山口 秀樹 (ヤマグチ ヒデキ)

YAMAGUCHI Hideki

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

ライフサイエンス領域

ホームページ

http://www.med.miyazaki-u.ac.jp/3naika/

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年03月

    宮崎医科大学   医学部   医学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年03月

    宮崎医科大学  医学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 宮崎医科大学 -  博士(医学)

  • 宮崎医科大学 -  医学士

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 代謝学

  • 内分泌学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 新規生理活性ペプチドの探索と機能解析

    フロンティア研究  

    研究期間: 1998年06月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Concurrent Use of Teneligliptin and Canagliflozin Improves Glycemic Control with Beneficial Effects on Plasma Glucagon and Glucagon-Like Peptide-1: A Single-Arm Study

    Noda T, Ebihara E, Ueno H, Sadohara K, Tanaka Y, Nagatomo Y, Murakami Y, Yonamine S, Tsuchimochi W, Sakoda H, Yamaguchi H, Nakazato M

    Diabetes Ther   105 ( 5 ) 1835 - 1846   2019年10月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Fulminant hepatitis and elevated levels of sIL-2R in thyroid storm

    Tanaka Y, Uchida T, Yamaguchi H, Kudo Y, Yonekawa T, Nakazato N

    Endocrinol Diabetes Metab Case Rep     2019年09月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Fulminant hepatitis and elevated levels of sIL-2R in thyroid storm

    Tanaka Y*, Uchida T*, Yamaguchi H, Kudo Y, Yonekawa T, Nakazato T

    Endocrinol Diabetes Metab Case Rep     2019年09月  [査読有り]

    共著

  • Elevated levels of circulating FGF-23 with hypercalcemia following discontinuation of denosumab. *These authors contributed equally to this work

    Uchida T, Yamaguchi H, Kushima C, Yonekawa T, Nakazato M

    Endocr J   67 ( 1 ) 31 - 35   2019年09月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Elevated levels of circulating FGF-23 with hypercalcemia following discontinuation of denosumab

    Uchida T*, Yamaguchi H*, Kushima C, Yonekawa T, Nakazato M

    Endo J     2019年09月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 褐色細胞腫『救急・集中治療』 31巻3号 特集「ICU治療指針」 II

    上平 雄大, 山口秀樹 (担当: 分担執筆 )

    総合医学社  2919年12月 ISBN: 1346-0935

  • 副甲状腺機能低下症(偽性機能低下症を含む)

    内田 泰介, 山口秀樹 (担当: 分担執筆 )

    総合医学社  2019年12月 ISBN: 1346-0935

  • 慢性副腎不全(ステロイド補充療法を含む)

    古郷 芙未子, 山口秀樹 (担当: 分担執筆 )

    総合医学社  2019年12月 ISBN: 1346-0935

  • 『病気がみえるvol.3』

    山口秀樹 (担当: 監修 )

    メディックメディア  2019年10月

  • 内分泌代謝科専門医研修ガイドブック』第6章82番 下垂体前葉ホルモン.

    山口秀樹 (担当: 単著 )

    診断と治療社  2019年03月 ISBN: 13: 978-4787822925

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 頭蓋咽頭腫術後による汎下垂体機能低下症ながら副腎皮質ホルモンの補充なしで16年間にわたり日常生活可能であった1症例.

    米川忠人、山口秀樹、平野秀治、中里雅光

    ACTH RELATED PEPTIDES   29   7 - 9   2018年  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • キスペプチン受容体変異と思春期遅発症

    山口秀樹、米川忠人、清水浩一郎、中里雅光

    内分泌・糖尿病・代謝内科   44 ( 1 ) 50 - 56   2017年01月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Basedow病治療中に糖尿病性ケトアシドーシスを呈した多腺性自己免疫症候群3型の1例

    中里浩子,米川忠人,野田智穂,迫田秀之,上野浩晶,山口秀樹,中里雅光

    宮崎県医師会医学会誌 ( 宮崎県医師会? )  39 ( 1 ) 75 - 79   2015年03月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 中枢性尿崩症

    山口秀樹

    内科 ( 南江堂 )  113 ( 6 ) 1585 - 1587   2014年08月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • バゾプレシン分泌過剰症

    山口秀樹

    内科 ( 南江堂 )  113 ( 6 ) 1588 - 1590   2014年08月

    総説・解説(商業誌)   共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第1回日本心血管内分泌代謝学会 若手研究奨励賞

    1997年12月08日   日本心血管内分泌代謝学会  

    受賞者:  山口 秀樹

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新規グラニン由来ペプチドNERP-4の摂食エネルギー・糖代謝機能の検討

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     概要を見る

    新規に同定したグラニン由来ペプチドNERP-4の摂食エネルギー・糖代謝機能の検討を行う

  • 新規ペプチドNERPおよび新規グラニン由来ペプチドのインスリン分泌制御機能の探索

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年05月  -  2014年03月 

     概要を見る

    分泌性ペプチドの網羅的解析にて新たな生理活性ペプチドNERP (NeuroEndocrine Regulatory Peptide, J Biol Chem, 2007)の同定に成功した。中枢での機能解析で、NERP-1とNERP-2がともにバソプレシン分泌を抑制すること、NERP-2のみが摂食を亢進させることを明らかにし、5つの英文誌に報告した。末梢組織においてNERPは膵β細胞でインスリンと共存すること、MIN6細胞やマウス摘出下垂体を用いた予備実験でインスリン分泌促進作用を有することが明らかとなった(未投稿)。NERPの膵作用機構の解明と、網羅的ペプチド解析時に同定したNERP以外のグラニン由来候補ペプチドのインスリン分泌促進活性の探索を行い、生体内分子を利用した新たな糖尿病治療法の開発研究を実施する。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Peptidomic identification and biological validation of neuroendocrine regulatory peptide-1 and -2.

    Yamaguchi H, Sasaki K, Satomi Y, Shimbara T, Kageyama H, Mondal MS, Toshinai K, Date Y, González LJ, Shioda S, Takao T, Nakazato M, Minamino N

    The Endocrine Society’s 90th Annual Meeting  (San Francisco.)  2008年06月  -  2008年06月    The Endocrine Society’s

  • Characterization and localization of novel neuroendocrine regulatory peptides, NERP-1 and -2, in the human plasma and the hypothalamus. 

    Matsuo T, Yamaguchi H, Kageyama H, Mondal MS, Sasaki K, Shioda S, Minamino N, Nakazato M

    The Endocrine Society’s 90th Annual Meeting  (San Francisco.)  2008年06月  -  2008年06月    The Endocrine Society’s

  • 双生児を無事出産した未治療先端巨大症の一例

    松尾 崇, 山口秀樹, 土持若葉, 米川忠人, 中里雅光

    第280回日本内科学会九州地方会  (福岡)  2008年01月  -  2008年01月    日本内科学会九州地方会

  • 大量デキサメサゾンで抑制されず下垂体微小腫瘤の同定が困難なクッシング病と考えられる一例.

    松尾 崇, 山口秀樹, 米川忠人, 中里雅光

    第19回間脳・下垂体副腎研究会  (東京)  2008年03月  -  2008年03月    間脳下・垂体副腎研究会

  • メチラポンにて二次性糖尿病が軽快した腫瘤の同定困難なクッシング病疑いの一例.

    松尾 崇, 山口秀樹, 土持若葉, 米川忠人, 中里雅光

    第81回日本内分泌学会総会  (青森)  2008年05月  -  2008年05月    日本内分泌学会

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 生理活性ペプチド