小山 大介 (コヤマ ダイスケ)

KOYAMA Daisuke

写真a

職名

准教授

生年

1978年

研究室住所

宮崎県宮崎市学園木花台1-1 宮崎大学教育文化学部549研究室

研究分野・キーワード

多国籍企業論、世界経済論、地域経済論

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0985-58-7568

研究室FAX

0985-58-7568

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年03月

    阪南大学   流通学部   流通学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年03月

    阪南大学  企業情報研究科  企業情報専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    2007年03月

    京都大学  経済学研究科  経済動態分析専攻  修士課程  修了

  • 2007年04月
    -
    2013年03月

    京都大学  経済学研究科  経済動態分析専攻  博士課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(経済学)

  • 京都大学 -  修士(経済学)

  • 阪南大学 -  修士(企業情報学)

  • 阪南大学 -  学士(流通学)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 経済政策

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 地域経済のグローバル化

    (選択しない)  

    研究期間: 2017年04月  -  継続中

     概要を見る

    グローバリゼーションの進展は、地域経済にも及んでいる。地域経済がいかに、世界経済に包摂されているのか見当する。

  • 多国籍企業の海外事業活動と世界経済

    (選択しない)  

    研究期間: 2013年04月  -  継続中

     概要を見る

    進展するグローバリゼーションとその中心主体である多国籍企業の海外事業活動を分析するとともに、地域経済の現状について明らかにする。

論文 【 表示 / 非表示

  • 世界経済のグローバル化と日本企業の海外進出・撤退-1990から2011年代の動向を中心に-

    小山大介

    宮崎大学地域資源創成学部紀要   ( 3 ) 29 - 40   2020年03月

    単著

     概要を見る

    日本企業のよる海外事業展開は、1980年代後半より本格化した。本論文では1990年から2010年代における事業活動実態を進出と撤退の双方向から明らかにする。

  • 多国籍企業の進出から地域を守る道-グローバル化をいかに捉え、主体的に行動すべきか-

    小山大介

    中商工業研究   ( 139 ) 8 - 18   2019年04月

    単著

     概要を見る

    今や多国籍企業による事業活動は、私たちの生活に深く浸透している。本論文では多国籍企業の経済力、そして地域経済の再活性化に向けた課題について検討する。

  • アメリカにおける多国籍企業の企業内貿易構造の変容-Related Party TradeおよびIntra-firm Trade分析を中心に-

    小山大介

    立命館国際地域研究   ( 47 ) 1 - 21   2018年03月

    単著

  • グローバル化する地域経済と中小企業の多様性-宮崎県中小企業家同友会による景況調査を事例として-

    小山大介

    企業環境研究年報   ( 47 ) 49 - 67   2018年03月

    単著

  • 「日米中三カ国における付加価値貿易構造―アジアの国際分業と日米中貿易の位置-

    小山大介

    立命館国際地域研究   43   137 - 157   2016年03月

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 入門現代日本の経済政策

    岡田 知弘, 岩佐 和幸, 大貝 健二, 関根 佳恵, 高山 一夫, 豊福 裕二, 宇都宮 千穂, 多田 憲一郎, 鳥畑 與一, 森原 康仁, 小山 大介, 池島 祥文 (担当: その他 )

    法律文化社  2016年 ISBN: 9784589037534

    CiNii

  • 知識資本の国際政治経済学ー知財・情報・ビジネスモデルのグローバルダイナミズム

    関下稔、中川涼司 (担当: 共著 , 担当範囲: 「第4章 日本アニメ産業と知的財産権ーブロードバンド時代におけるアニメ制作会社・市場の将来像ー )

    同友館  2010年06月 ISBN: 4496046822

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • エッセイ 私と『資本論』 『資本論』とのめぐり逢い

    小山大介

    経済 ( 新日本出版社 )  ( 296 ) 96 - 97   2020年04月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

     概要を見る

    これまでの研究生活と『資本論』との関係を語る。

  • 第44回(2020年1-3月期)宮崎県中小企業家同友会景況調査報告書

    小山大介

    第44回(2020年1-3月期)宮崎県中小企業家同友会景況調査報告書 ( 宮崎県中小企業家同友会 )    1 - 12   2020年04月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

     概要を見る

    2020年1-3月期における県内中小企業の景況調査報告書。

  • 新型コロナウィルス感染症緊急調査報告書

    小山大介

    新型コロナウィルス感染症緊急調査報告書 ( 宮崎県中小企業家同友会 )    1 - 9   2020年04月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

     概要を見る

    県内中小企業における新型コロナウィルス感染症拡大に関する緊急調査報告書

  • 第43回(2019年10-12月期)宮崎県中小企業家同友会景況調査報告書

    小山大介

    第43回(2019年10-12月期)宮崎県中小企業家同友会景況調査報告書 ( 宮崎県中小企業家同友会 )    1 - 15   2020年01月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

     概要を見る

    2019年10-12月期における県内中小企業の景況調査報告書。

  • 第42回(2019年7-9月期)宮崎県中小企業家同友会景況調査報告書

    小山大介

    第42回(2019年7-9月期)宮崎県中小企業家同友会景況調査報告書 ( 宮崎県中小企業家同友会 )    1 - 15   2019年09月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

     概要を見る

    2019年7-9月期における県内中小企業の景況調査報告書。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • GVCs研究と地域経済のグローバル化 ―国境を横断する取引関係への前進と宮崎県における状況―

    小山大介

    日本地域経済学会 第31回京都大会  (京都橘大学)  2019年12月  -  2019年12月    日本地域経済学会

  • 国立公園隣接観光地における地域内経済循環 ―伊勢・志摩における調査結果を中心にー

    米田誠司、小山大介

    日本地域経済学会 第31回京都大会  (京都橘大学)  2019年12月  -  2019年12月    日本地域経済学会

  • GVCs研究と地域経済のグローバル化ー国境を横断する取引関係への前進と宮崎県における状況ー

    小山大介

    日本地域経済学会  (京都橘大学)  2019年12月  -  2019年12月    日本地域経済学会

     概要を見る

    GVCs研究をいかに地域経済分析へと繋げていくことができるのか検討する。宮崎県を事例として地域経済とグローバル(世界)経済との結合関係を明らかにする。企業城下町型、政府主導型グローバル化、補助金型に頼らない地域内経済循環促進型グローバル化の可能性を探る。

  • 日本企業の海外進出と撤退の30年ー1990~2010年代を振り返るー

    小山大介

    日本国際経済学会  (阪南大学サテライトキャンパス)  2019年07月  -  2019年07月    日本国際経済学会 関西・中部合同例会

     概要を見る

    1990から2010年代における日本企業の海外事業展開を振り返る。 海外事業展開を進出と撤退の双方向から分析し、その構造変化を捉える。 日本企業の海外事業活動の成熟化プロセスと再編過程を世界経済のグローバル化過程を合せて分析する。

  • 日本企業の海外進出と撤退の30年-1990~2010年代を振り返る-

    小山大介

    日本国際経済学会 関西・中部支部合同例会  (阪大大学サテライト(あべのハルカス))  2019年07月  -  2019年07月    日本国際経済学会

全件表示 >>