志々目 由理江 (シシメ ユリエ)

SHISHIME Yurie

写真a

所属

教育学部 保健体育

職名

講師

研究室住所

宮崎県宮崎市学園木花台西1-1 宮崎大学教育学部 実験研究棟236

研究室電話番号

0985-58-7560

研究室FAX番号

0985-58-7560

通称等の別名

森﨑(旧姓)

連絡先

連絡先

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(体育学) ( 2015年7月   鹿屋体育大学 )

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 受身

  • 柔道指導

  • 競技力向上

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / スポーツ科学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 宮崎大学   教育学部   保健体育   講師

    2017年04月 - 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿屋体育大学   大学院生(博士課程)

    2019年4月 - 現在

  • 鹿屋体育大学   研究員

    2017年4月 - 2019年3月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 宮崎県スポーツ学会

    2018年4月 - 2020年10月

  • 九州体育・スポーツ学会

    2017年6月 - 現在

  • 日本体育・スポーツ・健康学会

    2017年5月 - 現在

  • 日本武道学会

    2014年5月 - 現在

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 小学5年生および6年生男女柔道選手の階級別体力測定値と追跡した競技成績

    藤田 英二, 野口 博之, 松崎 守利, 小澤 雄二, 中村 勇, 小崎 亮輔, 志々目 由理江, 安河内 春彦

    武道学研究   advpub ( 0 )   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本武道学会  

    <p>The purpose of this study was to summarize the physical fitness measurements of fifth- and sixth-grade judo players, taken from 2008 to 2019, and compare them with their subsequent results, which were tracked as much as possible. In addition, it was shown that the obtained measurements were used to provide physical fitness reference values for the new weight classes that were adapted for sixth-graders from 2020.</p><p>The subjects were 755 male and female fifth- and sixth-grade elementary school judo players, designated as certified athletes in the athlete development program by the Fukuoka Judo Association (Fukuoka Judo Club) between 2008 and 2019, of whom 653 had their physical fitness measured by annual tests. The physical fitness measurements included height, weight and body fat percentage as physical composition; muscle strength as grip strength; isometric knee extension muscle strength; sit-up ability; vertical jumping height as explosive muscle strength; rebound jumping ability; 30 meters running time; repetitive lateral jump for agility; and maximal oxygen uptake in a shuttle run as whole-body endurance.</p><p>Comparing the obtained physical fitness measurements with the tracked competition outcomes revealed that the high-power output ability of the lower limbs might be an indicator of fifth- and sixth-grade judo players’ talent. Also, “grip strength,” which is the reflection of muscle strength and muscle mass throughout the body, may be another promising factor for the players. However, weight at elementary school did not get the desired results after elementary school, suggesting that excessive weight gain was undesirable in elementary school judo players.</p>

    DOI: 10.11214/budo.2202

    CiNii Research

  • 柔道選手における運動間に行う短時間の前腕筋群へのアイシングが把持筋持久力に及ぼす影響 査読あり

    志々目 由理江, 藤田 英二

    武道学研究   54 ( 1 )   45 - 54   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本武道学会  

    <p>The aim of this study is to investigate the effect of short-term icing of the forearm muscle group between exercises on the grip endurance of judo athletes. The participants were eight female university judo athletes (mean age: 21.3±3.1 years). Grip endurance was evaluated through an exercise task by attaching weighted "Uchi Komi Straps" to the forearms of the judo athletes, and then measuring the gripping time (all-out time). The exercise task was performed twice with a 5-minute rest period between the two sets. During the rest period, four intervention conditions were performed: icing, stretching, icing and stretching, and rest only (control). In addition to measuring the all-out time during the exercise task, maximum grip strength, rate of force development during gripping, skin temperature of the forearm, and subjective feeling of fatigue in the forearm were also measured before and after the tasks. Blood flow through the flexor muscle group of the forearm after the intervention was also measured and compared with the blood flow at rest. The results revealed a reciprocal action in the all-out time during the two sets of the exercise task, and in the second exercise task the two conditions that included icing significantly suppressed the all-out time reduction compared to the control condition. While there were no significant interactions between the four conditions and maximum grip strength, the rate of force development during gripping was not adversely affected by icing. There were no significant differences in the blood flow of the forearm flexor muscle group among the different intervention conditions. These results suggest that it may be possible to prevent a reduction in the grip endurance of judo athletes by icing the forearm muscles for a short period of time between exercises or by using a combination of stretching and a short period of icing.</p>

    DOI: 10.11214/budo.2103

    CiNii Research

  • テニスの系統的指導に関わる小学校体育の授業開発-幼少中の学習のつながり-

    三輪佳見、宇土昌志、山本亮、黒木敬博、高橋祥朗、高橋京子、倉影啓輔、志々目由理江、日高正博

    宮崎大学教育学部附属教育協働開発センター研究紀要   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 柔道における怪我や事故とその恐怖心に関する課題解決策の提案

    志々目 由理江

    機関誌「柔道」   92 ( 2 )   82 - 89   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 女子柔道選手における組み手時の把持筋持久力を評価する手法の検討

    森﨑由理江,藤田英二,山本正嘉,松永智,高井洋平

    鹿屋体育大学学術研究紀要   ( 58 )   21 - 28   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 令和4年度日本武道学会優秀論文

    2022年9月   日本武道学会   柔道選手における運動間に行う短時間の前腕筋群へのアイシングが把持筋持久力に及ぼす影響

    武道学会会員

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 宮崎県柔道連盟   常任理事  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 宮崎地区柔道昇級審査

    役割:講師, 助言・指導

    2022年7月18日

  • 宮崎地区柔道昇級審査

    役割:講師, 助言・指導

    2022年1月23日

  • 世界を目指すアスリートの心と―心・技・体の極意―

    役割:講師

    2018年10月14日

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:講演会

  • オリンピックに挑むアスリートのトレーニングの実際―体幹トレーニング、ランニング法実技―

    役割:講師

    2018年10月13日

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:講演会

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 柔道選手の重心位置の相違や握力発揮が単純全身反応時間に及ぼす影響: コーチングへの活用を目指して

    役割:査読

    2022年3月3日 - 2022年6月4日

     詳細を見る

    種別:査読等