林 雅弘 (ハヤシ マサヒロ)

HAYASHI Masahiro

写真a

所属

農学部 海洋生物環境学科

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 1994年12月   大阪府立大学 )

  • 教育学士 ( 1986年3月   京都教育大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 応用微生物学

  • ライフサイエンス / 水圏生命科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • PUFA synthase-independent DHA synthesis pathway in Parietichytrium sp. and its modification to produce EPA and n-3DPA 査読あり

    Yohei Ishibashi, Hatsumi Goda, Rie Hamaguchi, Keishi Sakaguchi, Takayoshi Sekiguchi, Yuko Ishiwata, Yuji Okita, Seiya Mochinaga , Shingo Ikeuchi , Takahiro Mizobuchi , Yoshitake Takao, Kazuki Mori, Kosuke Tashiro, Nozomu Okino, Daiske Honda, Masahiro Hayashi, Makoto Ito

    Communications Biology   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PUFA synthase-independent DHA synthesis pathway in Parietichytrium sp. and its modification to produce EPA and n-3DPA

    Ishibashi Y., Goda H., Hamaguchi R., Sakaguchi K., Sekiguchi T., Ishiwata Y., Okita Y., Mochinaga S., Ikeuchi S., Mizobuchi T., Takao Y., Mori K., Tashiro K., Okino N., Honda D., Hayashi M., Ito M.

    Communications Biology   4 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Communications Biology  

    The demand for n-3 long-chain polyunsaturated fatty acids (n-3LC-PUFAs), such as docosahexaenoic acid (DHA) and eicosapentaenoic acid (EPA), will exceed their supply in the near future, and a sustainable source of n-3LC-PUFAs is needed. Thraustochytrids are marine protists characterized by anaerobic biosynthesis of DHA via polyunsaturated fatty acid synthase (PUFA-S). Analysis of a homemade draft genome database suggested that Parietichytrium sp. lacks PUFA-S but possesses all fatty acid elongase (ELO) and desaturase (DES) genes required for DHA synthesis. The reverse genetic approach and a tracing experiment using stable isotope-labeled fatty acids revealed that the ELO/DES pathway is the only DHA synthesis pathway in Parietichytrium sp. Disruption of the C20 fatty acid ELO (C20ELO) and ∆4 fatty acid DES (∆4DES) genes with expression of ω3 fatty acid DES in this thraustochytrid allowed the production of EPA and n-3docosapentaenoic acid (n-3DPA), respectively, at the highest level among known microbial sources using fed-batch culture.

    DOI: 10.1038/s42003-021-02857-w

    Scopus

  • C4-monomethylsterol β-glucoside and its synthase in Aurantiochytrium limacinum mh0186 査読あり

    Endo I., Watanabe T., Miyamoto T., Monjusho-Goda H., Ohara J., Hayashi M., Hama Y., Ishibashi Y., Okino N., Ito M.

    Glycobiology   31 ( 10 )   1350 - 1363   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Glycobiology  

    Thraustochytrids, unicellular marine protists, synthesize polyunsaturated fatty acids (PUFAs) and PUFA-containing phospholipids; however, little is known about their glycolipids and their associated metabolism. Here, we report two glycolipids (GL-A, B) and their synthases in Aurantiochytrium limacinum mh0186. Two glycolipids were purified from A. limacinum mh0186, and they were determined by gas chromatography, mass spectrometry and 2D nuclear magnetic resonance to be 3-O-β-D-glucopyranosyl-stigmasta-5,7,22-triene (GL-A) and 3-O-β-D-glucopyranosyl-4α-methyl-stigmasta-7,22-diene (GL-B), both of which are sterol β-glucosides (β-SGs); the structure of GL-B has not been reported thus far. Seven candidate genes responsible for the synthesis of these β-SGs were extracted from the draft genome database of A. limacinum using the yeast sterol β-glucosyltransferase (SGT; EC 2.4.1.173) sequence as a query. Expression analysis using Saccharomyces cerevisiae revealed that two gene products (AlSGT-1 and 2) catalyze the transfer of glucose from uridine diphosphate (UDP)-glucose to sterols, generating sterylglucosides (SGs). Compared to AlSGT-1, AlSGT-2 exhibited wide specificity for sterols and used C4-monomethylsterol to synthesize GL-B. The disruption of alsgt-2 but not alsgt-1 in strain mh0186 resulted in a decrease in the total SG and an almost complete loss of GL-B, indicating that AlSGT-2 is responsible for the synthesis of β-SGs in A. limacinum mh0186, especially GL-B, which possesses a unique sterol structure.

    DOI: 10.1093/glycob/cwab070

    Scopus

  • C4-monomethylsterol β-glucoside and its synthase in Aurantiochytrium limacinum mh0186 査読あり

    Ikumi Endo, Takashi Watanabe, Tomofumi Miyamoto, Hatsumi Monjusho-Goda, Junichiro Ohara, Masahiro Hayashi, Yoichiro Hama, Yohei Ishibashi, Nozomu Okino, Makoto Ito

    Glycobiology   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A thraustochytrid-specific lipase/phospholipase with unique positional specificity contributes to microbial competition and fatty acid acquisition from the environment 査読あり

    Ishibashi Y., Aoki K., Okino N., Hayashi M., Ito M.

    Scientific Reports   9 ( 1 )   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    © 2019, The Author(s). Thraustochytrids are heterotrophic marine protists that are considered as important decomposers in the marine ecosystem; however, how they digest and uptake lipid nutrients from the environment is largely unknown. Genomic clustering analysis using thraustochytrid draft genome databases revealed that novel proteins with a Lipase_3 domain are commonly present in thraustochytrids, including Aurantiochytrium limacinum. After heterologous expression and His tag-based purification, protein ID: 145138 was identified as lipase/phospholipase capable of hydrolyzing triacylglycerol (TG) and phosphatidylcholine (PC). 145138 was secreted into the medium, and deletion of the 145138 gene in A. limacinum reduced the degradation of extracellular lipids. Fatty acids generated by 145138 were reused for the biosynthesis of PC and TG, and 145138 allowed A. limacinum to survive in the medium containing TG as a sole carbon source. 145138 hydrolyzed all the acyl-ester linkages of TG; however, the enzyme showed strict positional specificity toward phospholipids, generating 2-acyl lysophospholipids. The 2-acyl lysophospholipids showed stronger antimicrobial activity compared with 1-acyl lysophospholipids. These results suggested that 145138 is a bifunctional enzyme that contributes to the acquisition of lipid nutrients from the environment, as well as to generate antimicrobial lysophospholipids that are beneficial for competition with bacteria over lipid nutrients in the marine environment.

    DOI: 10.1038/s41598-019-52854-7

    Scopus

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 藻類培養技術

    林 雅弘( 担当: 共著 ,  範囲: 藻類の濃縮と乾燥技術(ユーグレナの工業化を例に))

    株式会社 情報機構  2021年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 脂質・脂肪酸関連物質の使いこなしかたー素材開発・機能創生・応用技術ー

    林 雅弘・松田綾子( 担当: 共著)

    株式会社テクノシステム  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Electron-Based Bioscience and Biotechnology

    Masahiro Hayashi and Ayako Matsuda( 担当: 分担執筆)

    Springer  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • セルロースナノファイバー製造・利用の最新動向

    芝上基成、林 雅弘( 担当: 共著)

    CMC  2019年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:42-56   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 多文化共生社会に生きる : グローバル時代の多様性・人権・教育

    李 修京, 権 五定, 鷲山 恭彦

    明石書店  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • Correction: Novel lysophospholipid acyltransferase plat1 of aurantiochytrium limacinum f26-b responsible for generation of palmitate-docosahexaenoate-phosphatidylcholine and phosphatidylethanolamine (PLoS ONE (2014) 9: 8 (e102377) DOI: 10.1371/journal.pone.0102377) 招待あり 査読あり

    Abe E., Ikeda K., Nutahara E., Hayashi M., Yamashita A., Taguchi R., Doi K., Honda D., Okino N., Ito M.

    PLoS ONE   13 ( 8 )   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    © 2018 Abe et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. The titles and legends for Figs 2 and 3 are swapped. Please see the correct Figs 2 and 3 here. (Figure Presented).

    DOI: 10.1371/journal.pone.0203016

    Scopus

  • 微細藻類プラスチックの開発 招待あり 査読あり

    林 雅弘、芝上 基成

    化学工学   80 ( 5 )   2 - 4   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本化学工学会  

  • 微細藻類プラスチックの開発

    林 雅弘、芝上 基成

    化学工学   80 ( 5 )   2 - 4   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本化学工学会  

    researchmap

  • 油糧海洋微生物ラビリンチュラの産業利用

    林 雅弘、松田綾子、松田高宜、泉 可也

    酵素工学ニュース   ( 74 )   6 - 9   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:酵素工学研究会  

  • 油糧海洋微生物ラビリンチュラの産業利用

    林 雅弘、松田綾子、松田高宜、泉 可也

    酵素工学ニュース   ( 74 )   6 - 9   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:酵素工学研究会  

    researchmap

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 魚粉/魚油代替飼料の開発 招待あり

    林 雅弘

    SBIR研究発表会  2022年3月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

  • 光合成なしで脱炭素は可能か? 招待あり

    林 雅弘

    OPERAシンポジウム   2022年2月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

  • 微細藻類の産業利用とその課題 招待あり

    林 雅弘

    情報機構講習会  2022年1月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

  • ユーグレナナノファイバーの開発 招待あり

    林 雅弘

    SBIRシンポジウム   2022年1月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

  • 微細藻類の産業利用 招待あり

    林 雅弘

    情報機構講演会  2021年12月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会2016年度大会トピックス賞

    2016年4月   日本農芸化学会  

    合田初美,持永聖也,濱口理恵,坂口圭史,伊東信,関口俊,石渡夕子,沖田裕司,本多大輔,林 雅弘

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 情動制御作用を有するプラズマローゲンのデザインと脳内輸送経路および標的細胞の 解明

    研究課題/領域番号:20K07918  2020年04月 - 2023年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 海洋分解性/生分解性を有する不織布素材の創生

    2021年05月 - 2022年03月

    文部科学省  A-STEPトライアウト 

    林 雅弘

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • ユーグレナ由来の高アスペクト比パラミロンナノファイバーの体量調製法確立と素材利用への展開

    2020年08月 - 2024年03月

    文部科学省  OPERA 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • ユーグレナ由来の高アスペクト比パラミロンナノファイバーの大量調製法確立と素材利用への展開

    2020年08月 - 2023年03月

    経済産業省  戦略的基盤技術高度化支援事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 非可食植物性バイオマスを利用した有用油脂生産技術の開発

    2020年04月 - 2024年03月

    文部科学省  OPERA 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • カロテノイド高生産性微生物の探索と育種

    2020年04月 - 2024年03月

    文部科学省  OPERA 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • ラビリンチュラによるバイオプラスチック生産に関する研究

    2022年05月 - 2023年03月

    株式会社ラビリンチュラ  国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究