境 健太郎 (サカイ ケンタロウ)

SAKAI Kentaro

写真a

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) ( 2001年3月   宮崎大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 無機材料、物性

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電気電子材料工学

  • 環境・農学 / 農業環境工学、農業情報工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Evaluation of rate of adhesion of Lactobacillus namurensis strain GYP-74 to porous fine ceramics 査読あり

    Taoka Y., Sakai K., Kinoshita H., Fukuyama H., Kobayashi T., Hirano A., Kuroki N., Kuroki M., Kimura A.

    Processes   9 ( 4 )   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Processes  

    This study aimed to evaluate the ratio of adherence of lactic acid bacteria (LAB) to porous fine ceramics in order to develop a novel LAB-rich pickle container for the production of functional fermented vegetables. Some LAB were isolated from the salted rice bran used for pickling (Nukadoko in Japanese). These isolates were classified in Lactobacillus namurensis by phylogenetic analysis. Some pottery-shard (PS) samples were prepared by varying the mixing rate of polyacetal (POM) resin to clay (0-30% (v/v)) and the burning temperature (1000 °C or 1100 °C). A test of the adherence of strain GYP-74 to the PSs was performed. The results showed that the adherence rate was significantly higher in the PSs burned at 1100 °C as compared with those burned at 1000 °C. A pore distribution analysis showed that pore sizes of less than a few µm and pore sizes in the range of a few µm to a few hundred µm were mainly distributed in the PSs without and with POM, respectively. X-ray diffraction analysis showed that both PSs with and without POM contained quartz and hematite. The PSs burned at 1000 °C and 1100 °C specifically contained microcline and mullite, respectively. This study revealed the basal information regarding what makes PSs adequate for LAB adhesion.

    DOI: 10.3390/pr9040658

    Scopus

  • Rapid photocatalytic degradation of cationic organic dyes using Li-doped Ni/NiO nanocomposites and their electrochemical performance 査読あり

    R. Ranjitha, K. N. Meghana, V. G. Dileep Kumar, Aarti S. Bhatt, B. K. Jayanna, C. R. Ravikumar, Mysore Sridhar Santosh, H. Madhyastha, K. Sakai

    New Journal of Chemistry   45   796 - 809   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/D0NJ05268J

  • Biosynthesis and characterization of nano magnetic hydroxyapatite(nMHAp): An accelerated approach using simulated body fluid for biomedical applications 査読あり

    Akshay Bhatt, Kentaro Sakai, Radha Madhyastha, Masugi Murayama, Harishkumar Madhyastha, Subha Narayan Rath

    Ceramics International   46   27866 - 27876   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ceramint.2020.07.285

  • c-Phycocyanin primed silver nano conjugates: Studies on red blood cell stress resilience mechanism 査読あり

    Madhyastha H, Madhyastha R, Thakur A, Kentaro S, Dev A, Singh S, Chandrashekharappa R B, Kumar H, Acevedo O, Nakajima Y, Daima HK, Aradhya A, Nagaraj P N, Maruyama M

    Colloids and surfaces. B, Biointerfaces   194   111211   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.colsurfb.2020.111211

    PubMed

  • 宮崎大学における全学的な設備共同利用体制の構築:~学内既存システムとリンクした設備共通管理システムの開発~ 査読あり

    境 健太郎, 今井 正人, 出水 信雄, 神力 はるな, 國武 久登, 三澤 尚明, 水光 正仁

    研究 技術 計画   35 ( 1 )   23 - 31   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:研究・イノベーション学会  

    <p>Recently, many universities have been working to promote the sharing of research facilities and equipment in Japan. University of Miyazaki is also developing a sharing service system of those through two projects supported by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology. In addition, we have established the Miyazaki Facility Network, in which public research institutions in Miyazaki Prefecture participate, and are working to create an environment that can provide mutually advanced analysis technologies that contribute to regional revitalization.</p><p>In this paper, we introduce a common facilities management system linked on-line to the existing financial accounting and the researcher database developed by University of Miyazaki, and describe the relationship with the administration policy of our university and examples of utilization in Miyazaki prefecture.</p>

    DOI: 10.20801/jsrpim.35.1_23

    CiNii Article

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 非発光遷移検出によるポリジへキシルシランの光分解性評価

    福山敦彦, 境健太郎, 碇 哲雄, 古川昌司

    超音波TECHNO   11-12   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本工業出版  

  • 圧電素子光熱分光法による微結晶シリコン薄膜の光吸収スペクトル

    碇哲雄, 境健太郎, 福山敦彦

    超音波TECHNO   9-10   75 - 81   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本工業出版  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • アルミン酸ストロンチウム蛍光体におけるストロンチウム量の応力発光に及ぼす影響

    児玉 直弥、横山 宏有、境 健太郎、前田 幸治

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  (オンライン開催)  応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月8日 - 2020年9月11日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • 不純物添加したアルミン酸ストロンチウム蛍光体の応力発光強度とトラップ準位の活性化エネルギーの関係

    松本 知真、児玉 直弥、横山 宏有、境 健太郎

    第67回応用物理学会春季学術講演会  (千代田区, 東京)  応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月12日 - 2020年3月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千代田区, 東京  

  • 温泉水を活用した高糖度トマト生産のための自動灌水システムについて‐マルチスペクトル画像によるトマトの水ストレス診断-

    小林太一, 槐島芳徳, 日吉健二, 境健太郎

    日本生物環境工学会2019年千葉大会  (千葉, 千葉)  日本生物環境工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月17日 - 2019年9月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉, 千葉  

  • X線照射したサマリウム添加ストロンチウムホウリン酸蛍光体の発光特性

    尾前 翔太、前田 幸治、横山 宏有、境 健太郎

    第66回応用物理学会春季学術講演会  (目黒区, 東京)  応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月9日 - 2019年3月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:目黒区, 東京  

  • 不純物を添加したアルミン酸ストロンチウム蛍光体の応力発光強度とトラップ準位の関係

    松本知真, 小牧修也, 平川大樹, 前田幸治, 横山宏有, 境健太郎

    第79回応用物理学会秋季学術講演会  (名古屋, 愛知)  応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月18日 - 2018年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋, 愛知  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 農薬を光で見よう

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    境健太郎、小林太一

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • GABA高生産乳酸菌を用いたGABA強化糠床及び、GABA強化漬物作製のための漬物容器の開発

    2015年09月 - 2017年08月

    地方自治体  産学官共同研究開発支援事業(研究開発) 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本提案課題では、宮崎大学における技術シーズ及びこれらの過程で取得した技術ノウハウや研究開発能力を活用して、キムラ漬物宮崎工業が有する研究開発能力・技術力(漬物製造・商品開発の技術ノウハウ)、および黒木建設の研究開発能力・技術力(陶器製造・商品開発の技術ノウハウ)を連携させ、「GABA強化糠床」及び「GABA強化漬物作製のための漬物容器」の開発を目指す。

  • 次世代低環境負荷白色光源の開発

    2009年04月 - 2011年03月

    文部科学省  特色ある大学教育支援プログラム 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    九州大学で開発したナノ微粒子支援レーザー堆積法(NAPLD)による酸化亜鉛(ZnO)ナノ構造体創製技術および紫外発光素子作製技術と、インド工科大学マドラス校(以下III-Mと略す)で開発されたZnO白色蛍光体技術を融合して,酸化亜鉛(ZnO)で構成される白色発光素子を実証し、次世代低環境負荷白色光源の基礎を確立する。