望月 仁志 (モチヅキ ヒトシ)

MOCHIZUKI Hitoshi

写真a

職名

講師

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年03月

    防衛省 防衛医科大学校   医学部   医学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2005年09月

    防衛省 防衛医科大学校  医学研究科  神経学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大学評価・学位授与機構 -  博士(医学)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経内科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Spiral drawing: quantitative analysis and artificial-intelligence-based diagnosis using a smartphone.

    Ishii N, Mochizuki Y, Shiomi K, Nakazato M, Mochizuki H.

    J Neurol Sci.     2020年02月  [査読有り]

    共著

  • Iliopsoas hematoma as a complication of tetanus.

    Ishii N, Mochizuki H, Shiomi K, Nakazato M.

    Neurol Clin Neurosci,   7   26 - 30   2019年10月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Alternating flexed-extended posturing in progressive supranuclear palsy.

    Ishii N., Mochizuki H.

    Neurology International   18   8257   2019年09月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2019 Licensee PAGEPress, Italy Neurology International. A 69-year-old man who had been bedridden in nursing home because of a 5- year history of progressive supranuclear palsy (PSP) was admitted due to aspiration pneumonia. Besides neck dystonia in extension, he showed “alternating flexed–extended posturing”, in which the arm was flexed on one side and extended on the other. Magnetic resonance imaging of the brain revealed global cerebral atrophy that predominantly affected the cortex and midbrain. The mechanisms of complex posturing in late-stage PSP may sometimes be related to decortication and decerebration as well as dystonia, and “alternating flexed– extended posturing” might be one of the phenotypes of pathological progression in PSP.

    DOI PubMed

  • Polypharmacy associated with cognitive decline in newly diagnosed Parkinson’s disease: a cross-sectional study.

    Ishii N, Mochizuki H, Sakai K, Ogawa G, Shiomi K, Nakazato M.

    Dement Geriatr Cogn Dis Extra,   9   338 - 343   2019年09月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • A sporadic case of Charcot-Marie-Tooth disease type 2 with left vocal fold palsy due to mitofusin 2 mutation.

    Kanemaru K, Ogawa G, Mochizuki H, Nakazato M, Sakai K, Shiomi K.

    Intern Med   58   2091 - 2093   2019年07月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 不随意運動(ミオクローヌス、アテトーゼ、バリスム、コレア).神経疾患最新の治療.

    望月仁志、宇川義一 (担当: 共著 )

    南江堂  2018年06月 ISBN: 978-4-524-25219-0.

  • 今日の治療指針

    望月仁志 (担当: 単著 , 担当範囲: メージュ症候群 )

    医学書院  2018年01月 ISBN: 426003233X

  • 神経疾患最新の治療

    望月仁志、宇川義一 (担当: 共著 )

    南江堂  2018年

  • 運動失調のみかた、考え方 -脊髄小脳変性症-

    石井信之、望月仁志 (担当: 共著 , 担当範囲: 小脳失調の診察、他の失調との鑑別 )

    中外医学社   2017年11月 ISBN: 9784498228900

  • 神経救急・集中治療ハンドブック 第2版

    望月仁志、宇川義一 (担当: 共著 , 担当範囲: 不随意運動 )

    医学書院  2017年08月 ISBN: 9784260017541

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • TBS (theta burst stimulation).

    望月仁志

    Clinical Neuroscience   38   26 - 29   2020年  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • Sydenham舞踏病の異常運動.

    酒井克也、望月仁志

    脳神経内科   92   18 - 25   2020年  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 書痙.

    望月仁志、宇川義一.

    脳神経内科   92   74 - 78   2020年  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 神経科学の素朴な疑問.飛行機の中で酒に酔いやすいのはなぜですか?

    望月仁志

    Clinical Neuroscience   37   882   2019年  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • ジストニアの病態の多様性と診断のポイント

    望月仁志、宇川義一

    脳神経内科   91 ( 6 ) 721 - 726   2019年  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 高濃度から中・低濃度砒素曝露による慢性砒素中毒症の神経障害に関する国際比較研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年  -  2021年03月 

  • 慢性砒素中毒が神経系に与える影響の研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     概要を見る

    世界の中では、飲料水の確保のための地下水の汲み上げ、レアメタル確保のための開発などを通じて、急速に砒素暴露地域が増えている。しかしながら、慢性砒素中毒の神経系に対する障害の研究は少数のみで、不明な点が多い[Singh, 2007]。本申請の第一の目的は、高千穂町土呂久地区における住民検診を通じて得られたデータに基づき慢性砒素中毒の神経障害を明らかにしていくことである。これまで得られたデータの分析し、慢性砒素中毒症とは何か、その経過はどうなるのかを解析で解明する。第二の目的は、慢性砒素暴露40年経った時点での後遺症評価を前向きに実施することである。慢性砒素中毒が中枢神経系に障害をもたらすかどうかについては、一定の見解がないが、申請者は予備的な解析から、中枢感覚伝導路に障害があることを示している。中枢神経系の障害の有無につき、神経生理学的手法を用いて定量していく。第三の目的は、生理学的手法で示唆された中枢神経系の障害について、形態学的手法・脳機能画像・高次機能評価法を用いて検証していく。最後の目的は動物実験を通じて砒素中毒が神経系に与える影響を明らかにし、有効な治療法を検討していくことである。砒素中毒が全世界的に拡大している中で、神経系の障害を多角的に解明し、動物実験を通じて治療法の開発まで実施する本申請の意義は大きく、様々な重金属による神経障害のメカニズム解明と治療法開発のためのモデルケースとなる。

  • 神経難病治療を目指した反復磁気刺激法の作用機序に関する光トポ・電気生理による研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月 

     概要を見る

    反復磁気刺激法のより効率的な刺激パラメーターの決定を行った。単相性4連発刺激(Quadripulse stimulation; QPS)において4発の刺激間隔が5 msの場合(QPS-5ms)は刺激部位を促通させ、刺激間隔が50 msの場合(QPS-50ms)は抑制させることを示した。また、我々は超軽量磁気刺激用コイルの開発と特殊な形状の近赤外線トポグラフィーのブローベホルダーを開発し、刺激部位直下の多チャンネルNear infrared spectroscopy (NIRS) の測定を世界で初めて可能にした。これらのシステムを用いて、左側一次運動野に対して2分間のQPS-5msまたはQPS-50msで刺激して、磁気刺激中の短期効果をNIRSで測定し、それらが長期効果とは全く異なる効果を持つことを示した。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 亜急性のパーキンソニズムを呈した尿毒症性脳症の1例

    伊達木正子、石井信之、鈴木あい、酒井克也、望月仁志、塩見一剛、中里雅光

    第221回日本神経学会九州地方会  (福岡)  2018年03月  -  2018年03月    日本神経学会九州地方会

  • 視神経炎を契機に診断に至った脳腱黄色腫の1例.

    久冨木冠、宮本美由貴、谷口晶俊、望月仁志、塩見一剛、中里雅光

    第220回日本神経学会九州地方会  (沖縄)  2017年12月  -  2017年12月    本神経学会九州地方会

  • SHRINKING SPINAL CORD IN ANTERIOR-POSTERIOR DIRECTION IN HAM/TSP

    Taniguchi A., Mochizuki H., Shiomi K., Nakazato M

    XXIII World Congress of Neurology  (京都)  2017年09月  -  2017年09月    World Congress of Neurology,

  • Clinical features and electrocardiography parameters in Parkinson’s disease

    Mochizuki H., Suzuki A., Ebihara Y., Ishii N., Taniguchi A., Shiomi K., Nakazato M

    XXIII World Congress of Neurology,  (京都)  2017年09月  -  2017年09月    World Congress of Neurology

  • Incidence of clinical symptoms and neurological signs in patients with chronic arsenic exposure in Miyazaki, Japan: A 40-year retrospective descriptive study

    Ishii N., Mochizuki H., Ebihara Y., Shiomi K., Nakazato M

    XXIII World Congress of Neurology  (京都)  2017年09月  -  2017年09月    World Congress of Neurology,

全件表示 >>