本部 エミ (ホンブ エミ)

HOMBU Amy

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

英語教育、寄生虫分野

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年01月

    California State University, Fullerton   英語、比較文学、言語学部   Linguistics   卒業

  •  
    -
    1986年01月

    University of California, Los Angeles   Business Extension Course   その他

  •  
    -
    2018年01月

    University of Pennsylvania   Educational and Cultural Affairs, Office of English Language Programs   English for Science, Technology, Engineering, and Mathematics   その他

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    宮崎大学大学院医科学看護学研究科  医科学看護学研究科  医科学  修士課程  修了

  • 2013年04月
    -
    2017年10月

    宮崎大学大学院医学獣医学総合研究科博士課程  医学獣医学総合研究科博士課程  感染症学寄生虫分野   博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 宮崎大学 -  博士(医学)

  • 宮崎大学大学院医科学看護学研究科 -  修士(医科学)

  • California State University, Fullerton (U.S.A.) -  Bachelor of Arts

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 英語教育

  • 寄生虫学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 国際協働学習ネットワークによるグローバル英語ライティング教育システムの構築

    その他の研究制度  

    研究期間: 2016年04月  -  継続中

  • 異文化理解能力を中心とした共感的医療コミュニケーションモデルの構築

    その他の研究制度  

    研究期間: 2014年04月  -  2017年03月

  • 動物由来回虫症に対するアルベンダゾールの有効性の検討

    その他の研究制度  

    研究期間: 2011年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • A questionnaire survey of the illegal importation of pork products by airtravelers into Japan from China and exploration of causal factors

    Zhihao LeiTakeshi HagaHiroko ObaraHiroki SekiyamaSatoshiSekiguchiAmy HombuMiho FujiharaLisha LeiShin HsuXiyingZhangIori IshitsukaYamato AtagiTakeshi SatoKatsuaki Sugiura

    Preventive Veterinary Medicine     2020年03月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    With the aim of obtaining information to establish an import risk assessment on African swine fever (ASF) and other transboundary animal diseases (TADs) into Japan, a questionnaire survey was conducted between 1 August and 20 September 2019 on air travellers arriving into Japan from China. There were 248 responses with 2.8% of respondents illegally importing pork products. The quantity imported per traveller varied between 250 g and 2 kg. Concerning the travellers’ perception in regard to the difficulty of importing a pork product in their luggage, 32 respondents (12.9%) considered it very easy or rather easy and 216 (87.1%) very difficult or rather difficult. In regard to the recognition of respondents of the illegality of importing pork products into Japan, seven respondents (2.8%) did not consider this practice to be illegal whilst 241 (97.2%) had some idea of the illegal nature of this behaviour. The multivariable regression analysis revealed that the practice of illegal importation of pork products was significantly affected by the level of difficulty perception held by the traveller (P < 0.001) and that the difficulty perception is significantly affected by the level of recognition of illegality by the traveller (P < 0.001). The result of this study will not only provide useful data in developing a model to assess the probability of introduction of ASF and other TADs into Japan and other countries, but also in monitoring the effect of measures taken by the government to reduce the illegal importation of meat and meat products.

    DOI

  • Risk manager mindset of new chief nurses working at hospitals in Japan

    Shimamoto K., Kai Y., Ohkawa Y., Hombu A.

    Japan Medical Safety     2020年  [査読有り]

    共著

  • “おいしさ”を科学した宮崎県農産物の販路拡大及び観光客集客に関する研究

    撫 年浩、福島三穂子、藤井久美子、本部エミ、西 数盛、近藤友大、金岡保之

    宮崎大学 地域資源創成学部 学部紀要     2019年

    共著

  • Quality of Work Life among Public Health Nurses: A Survey Comparison between Thailand and Japan

    Patcharee Komjakraphan, Kurumi Tsuruta, Tamao Hasegawa, Amy Hombu, Toshihiko Yanagita

    Walailak Journal of Science and Technology     2019年  [査読有り]

    共著

  • The relationship between social capital and happiness in a Japanese community - A cross-sectional study

    Kurumi Tsuruta, Tomoko Shiomitsu, Amy Hombu, Yoshinori Fujii

    Nursing and Health Sciences     2018年12月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    The influence of social capital on happiness is attracting attention around the world. Many studies that investigated the relationship between social capital and happiness suggest that happiness correlates to a positive social environment. This study aims to examine the relationship between social capital and happiness in a community with the lowest National Health Insurance expenditures in Miyazaki Prefecture (Japan). This cross-sectional study targeted 2,730 residents in the community aged 40 to 75 who were covered by National Health Insurance in 2015. A self-administered questionnaire consisting of questions focusing on demographic characteristics, happiness, and social capital was sent to the residents, and 1,106 of them (40.5%) returned the questionnaires by the deadline. Analysis of responses indicated a positive relationship between social capital and happiness with regard to all three factors of social capital (trust, connections and interaction, and social participation). We conclude that evaluating the relationship between social capital and health in terms of happiness is important to creating a lively society in which citizens support one another, in addition to promoting physical and mental well-being.

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Count on Me

    Duncan Butland, Amy Hombu, Kirika Kushiyama (担当: 共著 )

    自費出版  2019年10月

     概要を見る

    Numbers are a basic part of language and learning how to count to five, or 10 is one of the first things children learn. Numbers and counting things are a natural part of being human. Parents don’t need to push their children how to learn, children want to learn, want to know how many toys, or cars, or dolls, or slimy bugs they found. As we get older, we count different things; money, time, the measurement of things; the height, weight and volume of things. This handbook contains 10 simple lessons on how to count and measure which you will need for both daily use, and for technical English.

  • ESPの研究と実践第11号

    横山彰三ほか 、吉重美紀、南部みゆき、Amy Hombu、玉田吉行 (担当: 単著 )

    社団法人大学英語教育学会 九州・沖縄支部ESP 研究会  2014年03月

  • 「複視眼的視野を持つ国際的医療人の育成」2011年度後期EMP報告書

    玉田吉行、横山彰三ほか (担当: 単著 )

    宮崎大学医学部社会医学講座英語分野  2011年09月  2012年

  • 「複視眼的視野を持つ国際的医療人の育成」2011年度前期EMP報告書 

    玉田吉行、横山彰三ほか (担当: 単著 )

    宮崎大学医学部社会医学講座英語分野  2011年09月  2011年09月

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 寄生虫ゲノム調査及び先住民言語の比較研究から考察される 太平洋先住民移動の研究

    フィールドワーク 

    2019年03月
     
     
     

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 医学生のプロフェッションナルアイデンティ形成のための医療人文学カリキュラム開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月  代表者:  横山 彰三

  • 国際協働学習ネットワークによるグローバル英語ライティング教育システムの構築

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2020年03月  代表者:  横山 彰三

     概要を見る

    本年度で2年目となる。初年度に実施したオンライン交流をベースとして、今後の展開を策定するための分析と提携校との調整を中心に研究を進めた。 1)海外提携大学との実施調整を行った。すでに交流を始めている台湾・国立成功大学、台湾・Mackay Medical Collegeとは引き続き交流を進める。インドネシア・ブラウィジャヤ大学とはスケジュールの都合により一端交流は休止することとした。2)昨年に引き続き、Moodle上に構築したライティング交流クラスMed Exchangeに新たな教材を作成するためMackay Medical Collegeの臨床教授、助教綬との打ち合わせを実施し方向性を共有した。3)英文エッセイの評価項目策定:学生の英文ライティングを評価するための項目を策定する。ライティングのスキルや精度の評価というよりは、むしろ医学生が自らの意識に向かい合うプセスを数値化できる評価尺度を目指した。Writing Assessmentand Evaluation Rubrics. Grade6 (McGrow Hill)などを参照しながら、フォームや文法の自己評価に加えることとした。4)ライティングデータを一部電子データ化しその結果をまとめた。5)参加者への事後インタビュー(オンライン)を実施し、システムの評価を行った。このプログラムの意図は、第一義的には異なる文化や価値観との「遭遇」と「交流」であり、その先に見えてくる自己の信念や価値観への気づきを促すことである。それをさらに深めるためにも、今後ライティングスキルの向上を目指した介入は必要であろう。

  • 国際協働学習ネットワークによるグローバル英語ライティング教育システムの構築

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2020年03月  代表者:  横山 彰三

     概要を見る

    本年度で2年目となる。初年度に実施したオンライン交流をベースとして、今後の展開を策定するための分析と提携校との調整を中心に研究を進めた。 1)海外提携大学との実施調整を行った。すでに交流を始めている台湾・国立成功大学、台湾・Mackay Medical Collegeとは引き続き交流を進める。インドネシア・ブラウィジャヤ大学とはスケジュールの都合により一端交流は休止することとした。2)昨年に引き続き、Moodle上に構築したライティング交流クラスMed Exchangeに新たな教材を作成するためMackay Medical Collegeの臨床教授、助教綬との打ち合わせを実施し方向性を共有した。3)英文エッセイの評価項目策定:学生の英文ライティングを評価するための項目を策定する。ライティングのスキルや精度の評価というよりは、むしろ医学生が自らの意識に向かい合うプセスを数値化できる評価尺度を目指した。Writing Assessmentand Evaluation Rubrics. Grade6 (McGrow Hill)などを参照しながら、フォームや文法の自己評価に加えることとした。4)ライティングデータを一部電子データ化しその結果をまとめた。5)参加者への事後インタビュー(オンライン)を実施し、システムの評価を行った。このプログラムの意図は、第一義的には異なる文化や価値観との「遭遇」と「交流」であり、その先に見えてくる自己の信念や価値観への気づきを促すことである。それをさらに深めるためにも、今後ライティングスキルの向上を目指した介入は必要であろう。

  • 異文化理解能力を中心とした共感的医療コミュニケーションモデルの構築

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     概要を見る

    1.米国における医学教育における文化対応能力(Culture Competence)の教育について。 2.ハーバード大学によるCulture Competence に関する医師・医学生への調査項目について。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 寄生虫ゲノム調査及び先住民言語と文化の比較研究から考察される太平洋先住民移動の研究

    提供機関:  宮崎大学  戦略重点経費

    研究期間: 2019年12月  -  2021年03月  代表者:  本部エミ

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • QWL for Public Health Nurses in Thailand and Japan

    提供機関:  Prince of Songkla University, Thailand  国際共同研究

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月 

     概要を見る

    Investigate quality of work life for public health nurses in both Thailand and Japan

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Risk Manager Mindset of New Chief Nurses Working at Hospitals in Japan

    Kazuko Shimamoto, Yukiko Kai, Yuriko Ohkawa, Amy Hombu

    The 8th World Congress of Clinical Safety  (Prague, Czech Republic)  2019年10月  -  2019年10月    International Association of Risk Management in Medicine (IARMM)

     概要を見る

    Chief nurses have traditionally played a central role in achieving organizational goals related to medical safety and quality assurance. However, departmental safety management has become the most crucial role of chief nurses since the patient misidentification incident in 1999. This study involved interviews with chief nurses upon their initial appointment using a questionnaire, with a focus on RM job performance. The objective was to clarify what new chief nurses value as RMs in working on safety management by surveying the chief nurses again 1 year later.

  • 海外旅行者および留学生における宮崎県産釜煎り茶とマンゴーの嗜好性

    撫 年浩、福島三穂子、金岡保之、、西和盛、近藤友大、藤井久美子、本部エミ

    第26回地域連携研究発表   (宮崎大学)  2019年09月  -  2019年09月    宮崎大学 産学・地域連携センター

     概要を見る

    宮崎県は日本有数の農畜産業県であり、特産物のマンゴーなどは全国的に非常に良く知られている。宮崎県では海外からの観光客の増加を図っているところから、外国人への「食」のアピールをより積極的に行う必要がある。このことから、海外からの観光客と宮崎大学の留学生に対し、宮崎県産釜煎り茶とマンゴーがどのような嗜好を示すのか調査し、宮崎県産農産物の「食」のアピールの一助とする必要がある。

  • ひとり親家庭学習支援ボランティア活動

    本部エミ、四方由美、紫安智穂、仁田脇真理

    第25回地域連携研究発表   (宮崎市)  2018年10月  -  2018年10月    宮崎大学 産学・地域連携センター

  • 宮崎大学硬式野球台湾親善試合~海外留学へのファーストステップ~

    本部エミ、後田剛史郎、渡邉真人、池ノ上克、水光正仁、河原聡

    第25回地域連携研究発表   (宮崎市)  2018年10月  -  2018年10月    宮崎大学 産学・地域連携センター

  • 地域の国際化に対応する英語教育とグローバル人材育成

    本部エミ、福島三穂子

    第25回地域連携研究発表   (宮崎市)  2018年10月  -  2018年10月    宮崎大学 産学・地域連携センター

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • On-line English Education

  • Larva migrans syndrome