阿萬 紫 (アマン ムラサキ)

AMAN Murasaki

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

人体病理学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2006年03月

    九州大学  医学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(医学)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 人体病理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Pathologically diagnosed superficial form of placenta accreta: a comparative analysis with invasive form and asymptomatic muscular adhesion.

    Sato Y, Aman M, Maekawa K, Yamashita A, Kodama Y, Doi K, Sameshima H, Asada Y

    Virchows Archive     2020年01月  [査読有り]

    共著

  • オンコサイトーマと嫌色素性腎細胞癌のハイブリッド腫瘍の1症例

    吉松真也, 佐藤勇一郎, 阿萬紫, 前川和也, 山下篤, 浅田祐士郎, 藤井将人, 向井尚一郎, 賀本敏行, 長嶋洋治

    診断病理     2020年01月  [査読有り]

    共著

  • CD39 downregulation in chronic intervillositis of unknown etiology

    Sato Y, Maekawa K, Aman M, Yamashita A, Kodama Y, Maki Y, Sameshima H, Asada Y

    Virchows archive   475 ( 3 ) 357 - 364   2019年06月  [査読有り]

    単著

  • C4d Deposition in Fetal Vessels of the Placenta in Neonatal Lupus Syndrome

    Sato Y, Yamaguchi T, Muraoka J, Taniguchi H, Kisanuki A, Maekawa K, Yamashita A, Aman M, Kodama Y, Sameshima H, Asada Y

    Case Reports in Obstetrics and Gynecology   2019   5863476   2019年05月  [査読有り]

    共著

  • Expression of protease-activated receptor-2 (PAR-2) is related to advanced clinical stage and adverse prognosis in ovarian clear cell carcinoma.

    Aman M, Ohishi Y, Imamura H, Shinozaki T, Yasutake N, Kato K, Oda Y

    Human pathology   64   156 - 163   2017年06月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 皮膚生検で卵巣seromucinous carcinomaの転移が疑われた症例

    佐藤勇一郎, 阿萬紫, 魏俊洸, 浅田祐士郎, 大西淳仁, 川越靖之, 鮫島浩, 古田賢.

    第51回日本婦人科病理学会  2020年01月  -  2020年01月   

  • 術中細胞診の血管像からgliomaを推定しえた脳腫瘍の1例.

    佐藤勇一郎、徳満貴子, 野口裕史, 大野招伸, 森田勝代, 峰松映子, 黒木栄輝, 阿萬紫, 前川和也、佐藤信也

    第60回日本臨床細胞学会総会  2019年06月  -  2019年06月   

  • 心膜欠損への心嵌頓による急性心筋梗塞の一例

    大栗伸行 他

    第108回日本病理学会総会  2019年05月  -  2019年05月   

  • Hybrid chromophobe RCC/Oncocytomaの一例

    吉松真也、阿萬紫、浅田祐士郎、佐藤勇一郎、藤井将人、向井尚一朗、賀本敏行、長嶋洋治

    第8回日本泌尿器病理研究会学術集会  2019年02月  -  2019年02月   

  • 閉塞性気管支炎により慢性肺移植片機能不全をきたした一剖検症例

    魏峻洸 他

    第64回日本病理学会秋季特別総会   2018年11月  -  2018年11月   

全件表示 >>