中野 和也 (ナカノ カズヤ)

NAKANO Kazuya

写真a

職名

助教

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Design of Multiband Switching Illumination With Low-Concentration Lugol Stain for Esophageal Cancer Detection

    Kazuya Nakano, Yu Saito, Yoko Kurabuchi, Takashi Ohnishi, Satoshi Ota, Masaya Uesato, Hideaki Haneishi

    IEEE Access   8   216043 - 216054   2020年11月

    共著

    DOI

  • Analysis of singular phase based on double random phase encoding using phase retrieval algorithm

    Nakano K., Suzuki H.

    Optics and Lasers in Engineering   134   2020年11月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2020 We analyze the properties of the singular phase based on phase retrieval. The phase can be estimated from the result of the known-plaintext attack on a typical optical encryption technique, namely double random phase encoding. The key generated by the singular phase for decryption can be used to decrypt only the known ciphertext image used for the attack. However, it is not obvious whether any unknown ciphertext image can be decrypted using the singular key (a phase key image that has the singular property). Therefore, we prepared various ciphertext images by changing two parameters, namely the plaintext image and a random phase mask in the spatial plane, and analyzed the properties of the singular key by decrypting these unknown ciphertext images. The results show that when the unknown ciphertext images generated by changing only the plaintext image are decrypted, the known plaintext pattern is obtained. In contrast, when the unknown ciphertext images generated by changing only the random phase mask are decrypted, no pattern is obtained. These cases both indicate that cryptanalysis failed. Nevertheless, when the known plaintext pattern is obtained, it indicates that the correlation between the known and unknown random phase masks is high, giving the attacker an important clue.

    DOI

  • Investigation into Effect of Thrombomodulin Alfa for Septic Model Rats based on Microcirculation Image Analysis

    Mami Kawasaki , Kazuya Nakano , Takashi Ohnishi , Masashi Sekine , Eizo Watanabe , Shigeto Oda , Taka-aki Nakada , Hideaki Haneishi

    Proceedings - 2020 42nd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine & Biology Society (EMBC)     2020年07月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Non-contact imaging of peripheral hemodynamics during cognitive and psychological stressors

    McDuff D., Nishidate I., Nakano K., Haneishi H., Aoki Y., Tanabe C., Niizeki K., Aizu Y.

    Scientific Reports   10 ( 1 )   2020年07月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2020, The Author(s). Peripheral hemodynamics, measured via the blood volume pulse and vasomotion, provide a valuable way of monitoring physiological state. Camera imaging-based systems can be used to measure these peripheral signals without contact with the body, at distances of multiple meters. While researchers have paid attention to non-contact imaging photoplethysmography, the study of peripheral hemodynamics and the effect of autonomic nervous system activity on these signals has received less attention. Using a method, based on a tissue-like model of the skin, we extract melanin C m and hemoglobin C HbO concentrations from videos of the hand and face and show that significant decreases in peripheral pulse signal power (by 36% ± 29%) and vasomotion signal power (by 50% ± 26%) occur during periods of cognitive and psychological stress. Via three experiments we show that similar results are achieved across different stimuli and regions of skin (face and hand). While changes in peripheral pulse and vasomotion power were significant the changes in pulse rate variability were less consistent across subjects and tasks.

    DOI

  • Evaluation of the optimized surgical illuminant for enhancement of blood oxygen saturation

    Yoko Kurabuchi , Kazuya Nakano , Takashi Ohnishi , Toshiya Nakaguchi , Markku Hauta-Kasari , Hideaki Haneishi

    Proc. SPIE 11229, Advanced Biomedical and Clinical Diagnostic and Surgical Guidance Systems XVIII, 1122912 (21 February 2020)     2020年02月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 血管コンプライアンス –接触型から非接触型への展開−

    中野和也

    日本オプトメカエレクトロニクス協会 光技術コンタクト誌   55 ( 10 ) 12 - 20   2017年10月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 2015年日本光学会の研究動向「画像処理」

    中野和也

    日本光学会機関紙「光学」   45 ( 4 ) 141(23) - 142(24)   2016年04月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第15回FFIT研究奨励賞

    2016年02月24日   船井情報科学振興財団  

    受賞者:  中野和也

  • 2010年度 光みらい学生奨励金

    2010年10月   日本光学会   位相限定化した二重ランダム位相暗号化法における 鍵空間分析  

    受賞者:  中野和也

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 非接触型指静脈認証の適用範囲拡大に関する研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月  代表者:  鈴木 裕之

  • 光の散乱を利用した開頭が不要な脳蛍光イメージングの実現

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月  代表者:  中野 和也

  • 食道胃腸摘出標本に対するマルチモーダル計測による高次マクロ病理情報の獲得と解析

    基盤研究(A)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  羽石 秀昭

  • ディジタルカラー動画像に基づいた非接触型中心血圧計の実現

    若手研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月  代表者:  中野 和也

  • 無拘束計測が可能な血管伸展性の非接触型イメージングの実現

    若手研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月  代表者:  中野 和也

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 短波近赤外(SWIR)波長域における脈管内流体計測に関する基礎研究

    提供機関:  千葉大学フロンティア医工学センター  千葉大学フロンティア医工学センター萌芽研究プロジェクト

    研究期間: 2017年08月  -  2018年03月  代表者:  中野 和也

  • ディジタルカラーカメラを用いた非接触型カフレス連続血圧計の開発

    提供機関:  公益財団法人精密測定技術振興財団  研究助成

    研究期間: 2016年  -  2016年  代表者:  中野 和也

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 汎用RGBカラーカメラを用いた非接触バイタルセンシング

    西舘 泉, 泉 拓也, 中野 和也, 羽石 秀昭, 相津 佳永

    レーザー学会第547回研究会報告 RTM-20-17 p.29-32  2020年10月  -  2020年10月   

  • スマートフォンカメラを用いた生体内クロモフォアの 経皮的イメージング

    西舘 泉, 中野 和也, 泉 拓也

    ⼀般社団法⼈電気学会 光・量⼦デバイス研究会 電気学会研究会資料 p.7-11  2020年09月  -  2020年09月   

  • 可視光線に基づく血行動態イメージング

    中野和也

    レーザー学会第546回研究報告  2020年09月  -  2020年09月   

  • Evaluation of the optimized surgical illuminant for enhancement of blood oxygen saturation

    Y. Kurabuchi, K. Nakano, T. Ohnishi, T. Nakaguchi, M. Hauta-Kasari, H. Haneishi

    SPIE PHOTONICS WEST BiOS 2020  (San Francisco, California, USA)  2020年02月  -  2020年02月   

  • 病理診断支援に向けたラマン分光法-OCTシステムの構築

    植田祐未, 中野和也, 大西峻, 立川華子, 廣野誠一郎, 岩立康男, 羽石秀昭

    メディカルイメージング連合フォーラム2020  (沖縄県青年会館)  2020年01月  -  2020年01月   

全件表示 >>