橋口 拓勇 (ハシグチ タクユウ)

HASHIGUCHI Takuyu

写真a

所属

地域資源創成学部

職名

助教

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 農学 ( 2014年3月   宮崎大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

  • ライフサイエンス / 食品科学

  • ライフサイエンス / 応用生物化学

  • 環境・農学 / 遺伝育種科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Construction of prediction models for growth traits of soybean cultivars based on phenotyping in diverse genotype and environment combinations. 査読あり

    Manggabarani AM*, Hashiguchi T*, Hashiguchi M, Hayashi A, Kikuchi M, Mustamin Y, Bamba M, Kodama K, Tanabata T, Isobe S, Tanaka H, Akashi R, Nakaya A, Sato S, *Equally contributed.

    DNA research   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/dnares/dsac024

    PubMed

  • Development of a plant conveyance system using an AGV and a self-designed plant-handling device: A case study of DIY plant phenotyping 査読あり

    Tanabata T., Kodama K., Hashiguchi T., Inomata D., Tanaka H., Isobe S.

    Breeding Science   72 ( 1 )   85 - 95   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Breeding Science  

    Plant phenotyping technology has been actively developed in recent years, but the introduction of these technologies into the field of agronomic research has not progressed as expected, in part due to the need for flexibility and low cost. “DIY” (Do It Yourself) methodologies are an efficient way to overcome such obsta-cles. Devices with modular functionality are critical to DIY experimentation, allowing researchers flexibility of design. In this study, we developed a plant conveyance system using a commercial AGV (Automated Guided Vehicle) as a case study of DIY plant phenotyping. The convey module consists of two devices, a running device and a plant-handling device. The running device was developed based on a commercial AGV Kit. The plant-handling device, plant stands, and pot attachments were originally designed and fabricated by us and our associates. Software was also developed for connecting the devices and operating the system. The run route was set with magnetic tape, which can be easily changed or rerouted. Our plant delivery system was developed with low cost and having high flexibility, as a unit that can contribute to others’ DIY’ plant research efforts as well as our own. It is expected that the developed devices will contribute to diverse phenotype observations of plants in the greenhouse as well as to other important functions in plant breeding and agricultural production.

    DOI: 10.1270/jsbbs.21070

    Scopus

    CiNii Research

  • Varietal differences in flavonoid and antioxidant activity in Japanese soybean accessions 査読あり

    Arifin H.A.*, Hashiguchi T.*, Nagahama K., Hashiguchi M., Muguerza M., Sakakibara Y., Tanaka H., Akashi R. *Equally contributed.

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   85 ( 4 )   916 - 922   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Bioscience, biotechnology, and biochemistry  

    Soybean seeds contain many antioxidants, including flavonoids and other phytochemicals. Isoflavone is a phytoestrogen that mimics estrogenic effects on target tissues and also exerts antioxidant activity by sequestering free radicals. Despite many cultivars developed to date, varietal differences in flavonoid content and antioxidant activity in Japanese soybean accessions remain less well characterized. Here, we evaluated the seed content of isoflavones, total flavonoids, and total phenolics in 26 soybean accessions. Next, the antioxidant activity of each accession was examined using antioxidant responsive element (ARE) linked to a luciferase reporter in human HepG2 stable cells. The relative ARE luciferase activity rate of all soybean accessions varied up to 4-fold which ranged from 1.00 to 4.02; and 22 accessions exhibited significant antioxidant activities. Correlation analysis indicated that the level of total isoflavone moderately correlated with antioxidant activity.

    DOI: 10.1093/bbb/zbaa104

    Scopus

    PubMed

  • Quantitative analysis of seven plant hormones in Lotus japonicus using standard addition method 査読あり

    Hashiguchi, T, Hashiguchi, M, Tanaka, H, Fukushima, K, Gondo, T, Akashi, R

    PLoS One   16 ( 2 )   e0247276   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Evaluation of seed amino acid content and its correlation network analysis in wild soybean (Glycine soja) germplasm in Japan 査読あり

    Chotekajorn A., Hashiguchi T., Hashiguchi M., Tanaka H., Akashi R.

    Plant Genetic Resources: Characterisation and Utilisation   19 ( 1 )   35 - 43   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Plant Genetic Resources: Characterisation and Utilisation  

    Wild soybean (Glycine soja) is a valuable genetic resource for soybean improvement. Seed composition profiles provide beneficial information for the effective conservation and utilization of wild soybeans. Therefore, this study aimed to assess the variation in free amino acid abundance in the seeds of wild soybean germplasm collected in Japan. The free amino acid content in the seeds from 316 accessions of wild soybean ranged from 0.965 to 5.987 mg/g seed dry weight (DW), representing a 6.2-fold difference. Three amino acids had the highest coefficient of variation (CV): Asparagine (1.15), histidine (0.95) and glutamine (0.94). Arginine (0.775 mg/g DW) was the predominant amino acid in wild soybean seeds, whereas the least abundant seed amino acid was glutamine (0.008 mg/g DW). A correlation network revealed significant positive relationships among most amino acids. Wild soybean seeds from different regions of origin had significantly different levels of several amino acids. In addition, a significant correlation between latitude and longitude of the collection sites and the total free amino acid content of seeds was observed. Our study reports diverse phenotypic data on the free amino acid content in seeds of wild soybean resources collected from throughout Japan. This information will be useful in conservation programmes for Japanese wild soybean and for the selection of accessions with favourable characteristics in future legume crop improvement efforts.

    DOI: 10.1017/S1479262121000071

    Scopus

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 環境汚染とヘモグロビン~植物による組換えヘモグロビン研究の最前線~ 招待あり

    橋口 拓勇

    ファルマシア   58 ( 6 )   608 - 608   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本薬学会  

    DOI: 10.14894/faruawpsj.58.6_608

    CiNii Research

    researchmap

  • NBRPミヤコグサ・ダイズにおけるバイオリソース整備 招待あり

    橋口 正嗣,田中 秀典,橋口 拓勇,明石 良

    農業および園芸   96 ( 2 )   153 - 162   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ヒト cytosolic sulfotransferase発現大腸菌を用いた硫酸化ポリフェノール類の部位選択的合成とその応用

    下平武彦, 黒木勝久, 橋口拓勇, 水光正仁, 榊原陽一

    硫酸と工業   73 ( 11 )   127 - 133   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 生物進化に伴う硫酸イオン代謝と代謝変換酵素の多様な生理機能

    黒木 勝久, 橋口 拓勇, 榊原 陽一

    化学と生物   58 ( 9 )   511 - 519   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ステロイド代謝におけるステロイドの硫酸化反応の制御とその生理的意義 招待あり

    橋口 拓勇, 黒木 勝久, 水光 正仁, 榊原 陽一

    硫酸と工業   72 ( 8 )   99 - 104   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:硫酸協会  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • シバ属における新たな形態計測法の検討 – 全周囲画像による3Dモデルの構築と活用–

    Sorawich Pongpiyapaiboon, 田中 秀典, 橋口 拓勇, 橋口 正嗣, 林 篤司, 七夕 高也, 兒玉 晋洋, 磯部 祥子, 明石 良

    日本育種学会第141回講演会  2022年3月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月20日 - 2022年3月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 安定同位体を用いない標準添加法による植物ホルモンの定量

    福島公貴, 橋口拓勇, 橋口正嗣, 明石良

    植物微生物研究会  2021年9月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月8日 - 2021年9月10日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 蛍光灯およびLED照明下におけるミヤコグサ実験系統の生育特性

    橋口正嗣, 橋口拓勇, 田中秀典, 明石良

    植物微生物研究会  2021年9月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月8日 - 2021年9月10日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 標準添加法を用いたミヤコグサにおける植物ホルモン定量法の確立

    橋口 拓勇, 福島 公貴, 橋口 正嗣, 田中 秀典, 権藤 崇裕, 明石 良

    日本農芸化学会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月18日 - 2021年3月21日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ダイズおよびツルマメのプロテオーム解析

    橋口 拓勇,橋口 正嗣,田中 秀典,権藤 崇裕,明石 良

    日本農芸化学会 2020年度大会  (福岡) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月25日 - 2020年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Featured home page article

    2016年9月   Molecular Endocrinology  

    Hashiguchi, T., Arakawa, S., Takahashi, S., Gonzalez J.F., Sueyoshi, T., Negishi, M.

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • 優秀ポスター賞

    2013年6月   P450, UGT, SULT研究会 (現:内外環境応答・代謝酵素研究会)  

    橋口拓勇

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • Young Investigator Award

    2011年8月   日本フードファクター学会(JSoFF)  

    橋口拓勇

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 植物における硫酸転移酵素の生理機能に関する研究

    2012年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

    2019年12月

     詳細を見る

    ミヤコグサ・ダイズバイオリソース(NBRP)の展示

  • 日本プロテオーム学会

    2019年07月

     詳細を見る

    ミヤコグサ・ダイズバイオリソース(NBRP)の展示

  • 日本農芸化学会

    2019年03月

     詳細を見る

    ミヤコグサ・ダイズバイオリソース(NBRP)の展示

  • 日本分子生物学会

    2018年11月

     詳細を見る

    ミヤコグサ・ダイズバイオリソース(NBRP)の展示

  • 日本植物学会

    2018年09月

     詳細を見る

    ミヤコグサ・ダイズバイオリソース(NBRP)の展示