馬場 由成(名誉教授) (ババ ヨシナリ)

BABA Yoshinari

写真a

所属

工学教育研究部 工学科

職名

特任教授・名誉教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) ( 1988年4月   九州大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学  / 分離化学、分離機能材料工学、反応工学

  • ナノテク・材料 / グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学  / 分離化学、分離機能材料工学、反応工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Selective Extraction of Sc(III) over Y(III) and Fe(III) with a Deep Eutectic Solvent Composed of N-Lauroylsarcosine and Tri-n-octylphosphine Oxide 査読あり

    Matsumoto M., Ito T., Kanemaru S., Baba Y., Sugamoto K.

    Solvent Extraction and Ion Exchange   39 ( 5-6 )   573 - 583   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Solvent Extraction and Ion Exchange  

    Demand for scandium (Sc) has been increasing in recent years. However, there are almost no ores containing Sc, and the supply is insufficient because the separation and recovery of Sc as a byproduct from oxide minerals such as ilmenite ore, bauxite, and laterite are difficult. In this study, extraction and separation of Sc from acidic chloride or acidic nitrate solutions containing transition metals such as Fe , Co , Ni , Zn , and Pd were studied using N-lauroylsarcosine (NLS) and tri-n-octylphosphine oxide (TOPO), which together create a “deep eutectic solvent” (DES). Owing to the respective selectivity of NLS and TOPO by different extractive interactions between metal ions and the two extractants in toluene, Sc was effectively and selectively separated even from Fe in the aqueous ammonium nitrate solution, the mutual separation of which is difficult with NLS alone. The mutual separation of Sc and Fe in acidic chloride solution is in general very difficult, while the mutual separation of these metals from acidic nitrate solution is successful. This is due to either anions forming complexes with Sc in the aqueous phase (chloride) or not (nitrate). The potential use of the combination of the NLS with TOPO for selective recovery of Sc from Fe in a refining process is demonstrated. 3+ 3+ 2+ 2+ 2+ 2+ 3+ 3+ 3+ 3+ 3+ 3+ 3+

    DOI: 10.1080/07366299.2021.1879458

    Scopus

  • Synthesis of citric acid-immobilized chitosan derivative and its selective separation and recovery of in(III) and ga(III) from model waste of solar panels 査読あり

    Hidaka S., Ito T., Kanemaru S., Baba Y.

    Kagaku Kogaku Ronbunshu   46 ( 2 )   13 - 17   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Kagaku Kogaku Ronbunshu  

    Citric acid with two carboxylic acid groups and an alcohol hydroxyl group was introduced into chitosan in order to develop a highly selective adsorbent for separation and recovery of In(III) and Ga(III) over Zn(II) and Cu(II) from waste of solar panels. Citric acid-immobilized chitosan derivative (CAC) was synthesized by heating chitosan dissolved in citric acid solution. The carboxylic acid of CAC was determined to be 5.77 mmo g by measuring the adsorption isotherm of NaOH. Adsorption experiments on CAC were carried out by a batch method at 303 K in order to examine the adsorption selectivity for In(III), Ga(III), Zn(II) and Cu(II) from 1.0 mol dm ammonium nitrate solution. CAC exhibited high adsorption selectivity for In(III) and Ga(III) over Zn(II) and Cu(II) at low pH. However, In(III) and Ga(III) were not separated from each other in the adsorption process. The maximum adsorption capacities for In(III) and Ga(III) were determined to be 0.72 mmo g and 0.98 mmo g respectively by measuring their adsorption iso-therms at 303 K. Finally, the adsorbed In(III) and Ga(III) were eluted 100% with dilute hydrochloric acid, while only Ga(III) was eluted 100% with dilute sodium hydroxide solution. This indicates that In(III) and Ga(III) can be separated using 1 M NaOH solution in the desorption process. Consequently, CAC is very useful as a selective adsorbent for recovery and separation of In(III) and Ga(III) from zinc refinery residues and solar panel wastes. −1 −3 −1 −1

    DOI: 10.1252/kakoronbunshu.46.13

    Scopus

  • Selective Extraction of In(III) and Ga(III) Using N-Lauroylsarcosine (NLS) 査読あり

    Ito T., Kanemaru S., Shiragami T., Baba Y.

    Solvent Extraction Research and Development   27 ( 2 )   99 - 106   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Solvent Extraction Research and Development  

    In(III) and Ga(III) are included in zinc refining, the wastes of solar panel and electronics and so on. In solvent extraction which is a useful method of separation of metals, we used N-lauroylsarcosine (NLS), containing tertiary amine which is alkyl amide derivative with the sarcosine moiety in the molecule structure in order to separate and recover these metal ions. We studied about the extraction equilibria of these metals using NLS. The selective extraction order of NLS is Ga(III) > In(III) >> Zn(II). It was found that NLS was able to separate these metals by pH difference. Versatic acid 10 (VA10) with only carboxylic acid group in the molecule structure extracted In(III) and Ga(III) simultaneously in the same pH region. Therefore, we found that the amide group included in the molecule structure of NLS has an important role to extract these metals. Mutual separation of In(III), Ga(III) and Zn(II) was carried out by a one-step experiment using NLS. Slope analysis was used to investigate the extraction equilibria of In(III) and Ga(III) with NLS. Suitable concentrations of acids were able to strip these metals from the loaded organic phase.

    DOI: 10.15261/serdj.27.99

    Scopus

  • 抽出剤含浸活性炭によるNiとCoの分離特性 査読あり

    鹿屋 京平, 菅本 和寛, 馬場 由成, 塚崎 孝規

    環境資源工学   67 ( 1 )   5 - 12   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 環境資源工学会  

    <p>The organic solvent is a liquid organic compound capable of dissolving a water-insoluble compound. In the solvent extraction method which is one of metal refining techniques, the large amount of organic solvent plays an important role not only to solubilize the extractant but also to affect the extraction behavior of metal complexes formed in the organic phase. However, most organic solvents have high volatility and toxicity, and their use is limited owing to health damage and environmental burden. In this study, we synthesized activated carbon impregnated extractant without organic solvent and aimed to separate Co and Ni. Specifically, activated carbon was impregnated with 2-isonitrosopropiophenone as extractant, and the effect on Ni and Co separation characteristics was investigated. As a result, the activated carbon was able to selectively adsorb Co over Ni compared to toluene diluent and that this activated carbon had high adsorption capacity for Co and leakage of extractant lower.</p>

    DOI: 10.4144/rpsj.67.5

  • キトサン膜を用いた金イオンの吸着および膜からの金ナノ粒子の分離回収 査読あり

    Kanoya Kyohei, Baba Yoshinari

    Kagaku Kogaku Ronbunshu   45 ( 3 )   123 - 126   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Kagaku Kogaku Ronbunshu  

    Chitosan film was prepared by the casting method using chitosan dissolved in acetic acid solution, then immersed in an alkaline solution, washed well with distilled water and dried. To adsorb gold ions, the dried film was immersed in 0.1 M NaCl solution containing 1,000 ppm of gold. The film with adsorbed gold ions was then dried, and gold was desorbed using various aqueous solutions containing a reductant. The gold ions were desorbed from the chitosan film as solid nanoparticles of gold. The morphology of the particles depended on the kind of reductant and reduction time but was independent of the concentration of reductant.

    DOI: 10.1252/kakoronbunshu.45.123

    Scopus

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 最新吸着技術便覧―プロセス・材料・設計

    馬場由成( 担当: 共著)

    NTS  2020年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • バイオベース資源確保戦略ー都市鉱山・海底鉱山に眠る貴金属・レアメタル等の分離・回収技術ー

    馬場由成( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2015年 

     詳細を見る

    総ページ数:281   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ゲルテクノロジーハンドブック(Science and Technology Handbook of Gels)2014

    馬場由成,他( 担当: 共著)

    株式会社エヌ・ティー・エス  2014年 

     詳細を見る

    総ページ数:908   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 「レアメタル・希少金属リサイクル技術の最先端」

    馬場由成( 担当: 共著)

    ㈱フロンティア出版  2011年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • リサイクル・廃棄物辞典 基礎編:小型電子機器からのレアメタル回収プロセスの構築を目指したバイオマス吸着素子の開発

    馬場由成( 担当: 単著)

    ㈱産業調査会  2011年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 未利用水産資源の利活用の吸着分離技術による資源循環の接点

    大島達也,馬場由成

    ぶんせき   ( 10 )   589 - 592   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:分析化学会  

  • カニやエビの殻から得られるキチン・キトサンを活用した廃電子機器からのレアメタルの高選択的回収技術の開発

    馬場由成

    第22回資源戦略における有価金属回収のための分離精製技術エコマテリアル・フォーラム資料集   24 - 30   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:環境資源工学会  

  • 天然多糖類キチン・キトサンの高機能化と金属イオン交換技術を活用した高度分離・回収技術の開発

    馬場由成

    日本イオン交換学会誌   20   2 - 15   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本イオン交換学会  

  • 金属アフィニティー吸着による食品バイオマスからの有価ペプチド回収の可能性

    大島達也、大榮薫、馬場由成

    九州支部若手ケミカルエンジニア連絡会編:「若手研究者の大きな可能性を秘めた研究開発」   66 - 70   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:化学工学会九州支部若手ケミカルエンジニア連絡会  

  • バクテリアセルロースを担体とするイオン交換体の吸着特性~機能性微粒子の高機能化、新展開新用途開発~

    大島達也、大榮薫、馬場由成

    化学工学シンポジウムシリーズ   80   113 - 119   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:化学工学会  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • アルキルサルコシンとTOPOによる深共晶溶媒とその希釈系によるSc(III) とFe(III) の抽出分離

    松本茉李南, 馬場由成, 金丸慎太郎, 菅本和寛

    資源・素材2021年度 春季大会  (オンライン開催)  一般社団法人 資源・素材学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月8日 - 2021年3月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • アルキルプロリンを用いた溶媒抽出法および高分子包摂膜によるCu(II), Pd(II) の分離

    濱内莉子, 金丸慎太郎, 馬場由成, 菅本和寛

    資源・素材2021年度 春季大会  (オンライン開催)  一般社団法人 資源・素材学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月8日 - 2021年3月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • オレオイルサルコシンをキャリアとする高分子包接膜による廃太陽光パネルからのIn(III)の選択的膜透過

    濱内莉子, 金丸慎太郎, 馬場由成, 菅本和寛

    2020年度資源・素材関係学協会合同秋季大会  (オンライン開催)  一般社団法人 資源・素材学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月8日 - 2020年9月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • 新規浮選剤を用いた浮選選鉱法による含ヒ素銅鉱と無ヒ素銅鉱の分離

    小野竜大, Refilwe Magwaneng, 砂田和也, 今野広祐, 古谷尚稔, 神谷太郎, 與久仁子, 馬場由成

    2020年度資源・素材関係学協会合同秋季大会  (オンライン開催)  一般社団法人 資源・素材学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月8日 - 2020年9月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • ラウロイルサルコシンによる塩化物溶液からのSc(III)とY(III)の選択的分離およびSc(III)の抽出平衡

    松本茉李南, 金丸慎太郎, 馬場由成, 菅本和寛

    2020年度資源・素材関係学協会合同秋季大会  (オンライン開催)  一般社団法人 資源・素材学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月8日 - 2020年9月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会

    2012年3月   化学工学会  

    馬場由成, 有馬明美,金丸慎太郎、岩熊美奈子、大島達也

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • 文部科学大臣賞

    2011年4月   文部科学省  

    馬場由成

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  • 日本イオン交換学会「学会賞」

    2008年10月   日本イオン交換学会  

    馬場由成

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 日本イオン交換学会「学術賞」

    2003年10月   日本イオン交換学会  

    馬場由成

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 深共晶溶媒を用いた新たな分離場の創出と貴金属の革新的分離技術の開発

    研究課題/領域番号:21K12313  2021年04月 - 2024年03月

    独立行政法人日本学術振興会  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • イオン認識・還元機能をもつナノファイバーの創出と貴金属イオンの革新的分離法の開発

    研究課題/領域番号:17K20067  2017年06月 - 2020年03月

    科学研究費補助金 

     詳細を見る

    本研究の目的は、希少性から安定確保が問題となっている貴金属を産業廃棄物からリサイクルし、さらにナノ粒子として再資源化することである。本研究では高比表面積のナイロンナノファイバーとセルロースナノファイバーを基体として、密着性の高い自己組織型ポリマーをコーティング後、ファイバーの微小空間に「濃縮・還元・脱離」の3機能を集積した今までにない反応場を創出した。金属はAu(III)、Pd(II)、Pt(IV)などの貴金属イオンを対象とし、バッチ法により吸着(濃縮)・還元・脱離実験を実施した。これらの「イオンを固体のナノ粒子」として回収できる高い省エネ性で、高選択的な貴金属のリサイクルシステムを構築した。

  • 廃電子機器リサイクル副産物であるAs,Sb,Seの高選択的バイオ吸着素子の開発

    2014年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 濃縮・還元機能を備えた刺激応答性ポリマーによる貴金属イオンの高選択的分離法の開発

    2013年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    廃電子機器やメッキ廃液中の貴金属に関する新しい次世代型の分離回収システムを考案し、国家的弱点を克服する革新的リサイクル技術を創出することにある。本研究では、分離メディアとして刺激応答性ポリマーに焦点を絞り、そこに新しい「濃縮・還元機能」をハイブリッド化することによって、今までにない反応分離場を創出し、省エネで環境に配慮した高効率・高選択的な貴金属資源のリサイクルシステムを構築する。

  • ゾル‐ゲル法による無機/バイオ吸着素子の開発と革新的レアメタル分離プロセスの構築

    2011年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ゾル‐ゲル法による無機/バイオ吸着素子の開発と革新的レアメタル分離プロセスの構築

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 溶媒抽出技術を基盤とする電子機器廃パネルからの環境保全型レアメタル循環システムの構築

    2013年04月 - 2016年03月

    環境省  環境省 循環型社会形成推進科学研究費補助金  

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    レアメタルであるInおよびGaに高選択的な抽出剤の分子設計を行い、その合成法を確立する。新規抽出剤による各金属イオンの抽出選択性を検討し、その抽出剤の化学構造の最適化を行う。また、実用化プロセスの応用するために、大量の有機溶媒を必要としない「抽出剤包摂膜」や「抽出剤固定化シリカ」を創出し、レアメタルの資源循環型社会の実現や廃棄物提言・有害金属の除去のために、それらの実用化をめざした分離・回収システムを構築する。

  • バイオマス廃棄物を利用した希少元素含有スクラップからのレアメタルの回収および適正処理技術の開発

    2009年03月 - 2012年03月

    環境省  環境省 循環型社会形成推進科学研究費補助金  

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    希少元素含有スクラップからのレアメタルの回収および適正処理技術の開発

  • バイオマスの高機能化とめっき廃液の最適な資源循環システムの構築

    2005年04月 - 2009年03月

    環境省  環境省廃棄物処理等科学研究費 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    バイオマスの高機能化とめっき廃液の最適な資源循環システムの構築

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 令和2年度難処理鉱石中の有価鉱物等の分離に係る新規浮選剤開発/難処理鉱石中の有価鉱物等の高選択的分離のための新規浮選剤の開発

    2020年08月 - 2021年03月

    独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機  国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究

  • 難処理鉱石中の有価鉱物等の高選択的分離のための新規浮選剤の開発

    2019年04月 - 2020年02月

    国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究