圖師 一文 (ズシ カズフミ)

ZUSHI Kazufumi

写真a

所属

農学部 植物生産環境科学科

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 2003年3月   九州大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 園芸科学

  • 環境・農学 / 農業環境工学、農業情報工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Tissue-dependent seasonal variation and predictive models of strawberry firmness 査読あり

    Zushi, Kazufumi Yamamoto, Miyu Matsuura, Momoka Tsutsuki, Kan Yonehana, Asumi Imamura, Ren Takahashi, Hiromi Kirimura, Masaaki

    Scientia Horticulturae   307   111535   2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.scienta.2022.111535

  • Correlation network analysis identified the key interactions of texture profiles with the sensory, physical, and organoleptic properties of cherry tomato cultivars grown under salt stress 査読あり

    Zushi K., Higashijima M.

    Scientia Horticulturae   293   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientia Horticulturae  

    Textural properties play an important role in the appreciation and acceptance of fresh tomatoes by consumers. This study aimed to clarify whether the effect of salt stress (50 and 100 mM NaCl) on texture profiles depends on the cultivars and/or tissue types of cherry tomatoes and visually identify the interactions of texture with organoleptic and consumer sensory properties using correlation network analysis. The effect of salt stress on texture profiles differed according to the cherry tomato cultivar, stress intensity, truss, and tissue (outer pericarp, locule, septa). The cohesiveness, gumminess, and chewiness of the outer pericarp and the cohesiveness of the locule were higher in salt-stressed fruit than in control fruit, but the effect was cultivar-dependent. Sensory properties such as overall taste, sweetness, and skin hardness and several organoleptic properties were 1.2–1.7-fold higher in salt-stressed fruit than in control fruit. Although no textural properties interacted with sensory properties in the control fruit network in correlation network analysis, the connectivity of textural properties such as cohesiveness with other traits in salt-stressed fruit increased with increasing salt stress intensity. In the network combining all treatments, the most connected node was cohesiveness, and cohesiveness was the key factor that enhanced the sensory and organoleptic properties of salt-stressed tomatoes, although the effects were cultivar- and tissue-specific. Thus, correlation network analysis provided visual insights into the interactions of textural properties with organoleptic and sensory properties.

    DOI: 10.1016/j.scienta.2021.110754

    Scopus

  • Seasonal variation and a statistical predictive model in assessing health-promoting properties of cherry tomato under long-term cultivation. 査読あり

    Zushi, K., Fukuda, T., Mori, Y., Takahashi, H., Kirimura, M.

    Environmental Control in Biology   60 ( 1 )   91 - 101   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.2525/ecb.60.91

  • Effects of Agrivoltaics (Photovoltaic Power Generation Facilities on Farmland) on Growing Condition and Yield of Komatsuna, Mizuna, Kabu, and Spinach

    Kirimura M., Takeshita S., Matsuo M., Zushi K., Gejima Y., Honsho C., Nagaoka A., Nishioka K.

    Environmental Control in Biology   60 ( 2 )   117 - 127   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Environmental Control in Biology  

    In a sustainable society, it is necessary to develop systems that produce enough food and energy while also preserving the environment. Both agricultural production for food generation and photovoltaics for renewable energy production require large, open fields. In this research study, we investigate the feasibility of combining food and energy production into a single field by examining the effects of installing photovoltaic equipment above land used for farming. We grew komatsuna, kabu, mizuna, and spinach underneath photovoltaic equipment, and investigated the influence of shading from the photovoltaic equipment on plant growth and yields during winter cultivation. As expected, both the amount of solar radiation and the air and soil temperature were lower under the photovoltaics than those under the open field. The growth rate of komatsuna, kabu, and mizuna were slower. However, yields and qualities sufficient to meet market demands remained possible with extension of the cultivation periods. Therefore, although temperature and solar radiation are reduced under the photovoltaic equipment in winter, it is nevertheless possible to produce vegetables in the farmland, providing a novel opportunity to realize an integrated agricultural system with parallel production of food and energy.

    DOI: 10.2525/ecb.60.117

    Scopus

    CiNii Research

  • Seasonal Variation and a Statistical Predictive Model in Assessing Health-promoting Properties of Cherry Tomato under Long-term Cultivation

    Zushi K., Fukuda T., Mori Y., Takahashi H., Kirimura M.

    Environmental Control in Biology   60 ( 1 )   91 - 101   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Environmental Control in Biology  

    Seasonal variations of health-promoting properties of fruits have been known to depend upon environmental conditions and plant growth parameters; therefore, their trend lines need to be predicted. This study was aimed at finding out the impact of seasonal variations, induced by changes in the environmental conditions, to health-promoting properties of cherry tomato in long-term cultivation and at developing their statistical predictive models. Both total ascorbic acid content and antioxidant activity increased gradually during research period regardless the experimental site or year. Polyphenol content was the lowest at the initial date of study but it depended on experimental years. In addition, by the stepwise multiple linear regression analysis, we were able to develop a predictive model for health-promoting properties by using environmental data and plant growth/agronomic quality traits. In the best-fitted model, the combinations of data set and the data period were different for each compound. Furthermore, health-promoting properties can be predicted with high accuracy by using several environmental data 2 or 3 weeks before the harvest time and the growth/agronomic quality data at the harvest day. Thus, we conclude that constructed models may contribute to a good practice for the prediction of health-promoting properties of tomato.

    DOI: 10.2525/ecb.60.91

    Scopus

    CiNii Research

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 機能性成分が秘めるビジネスチャンス 各社事例から学ぶ成分向上手法/事業活用例

    圖師一文( 担当: 単著 ,  範囲: 塩ストレスによるトマト内ポリフェノール向上)

    株式会社情報機構  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 総合生活学 女性の視点から見た現代社会

    大羽 宏一 編( 担当: 共著 ,  範囲: 時代の変化と食生活の変化)

    法律文化社  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

MISC 【 表示 / 非表示

  • 養液栽培における根への環境ストレスの応用による野菜の高付加価値化

    北野雅治, 日高功太, 圖師一文, 荒木卓哉

    植物環境工学   20   210 - 218   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本生物環境工学会  

  • 高品質トマト生産のための塩利用

    圖師一文

    日本海水学会誌   62   179 - 186   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本海水学会  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 塩ストレスがトマトのテクスチャーに及ぼす影響の季節・品種間差

    東島麻衣,圖師一文

    日本生物環境工学会九州支部2021年オンライン大会  2021年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2121年12月17日 - 2121年12月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 第1果房肥大盛期からの水ストレス付与がトマトの果実品質および 光合成機能に及ぼす影響

    戸田圭駿,圖師一文

    日本生物環境工学会九州支部2021年オンライン大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月17日 - 2021年12月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 異なるイチゴ圃場における葉厚と果実品質の季節変動および関連性

    津々木寛,松浦桃香,高橋ひろみ,霧村雅昭,圖師一文

    園芸学会九州支部会 2020年Web大会  園芸学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月28日 - 2020年10月5日

    記述言語:英語  

  • 生産から流通・消費までのデータ連携により最適化を可能とするスマートフードチェーンの構築における宮崎大学での取り組み:ミニトマト,イチゴにおける生産から収穫までのデータ取得および解析

    圖師一文,霧村雅昭

    日本生物環境工学会九州支部 2019 年久留米大会シンポジウム  日本生物環境工学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月29日 - 2019年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乾燥ストレスとソバージュ栽培の組み合わせがトマトの収量と果実品質に及ぼす影響の品種間差

    江川立貴, 田北昂平, 圖師一文

    日本生物環境工学会九州支部 2019 年久留米大会  日本生物環境工学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月29日 - 2019年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 園芸学会九州支部賞学術賞

    2019年8月   園芸学会九州支部   塩ストレスを利用したトマトの高品質化に関する研究

    圖師一文

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 栽培履歴が野菜貯蔵中の機能性成分含量に及ぼす影響と変動予測モデルの構築

    研究課題/領域番号:21H02319  2021年04月 - 2025年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 農業ビッグデータ活用によるトマト機能性成分の高含有化条件の探索と予測モデルの 構築

    研究課題/領域番号:18K05907  2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 良食味・高ポリフェノール含有トマト作出のための栽培環境と変動機構の解明

    研究課題/領域番号:15K07669  2015年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    様々な栽培環境下におけるポリフェノール含量・組成の変化と変動メカニズムを明らかにするとともに,食味との関連性も調べ,良食味・高ポリフェノール含有トマトの作出を目指す.

  • 環境ストレス下のトマトにおける高品質安定生産に向けたネットワーク分析の応用

    研究課題/領域番号:24780245  2012年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ネットワーク分析は,社会学や生物学等の分野において要因間の関連性を明らかにするために用いられている.本研究は,ネットワーク分析を用いた全く新しいアプローチにより,環境ストレス下におけるトマトの高品質安定生産に向けた環境調節技術の基盤技術を得ることを目的とする.具体的には,さまざまな環境ストレス下のトマトにおけるストレス指標や果実品質構成要素のネットワーク分析を行い,相互作用の可視化とそのメカニズムを明らかにするとともに,高品質安定生産のための品質予測技術を確立する.

  • 気候変動下の植物生産における夜温の生理生態的評価と省エネルギー管理

    研究課題/領域番号:23380150  2011年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    気候変動下の植物生産における夜温の生理生態的評価と省エネルギー管理を明らかにするために,お茶の温度管理および耐寒性獲得メカニズムについて解明する.

全件表示 >>