石井 康之 (イシイ ヤスユキ)

ISHII Yasuyuki

写真a

職名

教授

生年

1959年

研究分野・キーワード

草地農学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0985-58-7251

研究室FAX

0985-58-7251

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1983年03月

    東京大学   農学部   農業生物学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年09月

    東京大学  農学系研究科  農業生物学専攻  博士課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(農学)

  • 東京大学 -  農学修士

  • 東京大学 -  農学士

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ネピアグラス栽培による口蹄疫家畜埋却地および耕作放棄地の飼料・資源植物生産

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2016年04月  -  2019年03月

     概要を見る

    南九州地域に存在する条件不利地の中で,特に宮崎県児湯郡管内に約100 ha存在する口蹄疫家畜埋却地,および全国に約40万haある耕作放棄地を,飼料生産あるいはバイオ燃料原料などの資源植物生産に活用することが望まれている。低コストで持続的な生産を行うためには,家畜堆肥を活用しながら,これらの土地における矮性ネピアグラス(DL)を中心としたネピアグラス栽培の適応性を検討する必要がある。そこで,宮崎県児湯郡内の1)口蹄疫家畜埋却地における飼料作物としてのDL栽培の適応性,2)耕作放棄地における資源作物としてのネピアグラス栽培の適応性を,既往の研究成果を継続発展させる形で実施し,飼料・食料自給率の向上と小規模肉用繁殖牛農家の維持・育成に寄与できることを目指す。

  • ネピアグラスのバイオ燃料としての生産性評価

    その他の研究制度  

    研究期間: 2009年04月  -  継続中

     概要を見る

    ネピアグラスのバイオ燃料としての生産性を評価する。

  • 消化液を施用した矮性ネピアグラス草地の乳用牛による輪換放牧技術の開発

    共同研究  

    研究期間: 2007年04月  -  2010年03月

  • 矮性ネピアグラスの放牧利用による省力的・環境保全的な繁殖牛飼養体系の確立

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2004年04月  -  2006年03月

  • 日本とタイにおけるPennisetum属草種とマメ科牧草との混植栽培の適応性

    科学研究費補助金  

    研究期間: 1997年04月  -  1999年03月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of Repeated Application of Manure on Herbage Yield, Quality and Wintering Ability during Cropping of Dwarf Napiergrass with Italian Ryegrass in Hilly Southern Kyushu, Japan (Jointly authored)

    Renny Fatmyah Utamy, Yasuyuki Ishii*, Sachiko Idota and Lizah Khairani

    Agronomy   8   17   2018年03月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    The effects of two levels of manure application (184 and 275 kg N ha−1 year−1) on herbage yield, quality, and wintering ability during the cropping of a dwarf genotype of late-heading (DL) Napiergrass (Pennisetum purpureum Schumach) oversown with Italian ryegrass (IR; Lolium multiflorum Lam.) were examined and compared with chemical fertilizer application (234 kg N ha−1 year−1) for 4 years to determine a sustainable and environmentally harmonized herbage production in a hilly area (340 m above sea level). No significant (p > 0.05) differences in growth attributes of plant height, tiller density, percentage of leaf blade, or dry matter yield appeared in either DL Napiergrass or IR among moderate levels (184–275 kg N ha−1 year−1) of manure and chemical fertilizer treatments. IR exhibited no significant detrimental effect on spring regrowth of DL Napiergrass, which showed a high wintering ability in all treatments. In vitro dry matter digestibility of DL Napiergrass tended to increase with increasing manure application, especially at the first defoliation in the first three years. Manure application improved soil chemical properties and total nitrogen and carbon content. The results suggested that the lower rate of manure application of 184 kg nitrogen ha−1 year−1 would be suitable, which would be a good substitute for chemical fertilizer application with an equilibrium nitrogen budget for sustainable DL Napiergrass and IR cropping in the hilly region of southern Kyushu.

    DOI

  • Triple Cropping Systems of Spring Maize, Tropical Grass of Teff (Eragrostis tef) and Winter Cereal Crops to Combine Total Digestible Nutrient Yield with Protein Concentration in Southern Kyushu, Japan

    Yukimi Nakata, Sachiko Idota, Manabu Tobisa, Yasuyuki Ishii

    Agricultural Sciences   9 ( 1 ) 129 - 140   2018年01月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    It is ordinarily common for forage production in southern Kyushu to adopt a double cropping system, composed of summer forage crops (e.g. maize and sorghum) cultivated from late March to early September, and winter grass crops (e.g. Italian ryegrass (IR) and oat) from mid-October to the following May. However, if high total digestible nutrient (TDN) production is aimed to introduce winter cereal crops (e.g. wheat and barley) as a replacement of IR, it is necessary to cultivate tropical grass, which has a rapid-growth potential with high crude protein (CP) concentration in a switching period between summer and winter crops. In this study, teff (Eragrostis tef) was tried to evaluate as a candidate crop in the switching period. Yield and quality of two types of triple forage cropping system were determined under maize-teff-barley and maize-teff-wheat in the first and second year, respectively. Compared with the normal year, summer temperature was higher and summer and winter precipitations were lower in the first year, while no climatic disorder was observed in the second year. Even though dry matter yield of teff was minimal in the present system due to weed damage, CP concentration was the highest among crops and TDN yields of the present cropping system tended to be higher in the second year with no drought stress than in the conventional maize-IR system in the region.

    DOI

  • Grassland Establishment of Dwarf Napiergrass (Pennisetum purpureum Schumach) by Planting of Cuttings in the Winter Season

    Satoru Fukagawa and Yasuyuki Ishii

    Agronomy   8 ( 2 ) 12   2018年01月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    We investigated a new method for the establishment of dwarf Napiergrass by covering stem cuttings with soil in the winter season analogously to summer establishment in sugarcane. Three experiments were conducted, including measuring the labor involved in plant establishment, and an extension study was applied to livestock producers’ fields in two locations. Using this technique, we obtained an emerged plant density of over two plants/m2. Moreover, this proved a simple and labor-saving method compared with manual or mechanical transplanting. Sowing of Italian ryegrass at the same time as covering cuttings of dwarf Napiergrass with soil could control spring weed growth without disturbing the emergence of dwarf Napiergrass, suggesting the feasibility of a double-cropping forage production system in the region.

    DOI

  • Grazing potential of foggage and fresh dwarf Napiergrass pasture by breeding beef cows in southern Kyushu, Japan 

    Mohammad Hamid Kadwal, Yasuyuki Ishii, Ayaka Goto, Li Bo Kun, Sachiko Idota, Mitsuhiro Niimi, Genki Ishigaki, and Kiichi Fukuyama

    Wulfenia   25 ( 1 ) 140 - 157   2018年01月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    Two Napiergrass genotypes, a semi-dwarf late-heading, DL, and a true dwarf (Taiwan Line 7734), were examined for grazing potential on foggage pasture in winter and for rotational grazing on fresh grass pasture in summer by Japanese-Black (JB) breeding beef cows in southern Kyushu, Japan. In one-day intermittent grazing on foggage pasture from December to March, 2017, grazing time on Napiergrass increased up to late February, and pasture height and herbage mass decreased consistently with grazing. In the rotational grazing by three JB breeding beef cows during pregnancy over two cycles from mid-July to early September 2017, pre- and post-grazing plant height was higher for DL than 7734. Herbage mass was roughly comparable between the two genotypes in the first cycle, while it decreased considerably for 7734 in the second cycle. However, the herbage consumption tended to be similar between genotypes, and moreover, dry matter intake (DMI) tended to be higher for 7734 than for DL in the first cycle. Live-weight (LW) gain increased with grazing, averaging 0.79 kg/head/day with 19.42 g DM/kg LW/day of DMI. Therefore, the LW of breeding beef cows was at least maintained under rotational grazing without additional feed supply for 56 days in summer.

  • Remediation of radiocesium-137 affected soil using Napiergrass under different planting density and cutting frequency regimes. (Jointly authored)

    Kang, D.J., Ishii, Y., Tazoe, H., Isobe, K., Higo, I., Hosoda, M., Yamada, M., and Tokonami, S.

    Water Air Soil Pollut   228   2017年08月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    This study investigated the use of napiergrass (Pennisetum purpureum Schum.) to remediate soils highly contaminated with radiocesium-137 (137Cs) in the town of Namie, Fukushima Prefecture, which is located around 9 km northwest of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, Japan. Field experiments were performed to investigate the remediation effects using two sites (paddy or upland grassland) as replicates, three planting densities (low, medium, and high density), and two different cutting frequencies (cut once or twice a year) over 2 consecutive years. Napiergrass can be more efficient than sorghum for 137Cs remediation. The maximum 137Cs removal ratio (CR, %) in napiergrass achieved with high-density planting (11 plants m−2) was between 0.32 and 0.57%. However, cutting frequency did not affect the CR. Higher biomass leads to a dilution of 137Cs in cutting frequency. Therefore, we suggest that the greatest CR could be achieved through a high above ground biomass (high-density planting).

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 大門弘幸・奥村健治編 作物栽培体系8 飼料・緑肥作物の栽培と利用

    石井 康之 (担当: 単著 , 担当範囲: 4.2 暖地型イネ科牧草 )

    朝倉書店  2017年04月 ISBN: 978-4-254-41508-7

  • 肉用牛の科学(共著)

    川村修,石井康之他(入江正和・木村信熙 監修 ) (担当: 共著 , 担当範囲: 第5章飼料 2.粗飼料とその生産(2)粗飼料の栽培 )

    養賢堂  2015年01月 ISBN: 978-4-8425-0531-2

  • 平成25年度「高機能触媒反応によるバイオマス資源のバイオ燃料及びバイオ有価物への変換プロセスの開発」成果報告書(共著)

    石井康之,田中陽介,野崎太一,上田悠介,井戸田幸子,西脇亜也 (担当: 共著 , 担当範囲: 実験計画の立案,実験の遂行,報告書の執筆 )

    宮崎大学工学部,宮崎大学農学部,宮崎大学農学工学総合研究科  2014年03月

  • 平成24年度食肉に関する助成研究調査成果報告書(共著)

    石井康之,井戸田幸子,西脇亜也 (担当: 共著 , 担当範囲: 実験計画,実施,論文の執筆 )

    公益財団法人伊藤記念財団  2013年11月

  • Effectiveness of lignin-removal in simultaneous saccharification and fermentation for ethanol production from napiergrass, rice straw, silvergrass, and bamboo with different lignin-contents "jointly authored"

    Masahide Yasuda, Keisuke Takeo, Tomoko Matsumoto, Tsutomu Shiragami, Kazuhiro Sugamaoto, Yoh-Ichi Matsushita, Yasuyuki Ishii (担当: 共著 , 担当範囲: 試験材料の提供,緒言の一部加筆および査読 )

    InTech  2013年05月 ISBN: 978-953-51-1119-1

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ネピアグラスの肉用繁殖牛における放牧利用

    石井康之

    日本草地学会九州支部会報 ( 日本草地学会九州支部会 )  34 ( 1 ) 21 - 29   2004年01月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 九州の草地・飼料作研究における各分野の最近10年間の歩み-生理・生態-

    石井 康之

    日本草地学会九州支部会報 ( 日本草地学会九州支部会 )  31 ( 2 ) 89 - 92   2002年01月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • タイの小規模酪農における持続的飼料生産体系の開発に関する調査

    石井康之

    日本草地学会九州支部会報 ( 日本草地学会九州支部会 )  27 ( 1 ) 38 - 41   1997年01月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • オーストラリアにおけるサトウキビの低温障害に関する研究について

    石井康之

    日本作物学会九州支部会報 ( 日本作物学会九州支部会 )  ( 62 ) 91 - 96   1996年03月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費補助金研究成果報告書:ネピアグラス栽培による重金属汚染、口蹄疫家畜埋却、耕作放棄土壌の修復・飼料生産

    その他 

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

     概要を見る

    南九州地域の条件不利地として、宮崎県児湯郡管内の口蹄疫家畜埋却地および耕作放棄地の飼料生産・資源植物生産への活用を検討した。 課題1)重金属汚染土壌に対するネピアグラスの環境修復機能 課題2)口蹄疫家畜埋却地の植生管理としてのネピアグラス栽培の適応性 課題3)矮性ネピアグラスの九州・沖縄地域への普及 以上のことから、本地域の条件不利地域における飼料生産、資源植物生産に、ネピアグラス栽培の活用が可能と推察された。

  • 科学研究費補助金研究成果報告書:矮性ネピアグラスによる環境保全的な繁殖牛飼養体系の九州地域への普及促進

    その他 

    2009年04月
    -
    2012年03月
     

     概要を見る

    わが国暖地の小規模肉用繁殖牛経営農家の自給粗飼料として,新規暖地型牧草・矮性ネピアグラス(以下DL)の九州地域への普及を目指し,1)DLの効率的な栄養繁殖法と苗の安定的な供給体制の確立,2)野菜移植機を用いた機械移植法の確立,3)九州各地への普及および4)カドミウム(Cd)吸収機能の把握等の種々の観点から検討した。DLのセル苗の養成と機械移植法を確立し,DLの九州地域12地点への適応性,Cd吸収能ならびにバイオガス由来消化液の利用性を明らかにした。

  • 科学研究費補助金研究成果報告書「矮性ネピアグラスによる省力的・環境保全的な繁殖牛飼養体系の九州沖縄地域への普及」

    その他 

    2006年04月
    -
    2009年03月
     

     概要を見る

    ネピアグラス矮性晩生品種(DL)の南九州地域への適応性とDL草地の省力的、永続的な繁殖牛飼養体系の確立を3ヵ年間検討した。その結果、南九州低標高地ではDLは越冬期間の最低気温の極値が-6.2℃以下で越冬率が急減する(石井ら2006;Ishii et al. 2008)が、DL-追播イタリアンライグラス草地は、造成2年目以降年間約130~160日間輪換放牧可能で、DLの草高を約100~110cmに保てば、造成後少なくとも5ヵ年間、家畜増体性(約0.5kg/日)と利用率(約50%)の高い草地を維持でき(石井ら2007)、このことは南九州の平均的頭数の繁殖牛群でも実証された(石井ら 2009)ことから、和牛繁殖の新たな飼養体系として提起された。

  • 矮性ネピアグラスの放牧利用による省力的・環境保全的な繁殖牛飼養体系の確立(平成16年度~17年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書1~26頁)(共著)

    その他 

    2004年04月
    -
    2006年03月
     

     概要を見る

    矮性ネピアグラスの放牧利用による省力的・環境保全的な繁殖牛飼養体系の確立(課題番号:16580223)について,1)矮性ネピアグラス(DL)草地-追播イタリアンライグラス(IR)草地の輪換放牧体系と飼料品質の検討,2)DL越冬性の地域間差と越冬期間の気象条件との関連性,3)効率的なDL苗の養成方法の検討,について実験を行い,その成果を報告した。

  • ネピアグラスの栽培による糞尿公害の回避と粗飼料の多収(平成5~6年度科学研究費補助金(一般研究(C))研究成果報告書1~60頁)(共著)

    その他 

    1993年04月
    -
    1995年03月
     

     概要を見る

    ネピアグラスの栽培による糞尿公害の回避と粗飼料の多収(課題番号:05660018)の課題について,1)厩肥多量施用条件下でのネピアグラスの生育の変化,2)厩肥施用量量と刈取り間隔が乾物収量に及ぼす影響,3)ネピアグラスにおける硝酸態窒素含有率の変化について実験し,厩肥多量施用条件下におけるネピアグラスの粗飼料多収が実証されたことを報告した。

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本草地学会賞

    2006年03月27日   日本草地学会  

    受賞者:  石井康之

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ネピアグラス栽培による口蹄疫家畜埋却地および耕作放棄地の飼料・資源植物生産

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月 

     概要を見る

    南九州地域に存在する条件不利地の中で,特に宮崎県児湯郡管内に約100 ha存在する口蹄疫家畜埋却地,および全国に約40万haある耕作放棄地を,飼料生産あるいはバイオ燃料原料などの資源植物生産に活用することが望まれている。低コストで持続的な生産を行うためには,家畜堆肥を活用しながら,これらの土地における矮性ネピアグラス(DL)を中心としたネピアグラス栽培の適応性を検討する必要がある。そこで,宮崎県児湯郡内の1)口蹄疫家畜埋却地における飼料作物としてのDL栽培の適応性,2)耕作放棄地における資源作物としてのネピアグラス栽培の適応性を,既往の研究成果を継続発展させる形で実施し,飼料・食料自給率の向上と小規模肉用繁殖牛農家の維持・育成に寄与できることを目指す。

  • 放射性セシウム汚染農用地再生に向けたネピアグラスによるセシウム吸収除去法の確立

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月 

     概要を見る

    放射性セシウムに汚染された農用地の再生に向けたネピアグラスによるセシウム吸収除去法の確立を探求するため,宮崎大学で養成したネピアグラスの栄養繁殖苗を,代表者の研究機関である弘前大学に送付し,汚染地の福島県での栽培に供することを目的とする。

  • ネピアグラス栽培による重金属汚染,口蹄疫家畜埋却,耕作放棄土壌の修復,飼料生産

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月 

     概要を見る

    家畜生産における粗飼料自給率,さらには食料自給率の向上を目指し,同時に重金属汚染,口蹄疫家畜埋却,耕作放棄などの条件不利圃場での低コストで持続的な粗飼料生産を行うために,矮性ネピアグラス(DL)を中心としたネピアグラス栽培の適応性を,1)宮崎県を中心とした九州・沖縄地域,特に耕作放棄地の放牧管理へのDLの普及,2)重金属(特にカドミウム)汚染土壌の修復に果たすDLを中心としたネピアグラスの機能の解明,3)宮崎県児湯郡内の口蹄疫家畜埋却地における植生管理としてのDL栽培の適応性を,既往の研究成果を継続発展させる形で実施する。その結果,DLの牧草としての優れた特性が種々の条件不利地に応用され,飼料・食料自給率の向上と小規模肉用繁殖牛農家の維持・育成に寄与できることを目指す。

  • 矮性ネピアグラスによる環境保全的な繁殖牛飼養体系の九州地域への普及促進

    基盤研究(C)

    研究期間:  2009年04月  -  2012年03月 

     概要を見る

    わが国の小規模肉用繁殖牛経営農家にとって,自給粗飼料の安全性と配合飼料価格の高騰などの情勢から,省力的・環境保全的な粗飼料給与体系である暖地型牧草の放牧利用が注目されている。平成8年度に研究代表者が導入した新規暖地型牧草・矮性ネピアグラスは,その放牧適性,家畜嗜好性の高さ,南九州低標高地における多年性,冬期のイタリアンライグラスとの併用などの諸利点が理解され,科学研究費補助金などの事業を通じて,南九州各県(宮崎,熊本,鹿児島)の10市町村,有明海沿岸と東シナ海離島の長崎県分を合わせ,栽培面積が約6 ha超にまで拡大した。長崎県では,本牧草の奨励品種への登録を検討中である(私信)。この流れを継続・発展し,本牧草の南九州地域への普及を促進させるには,栄養繁殖の矮性ネピアグラスの特性を生かし,安価な苗の供給体制の整備と移植機を利用した省力的・軽労働な移植方法の開発が必須と考えられる。そこで,1)苗の供給体制:晩秋にセル苗を準備してガラス室内で越冬させ翌春圃場に定植する方法と,南シナ海離島の鹿児島県三島村黒島に平成19年度に造成した矮性ネピアグラス圃場における越冬株からの苗の供給の両方法を検討する。2)移植機を利用した省力的・軽労働な移植方法:既存の野菜移植機である長ネギ・ニラ移植機によるセル苗移植を検討する。既往技術としての越冬株の株分けによる苗の養成・人力による苗の定植と比較した新規開発技術の優位性を明らかにする。次いで,平成19年度で約6000本強,平成20年度で約4000本強の矮性ネピアグラス苗を南九州各県に配布し,特に中山間地域と離島における本牧草の適合性を明らかにしてきた。そこで,3)南九州への普及促進:各県の畜産研究センター・振興局普及指導課と連携し,1),2)で開発した苗の供給・移植技術に従い,本牧草の未栽培地域への普及に一層努めたい。

  • 矮性ネピアグラスによる省力的・環境保全的な繁殖牛飼養体系の九州沖縄地域への普及

    基盤研究(C)

    研究期間:  2006年04月  -  2009年03月 

     概要を見る

    矮性ネピアグラスの効率的な栄養繁殖法とそれに基づく苗の安定的な供給体制の確立が本研究課題の第1の目的で,栄養繁殖方法として,越冬期間中に降霜に遭わない沖縄県畜産試験場(沖縄県国頭郡今帰仁村)に矮性ネピアグラス苗圃を平成17年5月下旬に造成した。平成18年3月に地上部節から再生する分げつを苗として宮崎に移送した。この苗を配布することにより,南九州における小規模肉用繁殖牛農家への本牧草種の普及の一助とする。宮崎大学農学部附属住吉フィールド(牧場)に,沖縄県畜産試験場から供給した矮性ネピアグラス苗による放牧草地0.7haを造成する。次に,15頭の肉用繁殖牛群による輪換放牧を実施し,その生産性,放牧耐性,永続性,家畜による嗜好性,増体性に加え,放牧草地土壌の無機成分特性を調査し,環境保全的な放牧体系が確立されているかどうかを検討する。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 「アフガニスタン国未来への架け橋・中核人材育成プロジェクト」特別プログラム

    提供機関:  独立行政法人国際協力機構  「アフガニスタン国未来への架け橋・中核人材育成プロジェクト」特別プログラム

    研究期間: 2016年07月  -  2017年03月 

     概要を見る

    研修員(Mohammad Hamid Kadwal氏)の研究テーマである「ネピアグラスの飼料品質と家畜生産性における品種間差異」の一部について、研究を進めるとともに、その成果を日本草地学会2017年度青森大会において口頭発表を行うとともに、草地学分野の研究者とのネットワークを形成する。

  • 「アフガニスタン国未来への架け橋・中核人材育成プロジェクト」特別プログラム

    提供機関:  その他省庁等  「アフガニスタン国未来への架け橋・中核人材育成プロジェクト」特別プログラム

    研究期間: 2016年02月  -  2016年04月 

     概要を見る

    研修員(Mohammad Hamid Kadwal氏)の研究テーマである「ネピアグラスの飼料品質と家畜生産性における品種間差異」の一部について、研究を進めるとともに、その成果を日本草地学会2016年度石川大会において口頭発表を行うとともに、草地学分野の研究者とのネットワークを形成する。

  • 良質自給粗飼料の永年生産体系の確立および休耕地・休閑地における放牧利用の推進

    提供機関:  地方自治体  宮崎県口蹄疫復興対策運用型ファンド事業助成金

    研究期間: 2013年04月  -  2016年03月 

     概要を見る

    本研究には3つの目的があり,1)まず第一に口蹄疫家畜埋却地の荒廃を防ぐことを目的として,宮崎県立高鍋農業高校の家畜埋却地において,矮性ネピアグラス等の埋却地への適応性を平成23,24年度の2か年間検討してきた。この研究を平成25年度も継続し,矮性ネピアグラスの永続性が埋却地においても達成されることを明らかにしたい。2)次いで,平成24年度に試行的に,児湯郡内の酪農家あるいは肉牛生産農家にも矮性ネピアグラス栽培に取り組んだが,平成25~27年度では耕作放棄地も含めて永年的に良質粗飼料を生産できる矮性ネピアグラス−イタリアンライグラス体系の導入に広範囲に取り組む。3)併せて,平成24年度に試行的に,宮崎県内の樹園地跡地の耕作放棄地である宮崎市高岡町および日向市美々津町において,永年牧草としての矮性ネピアグラスの定着および放牧適性の検討を行ったが,平成25~27年度では栽培面積を拡張し,より詳細な検討を進める。以上により,自給飼料作物の栽培面積の拡大と放牧推進を進める。

  • 口蹄疫家畜埋却地の植生管理としてのネピアグラス(Pennisetum purpureum Schumach)栽培の適応性

    提供機関:  民間財団等  伊藤記念財団平成24年度研究助成

    研究期間: 2012年04月  -  2013年03月 

     概要を見る

    本研究は,不整地で機械による管理が困難な埋却地で,不耕起による植生管理に適する飼料作物種として,南九州の低標高地では多年生であり,乾物生産性の高いネピアグラスの普通品種と粗飼料としての利用性に優れ,植生管理も容易と考えられる矮性品種の矮性ネピアグラスについて,一般的青刈作物のトウモロコシとソルガムを比較草種に,その適応性を造成後の2年間にわたって検討することを目的とする。

  • 家畜及び家畜飼養形態の改良と技術開発

    提供機関:  地方自治体  宮崎県口蹄疫復興対策運用型ファンド事業助成金

    研究期間: 2012年04月  -  2013年03月 

     概要を見る

    口蹄疫家畜埋却地の荒廃を防ぎ、適正に植生を管理するため、児湯郡管内農業高校での試行的な矮性ネピアグラス栽培の適応性を、造成2年目について検討する。次いで,児湯郡管内での矮性ネピアグラス栽培の普及に努める。さらに、樹園地跡地などの耕作放棄地において、永年的に良質粗飼料を生産できる矮性ネピアグラス−イタリアンライグラス体系の導入に取り組む。

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 「省力的・永続的な粗飼料生産体系の確立」

    提供機関: 小林市 市長 肥後 正弘氏  一般受託研究

    研究期間: 2016年07月  -  2017年03月  代表者: 石井 康之

     概要を見る

    1)ソルガム新品種を利用した新たな作付け体系の検討 低温伸張性のあるソルガム新品種「ターザン」を通常より1ヶ月早く播種し、収穫時期を1ヶ月早め、8月中旬から9月中旬の台風シーズンでの刈り取りを避け、再生草である2番草を11月上旬までに収穫することで、11月中旬からのイタリアンライグラスの作付が可能となる。乾物収量として、ターザンにより2.0t/10a、イタリアンライグラスにより0.8~1.0t/10a、年間合計乾物収量2.8t/10aを目標とする。 2)暖地型マメ科牧草の適応性の検討 マメ科牧草を草地や飼料畑に導入するということは濃厚飼料、肥料の節約などにより経済的にも有利である。そのような利点が知られているにもかかわらず、利用がほとんど行われていない。飼料自給率の向上と良質粗飼料の確保、安定的な畜産経営を行う上で暖地方マメ科牧草の生産性と栄養成分の評価を行い、適応草種の検討を行う。 3)夏季短期青刈作物Pennisetum類の適応性の検討 小林地区では、イタリアンライグラスの2番草を5月下旬に収穫した後、梅雨明け後の7月上旬から9月上旬までの2ヶ月間に有望な暖地型青刈作物(Millet類草種)として、Pearl Millet(Pennisetum americanum)の地域への適応性を、多年生Pennisetum草種としての矮性ネピアグラス(Pennisetum purpureum,品種DL)と比較しながら検討を行う。 4)矮性ネピアグラスによる放牧利用の適応性の検討 矮性ネピアグラスは南九州の低標高地帯では多年利用が可能であり、他の暖地型牧草に比べて、消化性などの飼料品質に優れ、家畜の選好性が高く、放牧・牧草利用が可能な草種である。しかし、その永年草地の造成に当たっては、造成直後の雑草との競合などにより、生育が抑制されること、連続放牧の耐性が欠けているため放牧利用に当たっては適切な放牧間隔の下での輪換放牧を適用するなどの、草地管理に当たって留意すべき点が挙げられる。したがって、実証展示圃において、矮性ネピアグラスによる放牧利用の適応性を検討する。

  • 「グローバル化に対応したTMR センターを核とする地域畜産経営体の確立」

    提供機関: グローバル対応型地域畜産経営体確立コンソーシアム 代表者 宮崎県畜産試験場  一般受託研究

    研究期間: 2016年04月  -  2017年03月  代表者: 石井 康之

     概要を見る

    多毛作体系を確立するために、栽培作物の生育調査ならびに乾物収量調査を行い、収穫物の飼料成分の分析を行う。また、実証圃場における生育特性および土壌の理化学性についても調査し、本作付体系が実施可能な地域適応性および圃場条件を明らかにする。 1)1年3毛作4回収穫体系による年間乾物収量3.5t/10aを目標とした栽培品種を選定するとともに、実証地の栽培適応性を明らかにする。 2)Teffを組み込んだ栽培体系における乾物収量、飼料品質を明らかにするとともに、本作付体系が実施可能な圃場条件を明らかにする。 3)ファジービーンの年間最大採種量となる個体密度を明らかにし、種子生産技術を開発する。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Year-round grazing potential of dwarf napiergrass pasture in southern Kyushu

    Hamid Kadwal・Yasuyuki Ishii・○Ayaka Goto・Li Bo Kun・Sachiko Idota・Mitsuhiro Niimi・Genki Ishigaki・Kiichi Fukuyama

    日本草地学会2018年熊本大会  (東海大学(熊本県熊本市))  2018年03月  -  2018年03月    日本草地学会

     概要を見る

    In our previous presentation (Kadwal et al., 2017), grazing potential on foggage dwarf napiergrass (Pennisetum purpureum Schumach) pasture was examined to find almost complete herbage consumption (>80% of herbage mass) by a 4-time grazing treatment in a period of 1-4 months after the first frost damage. However, it is necessary to determine the effect of foggage grazing on overwintering ability of dwarf napiergrass and grazing feasibility on fresh grass pasture in summer period. Thus, the present study examined the year-round grazing potential of dwarf napiergrass for breeding beef cows in southern Kyushu. Herbage mass was roughly comparable between the two genotypes in the first grazing cycle, while it decreased considerably for the dwarf genotype in the second cycle and in the regrowth plants. However, the herbage consumption tended to be similar between genotypes and moreover, dry matter intake (DMI) tended to be higher for the dwarf than for the semi-dwarf genotype in the first cycle. LW gain increased with grazing, averaging 0.79 kg/head/day with 19.4 g DM/kg LW/day of DMI for 56 days when grazing fresh grass in the summer. The regrowth herbage mass suggested the potential of an additional 34 days of foggage grazing to sum to 90 days of year-round grazing without any additional feed supply in the system.

  • 宮崎県におけるソルガム新品種ターザンの成育特性

    井戸田 幸子・飛佐 学・石井 康之・西村慶子・温谷 茂樹

    日本草地学会2017年弘前大会  (弘前大学(青森県弘前市))  2017年03月  -  2017年03月    日本草地学会

     概要を見る

    ソルガムの新品種ターザンは,ドイツでバイオエタノール用の品種として育成され低温下で生育が旺盛で,高い乾物収量性をもつ品種とされている。本研究では,ソルガム新品種ターザンの宮崎県西部畑作地帯における成育および収量性を検討することを目的とする。 栽培期間中の気温はほぼ平年並みであったが,8月の降水量は,平年値(2005-2015年)の約17%と少雨であった。ソルガムは播種後順調に成長し,1番草収穫時の草丈は400 cmに達し,稈径は2.9 cmであった。1番草収穫後の再生も順調であり2番草の草丈は252 cmであった。乾物収量は,1番草と2番草の合計で2321 g/m2となり,青刈りソルガムの目標収量とされる2000 g/m2を上回った。CP含量は1番草および2番草でそれぞれ10.9%と9.6%であった。以上のことから,ソルガムの新品種ターザンはドイツでバイオエタノール用に育種改良された品種であるが,温暖な気候の宮崎県の黒ボク土壌における栽培でも病害は発生せず,台風17号の通過によっても倒伏がみられず十分な収量性を発揮できることが明らかになった。

  • Grazing potential of foggage dwarf napiergrass pasture in southern Kyushu

    Hamid Kadwal, Yasuyuki Ishii, Ayaka Goto, Li Bo Kun, Sachiko Idota, Kiichi Fukuyama

    日本草地学会2017年弘前大会  (弘前大学(青森県弘前市))  2017年03月  -  2017年03月    日本草地学会

     概要を見る

    Phenotypic variation in napiergrass (Pennisetum purpureum Schumach) includes normal, semi-dwarf (DL), and dwarf (Taiwan Line 7734) types. We previously showed that dwarf and semi-dwarf genotypes had a contrasting canopy structure to normal napiergrass (Merkeron) (Kadwal et al., 2016), and the former types are better suited for grazing than normal type. Leaves of tropical grasses, including napiergrass, are susceptible to frost damage. However, frost-damaged leaves form foggage, which can be used as a means of storing herbage over winter in the same way as hay and silage. The present study examined the grazing potential of dwarf napiergrass foggage as fodder for breeding beef cows for a month in southern Kyushu. In the first wintering season, grazing on napiergrass foggage could be conducted three times for 1 to 1.5 months after frost. Grazing time on napiergrass by cows increased, and pasture height and herbage mass decreased consistently.

  • Yields from year-round triple cropping with a four-harvest system consisting of spring maize, millets, and heat-tolerant Italian ryegrass in southern Kyushu

    Li Bo Kun, Yasuyuki Ishii, Yang Yingkui, Hirokazu Shinchi, Mitsuhiro Niimi, Sachiko Idota, Shegeki Nukudani, Keiko Nishimura

    日本草地学会2017年弘前大会  (弘前大学(青森県弘前市))  2017年03月  -  2017年03月    日本草地学会

     概要を見る

    A stable supply of domestic herbage is essential for continuous ruminant production. It has been demonstrated that a triple maize-barley (quadruple) cropping system can be employed in southern Kyushu, producing dry matter (DM) yield of 40 Mg ha-1 yr-1 (Yang et al., 2016). However, switching crops had a few days, and the yields of the second and third maize crops decreased due to heavy rains from a typhoon and decreased temperatures in autumn. In the present study, the second and third maize crops and the winter barley crop were substituted with tropical and temperate annual species to produce quality herbage under the variable summer and autumn climate conditions in the region. In the first year of cultivation, the DM yield for spring maize was 1,480-1,830 g DM/m2, while that for the millets was 1,453-2,135 g/m2, and the first cut of Italian ryegrass was 202-336 g DM/m2. The second cut for the Italian ryegrass is scheduled for mid- or late February 2017. The first cut of Italian ryegrass that was sown in mid-November is scheduled for harvesting in early or mid-February 2017. The spring-maize, pearl millet, and December-cut Italian ryegrass cropping system had yields of 3,135-4,301 g DM/m2, which was able to avoid from yield loss caused by the typhoon (No. 18) in mid-September. DM partitioning of plant fractions, crude protein concentration, and structural carbohydrate concentration, are currently being examined to assess the stability of quality herbage production using the present cultivation system in southern Kyushu, Japan.

  • Effect of temperature and underground storage of stem sections on emergence and establishment of nursery plants of dwarf Napier grass (Pennisetum purpureum Schumach)

    Yusuke Iki, Yasuyuki Ishii, Satoru Fukagawa, Sachiko Idota

    The 17th Asian-Australasian Association of Animal Production Societies Animal Science Congress  (Fukuoka, Japan)  2016年08月  -  2016年08月    Asian-Australasian Association of Animal Production Societies

     概要を見る

    Dwarf, late-heading (DL) Napier grass has a sufficient combination of yield and quality potential under both cut-and-carry and grazing uses. Since this species rarely produces viable seed, it must be propagated in the winter. The objective of this study was to determine the emergence from nodal cuttings under several storage methods to establish labor-saving, efficient nursery storage methods for DL during the winter. In Experiment 1, ten stems possessing ten nodes were stored in a plastic container with a dehumidifying agent under room- or low-temperature conditions in a refrigerator for 0, 1, 2, 3 or 4 months. In Experiment 2, ten-node and one-node stem sections of DL were stored horizontally at 10 cm, 25 cm or 40 cm below the ground. After 4 months of storage, the stem sections were dug out and both of the ten-node stem sections were cut into single nodes. The one-node stem sections were then transplanted perpendicularly into the soil. In both experiments, the emergence of nursery plants was counted every month from 0, 1, 2 and 3 months after planting to obtain the established percentage of nursery plants after 3 months. In Experiment 1, temperature did not affect the emergence percentage of nursery plants (P>0.05). The storage period significantly reduced the emergence percentage at both temperatures. In Experiment 2, one-node storage led to a constant emergence percentage of nursery plants of around 60% at all depths up to 2 months of bedding, while ten-node storage led to a higher emergence percentage at all depths, with around 80% at 25-cm and 40-cm depths. This suggests that storage of longer stem sections at a 25 cm soil depth could be applied to practical nursery production methods in southern Kyushu, Japan.

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 暖地型牧草矮性ネピアグラスの九州沖縄地域への普及

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 矮性ネピアグラスの種苗

    暖地型牧草の矮性ネピアグラスは南九州において優れた特性を有しているが,種子繁殖できないため,栄養繁殖の苗を供給する。