明石 良 (アカシ リヨウ)

AKASHI Ryo

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

ライフサイエンス領域

ホームページ

http://www.legumebase.brc.miyazaki-u.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年03月

    宮崎大学   農学部   草地学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年03月

    宮崎大学  農学研究科  草地学専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    1991年03月

    鹿児島大学  連合農学研究科  博士課程  修了

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 遺伝育種科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 植物レクチンの生理機能とその応用

    特別研究  

    研究期間: 2006年04月  -  継続中

  • 飼料作物の品質向上を目的とした分子育種

    農林水産業特別試験研究費補助金  

    研究期間: 2005年04月  -  継続中

  • 植物遺伝資源の収集とその育種的利用

    ライフサイエンス基礎科学研究  

    研究期間: 2003年10月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Evaluation of seed components of wild soybean (Glycine soja) collected in Japan using near-infrared reflectance spectroscopy

    Wee C., Hashiguchi M., Ishigaki G., Muguerza M., Oba C., Abe J., Harada K., Akashi R.

    Plant Genetic Resources: Characterisation and Utilisation   16 ( 2 ) 94 - 102   2018年04月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © NIAB 2017. Seed composition, including the protein, lipid and sucrose contents of 334 accessions of wild soybean(Glycine soja) collected in Japan, was evaluated using near-infrared reflectance spectroscopy(NIRS) technology. The distribution of protein, lipid and sucrose contents and correlations amongthese three classes of seed components were determined. Protein, lipid and sucrose levels ranged inaccessions from 48.6 to 57.0, 9.0 to 14.3 and 1.24 to 3.53%, respectively. Ave rage levels of protein,lipid and sucrose in the accessions were 54, 11 and 2.5%, respectively. High negative correlationswere observed between the protein and lipid contents, and the protein and sucrose contents. Meanlevels of the three constituents were compared among collection sites classified by climatic conditions.The total protein content of accessions from regions with a high annual mean temperature washigh. The protein content of accessions from the II-1 region was higher than those from the III-3region, and the sucrose content from the II-1 region was lower than those from regions III-2 andIV-3. The lipid content of plants from the II-1 region was lower than those from other regions,and the accessions in region II had a higher protein content and lower sucrose and lipid contentsthan the other regions. These results provide diverse and wide-ranged protein, lipid and sucrosecontents information of Japanese wild soybean resources according to climatic region; thus, providinga foundation for the future development and selection of new soybean varieties with desiredtraits in global environmental changes.

    DOI

  • Induction of tetraploid Lotus japonicus and interspecific hybridization with super-root-derived Lotus corniculatus regenerants

    Hashiguchi M., Puspasari R., Suematsu Y., Muguerza M., Tanaka H., Suzuki A., Hoffmann F., Akashi R.

    Crop Science   57 ( 5 ) 2387 - 2394   2017年07月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © Crop Science Society of America. Super-roots (SR), a unique in vitro cloning system of fast and continuously growing roots, has been isolated from self-incompatible Lotus corniculatus L. The objective of this research was to develop self-fertile SR plants by hybridizing SR forms of tetraploid L. corniculatus (2n = 4x = 24) with cholchicine-doubled forms of the diploid, self-fertile L. japonicus (Regel) K. Larsen (2n = 2x = 12) species. Tetraploid forms of L. japonicus ‘Miyakojima’ MG-20 (MG-20) were induced by treating seeds with 0, 0.05, 0.1, and 0.2% (w/v) colchicine solutions for 12 or 24 h. The rate of tetraploidization as determined by flow cytometry was most efficient at the lowest colchicine concentration for both treatment durations. Induced tetraploids of MG-20 had thicker stems with larger flowers and leaves compared with diploid forms of MG-20. Seeds produced by tetraploid MG-20 were also larger than those of the diploids; however, pod lengths and grain numbers were reduced. Two putative F 1 –interspecific hybrid plants were recovered, using embryo rescue, from hand-pollinated crosses between tetraploid forms of MG-20 and SR. The F 1 –interspecific hybrids displayed morphological features that were intermediate between the parental species. The root-growth rate of hybrid-derived root cultures was slightly reduced compared with the original SR. The hybrid plants are self-compatible and able to produce seeds. The interspecific hybrids obtained in this study demonstrate the potential to combine self-fertility and SR traits in Lotus forage breeding programs.

    DOI

  • Field trial of insect-resistant and herbicide-tolerant genetically modified cotton (Gossypium hirsutum L.) for environmental risk assessment in Japan

    Asanuma Y., Gondo T., Ishigaki G., Inoue K., Zaita N., Muguerza M., Akashi R.

    GM Crops and Food   8 ( 2 ) 106 - 116   2017年04月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2017 Taylor & Francis. Japan imports cottonseed mainly from Australia and the USA where more than 96% of all cotton varieties grown are genetically modified (GM). GM crops undergo an environmental risk assessment (ERA) under the Law Concerning the Conservation and Sustainable Use of Biological Diversity before import into Japan. Potential adverse effects on biodiversity are comprehensively assessed based on competitiveness, production of harmful substances and outcrossing ability. Even though imported cottonseed is intended for food and feed uses and not for cultivation, the potential risks from seed spillage during transport must be evaluated. In most cases, the ERA requires data collected from in-country field trials to demonstrate how the GM crop behaves in Japan's environment. Confined field trials in Japan were conducted for the ERA of Lepidoptera-resistant and glufosinate-tolerant GM cotton (Gossypium hirsutum L.) lines GHB119 and T304-40. These lines were compared with conventional varieties for growth habit, morphological characteristics, seed dormancy, and allelopathic activity associated with competitiveness and production of harmful substances. Outcrossing ability was not a concern due to the absence of sexually compatible wild relatives in Japan. Although slight statistical differences were observed between the GM line and its conventional comparator for some morphological characteristics, transgenes or transformation were not considered to be responsible for these differences. The trial demonstrated that competitiveness and production of harmful substances by these GM cotton lines were equivalent to conventional cotton varieties that have a long history of safe use, and no potential adverse effects to biosafety in Japan were observed.

    DOI

  • Effects of different levels of oxalic acid administration on feed intake and nutrient digestibility in goats

    Rahman M., Rahman R., Niimi M., Khadijah W., Akashi R., Abdullah R.

    Sains Malaysiana   46 ( 4 ) 515 - 520   2017年04月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    An experiment was carried out to investigate the effects of oxalic acid administration on feed intake and nutrient digestibility in goats. Four female cross bred (Boer × local) goats (average body weight of 46.3 kg) were randomly assigned to four experimental diets including oxalic acid administration at levels of 0, 2.25, 4.50 and 6.75 g/animal/d in a 4×4 Latin Square design. Oxalic acid diluted with water was administered orally via syringe to experimental goats once daily for four experimental periods. Each experimental period was lasted 21 d in length, comprising 14 d of adaptation to the experimental diet followed by 7 d of data collection. All the animals were individually fed with Napier grass ad libitum supplemented with 300 g (fresh basis) pelleted compound feed per goat per day throughout the study. Feed composition, feed intake, nutrient intake and nutrient digestibility were determined. Intakes of dry matter (DM), organic matter (OM), crude protein (CP), neutral detergent fibre (NDF) and metabolisable energy tended to linearly decrease with the increasing rate of oxalic acid administration, with the value in the 6.75 g oxalic acid/animal/d treatment being significantly (p < 0.05) lower than the control (0 g oxalic acid/animal/d) treatment. The oxalic acid administration had no effect on apparent digestibilities of DM, OM, CP and NDF. The experiment demonstrated that oxalic acid administration may influence in the DM and nutrient intakes, but not influence on DM and nutrient digestibilities in goats.

    DOI

  • Evaluation of agronomic traits of some Brachiaria cultivars in the temperate low warm region in Japan

    Nitthaisong P., Ishigaki G., Fukuyama K., Akashi R.

    Grassland Science   63 ( 2 ) 79 - 84   2017年04月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2017 Japanese Society of Grassland Science Tropical grasses with high forage quality and biomass could be grown as annuals in warm subtropical regions as an additional source of feedstock. For sustainable forage production, it is also vital to know the interactions between plant and weed for the selection of promising alternating forage grass. Brachiaria grass has been used as source of high quality forage in the tropics, and this could be developed as a promising forage grass species in this region. Therefore, this study compared the agronomic traits, productivity, and dominance to weeds in six Brachiaria cultivars with two rhodesgrass cultivars in southwestern Kyushu, Japan. This study was evaluated twice from spring to autumn in 2012. Most Brachiaria cultivars grew more vigorously than the two rhodesgrass cultivars during early seedling development in 2012. Except for ‘Llanero’, all Brachiaria cultivars had a higher dry matter yield than the two rhodesgrass cultivars. Notably, ‘Kennedy’ had the highest dry matter yield of 9.5 t ha −1 at the second cutting, resulting from substantial regrowth after the first cutting. However, two Brachiaria cultivars and one rhodesgrass cultivar evaluated in 2014 were not significantly different. Except ‘Llanero’, biomass percentage in all Brachiaria cultivars ranged from 57 to 81% at the first cutting. Subsequently, the value for the second cutting increased more than 90%. There was a significant positive correlation (P  <  0.01) between dominance to weeds and growth in the early stage, indicating that the vigorous growth of Brachiaria grasses, during the early stage was superior to that of weeds in their competition. In addition, Brachiaria ruziziensis and Brachiaria decumbens could be introduced as new variety in temperate low warm region, Japan.

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 形質転換プロトコール【植物編】「2章2-3バヒアグラスの形質転換プロトコール」

    権藤 崇裕, 明石 良 (担当: 共著 )

    化学同人,東京  2012年09月

  • 形質転換プロトコール【植物編】「2章2-5セイヨウミヤコグサの形質転換プロトコール」

    田中 秀典, 橋口 正嗣, 明石 良 (担当: 共著 )

    化学同人,東京  2012年09月

  • 形質転換プロトコール【植物編】「2章2-4ルジグラスの形質転換プロトコール」

    石垣 元気, 明石 良 (担当: 共著 )

    化学同人,東京  2012年09月

  • 草地科学実験・調査法

    日本草地学会 (担当: 共著 )

    全国農村教育協会  2004年03月 ISBN: 4-88137-108-8

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Zoysia属における遺伝的多様性と進化に関する研究

    田中 秀典, 橋口 正嗣, 北﨑 康生, 明石 良

    「芝草研究」学会誌 ( 日本芝草学会 )  41   137 - 143   2013年03月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   共著

  • 暖地型芝草における品種特性と分子マーカーによる識別

    橋口 正嗣, 明石 良

    「芝草研究」学会誌 ( 日本芝草学会 )  40   120 - 129   2012年03月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   共著

  • ミヤコグサ:ダイズ育種研究に貢献するモデルマメ科植物

    橋口正嗣,明石 良

    細胞工学 ( 秀潤社 )  26 ( 5 ) 571 - 574   2007年12月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • ナショナルバイオリソースプロジェクトミヤコグサ・ダイズ

    明石 良

    遺伝 ( 裳華房 )  60 ( 5 ) 1 - 2   2006年12月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • ミヤコグサのリソース整備と共生窒素固定の分子的解明

    明石 良,川口正代司,菅沼教生

    バイオサイエンスとインダストリー ( 財団法人バイオインダストリー協会 )  64 ( 5 ) 23 - 27   2006年08月

    総説・解説(商業誌)   共著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • マイクロサテライトマーカーを用いるシバ属植物品種識別

    特願 2008-93038  特開 2009-240268 

    明石 良、渡邉 学、加藤 正広、大越 一雄、久野 裕、田畑 哲之

  • マイクロサテライトマーカーを用いるバーミューダグラス品種識別

    特願 2008-93039  特開 2009-240269 

    明石 良、久野 裕、田畑 哲之

  • Method of determining plant species with pyrolysis-gas chromatography

    特願 US 7,558,681 B2  特許 US 7,558,681 B2

    Yoshitome; Shokichi, Tanimura; Shinichi, Sata; Kazuhiro, Akashi; Ryo

  • 新規レクチン遺伝子

    特願 2007-205608  特開 2009-039006 

    明石 良、外山 潤、田中 秀典

  • マメ科植物と根粒菌との共生窒素固定能力が強化されたマメ科植物変異体およびその種子ならびに作出方法

    特願 2006-139383  特開 2007-306852 

    阿部 美紀子、内海 俊樹、明石 良、鈴木 章弘

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 暖地型牧草を主とした飼料作物における組織培養とこれに基づく品質向上のための分子育種

    1998年08月20日   日本草地学会  

    受賞者:  明石 良

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • FOXハンティングシステムを用いたダイズのファンクショナルゲノミックス研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     概要を見る

    本研究は、遺伝子機能獲得型変異体の一つであるFOXハンティングシステム(Full-length over expressor gene hunting system)を用いてシロイヌナズナ由来完全長cDNAアグロライブラリーを西洋ミヤコグサ由来のユニークなべ根培養系(スーパールート)へランダムに導入するファンクショナルゲノミックスのための技術を確立するとともに、シロイヌナズナ由来の遺伝子が、マメ科植物における根の成長と分化および根粒形成に対して影響をもらたす新規な遺伝子の探索とそれを用いて生産性を向上させる分子育種を展開するための基盤整備と、有用遺伝子をダイズヘアグロバクテリウム法により導入し、その機能性を確認するものである。

  • マメ科植物における遺伝子機能獲得型変異体を用いた根の特性に関する遺伝学的解析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

     概要を見る

    本研究は、遺伝子機能獲得型変異体の一つであるFOXハンティングシステム(Full-length over expressor gene hunting system)を用いてシロイヌナズナ由来完全長cDNAアグロライブラリーを西洋ミヤコグサ由来のユニークなべ根培養系(スーパールート)へランダムに導入するファンクショナルゲノミックスのための技術を確立するとともに、シロイヌナズナ由来の遺伝子が、マメ科植物における根の成長と分化および根粒形成に対して影響をもらたす新規な遺伝子の探索を行うものである。  本研究の成果は、ダイズ等マメ科作物の分子育種へ利用できるものと考えられる。

  • 培養変異を利用した高消化性(飼料イネ)の作出

    基盤研究(B)

    研究期間:  2001年04月  -  2004年03月 

     概要を見る

    本研究は、日本型イネ品種「日本晴れ」を用いて、種子由来カルスからの植物体再分化過程で出現する培養変異を利用することで、イネ品種における「高消化性イネ」を作出するものである。その結果、培養変異当代およびF2世代での消化性を確認したところ、通常に品種に比べ消化率が約10%向上した系統が見いだされた。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ミヤコグサ・ダイズリソースの国際的拠点整備 ー収集・保存・提供ー

    提供機関:  文部科学省  研究開発施設共用等促進費補助金(ナショナルバイオリソースプロジェクト)

    研究期間: 2012年04月  -  2018年03月 

     概要を見る

    第1期NBRPでは、ミヤコグサ・ダイズにおける植物リソースからDNAリソースおよび根粒菌リソースまで多種多様の遺伝資源を収集・保存・提供してきた。さらに、第2期NBRPでは、リソースの付加価値を向上させるために諸特性を調査して、得られた特性等の情報をホームページで公開した。その結果、世界でも類を見ない日本独自のリソースを保存するとともに、日本を始めとする世界の研究者へ多くのリソースを提供したことから、本リソースに関連する研究者コミュニティも拡大してきた。  このような中で、第3期NBRPミヤコグサ・ダイズでは、これまでの事業内容を継続しながら、研究者コミュニティに求められる質の高いリソースを整備するとともに、植物と微生物の共生関連分野での利用を拡大するための新規リソース(共生変異体等)とその情報の収集を行う。なお、リソースの質の維持・向上を図るために、特性の再確認やDNAクローンの塩基配列の確認を定期的に行う。さらに、海外への情報公開を積極的に行い、海外研究者への認知度を向上させ、また、国際的委員会を設置することで関連研究機関との連携を強化し、ミヤコグサ・ダイズリソースの国際的拠点の整備を目指す。

  • ミヤコグサ・ダイズ遺伝資源の収集・保存・提供および諸特性の評価

    提供機関:  文部科学省  研究開発施設共用等促進費補助金(ナショナルバイオリソースプロジェクト)

    研究期間: 2007年04月  -  2012年03月 

     概要を見る

    平成19年度からのナショナルバイオリソースプロジェクトミヤコグサ・ダイズでは、第1期で収集・保存した植物およびDNAリソースを中心に、各リソースの特性調査を行い、その付加価値を向上させるとともに、得られた情報をデータベース化し公開する。また、研究者コミュニティにおけるニーズの高いリソース整備を目的として、新規リソースの収集を行い、さらなるリソースの質の向上を図る。一方、代表機関は国内外の関連研究機関との連携を強化し、当該リソースおよびその情報を発信するためのグローバルネットワークとしての拠点を構築する。  以上のことから、平成19年度からのナショナルバイオリソースプロジェクトミヤコグサ・ダイズは、当該リソースの特徴である「モデル植物から作物への展開」のモデルケースとしての体制を築き上げる。

  • ミヤコグサ・ダイズ遺伝資源の収集・保存・提供

    提供機関:  文部科学省  ナショナルバイオリソースプロジェクト

    研究期間: 2003年10月  -  2007年03月 

     概要を見る

    本事業は,ミヤコグサのリソースの収集,開発,特性情報の高度化,保存,増殖および提供を行い,ダイズの現有のリソースの整備と,特性情報の高度化を行う。両種で得られる有益な情報を逐次データベース化し,相互にフィードバックさせるとともに,研究コミュニティー内外から容易にアクセスできる体制を作り上げる。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • L. japonicus genetic and genomic resources in Japan.

    Ryo Akashi

    LOTASSA  (Porto Alegre, Brazil)  2007年10月  -  2007年10月    The VI Framework Programme of the European Commission

  • シバ属の遺伝資源解析 2.SSRマーカーによる南西諸島に自生するZoysia属における遺伝的多様性の評価

    橋口正嗣・霍田真一・松尾太陽・蝦名真澄・小林真・赤嶺光・明石良

    日本草地学会  (麻布大学)  2007年03月  -  2007年03月    日本草地学会

  • An approach to plant identification technology: Development of lignin pyrolysis gas chromatography and pattern recognition

    Aoyama T., Akashi R., Umeno H., Nagshima U.

    2006 SICE-ICASE International Joint Conference  2006年12月  -  2006年12月    2006 SICE-ICASE International Joint Conference

     概要を見る

    We discovered a technique to extract a characteristic spectrum pattern from Lignin pyrolysis gas chromatography. The Lignin is a kind of methoxyphenol polymer that is often found among cell walls of plants. Using the spectrum, we can determine the species from fragments of 1mg samples. The technique is useful for criminal investigation. The determination of species depends on distances calculated by species and a database of the spectra. We use the distances and can calculate family-locations in Plantae. The location shows the evolution/end of families. We evaluated 88 kinds of plants and discussed the end of ginkgo family and the branch of monocotyledon and a relation between C3/C4 metabolisms of Gramineae (family of the rice). © 2006 ICASE.

    DOI

  • 6-25 P-66 シバにおける SSR マーカーの開発

    霍田 真一, 蝦名 真澄, 橋口 正嗣, 松尾 太陽, 明石 良, 山本 俊哉, 高原 学, 小林 真, 中川 仁

    日本草地学会誌  2003年  -  2003年    日本草地学会

    DOI CiNii

  • 4-26 バヒアグラスの懸濁培養細胞由来再分化個体における F1 雑種後代の乾物生産および in vitro 消化率

    カマルデイン サレン, 澤井 晃, 長谷 健, 立山 義夫, 持留 信雄, 新美 光弘, 明石 良, 川村 修

    日本草地学会誌  2002年  -  2002年    日本草地学会

    DOI CiNii

全件表示 >>