年度拡充(ソフト)事業"細島いわがき"成分検査事業」を実施、1年間を通して養殖牡蠣の成分評価を行なった。

  • TECH PLANTER 2018 宮崎大会

    その他 

    2017年12月
     
     
     

  • 宮崎県日向市沿岸の水質調査とブランド化に関わる研究

    フィールドワーク 

    2015年04月
    -
    継続中
     

     概要を見る

    COC地域貢献研究事業のもと、日向市と協同して特産水産物であるハマグリのブランド化(DHA強化ハマグリ作出)に関する研究を行った。またハマグリ資源管理のため、ハマグリ生息域である沿岸部の海水質調査を行った。

  • 宮崎県高鍋町沿岸海水質調査

    フィールドワーク 

    2015年04月
    -
    継続中
     

     概要を見る

    宮崎コンソーシアム公募型卒論テーマとして、高鍋町との協同の元、高鍋沿岸域の海水質調査を行った。地場水産有用種であるカキの生息環境としての高鍋沿岸域を評価するとともに、資源保持のための施策を行政と連動して検討する。なお本研究テーマを担当した学生が同年度のコンソーシアム報告会にて口頭発表し、最優秀賞を受賞した。

  • 養殖の餌と水

    書評 

    2015年01月
    -
    2015年02月
     

     概要を見る

    書籍「養殖と餌と水」の改訂に伴い、書評を水産学会に寄稿した。

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成23年度日本水産学会論文賞

    2012年03月28日   公益社団法人日本水産学会  

    受賞者:  田岡洋介、前田広人、Jae-Yoon JO、Min-Jee JEON、Sungchul C. BAI、Won-Jae LEE、弓削寿哉、越塩俊介

  • 平成18年度日本防菌防黴学会論文賞

    2006年05月30日   鹿児島大学  

    受賞者:  塩崎靖志、前田広人、田岡洋介、越塩俊介、吉川毅、坂田泰造、C. Saclauso

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ラビリンチュラを利用したハマグリの高付加価値化

    提供機関:  宮崎大学  みやざき地域志向教育研究経費

    研究期間: 2016年07月  -  継続中  代表者:  田岡洋介

     概要を見る

    日向市沿岸で漁獲されるハマグリに一定期間、油糧微生物でありDHA生産能を有するラビリンチュラを給餌する。ハマグリの高付加価値化を目指し、DHA強化ハマグリの作出プロトコールの開発を試みる。

  • 県産食材を活かしたロコモ食の開発

    提供機関:  文部科学省  「ロコモティブシンドローム(ロコモ)の病態解明・対策―地方創生・ロコモザワールド宮崎の構築―」に関する事業

    研究期間: 2016年04月  -  継続中  代表者:  田岡洋介

     概要を見る

    高齢化社会の到来に際し、その予防法の開発が急務とされているロコモティブシンドローム(ロコモ)に対して食の観点から取り組む。具体的には、宮崎県下の水産物を利用し、アミノ酸濃縮液である魚醤油を作成する。特に、ロコモへの効果が期待される分岐鎖アミノ酸を強化した魚醤油の作成方法を検証する。

  • GABA高生産乳酸菌を用いたGABA強化糠床及び、GABA強化漬物作製のための漬物容器の開発

    提供機関:  総務省  産学官共同研究開発支援事業(宮崎県単事業)

    研究期間: 2015年10月  -  継続中 

     概要を見る

    宮崎県特産物でもある大根漬等の漬物類に高付加価値化をはかるため、γ-アミノ酪酸(GABA)生産菌を用いたGABA強化漬物の開発技術を構築する。さらに、GABA生産菌が多数付着しうるための容器の開発も行う。本研究の一部はすでに特許出願済である。

  • 日向市沿岸の水質調査及び水産資源の利用とブランド化推進に 関する研究

    提供機関:  総務省  みやざき地域志向教育研究経費

    研究期間: 2015年07月  -  2016年03月 

     概要を見る

    宮崎県日向市の特産物であるハマグリのブランド化に関する研究を行った。またその資源管理のために、ハマグリ生息域の沿岸調査を行い、資源管理のための施策について検討した。

  • ロコモ滞在型リゾートの拡充に関する研究

    提供機関:  地方自治体  宮崎市地域貢献学術助成金

    研究期間: 2015年07月  -  2016年03月 

     概要を見る

    健康寿命という観点からロコモ対策について、医学部等連携しながら、食の観点から研究を行った。具体的には宮崎県で漁獲される水産物について、微生物発酵技術を用いて、発酵食品の開発を行った。みやざきサクラマスの加工残渣を用いて機能性を付加した魚醤を作成できた。本成果は特許出願済である。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • チョウザメ魚醤の速醸化の検討

    矢野原泰士・田岡洋介・梅津和歩・山本瑞貴* 田島良亮・黒田明大・細田蓮也

    日本水産学会春季大会  (オンライン開催(大会本部:東京海洋大学内))  2021年03月  -  2021年03月    日本水産学会

  • Complete replacement of fishmeal in aquafeeds for carp, Cyprinus carpio with lipid-extracted residue derived from a thraustochytrid Aurantiochytrium sp. mem0039

    Noriyuki Tai, Horii Kenya, Yousuke Taoka  [招待有り]

    International Conference on Aquaculture and Fisheries in Bangkok  (Bangkok, Thailand)  2019年11月  -  2019年11月   

  • プロバイオティクスを用いた魚病予防法の開発

    田岡洋介

    動物用ワクチン-バイオ医薬品研究会 シンポジウム  2019年09月  -  2019年09月   

  • Identification and characterization of pathogenic bacteria isolated from dead masu salmon, Oncorhynchus masou masou and antibacterial activity of probiotic Lactococcus lactis strain K-C2 against isolated pathogens

    Yurie Yasaka, Phan Trong Binh, Ryusuke Tanaka, Katsuhisa Uchida, Yousuke Taoka

    Marine Biotechnology Conference 2019  2019年09月  -  2019年09月   

  • Evaluation of light-emitting diode irradiation on the inhibitory effect against fish pathogens

    Phan Trong Binh, Satoshi Hori, Yousuke Taoka

    Marine Biotechnology Conference 2019  2019年09月  -  2019年09月   

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 陸上養殖技術への微生物の応用

  • プロバイオティクスを用いた水産増養殖における魚病予防技術の確立

  • 発酵微生物を用いた新規発酵食品の開発

  • 油糧微生物を用いたバイオ燃料生産に関する研究

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 乳酸菌ライブラリー

    発酵食品等、様々な試料から分離した乳酸菌分離株を提供できます。

  • 油糧微生物ラビリンチュラ分離株

    当研究室にて、ラビリンチュラ分離株を数百株凍結保存しており、目的・用途によっては、共同研究の枠内で提供可能。

  • みやざきサクラマス加工残渣を用いた魚醤

    延岡沿岸域で冬季飼育し、巨大化させた「みやざきサクラマス」も加工残渣を用いて魚醤を作成した。高温度・低(無)塩分下での自己消化法を用いたため、数日での作成が可能である。また得られた魚醤のアミノ酸組成を分析したところ、アルギニンが全体の3割以上を占めており、機能性アミノ酸強化魚醤としての販売が期待される。なお、本成果は2016年6月3日に特許出願済である。

  • 水産養殖用プロバイオティクス

    水産養殖分野でのプロバイオティクス製品の開発を行っている。本研究室では乳酸菌をはじめとする有用微生物の分離、保存を行っており、魚病細菌への拮抗性や魚類胃腸内で高い生残性を示す株をすでに取得している。現在、これらの菌の有用性を飼育試験にて検証中である。養殖場等での実施試験に向け、プロバイオティクス候補株の提供が可能である。