村端 五郎 (ムラハタ ゴロウ)

MURAHATA Goro

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

英語学、応用言語学、第二言語習得論、英語教育学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1979年03月

    北海道教育大学   教育学部   中学校教員養成課程(英語)   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年03月

    兵庫教育大学  教育研究科  教科領域専攻 言語系コース(英語)  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 兵庫教育大学 -  修士(教育学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 英語学・応用言語学的アプローチによる第二言語の研究

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2008年04月  -  2010年03月

     概要を見る

    日本人第二言語ユーザの英語習得研究 第二言語学習が第二言語ユーザの認知に及ぼす影響 語用論とコミュニケーション 小学校英語 中高英語教材のテクスト分析

論文 【 表示 / 非表示

  • A Pragmalinguistic Investigation into Polar Interrogative-Response Sequences in MEXT Approved English Textbooks

    Tomoe Takahashi, Goro Murahata

    Memoirs of Faculty of Education, University of Miyazaki   ( 91 ) 64 - 87   2018年08月

    共著

     概要を見る

    This study investigates how polar interrogative (PI)-response sequences are realized in English textbooks in comparison with those in discourse by native speakers. Very few studies have examined formal and functional features of PIs in relation to their responses in English textbooks. In this study 412 PI-response sequences are extracted from all of the six MEXT approved English textbooks for junior high school students published in 2016. PIs are analyzed in terms of their forms and functions, the intersection of their forms/functions and the turns in response to them. The results show that PI-response sequences in the textbooks have several divergent characteristics from native speaker discourse in their forms and functions. In particular, the rate of statement-form PIs, which are often observed at the beginning stage of first or second language acquisition, is much lower than that in native speaker discourse. Furthermore, PIs are largely used for the function of information request in the textbooks while PIs for repair or confirmation function are much more common in native speaker discourse. This study concludes with a suggestion that the teacher's ingenuity should be required to fill up disparities between turn-takings in the textbooks and those in native speaker discourse in order to provide second language users of English with more authentic input in a social context of situation.

  • A critical analysis of the interjections 'Oh' and 'Ah' as pragmatic markers in MEXT authorized English textbooks

    Goro Murahata

    Annual Review of English Language Education in Japan (ARELE)   ( 29 ) 49 - 64   2018年03月  [査読有り]

    単著

  • Language of an entirely different writing system: In response to "Handmade" by Vivian Cook

    Goro Murahata

    Inference: International Review of Science   3 ( 4 ) 0 - 00   2018年02月  [査読有り]

    単著

    DOI

  • 小学校英語資料における言語材料に関する一考察 ─あいさつ表現としての “How are you?” に対する応答を中心に─

    村端 佳子、村端 五郎

    教育科学論集(宮崎国際大学教育学部)   ( 4 ) 16 - 27   2017年12月

    共著

  • 英語ユーザとしての小中学生のインタラクション能力を育てる非線的循環シラバス

    村端 五郎、村端 佳子

    宮崎大学教育学部紀要 教育科学   ( 89 ) 11 - 20   2017年08月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語教育のパラダイムシフト ─小学校英語の充実に向けて─

    村端 五郎 (担当: 単著 )

    松柏社、東京  2018年05月 ISBN: 9784775402535

  • 英語教育のパラダイムシフト : 小学校英語の充実に向けて

    村端 五郎 (担当: その他 )

    松柏社  2018年 ISBN: 9784775402535

    CiNii

  • The Cambridge Handbook of Linguistic Multi-competence

    Cook, V.J. & Li Wei (eds.), Goro Murahata, Yoshiko Murahata & V.J. Cook, Research questions and methodology of multi-competence (担当: 共著 , 担当範囲: Chapter 2 Research questions and methodology of multi-competence (pp. 26-49) )

    Cambridge University Press  2016年04月 ISBN: 9781107059214

  • 第2言語ユーザのことばと心

    村端 五郎、村端 佳子 (担当: 共著 )

    開拓社、東京  2016年03月

  • はじめての越境社会文化論

    高知大学人文学部松尾國彦基金図書刊行会 (担当: 共著 )

    リーブル出版  2010年12月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • インターネットの教育への挑戦

    村端 五郎

    現代教育科学(明治図書)6月号     15 - 70   2000年  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • インターネットの起点

    村端 五郎

    学校運営研究(明治図書)5月号     19 - 21   1997年  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • インターネットで情報活用実践力を培う

    村端 五郎

    現代教育科学(明治図書)緊急増刊号     56   1996年  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 情報通信ネットワークを活用した「遠隔教育」システムの構築とその実践研究(II)-実験協力校でのWWWデータベースの構築と運用-

    村端 五郎

    北海道教育大学附属教育実践研究指導センター紀要   ( 15 ) 79 - 88   1996年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 情報通信ネットワークを活用した「遠隔教育」システムの構築とその実践研究(I)-ダイアルアップIP接続によるインターネットへの接続システムの構築

    村端 五郎

    北海道教育大学附属教育実践研究指導センター紀要   ( 15 ) 67 - 78   1996年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 英語ユーザとしての小中学生のインタラクション能力をどのように育てるか

    村端 五郎、村端 佳子

    第45回 九州英語教育学会 福岡研究大会  (福岡県 福岡工業大学)  2016年12月  -  2016年12月    九州英語教育学会

  • 言語的マルチコンピテンスから見た第2言語学習・使用の認知への影響 ─日本語を母語とする英語ユーザの色に対する心象─

    村端 佳子、村端 啓介、村端 五郎

    第42回 全国英語教育学会 埼玉研究大会  (埼玉県 獨協大学)  2016年08月  -  2016年08月    全国英語教育学会

  • 自信に満ちた第2言語(英語)ユーザを育てるための「教室コミュニケーション能力」

    村端 五郎、村端 佳子

    第42回 全国英語教育学会 埼玉研究大会  (埼玉県 獨協大学)  2016年08月  -  2016年08月    全国英語教育学会

  • 言語的マルチコンピテンスとわが国の英語教育

    村端 五郎、村端 佳子

    全国英語教育学会熊本研究大会  (熊本市)  2015年08月  -  2015年08月    全国英語教育学会