湯淺 高志 (ユアサ タカシ)

YUASA Takashi

写真a

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) ( 1994年3月   東京大学 )

  • 修士(理学) ( 1991年3月   東京大学 )

  • 理学士 ( 1989年3月   東京大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 家政学、生活科学  / 食生活学

  • 環境・農学 / ランドスケープ科学

  • 環境・農学 / 作物生産科学

  • 環境・農学 / 環境農学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Roles of Autophagy in Photosynthesis of Soybean Leaf Damaged under Chilling Stress and Light Irradiation 査読あり

    DO Tuan Tung, Takashi YUASA

    Cryobiology and Cryotechnology   67 ( 1 )   41 - 45   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Water Stress Activates The Expression of Abscisic Acid Transporter, VuABCG25, in Cowpea [Vigna unguiculata (L.)Walp.] 査読あり

    Takashi YUASA, Yoshiharu KUBO, Wataru FUJIMAKI, Takayoshi ISHII

    Cryobiology and Cryotechnology   67 ( 1 )   65 - 70   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lignin deposits in pedicel xylem vessels regulate water transport during seed maturation in soybean 査読あり

    Haruka Itoyama Andressa C.S. Nakagawa Yuri Ariyoshi Nobuyuki Ario Takashi Yuasa Mari Iwaya‐Inoue Yushi Ishibashi

    Crop Science   60 ( 2 )   954 - 960   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/csc2.20121

  • Amino acid metabolizing signals in legume crops mediates autophagy induction in response to senescence and nutirient strarvation

    Wataru Fujimaki1,2, Ryusuke Kawaguchi1, Do Tuan Tung1, Yee Yee Tun1, Hideo Takiishi1, Takaaki Ishibashi1, Naroon Waramit2, Sontichai Chanprame2, Ratchanee Hongprayoon2, Takashi Yuasa1

    Proceedings of Holophylic microorganisms   56   8 - 9   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • Mechanisms of Maturation and Germination in Crop Seeds Exposed to Environmental Stresses with a Focus on Nutrients, Water Status, and Reactive Oxygen Species. 招待あり 査読あり

    Ishibashi Yushi, Yuasa Takashi, Iwaya-Inoue Mari

    Advances in Experimental Medicine and Biology   1081   233 - 257   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-981-13-1244-1_13

    PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • MTALab 最終報告書

    湯淺 高志( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 甘藷のデンプン代謝・活性酸素消去系に着目した低温傷害抑制技術の開発)

    宮崎大学農学部, MTALab  2020年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:60   担当ページ:9   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • 令和元年度「公募型卒業研究テーマ」成果発表会の報告書

    久保 嘉春, 湯淺 高志( 担当: 共著 ,  範囲: 豆類スプラウトの機能性アミノ酸の含量増強技術に関する研究)

    高等教育コンソーシアム 宮崎  2020年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:40   担当ページ:2   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • Protein phosphorylation and dephosphrylation in environmental stress responses in plants

    1. Ichimura K., Mizoguchi T., Yoshida R., Yuasa T., Shinozaki K. ( 担当: 共著)

    Advances in Botanical Research, Vol. 32, p355-377.  2000年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 大豆の葉身老化における分岐鎖アミノ酸アミノ基転移酵素および オートファジーの役割

    Do Tuan Tung, 湯淺高志

    令和2年度 高等教育コンソーシアム宮崎 「公募型卒業研究テーマ成果発表会」研究成果報告書   10   27   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • マメ科作物の乾燥ストレス耐性メカニズムに関する研究

    久保 嘉春、湯淺高志

    令和2年度 高等教育コンソーシアム宮崎 「公募型卒業研究テーマ成果発表会」 研究成果報告書   10   35 - 36   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • ダイズ葉身の老化・オートファジー(自食作用)の誘導における分岐鎖アミノ酸アミノ基転移酵素 (GmBCAT)の役割

    石橋 孝明, Yee Yee Tun, 緒方 華子, 川口 颯介, 瀧石 英雄, 湯淺 高志

    日本作物学会講演会要旨集   245 ( 110 )   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本作物学会  

  • Involvement of abiotic stress-related bZIP transcription factors on the regulation mechanism of branched chain amino transferase in Oryza sativa

    Yee Yee Tun, Takashi Yuasa

    日本農芸化学会2017年度大会要旨集   3A29a15   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本農芸化学会  

  • 茎葉利用型かんしょ「すいおう」の栽培技術に関する研究

    近藤夏帆, 中村昴平, 座安泉綺, 湯淺高志

    平成29年度年度 公募による卒業研究テーマ成果報告書   10 - 11   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:高等教育コンソーシアム 宮崎  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ササゲの乾燥応答性ペプチドを介したアブシジン酸長距離シグナル

    久保嘉春, 藤巻航, 湯浅高志

    第65回低温生物工学会大会, セミナー(web開催)  (京都市成長産業創造センター(ACT京都) 会議室 (web開催))  低温生物工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月30日 - 2020年5月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市成長産業創造センター(ACT京都) 会議室 (web開催)  

  • Roles of Autophagy in Photosynthesis of Soybean Leaf damaged under Chilling Stress and Light Irradiation

    Do Tuan Tung, Takashi Yuasa

    第65回低温生物工学会大会, セミナー(web開催)  (京都市成長産業創造センター(ACT京都) 会議室 (web開催))  低温生物工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月30日 - 2020年5月31日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市成長産業創造センター(ACT京都) 会議室 (web開催)  

  • 乾燥耐性マメ科作物ササゲ(Viguna unguiculata)の アブシジン酸長距離シグナル

    久保嘉春・藤巻航・湯淺高志

    日本作物学会第249回講演会  (農林水産技術会議事務局 筑波産学連携支援センター本館(web開催))  日本作物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月26日 - 2020年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:農林水産技術会議事務局 筑波産学連携支援センター本館(web開催)  

  • 豆類スプラウトの機能性アミノ酸の 含量増強技術に関する研究

    久保 嘉春, 湯淺高志

    令和元年度 高等教育コンソーシアム宮崎 「公募型卒業研究テーマ成果発表会」  (宮崎大学330記念講堂)  高等教育コンソーシアム宮崎

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎大学330記念講堂  

  • 乾燥耐性マメ科作物ササゲ(Viguna unguiculata)のアブシジン酸調節メカニズム

    湯淺高志, 久保 嘉春,藤巻 航

    第56回好塩微生物研究会  (JAMSTEC国立研究開発法人海洋研究開発機構横須賀本部)  好塩微生物研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:JAMSTEC国立研究開発法人海洋研究開発機構横須賀本部  

     ササゲ [Vigna unguiculata (L.)Walp.]は乾燥耐性に優れたアフリカ原産のマメ科作物である. 栄養成長期のササゲは灌水を数週間停止しても乾燥ストレスに耐え, その後再潅水により光合成活性を速やかに回復する. ササゲの優れた乾燥耐性には他の高等植物と同様にストレス応答性植物ホルモン, アブシジン酸(ABA)が気孔閉鎖による水分損失抑制と適合溶質やLEAタンパク質の蓄積による乾燥ストレス耐性獲得に関与していることが先行研究から明らかとなっている. 近年, 乾燥ストレスに応答したABAシグナルにはCLE様ペプチドホルモンやABC型トランスポータによるABA輸送を介した長距離伝達シグナルが関与することがシロイヌナズナを用いた分子遺伝学的研究から示された. そこでササゲの優れた乾燥ストレス耐性における長距離伝達シグナル分子の働きに着目した. CLEペプチドおよびABA輸送体のササゲホモログ遺伝子の乾燥ストレスに応答した発現プロファイルを解析した. ササゲ [Vigna unguiculata (L.) Walp.]I,T98K-205-8系統の種子を豆化成10g, 苦土石灰10gを加えた宮崎焼土を詰めた1/5000ワグネルポットに播種して宮崎大学実験圃場ビニールハウスにおいて4週間栽培を行った. 灌水コントロール区および灌水停止した乾燥処理区から葉身と主根をサンプリングして常法に従い SDS フェノール LiCl 法によりRNAを調製して, 半定量的RT-PCR法により遺伝子発現解析を行った. シロイヌナズナのCLEペプチド,ABC型トランスポータと相同性を持つササゲ遺伝子候補を, Phytozome v12 (https://phytozome.jgi.doe.gov/pz/portal.html)植物ゲノムテータベースを用いて検索,同定して遺伝子特異的プライマーを設計した. 乾燥処理後, 葉身ではABA合成律速酵素VuNCED3の発現が上昇したが主根ではほとんど発現上昇は見られなかった. 一方, VuCLE25は乾燥に応答して葉身と主根で発現上昇が示され,アクチン発現量との相対比では主根でのVuCLE25の発現上昇が顕著だった. ABCトランスポータのうちABA細胞外排出に働くVuABCG25はVuNCED3やVuCLE25と類似した乾燥に応答した発現増加を示した. 一方, ABAの孔辺細胞取り込みに働くVuABCG40の発現は比較的高い発現レベルを維持して顕著な変動はなかった. シロイヌナズナにおいてAtCLE25は乾燥に応答した根組織で発現増加し,分泌されたCLEペプチドが通道組織を経て地上部組織のABA合成の促進する. ササゲにおいても乾燥ストレスは主として根組織からのCLEペプチド分泌することで乾燥シグナルを長距離伝達して地上部のABA合成を介した乾燥耐性獲得に機能することが示唆された. またVuABCG25など一部のABA輸送体は乾燥ストレスもしくはABA増加に応答して発現増加して組織内のABA分布を調節していることが示唆された.

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成27年度公募による卒業研究成果発表会、最優秀ポスター賞

    2016年2月   高等教育コンソーシアム宮崎  

    松田理登、谷口智哉、湯淺高志ほか

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 平成23年度日本作物学会論文賞受賞

    2011年3月   日本作物学会  

    30. Tanaka K., Onishi R., Miyazaki M., Ishibashi Y., Yuasa T., Iwaya-Inoue M.

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • 第六回日韓合同国際シンポジウム ベストポスター賞

    2009年11月   日本韓国国際共同シンポジウム実行委員会(九大、島根大、忠南大)  

    Phan T., Yuasa T.*, Okuda M., Tanaka S., Kurauchi E., Koda Y., Fujio T., Ishibashi Y., Iwaya-Inoue M.

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ゲノム情報を活用した代謝ピラミッディングによる高油脂含有ダイズの作出

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 分岐鎖アミノ酸代謝シグナル制御による機能性大豆の作出

    2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ダイズゲノム情報データベースを利用してダイズBCATオルソログ遺伝子を特定し,その機能変異体を組換え技術によらない迅速な1塩基変異選抜法TILLING法により選抜し,栄養成分評価を進めて迅速に高BCAA強化飼料用ダイズの分子育種を遂行する.

  • 燃焼系D-アミノ酸増強トマト果実におけるキラル技術の応用

    2012年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    トマトのアラニンラセマーゼのクローニングと遺伝子発現解析

  • 水ストレス下のマメ科作物の窒素・糖・水の動態解析による乾燥耐性メカニズム

    2011年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    マメ科作物の乾燥ストレス耐性機構の研究

  • オートファジー制御によるダイズ収量向上法の開発

    2009年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金 

     詳細を見る

    ダイズの摘莢処理は葉身から子実への窒素転流を抑制し,青立ちを引き起こす.タンパク質分解と窒素転流にはオートファジーが関与していることから,子実肥大期のダイズにおけるオートファジー関連遺伝子(ATG)の発現に対する摘莢処理の影響を解析した.50%摘莢区ではそれらの低下抑制が起こり,100%摘莢区では低下が見られなかったことにより青立ちが確認された.GmATG8とGmATG4は無処理区で顕著な一過的発現上昇が生じたのに対し,50%および100%摘莢区では緩やかな発現増加であった.これらATG遺伝子の一過的発現上昇は,全窒素含量とSPAD値の低下と同じタイミングで生じていたことから,子実肥大期の葉の老化と葉から子実への窒素転流にオートファジーが関与していることが示唆された.

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • マメ科作物ササゲの長距離シグナル遺伝子の多型性に着目した乾燥耐性品種差の解析

    2020年04月 - 2021年03月

    鳥取大学  令和2年度鳥取大学乾燥地研究センター共同研究 

    湯淺高志、石井孝佳(鳥取大学)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    ササゲ [Vigna unguiculata (L.)Walp.]は乾燥耐性に優れたアフリカ原産のマメ科作物であり,気温が高く降水量が少ないサヘル地方でもササゲは時間的空間的な乾燥,湿度の変化に素早く応答して気孔開度を変化させて,高い光合成速度と早い成長速度を維持することができる. 乾燥/高温ストレスに応答した気孔閉鎖と乾燥耐性獲得においてアブシジン酸(ABA)の合成と受容シグナルが必須であることは従来から知られていたが, 近年の研究からABA長距離シグナルが植物の乾燥耐性メカニズムに重要であることが明らかとなった(図1). そこでABA長距離シグナルの役割に着目して, ササゲ系統の品種間の乾燥/高温耐性能力の強弱とABA長距離シグナル関連遺伝子の多型性との関係を明らかにすることが本研究の目的である. ABA長距離シグナルにはABAの維管束を介した輸送と孔辺細胞への濃縮を担う直接的なABA輸送がある. 一方, 乾燥ストレスに応答して根組織で特異的に発現誘導されたCLEペプチドが維管束を通って地上部の葉肉組織に作用してABA合成を促すメカニズムが最近報告されている(図1). アジアとアフリカの熱帯乾燥地域で貴重な食料やタンパク質資源として利用されるササゲ栽培系統や多様な環境ストレス(乾燥, 高温)耐性能力を持つ野生ササゲ系統の遺伝子資源を活用してABA長距離シグナル関連遺伝子の多型性および気孔開度とクロロフィル蛍光の表現型を比較して乾燥/高温耐性と光合成能の遺伝的相関を明らかにする.こうした解析で得られた乾燥/高温耐性育種マーカーを活用して熱帯乾燥地においても高い収量と食料を安定供給できるマメ科作物の分子育種によって作出することを目的とする.