榊原 啓之 (サカキバラ ヒロユキ)

SAKAKIBARA Hiroyuki

写真a

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術) ( 2002年3月   神戸大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 家政学、生活科学  / 時間機能性食品学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The New Sugar to Suppress Postprandial Hyperglycemia: Improvement of Refined White Sugar by Mixing Specially Grown Brown Cane Extract 査読あり

    Tsutomu Arimura, Shaw Watanabe, Hiroyuki Sakakibara and Shigekatsu Kimura

    Acta Scientific NUTRITIONAL HEALTH   5 ( 6 )   43 - 50   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Beneficial effects of the consumption of sun-dried radishes (Raphanus sativus cv. YR-Hyuga-Risou) on dyslipidemia in apolipoprotein E-deficient mice 査読あり

    Matsuyama H., Tanaka W., Miyoshi N., Miyazaki T., Michimoto H., Sakakibara H.

    Journal of Food Biochemistry   45 ( 5 )   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Food Biochemistry  

    In the present study, we evaluated the effects of daily consumption of raw (RR) or sun-dried (SDR) radishes (Raphanus sativus cv. YR-Hyuga-Risou) on apolipoprotein E-deficient (ApoE ) mice. Daily consumption of RR for 16 weeks significantly decreased body weight gain in the both wild-type and ApoE mice. The wild-type mice fed the SDR diet gained significantly less body weight than the ApoE mice fed the same diet, although the ApoE mice showed a trend toward decreased body weight gain. Consumption of both diets led to a marked decrease in visceral fat weight and serum triglyceride levels in ApoE mice. Oral fat tolerance tests indicated that pretreatment with RR or SDR mitigated the increase in serum triglyceride levels seen after oil administration. In conclusion, we found that daily consumption of both RR- and SDR-containing diets can help us to prevent from dyslipidemia by inhibiting fat absorption. −/− −/− −/− −/− −/−

    DOI: 10.1111/jfbc.13727

    Scopus

  • Maternal quercetin consumption during pregnancy may help regulate total cholesterol/hdl-cholesterol ratio without effect on cholesterol levels in male progeny consuming high-fat diet 査読あり

    Takashima M., Tanaka W., Matsuyama H., Tajiri H., Sakakibara H.

    Nutrients   13 ( 4 )   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nutrients  

    Quercetin has been shown to have anti-obesity effects, but it is unknown whether these effects can be transmitted from mothers to their progeny. In this study, we investigated whether maternal quercetin consumption during pregnancy has a protective effect on high-fat diet–induced hyper lipid levels and overweight in progeny. Female mice consumed a control diet or a diet containing 1.0% quercetin during breeding. The male progeny were then divided into four groups that were (1) sacrificed at postnatal day 3; (2) born to dams fed the control diet and also fed the control diet (C-C), (3) born to dams fed the control diet and then fed a 30% high-fat diet (C-HF), or (4) born to dams fed the Q-diet and then fed the HF diet (Q-HF). Maternal consumption of quercetin did not affect body weight or blood lipid parameters in either dams or neonates at postnatal day 3. After 13 weeks, the Q-HF group exhibited greater body and liver weights, and higher blood cholesterol levels than the C-HF group. However, the total cholesterol/ high density lipoprotein (HDL)-cholesterol ratios in the Q-HF and C-C groups remained similar. In conclusion, maternal quercetin consumption does not appear to protect the next generation from high-fat diet–induced hyper cholesterol level in the blood and liver, and consequently overweight, but may help regulate the total cholesterol/HDL-cholesterol ratio.

    DOI: 10.3390/nu13041242

    Scopus

  • Subchronic safety evaluation of hot-water extract from thinned immature mangos (Mangifera indica ‘Irwin’): 90-days oral toxicity study in rats

    Tajiri H., Tanaka W., Takashima M., Matsuyama H., Sugita T., Hidaka K., Sakakibara H.

    Toxicology Reports   8   1046 - 1053   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Toxicology Reports  

    Thinned immature fruit of the mango tree (Mangifera indica ‘Irwin’) are handled as waste. In this study, we conducted a 90-days toxicity study in male and female Sprague Dawley rats to evaluate the safety of a hot-water extract of thinned immature mango fruits (TIMEx) administered by oral gavage at doses of 500, 1000 and 2500 mg/kg body weight/day. Treatment did not result in death or changes in the behavior or external appearance of the animals. No alterations were observed in hematological or serum chemical parameters, urinalysis, food consumption, body weight gain or organ weights at the end of the treatment period, with the exception of higher mean corpuscular volume in male rats that received high doses and lower serum creatine phosphokinase levels in female rats that received medium doses. Under the conditions of this study and based on the toxicological endpoints evaluated, the no-observed-adverse-effect level (NOAEL) for TIMEx was 2500 mg/kg/day. The findings indicate that TIMEx is safe for consumption and should be investigated as a candidate food.

    DOI: 10.1016/j.toxrep.2021.05.005

    Scopus

  • Dietary phytanic acid-induced changes in tissue fatty acid profiles in mice 査読あり

    Tomonori Nakanishi, Kazuhiro Kagamizono, Sayaka Yokoyama, Ryoji Suzuki, Hiroyuki Sakakibara, Kazuhiro Sugamoto, Laurie Erickson, Satoshi Kawahara

    Journal of Dairy Research   87 ( 4 )   498 - 500   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Dairy Research  

    The aims of this research communication were to investigate the in vivo tissue accumulation of phytanic acid (PA) and any changes in the tissue fatty acid profiles in mice. Previous in vitro studies have demonstrated that PA is a milk component with the potential to cause both beneficial effects on lipid and glucose metabolism and detrimental effects on neuronal cells. However, there is limited information about its in vivo actions. In this study, mice were fed diets containing either 0.00 or 0.05% 3RS, 7R, 11R-PA, which is the isomer found in milk and the human body. After 4 weeks, adipose tissue, liver and brain were harvested and their fatty acid profiles were determined by gas chromatographic analysis. The results showed that PA and its metabolite pristanic acid accumulated in the adipose tissue of PA-fed mice, and that dietary PA decreased the hepatic compositions of several saturated fatty acids such as palmitic acid while increasing the compositions of polyunsaturated fatty acids including linoleic acid and docosahexaenoic acid. However, dietary PA neither accumulated nor had a high impact on the fatty acid profile in the brain. These results suggested that dietary PA could exert its biological activities in adipose tissue and liver, although the brain is relatively less affected by dietary PA. These data provide a basis for understanding the in vivo physiological actions of PA.

    DOI: 10.1017/S0022029920001089

    Scopus

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 抗疲労・抗ストレス・睡眠改善食品の開発

    榊原啓之,下位香代子( 担当: 分担執筆)

    シーエムシー出版  2020年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:69-77   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • エッセンシャル食品化学 = Essential food chemistry

    中村 宜督, 榊原 啓之, 室田 佳恵子( 担当: 共著)

    講談社  2018年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    CiNii Books

  • Visual栄養学テキスト 食べ物と健康I 食品学総論 食品の成分と機能

    榊原啓之( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 香気・におい成分)

    株式会社 中山書店  2018年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:148   担当ページ:90-95   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 機能性食品開発のための初期評価試験プロトコール集

    榊原啓之,下位香代子( 担当: 分担執筆)

    株式会社シーエムシー出版  2017年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:366   担当ページ:216-231   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 生物・農学系のための統計学−大学での基礎学修から研究論文まで−

    平田昌彦,宇田津徹朗,河原聡,榊原啓之( 担当: 共著)

    ㈱朝倉書店  2017年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:214   担当ページ:91-107   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • マウスも夜はストレスと闘っています 招待あり

    榊原啓之

    調査月報   331   2 - 6   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • Insights into the potential benefits of black soybean (Glycine max L) polyphenols on lifestyle diseases 査読あり

    Yamashita Y., Sakaibara H., Toda T., Ashida H.

    Food & Function   11   7321 - 7339   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Anti-stress effects of polyphenols: animal models and human trials 査読あり

    Sakakibara H., Shimoi K.

    Food & Function   11   5702 - 5717   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 体内時計が刻むリズムと講義中の居眠りの関係を考えてみる 招待あり

    榊原啓之,田中航

    宮崎大学 教育・学生支援センター紀要   3   35 - 38   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 研究室紹介「宮崎大学 農学部 応用生物科学科 栄養化学研究室」 招待あり 査読あり

    榊原啓之

    オレオサイエンス   17 ( 9 )   448 - 449   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 異なる脂質由来高脂肪食に対するマウスの選択性と過体重に与える影響

    松坂 祐希,松山 弘希,田中 航,榊原 啓之

    日本農芸化学会2021年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 未消化コーヒー焙煎豆の機能性

    武井 実花,TATIYANUKUL Chalinee,田中 航,榊原 啓之

    日本農芸化学会2021年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 加齢が社会的ストレス負荷時の生体応答機構に与える影響

    田中 航,下位 香代子,榊原 啓之

    日本農芸化学会2021年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 天日干しおよび生ダイコン摂取の血中トリグリセリド 低下効果

    松山弘希,田中航,三好規之,宮崎達雄,道本英之,榊原啓之

    第25回日本フードファクター学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • ケルセチンが有する生体調節機能の母子間伝承性

    高島正勝,田中航,松山弘希,田尻隼斗,榊原啓之

    第25回日本フードファクター学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第2回宮崎テックプラングランプリ 三井化学賞

    2018年11月   第2回宮崎テックプラングランプリ  

    榊原啓之(Mama to Childe)

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 2010年B.B.B.論文賞

    2011年3月   公益財団法人日本農芸化学会  

    Kato A, Naitou H, Namioka M, Akimoto M, Ishii T, Sakakibara H, Shimoi K, Nakayama T, Ohashi N.

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • 平成19年度科学交流フォーラム(第9回静岡ライフサイエンスシンポジウム)ポスター賞

    2008年3月   平成19年度科学交流フォーラム(第9回静岡ライフサイエンスシンポジウム)  

    榊原啓之

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • Poster Award

    2007年12月   ICoFF2007  

    Hiroyuki Sakakibara

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • Young Researcher Award

    2004年6月   20th General Meeting EGF2004  

    Hiroyuki Sakakibara

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:スイス連邦

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ストレス応答が過敏になる夜間の生体応答制御を企図した食事の効果検証

    2021年04月 - 2025年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 脂質摂取がアルツハイマー型認知症状に与える影響と食品によるその制圧

    2019年04月 - 2019年11月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • ポリフェノール・パラドックスの解明

    2017年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 就眠野菜の機能性は日内リズムを刻むのか?

    2016年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    就眠野菜の機能性は日内リズムを刻むのかについて探究する

  • 品成分の生体内有効性を制御する概日リズム因子のデータベース構築とその応用

    2011年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ヒトや実験動物をはじめとする生物体内では、多くの生体機能、例えば、睡眠/覚醒、神経活動、ホルモン分泌、体温、酵素活性に約24時間周期のリズム(概日リズム)が認められている。しかしながら、実験動物を用いた多くの食品機能成分の有効性評価は、生体の概日リズムを考慮に入れて実施されてこなかった。本研究では、食品機能成分が体内で有効性を発揮する過程への概日リズム因子の影響を明らかにすることで、食品成分の機能性を再評価するとともに、食品成分の新たな機能性として“概日リズム調節作用”の可能性を探究する。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ヒ素摂取量低減を目的としたフコイダンの血中ガレクチン9分泌を促進させる食品成分との食べ合わせによるアレルギー発症予防

    2019年04月 - 2020年03月

    公益財団法人ニッポンハム食の未来財団  公益財団法人ニッポンハム食の未来財団 2019年度研究助成事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 化学の目で見た日本の伝統食品ー大豆ー

    2017年04月 - 2018年03月

    文部科学省  ひらめき⭐︎ときめきサイエンス 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金