SHINOHARA Hisae

写真a

Affiliation

Faculty of Education Housekeeping education

Title

Professor

External Link

Degree 【 display / non-display

  • Doctor () ( 1994.3   Osaka City University )

  • Master of Health Sciences ( 1985.3   The University of Tokyo )

  • 家政学修士 ( 1983.3   日本女子大学 )

  • Bachelor of Home Economics ( 1981.3   Japan Women's University )

Research Areas 【 display / non-display

  • Humanities & Social Sciences / Family and consumer sciences, and culture and living

  • Humanities & Social Sciences / Childhood and nursery/pre-school education

  • Humanities & Social Sciences / Science education

  • Humanities & Social Sciences / Family and consumer sciences, and culture and living

  • Humanities & Social Sciences / Gender studies

display all >>

 

Papers 【 display / non-display

  • Relationship between Dietary Awareness, Dietary Behavior and Healthy Eating Literacy among University Students

    Hisae Shinohara

    MEMOIRS OF THE FACULTY OF EDUCATION, UNIVERSITY OF MIYAZAKI   ( 98 )   91 - 101   2022.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • Relationship between Seasonal Changes in Food Intake and Energy Metabolism, Physical Activity, and Body Composition in Young Japanese Women Reviewed

    Noriko Tanaka, Toyoko Okuda, Hisae Shinohara, et.al

    Nutrients   14 ( 56 )   1 - 13   2022.2

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Prevalence of Masked Obesity Associated with Lifestyle-Related Habits, Dietary Habits, and Energy Metabolism in Japanese Young Women Reviewed

    Noriko Tanaka, Toyoko Okuda, Hisae Shinohara, et.al

    J.Gizi.Pangan   15 ( 2 )   81 - 90   2020.7

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.25182/jgp.2020.15.2.81-90

  • Characteristics of Lifestyle and Dietary Intake of Junior High School Students in Miyazaki: A Comparison during and after the Summer Vacation

    Keisuke SHIOSE, Fumiko SHII, Akari SAMESHIMA, Mieko KUDO, and Hisae SHINOHARA

    MEMOIRS OF THE FACULTY OF EDUCATION, UNIVERSITY OF MIYAZAKI   ( 97 )   187 - 199   2021.8

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • A Study on Handedness Education in School Children

    HISAE SHINOHARA、YURI SUZUKI

    MEMOIRS OF THE FACULTY OF EDUCATION, UNIVERSITY OF MIYAZAKI   ( 97号 )   169 - 186   2021.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

display all >>

Books 【 display / non-display

  • 近代日本の乳食文化

    篠原久枝( Role: Contributor)

    中央法規  2020.1 

     More details

    Total pages:450   Responsible for pages:251-292   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • しつけと称する虐待の生成メカニズム ー未就学児の保護者を対象とした日韓比較ー

    李 璟媛,篠原久枝,呉貞玉( Role: Contributor)

    岡山大学  2020.3 

     More details

    Total pages:139   Book type:Report

  • 「地域在来野菜の伝統的活用と新たな創造に向けて」に参加して ~知ること・味わうこと・そして伝え継ぐこと~

    篠原久枝( Role: Sole author)

    宮崎公立大学人文学部紀要  2020.3 

     More details

    Responsible for pages:179-180   Language:Japanese Book type:Report

  • 地域在来野菜の伝統的活用と新たな創造に向けて 宮崎農商工連携応援ファンド事業助成「地域助成事業報告書

    松永 敦,篠原久枝( Role: Joint author)

    宮崎公立大学人文学部紀要  2020.3 

     More details

    Total pages:15   Language:Japanese Book type:Report

  • 海の日に向けた小学生を対象とた「海の博士」&「海のオリンピックJr.」養成プロジェクト報告書

    篠原久枝( Role: Sole author)

    宮崎大学  2016.12 

     More details

    Language:Japanese Book type:Report

display all >>

MISC 【 display / non-display

  • 2021年度「保育学」幼稚園実習におけるコロナ対応について

    篠原久枝

    児童学研究   ( 46 )   73 - 74   2022.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

  • だぎねん祭りの料理

    長野宏子、篠原久枝

    別冊うかたま「伝え継ぐ 日本の家庭料理16 四季の行事食」   64 - 65   2021.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • のたいも

    篠原久枝 長野宏子

    別冊うかたま 「伝え継ぐ 日本の家庭料理11 いも・豆・海藻のおかず」   38 - 38   2021.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • くさぎなの油炒め

    篠原久枝

    別冊うかたま「伝え継ぐ 日本の家庭料理9 野菜のおかず 春から夏」   50 - 50   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • たけんこの天ぷら

    秋永優子,長野宏子,篠原久枝

    別冊うかたま「伝え継ぐ 日本の家庭料理9 野菜のおかず 春から夏」   19 - 19   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 宮崎県の家庭料理 行事食の特徴

    篠原久枝, 長野宏子, 磯部由香, 秋永優子

    2021年度大会(一社)日本調理科学会  (福岡) 

     More details

    Event date: 2021.9.7 - 2021.9.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:福岡  

  • 宮崎県下中学生の生活習慣と食事の特徴 − 学期中と夏季休業中の変化に着目して −

    塩瀬圭佑

    九州体育・スポーツ学会 第70回記念大会  2021.8.29 

     More details

    Event date: 2021.8.28 - 2021.8.29

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 利き手の教育に関する一考察

    篠原久枝

    日本家政学会 第73回大会  2021.5.30 

     More details

    Event date: 2021.5.28 - 2021.5.30

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 幼児期の食育についての意識 ­-箸の作法を中心に-

    篠原久枝

    日本家政学会 第72回大会  (群馬県(コロナ禍により抄録提出により発表とみなした))  日本家政学会

     More details

    Event date: 2020.5.29 - 2020.5.31

    Language:Japanese  

    Venue:群馬県(コロナ禍により抄録提出により発表とみなした)  

  • 宮崎県の家庭料理 副菜の特徴

    篠原久枝, 長野宏子, 磯部由香, 秋永優子

    2019年度大会(一社)日本調理科学会  (福岡) 

     More details

    Event date: 2019.8.26 - 2019.8.27

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:福岡  

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 科学研究助成費 平成26年度審査委員表彰

    2014.10   日本学術振興会  

    篠原久枝

     More details

    Country:Japan

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 教員養成系学生を対象としたプロジェクト学習を活用した食育実践力向上プログラム構築

    Grant number:18K02632  2018.04 - 2022.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  • うっ滞性乳腺炎の食品成分による重篤化機構の解析

    Grant number:18K10466  2018.04 - 2022.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  • 学童期を対象としたロコモ予防のための複合型プログラム構築に関する基礎的研究

    2014.04 - 2018.03

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      More details

    Authorship:Principal investigator 

     我が国において現在、40歳以上の男女の運動器症候群(ロコモ)予備軍は4,700万人とも言われている。一方、学童期においては、運動過多群と運動過少群の2極化現象が起きていること、運動器疾患の罹患率も高率であることが報告されている。学童期は心身の成長が著しい時期であり、身体の不活動は脳の活性低下をもたらす可能性もある。そこで、本研究においては、学童期の運動器症候群予防のための対象群に応じた複合型プログラムを構築するための基礎研究を行うことを目的とする。

  • 乳腺炎の食事成分による抑制

    2015.04 - 2018.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    乳のうっ滞に起因する乳腺炎は、スクロースを摂食することで炎症が重篤化する事を見いだしてきたが、本研究では、食品成分による乳腺炎の予防効果を実証するものである。

  • 季節変化および食生活・生活習慣に起因するエネルギー代謝変動の定量化

    2013.04 - 2016.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

     エネルギー代謝は季節変動やストレス等の外環境により変化するだけんでなく、味覚や咀嚼の口腔感覚により影響を受ける。本研究は1年以上の各期に亘り、エネルギー摂取量、消費量、運動量、体組成測定を行って季節変化を定量し、それらに影響する心身の状態・生活・食生活因子との関連を調べることを目的とする。

display all >>

Other research activities 【 display / non-display

  •  「健康に関心を持ち、自らの生活習慣を管理できる子どもの育成」~身体活動量の増加を目的とした保健指導を通して~

    2021.04 - 2022.03

     More details

    附属小学校5年生を対象に、不活動時間の調査と座位中断行動による学習への影響についての調査を行った。その結果、附属学校の運動量が男女ともに全国平均と比べて少なく、また小学校から中学校にかけて大幅に減少することが分かった。運動を普段の生活の中で意識できるような保健指導を実施することが重要であることが示唆された。

  •  「健康に関心を持ち、自らの生活習慣を管理できる子どもの育成」 ~適切な睡眠・食事・運動習慣形成のための指導を通して~

    2020.04 - 2021.03

     More details

    附属中学校1年生を対象に、長期休業中と通常登校時のライフスタイルに関するアンケート調査ならびに簡易型時期式食事歴法質問票による食事調査を行った。その結果、長期休業中と通常登校時の睡眠、運動、スクリーンタイムの実態が把握でき、指導上のポイントが明らかとなった。また、生徒自身が自分の食生活状況を栄養素毎に把握でき、家庭科における献立作成授業で活かすことができた。

  • 「健康に関心を持ち、自らの生活習慣を管理できる子どもの育成」 ~幼児児童生徒のカフェイン摂取と睡眠に関する調査を通して~

    2019.04 - 2020.03

     More details

    附属幼稚園年長児、附属小学校5ー6年生、附属中学校1ー3年生を対象に、睡眠とカフェインの摂取状況についての調査を行った。その結果、年齢が上がるにつれて、睡眠時間は短くなり、エナジードリンク等カフェインを含む飲料の摂取頻度が増加しており、これらの教育指導の重要性が示唆された。

  • 児童学事典

    2013.04 - 2016.01

     More details

    ・児童学辞典の編集幹事として、項目の設定、執筆依頼、編集に携わった。

  • 児童学研究 第37号

    2012.05 - 2013.04

     More details

    ・日本家政学会児童学部会誌の編集

display all >>