松本 朋子 (マツモト トモコ)

MATSUMOTO Tomoko

写真a

職名

助教

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) ( 2011年9月   宮崎大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 分析化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Glycerol as superior electron source in sacrificial H2 production over TiO2- photocatalyst

    M. Yasuda, T. Matsumoto, T. Yamashita

    Glycerine Production and Transformation - An Innovative Platform for Sustainable Biorefinery and Energy, Edited by Marco Frediani   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Photodynamic inactivation of Escherichia coli with cationic porphyrin sensitizers 査読あり

    J. Matsumoto, T. Matsumoto, K. Yasuda, M. Yasuda

    The Universe of Escherichia coli, Edited by Marjanca Starčič Erjavec   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ボロン酸置換ポルフィリンの糖認識特性

    松本仁、鈴木巧、松本朋子、保田昌秀

    宮崎大学工学部紀要   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Sacrificial hydrogen production over TiO<inf>2</inf>-based photocatalysts: Polyols, carboxylic acids, and saccharides

    Yasuda M., Matsumoto T., Yamashita T.

    Renewable and Sustainable Energy Reviews   81   1627 - 1635   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Renewable and Sustainable Energy Reviews  

    © 2017 Elsevier Ltd Photocatalytic generation of H2 from water over titanium dioxide (TiO2) has received a great deal of interest for developing a renewable and clean energy source. It is initiated by charge-separation in TiO2 upon photoexcitation. The electron reduces water to generate H2 while the hole oxidizes hydroxide to generate hydroxyl radicals. However, water-splitting into O2 and H2 is not easy because of the large up-hill reaction and rapid reverse reaction. It is well known that the use of electron-donating sacrificial agents (hole scavengers) remarkably accelerates TiO2-photocatalyzed H2 evolution in which the hydroxyl radical is consumed by the sacrificial agents. Thus, sacrificial H2 production over a TiO2 photocatalyst is a convenient method to generate H2 from biomass and waste. This paper reviews the sacrificial H2 production from polyols, carboxylic acids, and saccharides, focusing on the chemical yield of H2 production.

    DOI: 10.1016/j.rser.2017.05.243

    Scopus

  • クマリン類を含浸させたポルフィリン型湿度検出剤の耐光性評価

    松本朋子, 菅野健人, 松本 仁, 笛田佳之, 保田昌秀

    宮崎大学工学部紀要   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Sustainable Degradation of Lignocellulosic Biomass - Techniques, Applications and Commercialization

    M. Yasuda,a, K. Takeo, T. Matsumoto, T. Shiragami, Y. Matsushita, K. Sugamoto, and Y. Ishii( 担当: 共著 ,  範囲: Effectiveness of lignin-removal in simultaneous saccharification and fermentation of napiergrass, rice straw, silbergrass, and bamboo with different lignin-contents)

    InTech  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Sustainable Degradation of Lignocellulosic Biomass - Techniques, Applications and Commercialization

    M. Yasuda,a, K. Takeo, T. Matsumoto, T. Shiragami, Y. Matsushita, K. Sugamoto, Y. Ishii( 範囲: Effectiveness of lignin-removal in simultaneous saccharification and fermentation of napiergrass, rice straw, silbergrass, and bamboo with different lignin-contents)

    InTech  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 硝酸マグネシウムーシリカゲル複合体を用いた固相ニトロ化反応

    山内彩香,松本朋子,白上 努,笛田佳之,保田昌秀

    日本化学会第93春季年会  (立命館大学)  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月22日 - 2013年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:立命館大学  

  • Porphyrin - silica gel composite acting as cobalt-free humidity indicator 国際会議

    T. Matsumoto, M. Yasuda

    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem)  (アメリカ ホノルル市)  日本化学会など

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月15日 - 2010年12月20日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:アメリカ ホノルル市  

  • Porphyrin - silica gel composite acting as cobalt-free humidity indicator 国際会議

    T. Matsumoto, M. Yasuda

    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem)  (アメリカ ホノルル市)  日本化学会など

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月15日

    記述言語:日本語  

    開催地:アメリカ ホノルル市  

    researchmap

  • Bio-affinity of Water-soluble Porphyrins 国際会議

    T. Matsumoto and M. Yasuda

    XXIII IUPAC Symposium on Photochemistry  (イタリア フェッラーラ市)  IUPAC

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月11日 - 2010年7月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:イタリア フェッラーラ市  

  • Bio-affinity of Water-soluble Porphyrins 国際会議

    T. Matsumoto, M. Yasuda

    XXIII IUPAC Symposium on Photochemistry  (イタリア フェッラーラ市)  IUPAC

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月11日

    記述言語:日本語  

    開催地:イタリア フェッラーラ市  

    researchmap

全件表示 >>