香川 浩彦 (カガワ ヒロヒコ)

KAGAWA Hirohiko

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

ライフサイエンス領域

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0985-58-7223

研究室FAX

0985-58-7223

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1976年03月

    北海道大学   水産学部   増殖学科    卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1982年03月

    北海道大学  水産学研究科  水産増殖学  博士課程  単位取得満期退学

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 水圏生命科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 普通自動車免許(二種)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 魚類の生殖内分泌機構の解明

    国立試験研究機関技術開発研究費  

    研究期間: 2004年04月  -  継続中

  • 魚類の成熟誘起技術の開発

    受託研究  

    研究期間: 2004年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • In vivo induction of human chorionic gonadotropin by osmotic pump advances sexual maturation during pre-spawning phase in adult catfish

    Raju Murugananthkumar, Yarikipati Prathibha, Anbazhagan Rajakumar , Hirohiko Kagawa, Balasubramanian Senthilkumaran

    General and Comparative Endocrinology     2016年10月  [査読有り]

    共著

  • Histological characteristics of the oocyte chorion in wild post‑spawning and artificially matured Japanese eels Anguilla japonica

    Izumi H, Hagihara S. Kagawa H. 他6名

    Fisheries Scinece   81 ( 2 ) 321 - 329   2015年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Oogenesis in teleost fish

    Hirohiko Kagawa

    Aqua-BioScience Monographs   6 ( 4 )   2013年12月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

  • Using osmotic pumps to deliver hormones to induce sexual maturation of female Japanese eels, Anguilla japonica

    Hirohiko Kagawa, Nobuhiro Fujie, Hitoshi Imaizumi, Yoshitsugu Masuda, Kentaro Oda, Junichi Adachi, Akefumi Nishi, Hiroshi Hashimoto, Kazuhisa Teruya, Shunji Kaji

    Aquaculture   388-391   30 - 34   2013年02月  [査読有り]

    共著

  • Mechanism of oocyte maturation and ovulation, and its application to seed production in the Japanese eel.

    Kagawa H, Sakurai Y, Horiuchi R, Kazeto Y, Gen K, Imaizumi H, Masuda Y.

    Fish Physiology and Biochemistry   39   13 - 17   2013年01月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ウナギの科学

    香川浩彦 (担当: 単著 , 担当範囲: 10.3 発生 )

    朝倉書店  2018年07月

     概要を見る

    ウナギの卵質や発生に関する総論

  • Understanding the mechanism of oocyte maturation and ovulation to induce spawning for seed-production in the Japanese eel: Tough and challenging task

    Kagawa, H. (担当: 共著 )

    NOVA Science Publishers Inc., USA  2013年12月 ISBN: 9781626188488

  • うなぎ 謎の生物

    太田博巳 (担当: 共著 )

    築地書館  2012年06月

  • SPARIDAE Biology and aquaculture of gilthead sea bream and other species

    Mylonas, C.C., Zohar, Y., Pankhurst, N., Kagawa, H. (担当: 共著 )

    Wiley-Blackwell  2011年04月

  • 水産大百科事典

    香川浩彦 (担当: 単著 )

    朝倉書店  2006年06月 ISBN: 978-4-254-480

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • シラスウナギの生産を目指して −再生産における基盤研究−

    香川浩彦

    調査月報 ( 財団法人みやぎん経済研究所 )    2013年06月

    総説・解説(その他)   単著

  • Corrigendum to " Gender differences in tryptophan hydroxylase-2 mRNA, serotonin, and 5-hydroxytryptophan levels in the brain of catfish, Clarias gariepinus, during sex differentiation" [Gen. Comp. Endocrinol. 171 (2011) 94-104]

    Raghuveer K., Sudhakumari C., Senthilkumaran B., Kagawa H., Dutta-Gupta A., Nagahama Y.

    General and Comparative Endocrinology ( General and Comparative Endocrinology )  171 ( 3 )   2011年05月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

    DOI

  • 晴れときどきスコール−太平洋鰻遊記ー

    香川浩彦

    比較内分泌学 ( 日本比較内分泌学会 )  36 ( 139 ) 300 - 306   2010年12月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   単著

  • 魚類の卵巣の機能解析とその応用技術について

    香川浩彦

    日本水産学会誌 ( 社団法人日本水産学会 )  76 ( 3 ) 336 - 339   2010年05月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   単著

  • 水産研究のフロントから 宮崎大学農学部海洋生物環境学科の新設

    香川浩彦

    日本水産学会誌 ( 社団法人日本水産学会 )  76 ( 3 ) 434 - 434   2010年05月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   単著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • ウナギ仔魚の飼育方法

    特許 特許第2909536号

    田中秀樹、香川浩彦、太田博巳

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成22年度水産学進歩賞

    2010年03月28日   日本水産学会  

    受賞者:  香川浩彦

  • 平成10年度日本水産学会技術賞受賞

    1998年04月01日   日本水産学会  

    受賞者:  香川浩彦、田中秀樹、太田博巳

  • 産業医科大学学長賞

    1986年10月01日   産業医科大学  

    受賞者:  香川浩彦

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 光受容器官としての血嚢体の生理機能解明によるニホンウナギの新規成熟誘起技術の開発38

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月 

     概要を見る

    これまで、生理機能が不明であったウナギの血嚢体の光受容器官及び成熟制御期間としての役割を明らかにし、得られた知見をもとに環境制御によるウナギの新規成熟誘起技術の開発を行う。

  • 次世代シーケンサーを用いたサメ類の繁殖生理機構の解明と応用に向けた実践と発信

    基盤研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月 

     概要を見る

    サメの繁殖に関わる器官における遺伝子の網羅的解析を行い、これらの情報をもとに繁殖に関わる遺伝子特定と生理的な役割解明を行い、世界に向けてサメの繁殖生理学的知見を発信する。

  • 音響環境エンリッチメントがウナギの成熟に及ぼす影響の解明とその応用技術の開発

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月  代表者:  香川浩彦

     概要を見る

    水槽内の音響環境がウナギの成熟や成熟に係わるホルモン機構に及ぼす影響を解明し、ウナギの成熟誘起に有効的な音響環境を設定して成熟促進し、種苗生産技術の開発に資する。

  • 組換え生殖腺刺激ホルモンによる水産重要魚種の性成熟促進法の開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

     概要を見る

    カイコを用いて遺伝子工学的技術により、魚類の組換えGTHを大量生産し、これらのホルモンを活用して、各種養殖魚の生殖生理の解明を行うとともに、養殖魚の性成熟促進法の開発を試みる。

  • 新規脳内成熟制御因子を用いた革新的種苗生産技術の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2010年04月  -  2013年03月 

     概要を見る

    魚類の脳内の繁殖関連因子(生殖腺刺激ホルモン抑制ホルモンなど)を単離し、その動態を分子生物学的手法を用いて行い、その生理機能を明らかにするとともに、それら因子を合成し、成熟誘起技術を開発する。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ウナギの成熟に係わる内分泌機構

    提供機関:  文部科学省  JSPS外国人招へい研究者(短期)

    研究期間: 2017年10月  -  2017年12月 

  • 魚類の春機発動機構に関する研究

    提供機関:  文部科学省  JSPS外国人招へい研究者(長期)

    研究期間: 2011年10月  -  2012年06月 

     概要を見る

    魚類の春機発動機構にを分子生物学的手法を用いて解明するとともに、得られた知見を魚類の成熟促進技術の開発に応用する。

  • ウナギの脳内新規生殖関連因子(生殖腺刺激ホルモン抑制ホルモン)に関する研究

    提供機関:  日本学術振興会  JSPS国際交流事業

    研究期間: 2009年10月  -  2010年03月 

     概要を見る

    ウナギの生殖腺刺激ホルモン抑制ホルモンをクローニングし、その機能を明らかにする。また、ウナギの成熟制御技術へ応用する。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Elucidation of physiological functions of saccus vasculosus as a photoperiodic organ in Japanese eel (Anguilla japonica )

    Shun Muneishi, Lim Bongsoo, Sungpyo Hur, Katsuhisa Uchida and Hirohiko Kagawa

    The JSFS 85th Anniversary-Commemorative International Symposium “Fisheries Science for Future Generations”  2017年09月  -  2017年09月   

  • ニホンウナギ血嚢体の光受容器官としての生理機能の解明

    宗石 瞬・Lim Bongsoo ・ Sungpyo Hur・内田勝久・香川浩彦

    平成29年度日本水産学会春季大会  (東京海洋大学)  2017年03月  -  2017年03月    日本水産学会

  • トラザメの卵殻腺における卵殻形成関連遺伝子の発現とGnRHa投与が卵殻形成に及ぼす影響の解明

    内田吉亮・横山裕麻・内田勝久・松本昌弘・香川浩彦

    第41回日本比較内分泌学会大会  (北里大学相模原キャンパス)  2016年12月  -  2016年12月    日本比較内分泌学会大会

  • Saccus vasculosus is a photoperiodic sensory and endocrine organ in Japanese eel reproduction

    Misa Hamada, Katsuhisa Uchida, Fumiya Furukawa, Yuta Seko, and Hirohiko Kagawa

    The 8th International Symposium on Fish Endocrinology  (Lindholmen Conference Center Sweden)  2016年06月  -  2016年07月    Society of FIsh Endocrinology

  • Identification of three glycoprotein hormones from the pituitary gland of cloudy catshark, Scyliorhinus torazame.

    Uchida, K, Inoue N, Yokoyama Y, Uchida Y, Hyodo S, Kagawa H

    The 8th International Symposium on Fish Endocrinology  (Lindholmen Conference Center Sweden)  2016年06月  -  2016年07月    Society of FIsh Endocrinology

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 新魚種の種苗生産システムの開発