山森 一人 (ヤマモリ クニヒト)

YAMAMORI Kunihito

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

情報・通信領域

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://w1.cs.miyazaki-u.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1992年03月

    金沢大学   工学部   電気情報工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年03月

    北陸先端科学技術大学院大学  情報科学研究科  情報システム工学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北陸先端科学技術大学院大学 -  博士(情報科学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 自律故障補償可能なウェーハ規模ハードウェア神経回路網の研究

    その他の研究制度  

    研究期間: 2000年03月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • A novel audio fingerprinting method based on music elements for similar music retrieval

    T.Aoshima, K.Yamamori, M.Aikawa, K.Inoue

    Proc. 23rd International Symposium on Artificial Life and Robotics     452 - 456   2018年01月  [査読有り]

    共著

  • Lightweight virtual node protocol for large scale IoT device networks

    Y.Shinooka, K.Yamamori, M.Aikawa, K.Inoue

    Proc. 23rd International Symposium on Artificial Life and Robotics     478 - 483   2018年01月  [査読有り]

    共著

  • Reinforcement learning approach for smart air traffic control support system

    M.Watanabe, K.Yamamori, M.Aikawa, K.Inoue

    Proc. 23rd International Symposium on Artificial Life and Robotics     457 - 461   2018年01月  [査読有り]

    共著

  • Markov chain analysis of Leading Ones problem

    Yifei DuKenji AokiMakoto SakamotoHiroshi FurutaniKunihito Yamamori

    Artificial Life and Robotics   22 ( 4 ) 443 - 448   2017年11月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    Evolutionary algorithms (EAs) are randomized optimization search techniques, and the theoretical study of the first hitting time is very important in the practical applications of EA. We investigate the first hitting time of Leading Ones (LO) problem theoretically on Random Local Search (RLS) algorithm and (1 + 1)EA by absorbing Markov chain. This paper reports the calculation method of the first hitting time on LO problem with (1 + 1)EA and RLS. We found that the results only depend on the length of string, and the hitting times can be given approximately by the quadratic function. In the numerical experiments, we showed the agreement between the results of the practical calculation and the theoretical results. Our results give the good example to predict the running time of the practical EA calculations by Markov chain method.

    DOI

  • SVMとニューラルネットワークを用いた手書き数字の3段階認識法

    山森一人,井野誠也,相川勝

    宮崎大学工学部紀要   ( 46 ) 299 - 302   2017年07月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Reccent Advances in Simulated Evolution and Learning - Advances in Natural Computation Vol.2 (Tan, K.C., Lim, M.H., Yao, X. and Wang, L.(eds.))

    H.Zhu, I.Yoshihara, K.Yamamori, M.Yasunaga (担当: 共著 )

    World Scientific Publishing, Singapore  2004年08月

  • Reccent Advances in Simulated Evolution and Learning - Advances in Natural Computation Vol.2 (Tan, K.C., Lim, M.H., Yao, X. and Wang, L.(eds.))

    山森 一人 (担当: その他 )

    World Scientific Publishing, Singapore  2004年08月

  • Reccent Advances in Simulated Evolution and Learning - Advances in Natural Computation Vol.2 (Tan, K.C., Lim, M.H., Yao, X. and Wang, L.(eds.))

    YAMAMORI Kunihito (担当: その他 )

    World Scientific Publishing, Singapore  2004年08月

  • Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies, (Baba, N., Jain, L.C. and How- lett, R.J.(eds.))

    I.Yoshihara, Y.Kamimai, K.Yamamori, M.Yasunaga (担当: 共著 )

    IOS Press, Tokyo  2001年10月

  • Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies, (Baba, N., Jain, L.C. and How- lett, R.J.(eds.))

    YAMAMORI Kunihito (担当: その他 )

    IOS Press, Tokyo  2001年10月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • A Heuristic and Stochastic Approach for Automatic Music Composition

    T.Yamada, K.Yamamori, M.Aikawa

    Proc. 20th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2015     525 - 530   2015年01月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • A Heuristic and Stochastic Approach for Automatic Music Composition

    T.Yamada, K.Yamamori, M.Aikawa

    Proc. 20th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2015     525 - 530   2015年01月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • Natural English-Japanese Translation by Complementing of Proper Particles

    H.Haraguchi, K.Yamamori,M.Aikawa

    Proc. 20th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2015     514 - 518   2015年01月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • Pipelined multi-threading approach for high-speed global alignment on GPGPU

    T.Yamamoto, M.Aikawa, K.Yamamori

    Proc. 20th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2015     519 - 524   2015年01月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • Pipelined multi-threading approach for high-speed global alignment on GPGPU

    T.Yamamoto, M.Aikawa, K.Yamamori

    Proc. 20th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2015     519 - 524   2015年01月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 拡張重み更新型自己組織化マップを構築するためのプログラム,および構築した拡張重み更新型自己組織化マップを用いて特性値を推定するためのプログラム,ならびに拡張重み更新型自己組織化マップを用いる特性値の推定装置

    特願 2011-245872 

    山森一人,吉原郁夫,西山和夫,江藤望,榊原陽一,永濱清子

  • クラスタリングによる蛋白質の有効性推定方法

    特願 2008-046831 

    吉原郁夫,山森一人,永濱清子,岩田喬子,内田飛鳥,ハリッシュ クマール

  • 高スループット機能性評価方法、プログラム、及び装置

    特願 2006-13177  特開 特許公開2006-223302  特許 4150761

    水光正仁,福田 亘博,窄野 昌信,西山 和夫,江藤 望,榊原 陽一,河原 聡,山崎 正夫,吉原 郁夫,山森 一人,永濱 清子

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Paper Award

    2004年10月   SEAL'04  

    受賞者:  T.Onitani, I.Yoshihara, K.Yamamori, M.Yasunaga

  • 情報処理学会九州支部奨励賞

    2017年09月   情報処理学会九州支部   ノードの仮想化によるIoT向け軽量プロトコルの提案と評価  

    受賞者:  篠岡裕太,相川勝,井上健太郎,山森一人

  • 情報処理学会九州支部奨励賞

    2017年03月   情報処理学会九州支部   類似楽曲検索用オーディオ指紋の提案と評価  

    受賞者:  青島大河,山森一人,井上健太郎,相川勝

  • Excellent Reviewer Award 2016

    2016年03月10日   The international Society of Artificial Life and Robotics   Submitted paper reivew  

    受賞者:  Kunihito YAMAMORI

  • 情報処理学会九州支部奨励賞

    2016年03月   情報処理学会九州支部   三次元頂点情報を用いた訓練画像生成による画像分類精度の向上  

    受賞者:  十楚航,山森一人,相川勝

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 自立故障補償可能なWSI規模超高速神経回路網の実現とその応用に関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2005年04月  -  2008年03月 

     概要を見る

    自律故障補償能力を持つ神経回路網をFPGA上に実現して故障補償能力を検証するとともに,応用例として遺伝子解析を取り上げて性能評価を行う.

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ミャンマー工学系3大学とのダブルデグリープログラム実質化に向けた訪問交流

    提供機関:  宮崎大学工学教育研究部  学部長裁量経費

    研究期間: 2015年08月  -  2016年03月 

     概要を見る

    ダブルデグリープログラム(DDP)を実施しているミャンマー工学系3大学(連携3大学)の学生・教員に対して宮崎大学での研究教育を具体的に紹介し、修士課程および博士後期課程の留学生を呼び込む定常的な活動の基盤を作る。

  • ICT企業の短期インターンシップを利用した単位認定プログラムの開発

    提供機関:  地方自治体  宮崎市地方創成人材育成支援事業助成金

    研究期間: 2015年06月  -  2016年02月 

     概要を見る

    複数の地元ICT企業のもつ1から2日程度の短期間のインターンシップを組み合わせ,多様な内容のインターンシップで構成されるプログラムを提供することにより,インターンシップ参加者数を増やし,地元ICT企業への就労意識を高めることを目的とする.

  • システムバイオロジーの創出を目指した翻訳システム制御ネットワークの網羅的解析

    提供機関:  宮崎大学  戦略重点経費

    研究期間: 2012年04月  -  2013年03月 

     概要を見る

    実験系と情報系が有機的に連携して、遺伝子発現における翻訳システムの制御ネットワークを解析することにより、本学におけるシステムバイオロジーの基盤を構築することを目的とする。

  • 食の機能を中心としたがん予防基盤技術創出

    提供機関:  科学技術振興機構  地域結集型共同研究事業

    研究期間: 2005年01月  -  2008年12月 

     概要を見る

    食の機能によりがんを予防する基盤技術の開発

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 拡張重み更新型自己組織化マップを用いた食品機能性評価

    永濱清子,平山未央,黒木勝久,山森一人,江藤望,西山和夫,水光正仁,榊原陽一

    日本質量分析学会・日本プロテオーム学会2018年合同大会  (ホテル阪急エキスポパーク)  2018年05月  -  2018年05月    日本質量分析学会,日本プロテオーム学会

  • 類似楽曲検索用オーディオ指紋の提案と評価

    青島大河,山森一人,井上健太郎,相川勝

    火の国情報シンポジウム2018  (長崎大学)  2018年03月  -  2018年03月    情報処理学会九州支部

     概要を見る

    音響信号の持つ単純な音響的特徴のみに基づく従来のオーディオ指紋は、近年需要が高まっている類似楽曲検索には向いていない。類似楽曲検索のために、音楽の観点に基づいた特徴をオーディオ指紋に用いる方法が考えられる。本稿では、音楽の3つの基本要素であるリズム、メロディ、ハーモニーに基づいた、類似楽曲検索のためのオーディオ指紋を提案する。実際の楽曲を用いた楽曲間距離の導出実験、および第三者による官能テストにより提案手法の妥当性を検証する。

  • HTLV-1感染細胞増殖抑制効果の予測モデルに関する研究

    永濱清子,山森一人,江藤望,西山和夫,水光正仁,榊原陽一

    日本フードファクター学会学術集会  (神奈川県藤沢市)  2017年12月  -  2017年12月    日本フードファクター学会

  • ノードの仮想化によるIoT向け軽量プロトコルの提案と評価

    篠岡祐太,相川勝,井上健太郎,山森一人

    平成29年度(第70回)電気・情報関係学会九州支部連合大会  (琉球大学千原キャンパス)  2017年09月  -  2017年09月    電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

  • 強化学習を用いた航空管制支援システムの提案

    渡部将人,相川勝,井上健太郎,山森一人

    平成29年度(第70回)電気・情報関係学会九州支部連合大会  (琉球大学千原キャンパス)  2017年09月  -  2017年09月    電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • FPGA上に実装した高速神経回路網による遺伝子解析に関する研究