山﨑 正夫 (ヤマサキ マサオ)

YAMASAKI Masao

写真a

所属

農学部 応用生物科学科 食品機能化学講座

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 2001年3月   九州大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 食品科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Vaccinium virgatum aiton leaves extract suppressed lipid accumulation and uric acid production in 3T3-L1 adipocytes

    Yamasaki M., Kiue Y., Fujii K., Sushida M., Yamasaki Y., Sugamoto K., Suzuki Y., Koga Y., Kunitake H., Kai H., Ogawa K., Nishiyama K., Goto Y., Nakayama T.

    Plants   10 ( 12 )   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Plants  

    Blueberry (Vaccinium virgatum Aiton; Kinisato 35 Gou) leaves have recently attracted in-creasing attention as a useful material for the prevention of lifestyle diseases. Here, we examined the effects of the hot water extract of blueberry leaves (BLEx) on lipogenesis and uric acid production in 3T3-L1 adipocytes. The results showed that BLEx suppressed lipid accumulation and the mRNA expression of differentiation markers in 3T3-L1 adipocytes. A fractionation study showed that the highly polymerized proanthocyanidin-rich fraction was responsible for this effect. Upon maturation to adipocytes, 3T3-L1 cells produced uric acid and tumor necrosis factor-α, and hypoxia stimulated the production of uric acid and xanthine oxidoreductase activity. BLEx suppressed the production of uric acid under these conditions. Although BLEx inhibited the enzymatic activity of xanthine oxidase, this activity was observed in several fractions containing catechin, epicatechin, chlorogenic acid, rutin, and low molecular weight proanthocyanidins. Taken together, these results indicate that BLEx contains various compounds with the ability to suppress lipid accumulation and uric acid production in adipocytes.

    DOI: 10.3390/plants10122638

    Scopus

  • Enhanced water dispersibility and permeability through a Caco-2 cell monolayer of β-cryptoxanthin extracted from kumquats by complexation with casein 査読あり

    Ohima T, Takanashi K, Inada A, Yamasaki M, Yamasaki Y, Eto N

    Food Chemistry   360   129822   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.foodchem.2021.129822

  • Onion (Allium cepa L.)-Derived Nanoparticles Inhibited LPS-Induced Nitrate Production, however, Their Intracellular Incorporation by Endocytosis Was Not Involved in this Effect on RAW264 Cells. 査読あり

    Yamasaki M, Yamasaki Y, Furusho R, Kimura H, Kamei I, Sonoda H, Ikeda M, Oshima T, Ogawa K, Nishiyama K

    Molecules   26 ( 9 )   2763   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/molecules26092763

  • Role of macrophage autophagy in atherosclerosis: modulation by bioactive compounds. 査読あり

    Zahid MK, Sufian HB, Choudhury M, Yamasaki M, Al-Harrasi A, Moustaid-Moussa N, Rahman SM

    Biochemical Journal   478   1359 - 1375   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1042/BCJ20200894

  • Polyphenol contents, antioxidant activities, and anti-cancer cell proliferation properties at each stage of fruit development in intersectional hybrids between highbush blueberry and shashanbo (Vaccinium bracteatum Thunb.)

    Toyama Y., Toshima S., Hirano T., Yamasaki M., Kunitake H.

    Journal of Berry Research   11 ( 4 )   689 - 704   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Berry Research  

    BACKGROUND: In blueberries, the total polyphenol contents, total anthocyanin contents, and antioxidant activities of fruits in blueberries and their relatives are becoming important targets for breeders. Recently, intersectional hybrids between Japanese wild species Shashanbo and highbush blueberry were produced using polyploid breeding for the first time. However, the polyphenol contents, antioxidant activities, and anti-cancer cell proliferation properties of the fruits of these intersectional hybrids have not been studied sufficiently. OBJECTIVE: The objectives of this study were to determine the anthocyanin contents, polyphenol contents, and antioxidant activities at each stage of fruit development in intersectional hybrids, and to examine the effects of the fruit extracts on anti-cancer cell proliferation properties using human promyelocytic leukemia (HL-60) cells. METHODS: Freeze-dried fruit samples of three intersectional hybrids and their parents at five developmental stages were used to evaluate their polyphenol contents, anthocyanin contents, and levels of two types of antioxidant activities (DPPH and ORAC). The anti-cancer cell proliferation properties of each extract were also evaluated according to the survival rate of HL-60 cells. RESULTS: The total polyphenol contents in fruits of the intersectional hybrids gradually decreased as the fruits grew, but the contents increased slightly at the mature stage. Meanwhile, the total anthocyanin contents increased strongly to the mature stage. In addition, the fruit extract of intersectional hybrid JM1 was found to be more effective for inhibiting the growth of HL-60 human leukemia cells in vitro. Total polyphenol content correlated highly with antioxidant activities and anti-cancer cell proliferation properties. CONCLUSIONS: We clarified that the intersectional hybrids had produced have abundant bioactive compounds, high levels of antioxidant activities, and anti-cancer cell proliferation properties. The results proved the effectiveness of the use of Japanese wild Vaccinium species for the strategic breeding of blueberries with high levels of bioactive compounds.

    DOI: 10.3233/JBR-210713

    Scopus

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 『食品機能性脂質の基礎と応用』

    山崎正夫( 担当: 単著)

    シーエムシー出版  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Advances in Conjugated Linoleic Acid Research 3

    M. Yamasaki, H. Chujo, and K. Yamada. ( 担当: 共著)

    AOCS press  2006年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 「食品成分のはたらき」

    山崎正夫、山田耕路( 担当: 共著)

    朝倉書店  2004年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Advances in Conjugated Linoleic Acid Research 1

    M. Sugano, M. Yamasaki, K. Yamada, and Y.-S. Huang( 担当: 共著)

    AOCS press  1999年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 食品が私たちの体に語りかけること 招待あり

    山﨑正夫

    日本醸造学会誌   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本醸造学会  

  • 脂質分析の観点から見たin vivoにおける抗アレルギー活性評価法

    山崎正夫、西山和夫

    生物機能研究法   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:生物機能研究所  

  • がん悪性形質のレドックス制御機能評価法

    西山先生、岩瀬将弘、山崎正夫

    生物機能研究法   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:生物機能研究所  

  • Conjugated linoleic acids inhibit hypoxia inducible factor-1α stabilization under hypoxic condition in human hepatocellular carcinoma cells

    Yamasaki M., Nagatomo T., Matsuyama T., Ikeho Y., Kato E., Nishiyama K., Sakakibara Y., Suiko M., Nishiyama K.

    Journal of Oleo Science   61 ( 9 )   491 - 496   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:Journal of Oleo Science  

    The anti-cancer effects of various fatty acids are drawing a lot of attention. To determine whether different fatty acids affect the hypoxic response of liver cancer cells, we examined the effects of various fatty acids on the stabilization of the hypoxia-inducible factor (HIF)-1α protein in the HepG2 human hepatocellular carcinoma (HCC) cell line under condition containing 1% O 2 . Of the fatty acids examined, only 9cis, 11trans (c9, t11)-conjugated linoleic acid (CLA) and 10trans, 12cis (t10, c12)-CLA inhibited hypoxia-induced HIF-1α stabilization. In addition, HIF-1α prolyl hydroxylase or proteasome inhibition abrogated the effects of c9, t11- and t10, c12-CLA. Moreover, c9, t11- and t10, c12-CLA significantly inhibited cell proliferation and induced apoptotic cell death under hypoxia. This is the first study showing that c9, t11- and t10, c12-CLA inhibit the hypoxic response in HCC cells. ©2012 by Japan Oil Chemists' Society.

    DOI: 10.5650/jos.61.491

    Scopus

  • 大豆イソフラボンの抗ATL(成人T細胞性白血病)作用

    山崎正夫、西山和夫

    バイオサイエンスとインダストリー   68 ( 5 )   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:バイオインダストリー協会  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 葛根湯およびその構成生薬の成人T細胞白血病細胞増殖抑制効果

    甲斐久博、内本凛果、下西智彩、山崎正夫、森下和広、馬場正樹、矢久保修嗣

    第39回 和漢医薬学会  2022年8月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月27日 - 2022年8月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 自己免疫疾患シェーグレン症候群の涙液分 泌機能に及ぼすブルーベリー葉エキスの作 用

    田頭明音、浦田果林、小河原康貴、 大野雄太、佐藤慶太郎、鈴木耀介、 菅本和寛、山崎正夫、古賀靖子、 国武久登、西山和夫、後藤陽、中山貴之、 小川健二郎

    第76回日本栄養・食糧学会  2022年6月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月10日 - 2022年6月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • アブラナ科野菜由来ナノベシクルの単離と 機能性評価

    森田優花、押川妃乃、小野江梨花、 園田紘子、池田正浩、山崎有美、 大島達也、立花宏文、小川健二郎、 西山和夫、山崎正夫

    第76回日本栄養・食糧学会  2022年6月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月10日 - 2022年6月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 宮崎県産無農薬バナナ果皮の脂肪細胞にお ける脂質蓄積抑制作用

    小河原康貴、山田喜之、古賀靖子、 山崎正夫、西山和夫、國武久登、 菅本和寛、内田匡彦、小川健二郎

    第76回日本栄養・食糧学会  2022年6月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月10日 - 2022年6月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 青色光誘発網膜視細胞障害に対するブルー ベリー素材の網膜保護作用

    小川健二郎、浦田果林、山崎正夫、 國武久登、西山和夫、後藤陽、中山貴之

    第76回日本栄養・食糧学会  2022年6月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月10日 - 2022年6月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本栄養・食糧学会 奨励賞

    2013年5月   日本栄養・食糧学会  

    山崎正夫

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 日本農芸化学会西日本支部奨励賞

    2004年1月   日本農芸化学会  

    山崎正夫

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 脂肪細胞の低酸素ストレス抑制による生活習慣 病予防

    研究課題/領域番号:21H02142  2021年04月 - 2024年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • プラント・オパール中の遺伝情報を利用した稲 作史研究手法の構築に向けた学際的研究

    研究課題/領域番号:19H00542  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤A

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 食機能実行分子とその機能的相互作用の統合的理解

    研究課題/領域番号:20H05683  2020年08月 - 2025年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(S)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 機能性脂質による高尿酸血症の改善

    研究課題/領域番号:18K05520  2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 種を超えたエクソソームシグナル伝達による画期的食品機能性発現の可能性

    2015年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    植物性食品中の微粒子の存在同定と、機能性評価

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 腸管の低酸素応答は高尿酸血症改善の新たなターゲットとなりうるか

    2022年04月 - 2023年03月

    公益財団法人 飯島藤十郎記念食品科学振興財団  2021年度学術研究助成金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • ブルーベリー葉による腸管バリア構造保護効果を介したアルコール障害抑制効果

    2020年04月 - 2021年03月

    民間財団等  公益財団法人東洋食品研究所 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • ナノ粒子から見た野菜・果実を生食する食品機能学的意義の解明

    2018年07月 - 2019年06月

    公益財団法人 ひと・健康・未来研究財団  公益財団法人 ひと・健康・未来研究財団 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 安心・安全な2種類の宮崎県産ブルーベリー葉と有機緑茶葉による高付加価値ブレンド粉末茶のに関する機能性・安全性調査と商品開発

    2016年09月 - 2018年08月

    地方自治体  平成28年度産学官共同研究開発支援事業  

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 脂肪細胞のベージュ化を標的とした食品成分の探索研究

    2015年06月 - 2016年05月

    民間財団等  公益財団法人アサヒグループ学術振興財団 2015年度 研究助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    脂肪細胞のベージュ細胞化を標的とした食品成分の探索

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • ブルーベリー葉および茎のメタボリックシンドローム予防に関する機能性の評価

    2020年04月 - 2022年03月

    株式会社ビオラボ  国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • CLA懇話会事務局

    2004年04月 - 2010年10月

     詳細を見る

    CLA懇話会開催、会計、諸雑務