上野 浩晶 (ウエノ ヒロアキ)

UENO Hiroaki

写真a

所属

医学部 医学科 内科学講座血液・糖尿病・内分泌内科学分野

職名

講師

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士 ( 2001年3月   宮崎医科大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Regulation of feeding and therapeutic application of bioactive peptides 査読あり

    Ueno H., Zhang W., Nakazato M.

    Pharmacology and Therapeutics   239   108187 - 108187   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pharmacology and Therapeutics  

    Obesity and obesity-related diseases, such as diabetes mellitus and dyslipidemia, are worldwide pandemics; therefore, studies have been conducted energetically to elucidate the mechanism of obesity and develop anti-obesity drugs. Robust progress in the peptide chemistry and molecular biology has identified many peptides that regulate appetite and energy metabolism over the past dozen years. Several drugs, such as analogs or receptor agonists of anorectic peptides, have been developed. Overall, peptide-related drugs have powerful anti-obesity effects with fewer adverse effects than previous anti-obesity drugs. Liraglutide, a glucagon-like peptide-1 receptor agonist, was first used as an antidiabetic drug, and then high-dose liraglutide was used as an anti-obesity drug. Several candidates have been developed to explore their anti-obesity effects. Additionally, hybrid peptides consisting of two or more peptide sequences with strong anorectic effects have been designed. Here, we review peptides that are important for feeding regulation in terms of their mechanisms of action, interactions, and clinical application as anti-obesity drugs.

    DOI: 10.1016/j.pharmthera.2022.108187

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Current status of diabetes treatment in Miyazaki Prefecture, Japan: Results of a questionnaire survey conducted in 2016 and 2020 査読あり

    Uehira Y., Ueno H., Ebihara E., Uchida T., Nabekura H., Sakoda H., Yonekawa T., Yamaguchi H., Nakazato M.

    Journal of Diabetes Investigation   13 ( 6 )   1011 - 1020   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Diabetes Investigation  

    Aims/Introduction: The Japanese diabetes treatment guidelines do not specify the first choice of hypoglycemic agents, unlike those of Western countries. Furthermore, the current situation in diabetes treatment is that the choice of hypoglycemic agents is determined by each physician. Therefore, we aimed to determine the current situation in Miyazaki Prefecture, Japan, in this context. For this, we carried out a questionnaire survey among physicians twice regarding the target value of glycated hemoglobin and the choice of hypoglycemic agents in various cases. Materials and Methods: We administered an unsigned questionnaire to physicians in Miyazaki Prefecture, Japan, in July 2016 and March 2020. We divided responses into those of diabetologists and those of non-diabetologists, and analyzed each response. We then compared the results between both years. Results: In total, 18 diabetologists and 142 non-diabetologists responded in 2016, and 21 diabetologists and 134 non-diabetologists responded in 2020. Many diabetologists chose biguanide as the first-line drug for obese type 2 diabetes patients. In addition, the rate of choice of sodium–glucose cotransporter 2 inhibitor (SGLT2i) among physicians almost increased in 2020. Some non-diabetologists, and even a few diabetologists, inappropriately chose SGLT2i and biguanide for patients with severe renal dysfunction. Conclusions: Because SGLT2i became available in 2016 and a few years have passed, both diabetologists and non-diabetologists seemed to refrain from prescribing SGLT2i. However, with the emergence of various lines of firm evidence regarding the use of SGLT2i, physicians started to prescribe it. However, some diabetologists and non-diabetologists chose hypoglycemic agents inadequately; therefore, there is a need for novel and precise information.

    DOI: 10.1111/jdi.13750

    Scopus

    PubMed

  • Association of Kidney Function with Serum Levels of Cholesterol Absorption and Synthesis Markers: The CACHE Study CKD Analysis. 査読あり

    Shoji T, Akiyama Y, Fujii H, Harada-Shiba M, Ishibashi Y, Ishida T, Ishigaki Y, Kabata D, Kihara Y, Kotani K, Kurisu S, Masuda D, Matoba T, Matsuki K, Matsumura T, Mori K, Nakagami T, Nakazato M, Taniuchi S, Ueno H, Yamashita S, Yoshida H, Yoshida H

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   advpub ( 0 )   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本動脈硬化学会  

    <p><b>Aim: </b>Serum levels of cholesterol absorption and synthesis markers are known to be associated with cardiovascular risk. Individuals with reduced kidney function or chronic kidney disease (CKD) are at an increased risk for cardiovascular disease. Hence, we examined the relationship between estimated glomerular filtration rate (eGFR) and serum markers of cholesterol absorption and synthesis.<b> </b></p><p><b>Methods: </b>The CACHE (Cholesterol Absorption and Cholesterol synthesis in High-risk patiEnts) Consortium, comprised of 13 research groups in Japan possessing data of lathosterol (Latho, synthesis marker) and campesterol (Campe, absorption marker) measured via gas chromatography, compiled the clinical data using the REDCap system. Among the 3597 records, data from 2944 individuals were utilized for five analyses including this CKD analysis.<b> </b></p><p><b>Results: </b>This study analyzed data from 2200 individuals including 522 hemodialysis patients; 42.3% were female, the median age was 58 years, and the median eGFR was 68.9 mL/min/1.73 m<sup>2</sup>. Latho, Campe, and Campe/Latho ratio were significantly different when compared across CKD stages. When the associations of eGFR with these markers were assessed with multivariable nonlinear regression models, Latho, Campe, and Campe/Latho ratio showed positive, inverse, and inverse associations with eGFR. These associations were significantly modified by sex, the presence/absence of diabetes mellitus, and the presence/absence of statin use.<b> </b></p><p><b>Conclusion: </b>We showed that individuals with lower eGFR have lower cholesterol synthesis marker levels and higher cholesterol absorption marker levels in this large sample.</p>

    DOI: 10.5551/jat.63311

    PubMed

    CiNii Research

  • 高度肥満に対する内科的治療が奏功している例とリバウンド例 招待あり

    上野浩晶、中里雅光

    Medical Practice   38   1096 - 1101   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Active Consumption of Konjac and Konjac Products Improves Blood Glucose Control in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus 査読あり 国際共著

    Ueno H., Haraguchi N., Azuma M., Shiiya T., Noda T., Ebihara E., Uehira Y., Uchida T., Sasaba K., Nakamura M., Uchimura N., Kita E., Umemura A., Nobe T., Sumoto E., Yano Y., Nakazato M.

    Journal of the American College of Nutrition   1 - 7   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American College of Nutrition  

    Objective: Konjac is a food mainly consumed in Asian countries with high fiber and low energy. Although glucomannan, a component of konjac, have been used for several clinical studies, there is few reports using konjac itself. This study examined the effects of the active consumption of konjac in patients with type 2 diabetes mellitus (T2DM). Methods: The study included 26 Japanese patients with T2DM. Participants were recommended to take konjac at least once a day using free konjac products (various noodles, rice, and desserts) and plate konjac for 12 weeks. Results: HbA1c and fasting plasma glucose levels significantly decreased from 8.3 ± 0.9% to 8.0 ± 0.8% and from 173.2 ± 44.4 to 152.8 ± 36.7 mg/dL, respectively. No significant changes were observed in body weight and insulin resistance indices, but the index for insulin secretion significantly increased. Serum high molecular weight adiponectin levels significantly increased. Plasma ghrelin, leptin and glucagon-like peptide-1 levels tended to decrease (p = 0.084), decrease (p = 0.057) and increase (p = 0.071), respectively. Actual konjac intake positively correlated with age (r = 0.61, p = 0.001). Body weight and HbA1c significantly decreased in patients aged ≥50 years than in those aged <50 years, and the changes significantly inversely correlated with age. Conclusion: Active consumption of konjac and konjac products seems to be a useful dietary therapy with multifaceted action for T2DM. Further studies with greater sample size and long-term are needed to confirm these findings.

    DOI: 10.1080/07315724.2021.2002739

    Scopus

    PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • DPP-4阻害薬

    上野浩晶、中里雅光( 担当: 共著)

    南江堂  2021年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 脳内炎症と肥満

    上野浩晶、中里雅光( 担当: 共著)

    羊土社  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • SGLT2阻害薬の体重減少作用について

    上野浩晶、中里雅光( 担当: 共著)

    中外医学社  2020年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:51-57   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • カンナビノイド系:内科学書 改訂第8版

    上野浩晶、中里雅光( 担当: 共著)

    中山書店  2020年 

     詳細を見る

    担当ページ:20200000   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • SGLT2阻害薬が摂食・エネルギー代謝に与える影響. SGLT2阻害薬のすべて 第2版.

    上野浩晶、中里雅光( 担当: 共著)

    先端医学社  2019年8月 

     詳細を見る

    担当ページ:20190800   記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 食事療法の一工夫 招待あり

    上野浩晶

    はまゆう   ( 131 )   3 - 4   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 高度肥満に対する内科的治療が奏功している例とリバウンド例 招待あり

    上野浩晶、中里雅光

    Medical Practice   38 ( 7 )   1096 - 1101   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • Liver-expressed antimicrobial peptide2(LEAP-2)の成長ホルモン分泌における生理的役割および病態との関連

    迫田秀之, 酒井克也, 鍋倉弘樹, 谷田亮太, 上野浩晶, 山口秀樹

    成長科学協会研究年報   ( 44 )   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 高PRL性無月経を来した維持透析1型糖尿病へのドパミン製剤の治療経験

    山口 秀樹, 松下 隆司, 内田 泰介, 田中 友梨, 古郷 芙未子, 鍋倉 弘樹, 上平 雄大, 迫田 秀之, 上野 浩晶, 中里 雅光

    糖尿病   63 ( 4 )   246 - 246   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • GLP-1およびインスリン製剤の使い方 招待あり

    上野 浩晶

    糖尿病   63 ( 4 )   213 - 214   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • マジンドールの概要 症例報告、薬価を含めて 招待あり

    上野浩晶

    第29回西日本肥満研究会  2022年7月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月16日 - 2022年7月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • マグルチドからデュラグルチドに変更した2型糖尿病患者の体重とHbA1cの変化

    小永田綾香, 内田泰介, 谷口宗典, 古郷芙未子、長友雄麻, 清水浩一郎, 上野浩晶, 山口秀樹, 下田和哉

    第29回西日本肥満研究会  2022年7月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月16日 - 2022年7月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 臨床像が異なる男性低ゴナドトロピン性性腺機能低下症の兄弟例

    上平雄大、山口秀樹、大槻佑生子、内田泰介、長友雄麻、古郷芙美子、清水浩一郎、上野浩晶、東 美菜子、下田和哉

    第95回日本内分泌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月2日 - 2022年6月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発不明なACTH依存性Cushing症候群に対するオシロドロスタットの使用経験

    内田泰介、山口秀樹、古郷芙美子、長友雄麻、上平雄大、清水浩一郎、上野浩晶、下田和哉

    第95回日本内分泌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月2日 - 2022年6月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • セマグルチドで治療中の視床下部性肥満合併2型糖尿病の2例

    内田泰介、上野浩晶、古郷芙美子、長友雄麻、上平雄大、清水浩一郎、山口秀樹、下田和哉

    第65回日本糖尿病学会年次学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月12日 - 2022年5月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本糖尿病学会九州支部賞

    2015年11月   日本糖尿病学会九州支部  

    上野浩晶

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 博慈会オープンセサミ賞

    2014年2月   博慈会  

    上野浩晶

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • グレリン併用運動療法の多面的抗生活習慣病作用に関する研究

    2011年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    糖尿病を初めとする生活習慣病の治療に関して、グレリンの持つ成長ホルモン(GH)非依存性のグレリン特異的作用、および運動時に惹起されるGH分泌亢進の増強を介した糖・脂質代謝改善と体組成の改善作用(除脂肪体重の増加と脂肪重量の減少)を検証する。また、グレリンが糖尿病性神経障害、腎症および動脈硬化性病変に対する改善作用を持ち、多面的な抗生活習慣病薬となり得ることを検討する。

  • 新規ペプチド オベスタチンおよびグレリンの肥満に対する病態生理学的意義の検討

    2007年04月 - 2009年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    胃から産生・分泌される新規ペプチドであるオベスタチンおよびグレリンの肥満に対する病態生理学的意義の検討を行う

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 肥満糖尿病に対するこんにゃく摂取の多面的効果の検証

    2018年06月 - 2021年12月

    日本こんにゃく協会  平成30年度新規用途・機能性開発支援助成事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • グレリン−GH軸を用いた肥満治療の可能性に関する基礎研究

    2014年06月 - 2015年05月

    成長科学協会  成長科学協会研究助成金  

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    肥満におけるグレリン−GH軸の機能を検証し、グレリンの筋肥大と脂肪分解作用を活用した肥満治療の可能性を研究する。

  • 血管内皮に与える脂質およびグルコーススパイクのインパクト

    2012年10月 - 2013年09月

    成人血管病研究振興財団  平成24年度クッキーテスト研究会臨床研究 共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    2型糖尿病患者における食後高血糖と食後高脂血症をクッキーテストで評価し、同時にインスリン感受性、炎症、酸化ストレス、血管内皮機能を測定することで、どのような背景の患者に血管内皮機能障害が合併しやすいかを検討する。

  • 新規ペプチドNERPsの膵内分泌、特にインスリン分泌における機能解析

    2011年11月 - 2012年10月

    民間財団等  公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    2007年に当研究室などで同定したNERPs(Yamaguchi H, et al.: Peptidomic identification and biological validation of neuroendocrine regulatory peptide-1 and -2. J Biol Chem. 2007; 282: 26354-60)は、VGF遺伝子由来のペプチドで、脳内に多く発現しており、当初は水・電解質代謝調節や摂食調節(Toshinai K, et al.: Neuroendocrine regulatory peptide-2 regulates feeding behavior via the orexin system in the hypothalamus. Am J Physiol Endocrinol Metab. 2010; 299: E394-401)に関与していると報告してきた。しかし、ヒト組織においては、視床下部の他に膵島、甲状腺、胃にもNERPsの発現を認めた。特に、膵島においては、NERP-1とNERP-2はインスリン免疫陽性細胞とそれぞれ94.6±2.6、92.5±4.4%と高い共発現を認めるが、グルカゴン免疫陽性細胞とは3.1±0.9、4.0±1.9%しか共発現を認めず、ソマトスタチン免疫陽性細胞とは全く共発現を認めなかった(Matsuo T, et al.: Localization of neuroendocrine regulatory peptide-1 and-2 in human tissues. Regul Pept. 2010;163:43-8)。また、膵組織中にNERP-1とNERP-2を4.5±2.2、1.0±0.3 pmol/g湿組織重量の量で含有されることも明らかにしている。
     NERP-1とNERP-2がインスリン免疫陽性細胞(膵β細胞)と高い共発現を認めたことは、インスリン分泌や糖代謝においてNERPsが何らかの生理作用を有することが示唆される。さらに当研究室では、NERPsにはNERP-3とNERP-4という同じVGF遺伝子由来のペプチドが存在していることを確認しており(未発表データ)、予備的検討において、NERP-4も膵ラ氏島に発現しており、膵β細胞株であるMIN6細胞にNERP-2またはNERP-4を添加するとインスリン分泌が増強されるという知見を得ている。NERPsの膵内分泌機能、特にインスリン分泌機能における生理的役割に関しては不明な部分が多いが、本研究によりNERPsがインスリン分泌促進に作用していることが明らかになれば、糖尿病患者のインスリン分泌能の評価方法として臨床応用することや、日本人糖尿病患者に多いインスリン分泌能の低下に対して治療応用することも期待される。

  • 体重と体組成、特に内臓脂肪に与える糖尿病と抗糖尿病薬のインパクト

    2011年11月 - 2012年10月

    民間財団等  公益信託タニタ健康体重基金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    ① 横断的検討
     当科外来に通院中、または入院した糖尿病患者、および健常人ボランティアを対象にして、身長、体重、臍高部の腹囲、血圧、血糖値、インスリン値、HbA1c、血清脂質、血清レプチン値と高分子量アディポネクチン値を測定し、簡易型体組成計(テルモ、HBF-362)、医療用体組成計(バイオスペース、InBody720)、腹部脂肪計(タニタ、AB-140)での計測、および腹部CTでの内臓脂肪面積の算出を行う。各機器での測定結果を比較し、非侵襲的測定法の妥当性を検討するとともに、糖尿病、非糖尿病での相違、インスリン抵抗性との相関などを比較検討する。
    ② 縦断的検討
     当科外来に通院中または入院した糖尿病患者を対象にして、外来患者では4週間ごとに24週後まで、入院患者では1週ごとに4週後まで体重、臍高部の腹囲、血圧、血糖値、インスリン値、血清脂質を測定し、簡易型体組成計(テルモ、HBF-362)、医療用体組成計(バイオスペース、InBody720)、腹部脂肪計(タニタ、AB-140)での計測を行う。また、外来患者では開始時と24週後に、入院患者では開始時と4週後に腹部CTでの内臓脂肪面積の算出、血清レプチン値と高分子量アディポネクチン値の測定を行う。対象患者は各々の適切な食事療法とともに、①スルホニル尿素剤、②DPP4阻害剤、③ビグアナイド剤、④ピオグリタゾンの4群に分けて経過を観察し、糖代謝と体組成の変化を抗糖尿病薬別に比較検討する。

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 肥満症に対する効果的な治療戦略と健康障害の改善に資する減量数値目標を見出すための介入研究

    2018年08月 - 2021年03月

    国立大学法人千葉大学株式会社総合医科学研究所 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • 免疫チェックポイント阻害薬ニボルマブが誘発する1型糖尿病、間質性肺疾患の発症に関連する原因遺伝子多型・変異の探索的研究

    2018年08月 - 2021年03月

    国立大学法人長崎大学  一般受託研究 

     詳細を見る

    受託研究区分:一般受託研究

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 内科学講座神経呼吸内分泌代謝学分野研究奨学金(こんにゃく)

    寄附者名称:日本こんにゃく協会 2020年03月

 

授業 【 表示 / 非表示

  • 環境と生命

     詳細を見る

    科目区分:共通教育科目