村端 五郎 (ムラハタ ゴロウ)

MURAHATA Goro

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

英語学、応用言語学、第二言語習得論、英語教育学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1979年03月

    北海道教育大学   教育学部   中学校教員養成課程(英語)   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年03月

    兵庫教育大学  教育研究科  教科領域専攻 言語系コース(英語)  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 兵庫教育大学 -  修士(教育学)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 英語学

  • 外国語教育

  • 応用言語学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 英語学・応用言語学的アプローチによる第二言語の研究

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2008年04月  -  2010年03月

     概要を見る

    日本人第二言語ユーザの英語習得研究 第二言語学習が第二言語ユーザの認知に及ぼす影響 語用論とコミュニケーション 小学校英語 中高英語教材のテクスト分析

論文 【 表示 / 非表示

  • A Socio-pragmatic Exploration into the Realization of the Prefabricated Expressions Excuse me and I’m sorry by Japanese L2 Users of English

    Goro Murahata

    Memoirs of Faculty of Education, University of Miyazaki   ( 93 ) 52 - 64   2019年08月

    共著

     概要を見る

    This study explores how Japanese second language (JL2) users of English distinctively realize the prefabricated English expressions Excuse me and I’m sorry in different social scenes. The inappropriate use of those functionally similar expressions has been observed in class by English teachers. However, there have been very few empirical studies which investigated how L2 users of English recognize each of these expressions as distinct by virtue of differences in functions according to various social scenes. 37 JL2 users of English were given two pencil-and-paper tasks. The results showed that the participants had rudimentary socio-pragmatic ideas related to the use of the prefabricated expressions. However, the range of functions they recognized for each of the expressions was very limited. There was also a case where they had difficulty in choosing I’m sorry for a fairly serious matter. This means that though JL2 users at the college level have minimum knowledge as to the use of prefabricated expressions, they still lack in understanding the multi-functional nature of them. It was concluded from these results that to overcome this weakness in their socio-pragmatic competence they need to have more language using experience with metapragmatic awareness in real communicative situations.

  • A Pragmalinguistic Investigation into Polar Interrogative-Response Sequences in MEXT Approved English Textbooks

    Tomoe Takahashi, Goro Murahata

    Memoirs of Faculty of Education, University of Miyazaki   ( 91 ) 64 - 87   2018年08月

    共著

     概要を見る

    This study investigates how polar interrogative (PI)-response sequences are realized in English textbooks in comparison with those in discourse by native speakers. Very few studies have examined formal and functional features of PIs in relation to their responses in English textbooks. In this study 412 PI-response sequences are extracted from all of the six MEXT approved English textbooks for junior high school students published in 2016. PIs are analyzed in terms of their forms and functions, the intersection of their forms/functions and the turns in response to them. The results show that PI-response sequences in the textbooks have several divergent characteristics from native speaker discourse in their forms and functions. In particular, the rate of statement-form PIs, which are often observed at the beginning stage of first or second language acquisition, is much lower than that in native speaker discourse. Furthermore, PIs are largely used for the function of information request in the textbooks while PIs for repair or confirmation function are much more common in native speaker discourse. This study concludes with a suggestion that the teacher's ingenuity should be required to fill up disparities between turn-takings in the textbooks and those in native speaker discourse in order to provide second language users of English with more authentic input in a social context of situation.

  • A critical analysis of the interjections 'Oh' and 'Ah' as pragmatic markers in MEXT authorized English textbooks

    Goro Murahata

    Annual Review of English Language Education in Japan (ARELE)   ( 29 ) 49 - 64   2018年03月  [査読有り]

    単著

  • Language of an entirely different writing system: In response to "Handmade" by Vivian Cook

    Goro Murahata

    Inference: International Review of Science   3 ( 4 ) 0 - 00   2018年02月  [査読有り]

    単著

    DOI

  • 小学校英語資料における言語材料に関する一考察 ─あいさつ表現としての “How are you?” に対する応答を中心に─

    村端 佳子、村端 五郎

    教育科学論集(宮崎国際大学教育学部)   ( 4 ) 16 - 27   2017年12月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 流暢なやり取りを 生み出す英語プレハブ表現317

    村端 五郎 (担当: 単著 )

    開拓社、東京  2020年03月

     概要を見る

    言葉の使用や習得において,近年注目を集めているのが,文法に依存せず,ひと塊として使用されるプレハブ表現。本書では,英語でのやり取りに流暢さを生み出し,文法発達の足がかりとなるプレハブ表現を317紹介する。本書は,英語で流暢にやり取りをしてみたい,会話力をすぐにアップさせたい,自信をもって英語を話せる児童・生徒を育てたい,そう願う人たちを対象としたものである。

  • 英語教育のパラダイムシフト ─小学校英語の充実に向けて─

    村端 五郎 (担当: 単著 )

    松柏社、東京  2018年05月 ISBN: 9784775402535

  • The Cambridge Handbook of Linguistic Multi-competence

    Cook, V.J. & Li Wei (eds.), Goro Murahata, Yoshiko Murahata & V.J. Cook, Research questions and methodology of multi-competence (担当: 共著 , 担当範囲: Chapter 2 Research questions and methodology of multi-competence (pp. 26-49) )

    Cambridge University Press  2016年04月 ISBN: 9781107059214

  • 第2言語ユーザのことばと心

    村端 五郎、村端 佳子 (担当: 共著 )

    開拓社、東京  2016年03月

  • はじめての越境社会文化論

    高知大学人文学部松尾國彦基金図書刊行会 (担当: 共著 )

    リーブル出版  2010年12月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • インターネットの教育への挑戦

    村端 五郎

    現代教育科学(明治図書)6月号     15 - 70   2000年  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • インターネットの起点

    村端 五郎

    学校運営研究(明治図書)5月号     19 - 21   1997年  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • インターネットで情報活用実践力を培う

    村端 五郎

    現代教育科学(明治図書)緊急増刊号     56   1996年  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 情報通信ネットワークを活用した「遠隔教育」システムの構築とその実践研究(II)-実験協力校でのWWWデータベースの構築と運用-

    村端 五郎

    北海道教育大学附属教育実践研究指導センター紀要   ( 15 ) 79 - 88   1996年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 情報通信ネットワークを活用した「遠隔教育」システムの構築とその実践研究(I)-ダイアルアップIP接続によるインターネットへの接続システムの構築

    村端 五郎

    北海道教育大学附属教育実践研究指導センター紀要   ( 15 ) 67 - 78   1996年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Linguistic multi-competence in the community: With focus on the influence of English on a Japanese plural marker –tachi

    Murahata, Yoshiko & Murahata, Goro

    The Applied Linguistics Conference 2019  (Curtin University, Perth, West Australia)  2019年11月  -  2019年11月    Applied Linguistics Association of Australia

     概要を見る

    Recent second language (L2) researchers have investigated how languages interact in the mind of a single person and seen unique nature of the L2 user’s language and mind from a linguistic multi-competence (LMC) perspective. This study explores further evidence of LMC at the community level. With special focus on one of the Japanese plural markers ‘-tachi’ widely used in Japan, we ask: What evidence can we find to show the influence of English on Japanese? Though the current Japanese retains its original plural system, it has acquired certain new features in the use of -tachi. We find a particularly interesting case, that is, its systematic use for an individuating function with the non-animate noun such as *hon-tachi [books] and *tomato-tachi [tomatoes], which is grammatically unacceptable in Japanese. This finding indicates that the learning and using of English has given a steady impetus for the inducement of the LMC of the community. This linguistic process at the community level is well compatible with the current definition of LMC, the overall system of a mind or a community that uses more than one language and the concept of ‘translanguaging’ as the meaning-making process to make the most of multiple linguistic resources.

  • 用法基盤モデルの言語習得観にもとづく小学校英語の展開 ─プレハブ表現を足場かけとした教室コミュニケーション能力の育成─

    村端 五郎、村端 佳子

    第19回 小学校英語教育学会 北海道研究大会  (北海道 北海道科学大学)  2019年07月  -  2019年07月    小学校英語教育学会

  • 話者の心的態度を表現する間投詞に着目した中学校英語教科書の分析研究 ─語用標識としての機能を果たす ‘Oh’ ‘Ah’ を事例として─

    村端 五郎

    第43回 全国英語教育学会 島根研究大会  (島根県 島根大学)  2017年08月  -  2017年08月    全国英語教育学会

  • 英語ユーザとしての小中学生のインタラクション能力をどのように育てるか

    村端 五郎、村端 佳子

    第45回 九州英語教育学会 福岡研究大会  (福岡県 福岡工業大学)  2016年12月  -  2016年12月    九州英語教育学会

  • 言語的マルチコンピテンスから見た第2言語学習・使用の認知への影響 ─日本語を母語とする英語ユーザの色に対する心象─

    村端 佳子、村端 啓介、村端 五郎

    第42回 全国英語教育学会 埼玉研究大会  (埼玉県 獨協大学)  2016年08月  -  2016年08月    全国英語教育学会

全件表示 >>