武居 周 (タケイ アマネ)

TAKEI Amane

写真a

職名

准教授

生年

1973年

研究分野・キーワード

有限要素法に基づく数値電磁界解析手法・音響解析手法の開発とその利用技術の検討、大規模数値解析手法、電気機器設計手法

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://hamayu.emi.miyazaki-u.ac.jp/index.html

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2006年03月

    東京大学大学院  新領域創成科学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  環境学

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 計算科学

  • 電力工学・電力変換・電気機器

  • 電子デバイス・電子機器

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 異なる数値計算プラットフォームの相互的構築

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2018年10月  -  2023年03月

  • 並列連成解析手法による高精度な温熱療法シミュレーションの実現

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2017年04月  -  継続中

  • 高速大規模電磁界解析手法の開発および電磁環境影響評価手法への適用

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2011年04月  -  2013年03月

  • 大規模電磁界解析手法の開発とその利用技術の検討

    その他の研究制度  

    研究期間: 2003年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Development and validation of parallel acoustic analysis method for the sound field design of a large space

    Murakami Y., Yamamoto K., Takei A.

    Advances in Intelligent Systems and Computing   744   206 - 214   2019年  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2019, Springer Nature Singapore Pte Ltd. Recently, acoustic analysis techniques are used in the design of acoustic environments both inside and outside of rooms containing a sound source. However, when the analysis area is expanded or the frequency is increased, unknowns of a solving liner equation increase, and large-scale analyses becomes necessary. Therefore, in this study, a large-scale acoustic analysis method has been developed based on a parallel finite element method. In the proposed large-scale analysis method, an iterative method is applied to the interface problem as the iterative domain decomposition method, which is known to be an effective parallelization method. To improve the convergence of the iterative method, balancing domain decomposition has been applied as a preconditioner step, and its effectiveness in large-scale acoustic analysis is demonstrated. The acoustic analysis code is developed in this study that is shown to be capable of the large-scale analysis of finite element models on the order of tens of millions of elements with high accuracy.

    DOI

  • Improved convergence in eddy-current analysis by singular value decomposition of subdomain problem

    Mizuma T., Takei A.

    Advances in Intelligent Systems and Computing   744   199 - 205   2019年  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    The purpose of this study is to improve the convergence of the iterative domain decomposition method for the Interface Problem in time-harmonic eddy-current analysis. The solver applied is the A - ϕ method, which consists of the magnetic vector potential A and an unknown function of the electric scalar potential ϕ. However, it is known that the convergence of the iterative domain decomposition method deteriorates for the interface problem in analyses with large-scale numerical models. In addition, the equation obtained by the A - ϕ method is a singular linear equations. In general, iterative methods are applied to solve this equation, however it is difficult to achieve high-precision because of the truncation error. In this research, to solve this problem, a direct method using a generalized inverse matrix based on a singular value decomposition method is introduced to solve the subdomain problems. Although this increases the computational cost, high-precision arithmetic becomes possible. Here, we investigate the improvement in the convergence of the interface problem by comparing our proposed method with previous method, when applied to the standard eddy-current problem.

    DOI

  • Eddy-Current Analysis based on Domain Decomposition Method Using SVD - Direct Method as Subdomain Solver

    T. Mizuma and A. Takei

    Proceedings of IEEE CEFC2018, Hangzhou, China, Oct. 28-31, 2018, USB     2018年10月  [査読有り]  [招待有り]

    共著

  • Research on High Speed Numerical Human Current Density Analysis Using Geometric Multi-Grid Methods

    M. Nomura, H. Tarao, A. Takei

    Proceedings of IEEE CEFC2018, Hangzhou, China, Oct. 28-31, 2018, USB     2018年10月  [査読有り]

    共著

  • Electric fields induced inside numerical human model standing on ground plane with elevated arms in uniform electric field at power frequency

    Tarao H., Takei A., Hayashi N., Isaka K.

    Electronics and Communications in Japan   101 ( 10 ) 3 - 10   2018年10月  [査読有り]  [招待有り]

    共著

     概要を見る

    © 2018 Wiley Periodicals, Inc. In the ICNIRP guidelines on the protection of human exposure to low frequency electric and magnetic fields, the reference levels are given based on the maximum value of induced electric fields (EF’s) inside a numerical human model that stands erect on ground plane with both hands down by its sides. In this contribution, numerical results on the induced EF’s inside a numerical human model standing with elevated arms in a 50 Hz uniform EF, are illustrated. The effect of the arm elevation angle on the maximum EF is discussed. It is found that, when both arms are raised overhead, the maximum values of the induced EF in the nervous system tissues increase by 20–35% compared with those obtained when both hands are down by its sides, which falls within the reduction factor of 2.4.

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Advanced Software Technologies for Post-Peta Scale Computing

    Ryuji Shioya, Masao Ogino, Yoshitaka Wada, Kohei Murotani, Seiichi Koshizuka, Hiroshi Kawai, Shin-ichiro Sugimoto, Amane Takei (担当: 共著 )

    Springer  2019年01月 ISBN: 978-981-13-1923-5

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第23回計算工学講演会「グラフィクスアワード,特別賞(MicroAVS賞)」

    2018年06月08日   日本計算工学会  

    受賞者:  杉本振一郎,高橋一郎,荻野正雄,武居周

  • 学術奨励賞

    2018年03月01日   電子情報通信学会九州支部  

    受賞者:  東勇 (Supervising Student)

  • 連合大会講演奨励賞

    2018年01月01日   電子情報通信学会九州支部  

    受賞者:  山本広太 (Supervising Student)

  • 電気学会 第18回優秀技術活動賞 技術報告賞 電磁界解析高度利用技術(電気学会技術報告第1317号)

    2015年04月01日   電気学会  

    受賞者:  電磁界解析高度利用技術調査専門委員会

  • パワーアカデミー「萌芽研究優秀賞」

    2015年03月24日   パワーアカデミー  

    受賞者:  武居周

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 異なる数値計算プラットフォームの相互的構築

    国際共同研究加速基金 (国際共同研究強化(B))

    研究期間:  2018年10月  -  2023年03月  代表者:  武居周

  • 真に臨場感を有したVRサウンドを実現するための移動音における方向知覚の解明

    基盤研究(C)分担者

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月 

  • 電磁場解析のエクストリームスケール・コンピューティングを実現する高速数値解法開発

    基盤研究(B)分担者

    研究期間:  2017年04月  -  2022年03月 

  • 並列連成解析手法による高精度な温熱療法シミュレーションの実現

    基盤研究(B)代表者

    研究期間:  2017年  -  2020年03月 

  • 高速大規模電磁界解析手法の開発および電磁環境影響評価手法への適用

    若手研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 数値シミュレーションと実測を融合した避雷器のギャップ構造設計手法の開発

    提供機関:  公益財団法人 JKA  公益財団法人JKA 機械振興補助事業 研究補助(複数年度研究)

    研究期間: 2018年04月  -  2020年03月  代表者:  武居周

  • 移動体を考慮する並列非定常電磁界シミュレーション手法の開発と回転機への適用検討

    提供機関:  公益財団法人 津川モーター研究財団  公益財団法人 津川モーター研究財団

    研究期間: 2018年01月  -  2018年12月  代表者:  武居周

  • 領域分割型並列電磁界解析によるリニアモーターカー設計に関する研究

    提供機関:  一般財団法人 津川モーター研究財団  一般財団法人 津川モーター研究財団

    研究期間: 2017年01月  -  2017年12月  代表者:  武居周

  • 地下鉄用リニアモータの高精度評価手法の構築補助事業

    提供機関:  公益財団法人 JKA  公益財団法人JKA 機械振興補助事業 研究補助(個別研究)

    研究期間: 2016年04月  -  2017年03月  代表者:  武居周

  • 高性能電磁界解析手法に基づく高度な電気機器設計法の基盤構築

    提供機関:  パワーアカデミー  パワーアカデミー研究助成

    研究期間: 2016年02月  -  2017年03月  代表者:  武居周

全件表示 >>