髙木 正博 (タカギ マサヒロ)

TAKAGI Masahiro

写真a

所属

農学部 附属フィールド科学教育研究センター 田野フィールド(演習林)

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 1997年3月   九州大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 森林科学

  • 環境・農学 / 環境動態解析

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Evaluating the soil microbe community-level physiological profile using EcoPlate and soil properties at 33 forest sites across Japan 査読あり

    Nakamura Masahiro et al. (56名中16番目)

    Ecological Research   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1111/1440-1703.12293

  • Patterns of community composition and diversity in latent fungi of living Quercus serrata trunks across a range of oak wilt prevalence and climate variables in Japan 査読あり

    Fukasawa Y., Matsukura K., Stephan J.G., Makoto K., Suzuki S.N., Kominami Y., Takagi M., Tanaka N., Takemoto S., Kinuura H., Okano K., Song Z., Jomura M., Kadowaki K., Yamashita S., Ushio M.

    Fungal Ecology   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fungal Ecology  

    Given that forest dieback due to emerging pests is increasing under global warming, understanding the relationships between pests, climate, and forest biodiversity is an urgent priority. In Japan, mass attacks of an ambrosia beetle, vectoring a pathogenic fungus, cause oak wilt outbreaks in recent decades. Here, the associations of oak wilt and climate with wood-inhabiting fungal communities in apparently healthy Quercus serrata trunks were investigated using DNA metabarcoding in seven sites along a climatic gradient in Japan. Amplicon sequencing of the fungal internal transcribed spacer 1 region generated 1,339,958 sequence reads containing 879 fungal operational taxonomic units (OTUs) in 234 wood samples. OTU compositions were significantly different between sites with and without oak wilt. OTU richness increased with temperature and precipitation at sites where oak wilt was present, but this relationship was not observed at sites without oak wilt, possibly due to interaction between oak wilt and climate.

    DOI: 10.1016/j.funeco.2021.101095

    Scopus

  • Assessing insect herbivory on broadleaf canopy trees at 19 natural forest sites across Japan 査読あり

    Hino Takafumi et al.

    Ecological Research   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1440-1703.12215

  • COSORE: A community database for continuous soil respiration and other soil‐atmosphere greenhouse gas flux data 査読あり

    Ben Bond‐Lamberty 他 94人中77番目

    Global Change Biology   26 ( 12 )   7268 - 7283   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Global Change Biology  

    Globally, soils store two to three times as much carbon as currently resides in the atmosphere, and it is critical to understand how soil greenhouse gas (GHG) emissions and uptake will respond to ongoing climate change. In particular, the soil-to-atmosphere CO2 flux, commonly though imprecisely termed soil respiration (RS), is one of the largest carbon fluxes in the Earth system. An increasing number of high-frequency RS measurements (typically, from an automated system with hourly sampling) have been made over the last two decades; an increasing number of methane measurements are being made with such systems as well. Such high frequency data are an invaluable resource for understanding GHG fluxes, but lack a central database or repository. Here we describe the lightweight, open-source COSORE (COntinuous SOil REspiration) database and software, that focuses on automated, continuous and long-term GHG flux datasets, and is intended to serve as a community resource for earth sciences, climate change syntheses and model evaluation. Contributed datasets are mapped to a single, consistent standard, with metadata on contributors, geographic location, measurement conditions and ancillary data. The design emphasizes the importance of reproducibility, scientific transparency and open access to data. While being oriented towards continuously measured RS, the database design accommodates other soil-atmosphere measurements (e.g. ecosystem respiration, chamber-measured net ecosystem exchange, methane fluxes) as well as experimental treatments (heterotrophic only, etc.). We give brief examples of the types of analyses possible using this new community resource and describe its accompanying R software package.

    DOI: 10.1111/gcb.15353

    Scopus

  • Regional and topographic growth variation among 45-year-old clonal plantations of Cryptomeria japonica: effects of genotype and phenotypic plasticity 査読あり

    Enoki T., Takagi M., Ugawa S., Nabeshima E., Ishii H.

    Journal of Forest Research   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Forest Research  

    Success of clonal tree plantations depends on genotype as well as phenotypic plasticity, which determines acclimation potential of individual trees to different environmental conditions. Short-term acclimation of genotypes to local growing conditions can be tested using clonal trials, but stand productivity and yield depends on the ability of the genotype to acclimate to long-term environmental variation. In Japan, clonal plantations of Cryptomeria japonica (Thunb. ex L. f.) D. Don are common and many elite clones have been developed. We evaluated growth of clonal C. japonica plantations in 45-year-old clonal trials taking into account effects of both genotype, environment and their interaction (i.e., phenotypic plasticity). In all five sites, tree sizes were larger for clonal cultivars evaluated initially as “early-growth type” than for the “late-growth type” cultivars. All cultivars showed decrease in tree height from lower to upper slope. The differences in tree growth among cultivars were more marked in sites where trees grew well, suggesting poor site conditions prevented the early-growth cultivars from fully exploiting their growth potential. Phenotypic plasticity of each cultivar was evaluated as growth variation among sites (regional variation) and along slope within sites (topographic variation). Plasticity was observed at both regional and topographic scales and cultivars with higher plasticity generally grew larger. The result of our study suggested that genotypes with greater phenotypic plasticity may possess greater acclimation potential, enabling them to grow well under a wide range of environmental conditions.

    DOI: 10.1080/13416979.2020.1767267

    Scopus

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Ecology of Riparian Forests in Japan

    S Ito, Y Mitsuda, GP Buckley, M Takagi( 担当: 共著 ,  範囲: section 20 )

    Springer  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 森林フィールドサイエンス(共著)

    全国大学演習林協議会( 担当: 編集)

    朝倉書店  2006年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 全国大学演習林協議会・公開森林実習「日本の森を制覇しよう」 招待あり

    髙木正博

    森林科学   ( 91 )   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    DOI: 10.11519/jjsk.91.0_39

  • 大学演習林での教育研究ネットワークの最新動向 招待あり

    柴田英昭,高木正博 他

    森林環境   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 南九州地方を代表するヒノキ壮齢林と常緑広葉樹二次林

    髙木正博

    グリーンエイジ   ( 478 )   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本緑化センター  

  • 種多様性に富む照葉樹林 ‐宮崎大学田野フィールド(演習林)

    髙木正博

    森林科学   ( 68 )   28   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本森林学会  

  • 南九州地方を代表するヒノキ壮齢林と常緑広葉樹二次林

    高木正博,村本康治

    森林計画研究会会報   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:森林計画研究会  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Effects of elevated temperature on survival and growth of <i>Betula ermanii</i> two years after transplantation

    AYE MYAT MYAT PAING, Chen Shufen, Araki Kyoko, Aihara Takaki, Hirota Mitsuru, Tsumura Yoshihiko, Tomaru Nobuhiro, Homma Kousuke, Yoshida Toshiya, Kobayashi Hajime, Iio Atsuhiro, Nagamatsu Dai, Takagi Masahiro, Taneda Haruhiko, Hisamoto Yoko, Goto Susumu

    日本森林学会大会発表データベース  2022年5月30日  日本森林学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    <p>Global warming will have adverse effects on forest ecosystems, especially cold-temperate and alpine ecosystems. <i>Betula ermanii</i> is a representative species from cold-temperate to subarctic forest ecosystems in Japan. In this study, 11 range-wide provenance trials were conducted throughout Japan using saplings from 11 populations to evaluate the effects of warming on survival and height growth. In case of warming by +2 °C and +5 °C, the survival rate likely decreases by the average of 4% and 13% and sapling height likely decreases by average of 11% and 25% respectively. Saplings of southern and tree-line populations exhibited higher decrease in survival rate under warming compared with others, whereas those of northern and tree-line populations showed smaller height growth. Finally, we will discuss management strategies to mitigate warming impacts on forest ecosystems.</p>

    CiNii Research

  • 衛星画像のNDVIを用いた間伐による蒸散量の変化予測

    篠原 慶規, 深江 朋実, 高木 正博

    日本森林学会大会発表データベース  2022年5月30日  日本森林学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    <p>スギ・ヒノキ人工林において,毎木調査データ(と気象データ)から間伐前後の蒸発散量の変化を推定する手法は開発されているが,リモートセンシングデータを用いることで,より簡便に,広域で,間伐前後の蒸発散量の変化を推定できる可能性がある。そこで本研究では,宮崎大学田野フィールドのスギ・ヒノキ人工林において,Sentinel-2の衛星画像から得られるNDVIを用いて,蒸散量の計算に必要な辺材面積を推定し,毎木調査ベースの林分構造から得られる辺材面積との比較を行った。衛星画像は,2019年1月~2021年12月の晴天日のものを用いた。衛星画像から得られるNDVIは,林齢が20年前後で頭打ちとなり,そのばらつきは林分構造では説明できないことから,NDVIから直接蒸散量を推定することは難しいことが示唆された。一方で,間伐によるNDVIの低下が確認され,このNDVIの変化値を用いることで,間伐に伴う蒸散量の変化を推定できる可能性が示された。本研究で対象とした間伐林分の間伐率は本数で30%程度と似通っていたが,今後は,間伐率の異なる林でも同様の解析を行うことで,本手法の有効性を確かめたいと考えている。</p>

    CiNii Research

  • 絶滅危惧種ヤクシマランのヒノキ人工林における生育状況

    川﨑 実椰, 平田 令子, 高木 正博, 伊藤 哲

    日本森林学会大会発表データベース  2022年5月30日  日本森林学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    <p>ヤクシマランは絶滅危惧ⅠB類(EN)に分類されている絶滅危惧種であり、鹿児島県と宮崎県にのみ分布している。環境省のレッドデータブック2014などにおいてヤクシマランは常緑広葉樹の林床または照葉樹林内に生育していると記載されている。しかし、宮崎大学田野フィールドではヒノキ人工林での生育が確認された。このことは、針葉樹人工林がヤクシマランの生育場所として機能している可能性を示す。本発表では、田野フィールドにおけるヤクシマランの生育分布を調査し、針葉樹人工林がヤクシマランの生育場所としてどの程度機能しているか明らかにすることを目的とした。調査は、林齢の異なるヒノキ人工林を10カ所選択し、調査ルートを設定してヤクシマランの個体数と位置を記録した。調査の結果、99年生以上の広葉樹が林冠に混交しているヒノキ林で、0.008~0.489本/m²の生育が確認された。また、広葉樹の混交率が高かった47年生のヒノキ人工林での生育も確認された。しかし、広葉樹が下層にしか生育していない33~51年生林分では確認されなかった。このことから、広葉樹が混交することでヒノキ人工林も代替的な生育場所として機能すると考えられた。</p>

    CiNii Research

  • 出身地の異なるダケカンバの葉形質の違い:8箇所での産地試験を用いた分析

    相原 隆貴, 荒木 響子, Ragini Sarmah, 蔡 一涵, 後藤 晋, 戸丸 信弘, 本間 航介, 高木 正博, 吉田 俊也, 飯尾 淳弘, 永松 大, 久本 洋子, 廣田 充, 津村 義彦

    日本森林学会大会発表データベース  2022年5月30日  日本森林学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    <p>樹木が持つ葉形質やフェノロジーの種内変異は、過去の環境適応の結果であり、これを知ることで気候変動への適応の可能性を評価できる。多くの樹種でこれらの変異が調べられてきたが、葉は可塑性が大きいため、複数の試験地を用いてこれを検証する必要がある。本研究は、気候変動の影響を強く受ける高標高地域生育するダケカンバの葉形質・フェノロジーの種内変異を、11産地・8試験地からなる産地試験を用いて検出し、関連する環境要因を推定することを目的とした。8試験地の生存953個体の春葉の乾燥葉重・葉面積・SLA(比葉面積)を測定し、4試験地にて計145個体の開葉日を記録し、それと関連する気候値を解析した。その結果、8試験地中3試験地で高緯度産地ほど乾燥葉重が有意に重く、6試験地で高緯度産地ほど有意に葉面積の広い葉を持ち、5試験地で高緯度産地ほどSLAが大きいことが分かった。また、開葉日は4試験地中3試験地で高緯度産地ほど早い傾向があった。主成分分析の結果、葉形質と開葉日は産地の降水量や日射量と関連することが推定された。</p>

    CiNii Research

  • 九州産スギ6品種の成長と窒素利用様式

    榎木 勉, 高木 正博, 鵜川 信, 鍋嶋 絵里, 石井 弘明

    日本森林学会大会発表データベース  2022年5月30日  日本森林学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    <p>スギ品種の生育に遺伝子型と表現型可塑性が及ぼす影響を評価するために,九州大学,宮崎大学,鹿児島大学,愛媛大学演習林の5つのサイト(粕屋,田野,椎葉,高隈,米野々)に共通圃場が設定された。今回はクモトオシ,ヤイチ,オビアカ,ヤブクグリ,メアサ,アヤスギの植栽後45年での窒素利用様式と樹高成長との関係を検討した。</p><p> 生葉の窒素濃度は早生型のクモトオシとヤイチで高く,中生型のオビアカとヤブクグリで低かった。落葉の窒素濃度は,中生型のヤブクグリで最も高く,早生型のクモトオシとヤイチは晩生型のメアサとアヤスギと比較して高かった。</p><p> 針葉の形質およびそれらの可塑性と樹高成長との関係を主成分分析により検討した結果,樹高成長の大きい早生型のクモトオシ,ヤイチは窒素利用効率が低く,樹高成長の小さい晩生型のメアサ,アヤスギは窒素利用効率が高いというトレードオフ関係があることが示唆された。中生型のオビスギとヤブクグリは葉の形質の可塑性が大きかった。スギ品種の樹高成長と針葉中の窒素含有量との間に明瞭な関係は見られなかったが,樹高成長には針葉の形質の地形スケールでの可塑性の大きさが影響していることが示唆された。</p>

    CiNii Research

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 九州森林学会論文賞

    2017年10月   九州森林学会  

    高木正博

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 森林から河川へ流出する炭素量は吸収量に対してどの程度の割合なのか?

    研究課題/領域番号:21H02238  2021年04月 - 2024年03月

    独立行政法人日本学術振興会  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 木部通水組織の機能形質変異から気候変動に対する樹木の生理的順化能力を評価する

    研究課題/領域番号:20H03031  2020年04月 - 2024年03月

    基盤研究(B) (一般)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 病害虫による大量枯死が森林生態系のCO2放出におよぼす影響の解明

    研究課題/領域番号:17H03823  2017年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 水資源保全のための林分密度管理図の調整

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    針葉樹人工林の蒸発散量の測定

  • 渓畔林ネットワーク整備を基軸とした集水域森林管理手法の開発

    2013年01月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    渓畔林ネットワーク整備を基軸とした集水域森林管理手法の開発

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 下刈作業省力化の検証に関する植生調査業務委託

    2020年06月 - 2020年09月

    宮崎県  一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 森林立地学会誌における「森林・林業実務必携」の書評

    2021年10月

  • 全国森林気象データベース

    2003年04月 - 2017年03月

     詳細を見る

    全国森林気象データベースの構築