西森 利數 (ニシモリ トシカズ)

NISHIMORI Toshikazu

写真a

職名

特別教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士 ( 1979年3月   広島大学 )

  • 理学修士 ( 1972年3月   広島大学 )

  • 理学士 ( 1970年3月   広島大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 神経形態学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Pharmacological characteristics of hemokinin-1-derived peptides in rat pruriceptive processing. 査読あり

    Funahashi H, Miyahara Y, Haruta-Tsukamoto A, Matsuo T, Naono-Nakayama R, Ebihara K, Nishimori T, Ishida Y

    Peptides   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.peptides.2019.170232

  • Effect of perampanel on acute itch behavior induced by chloroquine, serotonin or histamine in mice 査読あり

    Haruta-Tsukamoto A, Miyahara Y, Funahashi H, Nishimori T, Ishida Y

    49th Annual Meeting Society for Neuroscience   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Role of serotonin and noradrenaline in the acute itch processing in mice 査読あり

    Miyahara Y, Funahashi H, Naono-Nakayama R, Haruta-Tsukamoto A, Nishimori T, Ishida Y

    European journal of pharmacology   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejphar.2019.02.013

    Scopus

  • Effect of perampanel on acute itch in mice 査読あり

    Haruka-Tsukamoto A, Funahashi H, Miyahara Y, Nishimori T, Ishida Y

    40th Japanese Society of Biological Psychiatry   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Effect of fluvoxamine or paroxetine on scratching behavior in acute or chronic model of pruritic state 査読あり

    Miyahara Y, Funahashi H, Haruta-Tsukamoto A, Nishimori T, Ishida Y

    WFSBP Asia Pacific Regional Congress of Biological Psychiatry   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • エンドキニンA,B,C,D の構造と由来.

    西森利數 他( 担当: 共著 ,  範囲: 2)

    医学書院  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • イラスト生命の科学

    小林浩明, 江島洋介, 佐伯修一, 重中義信, 洲崎敏伸, 西森利數, 宮本富夫( 担当: 共著)

    東京教学社  2006年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

MISC 【 表示 / 非表示

  • タキキニンペプチドに関する最近の動向(共著)

    西森 利數, 直野 留美

    宮崎県医師会医学会誌   35 ( 1 )   1 - 6   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:宮崎県医師会  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • A molluscan neuropeptide, APGWamide, shows the antiallodynic effect in the rat model of diabetic neuropathy. 国際会議

    Ikeda T, Igawa K, Ishizuka Y, Nakamura T, Naono R, Takeda R, Ishida Y, Nishimori T.

    Society for Neuroscience, 41th Annual Meeting,  (Washington, DC)  Society for Neuroscience

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月12日 - 2011年11月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Washington, DC  

  • Effect of amino-terminal region of hemokinin-1 on nociceptive and pruriceptive processing in rats

    Nakayama-Naono R, Ikeda T, Nishimori T.

    第34回日本神経科学学会  (横浜市)  日本神経科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月14日 - 2011年9月17日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜市  

  • Antiallodynic effect of molluscan neuropeptide, APGWamide, in the rats with

    Ikeda T, Ishizuka Y, Igawa K, Nakamura T, Naono R, Takeda R, Ishida Y, Nishimori T.

    第34回日本神経科学学会  (横浜市)  日本神経科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月14日 - 2011年9月17日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜市  

  • 軟体動物由来神経ペプチドAPGWamideのラットにおける抗allodynia効果及びセロトニン増大効果

    池田哲也, 石塚雄太, 武田龍一郎, 中村武宏, 井川加織, 直野留美, 西森利數, 石田 康.

    第15回神経科学領域における分子モニタリングシンポジウム  (宮崎市)  神経科学領域における分子モニタリング研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎市  

  • siRNAの脊髄投与による遺伝子発現のノックダウン

    西森利數

    第15回神経科学領域における分子モニタリングシンポジウム  (宮崎市)  神経科学領域における分子モニタリング研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:宮崎市  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新規タキキニンペプチドの構造と機能に関する研究

    2010年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    新規タキキニンペプチドの構造と機能に関する研究

  • 新規タキキニンペプチドの疼痛系への効果に関する研究

    2007年04月 - 2009年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ????

  • 新規タキキニンペプチドの疼痛系への効果に関する研究

    2007年04月 - 2009年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ????

  • 黒質ドーパミンと痛覚系の関連性に関する研究

    2003年04月 - 2006年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

     実験にはラットを用い、片側の黒質ドーパミン産生細胞を破壊するために、6一ヒドロキシドーパミン(6-OHDA)を内側前脳束に注入し、メタアンフェタミン投与により誘起される回転運動を観測した。メタアンフェタミンによるこの効果がドーパミン産生細胞の破壊に由来しているかを確認するため、チロシンヒドロキシラーゼ(TH)に対する免疫組織化学を施し、黒質及び線条体における陽性反応を確認した。その結果、メタアンフェタミン注射により誘起される回転数が対照群より有意に増加した群では、黒質及び線条体におけるTH陽性反応をほとんど検出することはできなかった。このラットをパーキンソン病モデルラットとした。
     そこで、このパーキンソン病モデルラットを用い、破壊側およびその反対側の足底に機械的刺激を与え、足引っ込め反射が生じるまでの時間を計測した。その結果、黒質破壊側では足引っ込め反射を生じるまでの時間が対照群に比べて短くなった。このことは、ドーパミン産生細胞を破壊することで機械的刺激に対する感受性が鋭敏になったことを示し、黒質産生のドーパミンが機械的刺激に対する応答性に変化をもたらしていることを示している。
     次に、この機械的刺激による感受性の変化が脊髄レベルにおける痛覚系に関与しているか否かを検討するために、足底に機械的侵害刺激を与え、この刺激より誘発されるFOSタンパク質の発現の変化を免疫組織化学的手法を用いて検討した。黒質破壊側またはその反対側の足底に侵害性刺激を与え、2時間後に灌流固定を行い、凍結切片作製後、ラビット由来のポリクローナルFOS抗体を用いて免疫組織化学を実施し、脊髄レベルにおけるFOS陽性細胞数を比較した。その結果、両者の間でFOS陽性細胞数に有意差を認めることはできなかった。

  • 三叉神経切断に伴う有髄神経の中枢投射様式の変化に関する研究

    1998年04月 - 2001年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

     1998年度はラットの顔面領域に分布している眼窩下神経と口腔内に分布している舌神経の感覚神経の三叉神経感覚核への投射様式について調べた。両方の神経の有髄神経は主知覚核、吻側核、中位核と尾側核の I と III〜V 層に投射した。この結果に基づいて、眼窩下神経切断による有髄神経の中枢投射様式の変化について検討した。正常ラットでは尾側核の II 層に有髄神経は投射しないにもかかわらず、神経切断後1週間でこの核の II 層に新たな有髄神経の投射が認められた。このことは、末梢神経切断により中枢神経に可塑的変化が生じる事を示唆している。
     そこで、1999年度・2000年度は神経切断による中枢神経の可塑的変化の機構を明らかにするため、神経切断による転写調節因子(c-FosとZif/268)の発現機構について検討した。眼窩下神経切断によりこの因子が三叉神経尾側核に発現するが、神経露出による発現部位と重複し、両者によるこの因子発現を区別することは難しい。しかし、坐骨神経を切断すると腰髄(L4−5)の後角 I/II 層の内外側全体にこの因子は発現するが、坐骨神経の露出だけではこの因子の発現は後角の外側1/3に限局した。神経切断により外側1/3に発現する陽性細胞数と神経露出による細胞数はほぼ同じであった。このことは、神経切断により外側1/3に発現するこの因子は神経露出に由来し、神経切断後の後角の内側2/3に発現する陽性反応は神経切断に由来することを示している。この事実に基づいて、神経切断によるこの因子の発現とグルタメイト受容体の関係について検討した。グルタメイト受容体のアンタゴニスト前処理により、神経切断による外側1/3の発現は減少したが、内側2/3の発現には変化がなかった。このことは、組織損傷と神経切断による転写調節因子発現に対するグルタメイト受容体の関与に違いがあることを示している。