山子 剛 (ヤマコ ゴウ)

YAMAKO Go

写真a

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) ( 2007年3月   新潟大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 生体医工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 設計工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 材料力学、機械材料

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Biomechanical effect of intertrochanteric curved varus osteotomy on stress reduction in femoral head osteonecrosis: a finite element analysis. 査読あり

    Wang Y, Yamako G, Okada T, Arakawa H, Nakamura Y, Chosa E

    Journal of orthopaedic surgery and research   16 ( 1 )   465   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13018-021-02614-z

    PubMed

  • A hand-worn inertial measurement unit for detection of bat–ball impact during baseball hitting 査読あり

    Punchihewa N.G., Arakawa H., Chosa E., Yamako G.

    Sensors   21 ( 9 )   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Sensors  

    Swinging a baseball bat at a pitched ball takes less than half of a second. A hitter uses his lower extremities to generate power, and coordination of the swing motion gradually transfers power through the trunk to the upper extremities during bat–ball impact. The most important instant of the baseball swing is at the bat–ball impact, after which the direction, speed, height, and distance of the hit ball determines whether runs can be scored. Thus, analyzing the biomechanical parameters at the bat–ball impact is useful for evaluating player performance. Different motion-capture systems use different methods to identify bat–ball impact. However, the level of accuracy to detect bat–ball impact is not well documented. The study aim was to examine the required accuracy to detect bat–ball impact timing. The results revealed that ±2 ms accuracy is required to report trunk and hand kinematics, especially for higher-order time-derivatives. Here, we propose a new method using a hand-worn inertial measurement unit to accurately detect bat–ball impact timing. The results of this study will be beneficial for analyzing the kinematics of baseball hitting under real-game conditions.

    DOI: 10.3390/s21093002

    Scopus

    PubMed

  • Shadow pitching deviates ball release position: kinematic analysis in high school baseball pitchers 査読あり

    Miyazaki S., Yamako G., Totoribe K., Sekimoto T., Kadowaki Y., Tsuruta K., Chosa E.

    BMC Sports Science, Medicine and Rehabilitation   13 ( 1 )   26   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BMC Sports Science, Medicine and Rehabilitation  

    Background: Although shadow pitching, commonly called “towel drill,” is recommended to improve the throwing motion for the rehabilitation of pitching disorders before the initiation of a throwing program aimed at returning to throwing using a ball, the motion differs from that of normal throwing. Learning improper motion during ball release (BR) may increase shoulder joint forces. Abnormal throwing biomechanics leads to injures. However, there has been no study of shadow pitching focusing on the BR position. The purpose of the present study was to evaluate the BR position and kinematic differences between shadow pitching and normal throwing. In addition, the effect of setting a target guide for BR position on throwing motion was examined in shadow pitching. Methods: The participants included in this study were 20 healthy male students who were overhand right-handed pitchers with no pain induced by a throwing motion. Participants performed normal throwing (task 1), shadow pitching using a hand towel (task 2), and shadow pitching by setting a target of the BR position (task 3). A motion capture system was used to evaluate kinematic differences in throwing motions, respectively. Examination items comprised joint angles and the differences in BR position. Results: BR position of task 2 shifted significantly toward the anterior, leftward, and downward directions compared with task 1. The distance of BR position between tasks 1 and 2 was 24 ± 10%. However, task 3 had decreased BR deviation compared with task 2 (the distance between 3 and 1 was 14 ± 7%). Kinematic differences were observed among groups at BR. For shoulder joint, task 2 showed the highest value in abduction and horizontal adduction among groups. In spine flexion, left rotation and thorax flexion, task 2 was significantly higher than task 1. Task 3 showed small differences compared with task 1. Conclusions: The BR position of shadow pitching deviated significantly in the anterior, leftward, and downward directions compared with normal throwing. Furthermore, we demonstrated that the setting of BR target reduces this deviation. Thus, the target of BR position should be set accurately during shadow pitching exercises in the process of rehabilitation.

    DOI: 10.1186/s13102-021-00255-7

    Scopus

    PubMed

  • Non-anatomical placement adversely affects the functional performance of the meniscal implant: a finite element study. 査読あり

    Shriram D, Yamako G, Kumar GP, Chosa E, Cui F, Subburaj K

    Biomechanics and modeling in mechanobiology   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10237-021-01440-w

    PubMed

  • Efficacy of inertial measurement units in the evaluation of trunk and hand kinematics in baseball hitting 査読あり

    Punchihewa NG, Miyazaki S, Chosa E, Yamako G

    Sensors   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 関節外科(特集 運動器を扱うメディカルスタッフのためのバイオメカニクス必携)

    企画・編集:帖佐 悦男( 担当: 共著)

    メジカルビュー社  2016年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:94-99   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 未来型人工関節を目指して -その歴史から将来展望まで―

    吉川秀樹, 他( 担当: 共著 ,  範囲: pp.181-186)

    日本医学館  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 整形・災害外科 (特集 骨・関節のバイオメカニクス –最近の進歩)

    企画:黒坂昌弘( 担当: 共著 ,  範囲: pp.1365-1374)

    金原出版  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 橈骨遠位端骨折 最近の進歩と治療法の選択

    斎藤英彦,他( 担当: 共著 ,  範囲: pp.168-172)

    金原出版  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ヤング率を傾斜させた人工股関節ステムの生体力学的評価

    中井 亮佑,落合 清秀,和佐 宗樹,花田 修治,帖佐 悦男,山子 剛

    日本機械学会九州支部 第74期 総会・講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 慣性センサを用いたカヤック競技用モーションキャプチャシステムの計測精度

    碓井 侑希, Niroshan G . PUNCHIHEWA, 宮崎 茂明,帖佐 悦男,山子 剛

    日本本機械学会九州支部 九州学生会第52回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 半月板インプラントの力学的機能評価装置の開発

    佐藤 和, 山子 剛, Shriram Duraisamy, 帖佐 悦男

    日本本機械学会九州支部 九州学生会第52回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Shell-core構造を有する半月板インプラント

    山子 剛

    JST ライフサイエンス 新技術説明会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Relationship between bat head speed and trunk axial rotation in baseball hitting

    Niroshan G. Punchihewa, Etsuo Chosa, Go Yamako

    第47回日本臨床バイオメカニクス学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月6日 - 2020年11月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Paper Award

    2019年3月   The 7th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering  

    Geunho Lee, Yuki Fujio, Go Yamako, Hiroki Tamura, Etsuo Chosa

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • Outstanding Contribution in Reviewing (Medical Engineering & Physics)

    2015年1月   ELSEVIER  

    Go Yamako

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • 日本整形外科基礎学術集会感謝状

    2014年10月   日本整形外科基礎学術集会  

    山子 剛

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • ISAMR Excellent Poster Award

    2013年7月   International Joint Symposium on Applied Mechanics and Robotics  

    Go Yamako, Etsuo Chosa, Koji Totoribe, Takero Sakamoto, Shinji Watanabe

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 日本関節病学会優秀論文賞

    2011年   日本関節病学会  

    中田活也,山村在慶,富士武史,樋浦 耐,山子 剛,尾田雅文,原 利昭,菅本一臣,吉川秀樹

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 人工股関節全置換術後の生体力学的な未来予測

    2017年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 術後の骨量減少が生じない傾斜低弾性人工股関節ステムの最適化研究(国際共同研究強化)

    2016年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 術後の骨量減少が生じない傾斜低弾性人工股関節ステムの最適化研究

    2014年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • 皮質骨の微細孔構造及び基質の石灰化が骨力学特性に及ぼす影響

    2008年04月 - 2010年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • フォースプレートを用いた『ロコモ』モニタリングシステムの製品化

    2015年04月 - 2017年03月

    国立研究開発法人 科学技術振興機構  JST マッチングプランナープログラム「探索試験」 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 機械的強度と弾性率を部位毎に最適化させた新素材活用による新たな人工 股関節ステムの開発と事業化

    2014年04月 - 2017年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構  AMED 医工連携事業化推進事業 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • マッチング研削システムによるMetal on metal型人工股関節摺動面の高精度クリアランス制御

    2013年04月 - 2014年03月

    その他省庁等  中小企業庁 戦略的基盤技術高度化事業(サポイン) 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • Micro-CT装置を利用した骨石灰化度測定システムの開発

    2008年04月 - 2009年03月

    国立研究開発法人 科学技術振興機構  JST シーズ発掘試験(A) 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 大腿骨髄外アライメントガイドの研究開発

    2007年04月 - 2008年03月

    国立研究開発法人 科学技術振興機構  JST 研究成果実用化検討(FS)課題 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金