飯田 雅人 (イイダ マサト)

IIDA Masato

写真a

所属

工学教育研究部 工学基礎教育センター担当

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) ( 1995年3月   大阪大学 )

  • 理学修士 ( 1989年3月   大阪大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 数理解析学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Vanishing, moving and immovable interfaces in fast reaction limits 査読あり

    M. Iida, H. Monobe, H. Murakawa, H. Ninomiya

    Journal of Differential Equations   263 ( 5 )   2715 - 2735   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We consider a type of singular limit problem called the fast reaction limit. The problem of the fast reaction limit involves studying the behaviour of solutions of reaction–diffusion systems when the reaction speeds are very fast. Fast reaction limits of two-component systems have been studied in recent decades. In most of these systems, the fast reaction terms of each component are represented by the same function. Fast reaction limits of systems with different fast reaction terms are still far from being well understood. In this paper, we focus on a reaction–diffusion system for which the reaction terms consist of monomial functions of various powers. The behaviour of interfaces arising in the fast reaction limit of this system is studied. Depending on the powers, three types of behaviour are observed: (i) the initial interface vanishes instantaneously, (ii) the interface propagates at a finite speed, and (iii) the interface does not move.

    DOI: 10.1016/j.jde.2017.04.009

  • The behavior of the interfaces in the fast reaction limits of some reaction-diffusion systems with unbalanced interactions 招待あり

    Masato Iida, Harunori Monobe, Hideki Murakawa and Hirokazu Ninomiya

    数理解析研究所講究録   ( 1892 )   88 - 94   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Different degrees of reaction rates can block interfacial dynamics in reaction-diffusion systems

    Masato Iida

    Proceedings of Seminar on Partial Differential Equations in Osaka 2012 ―in honor of Professor Hiroki Tanabe's 80th birthday―   39 - 43   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/handle/11094/24563

  • Stacked fronts for cooperative systems with equal diffusion coefficients(共著) 査読あり

    Masato Iida, Roger Lui and Hirokazu Ninomiya

    SIAM Journal on Mathematical Analysis   43 ( 3 )   1369 - 1389   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 個体群侵入における段階別侵入速度について 招待あり

    飯田雅人

    盛岡応用数学小研究集会報告集   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • A review on reaction-diffusion approximation 招待あり 査読あり

    M. Iida, H. Ninomiya, H. Yamamoto

    Journal of Elliptic and Parabolic Equations   4 ( 2 )   565 - 600   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer International Publishing  

    Recently reaction-diffusion approximation has been intensively studied. This paper reviews the studies in reaction-diffusion approximation. This paper explains reaction-diffusion approximation of the Stefan problem, nonlinear diffusion, nonlocal dispersal and wave equations. Moreover, some instabilities of equations mentioned above will be explained by the Turing instability through reaction-diffusion approximations.

    DOI: 10.1007/s41808-018-0029-y

  • 反応拡散近似とその周辺 招待あり 査読あり

    飯田雅人, 二宮広和

    数学   66 ( 3 )   225 - 248   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本数学会編集,岩波書店発売  

  • Interfacial Dynamics as Singular Limits of Some PDEs ― Method of Matched Asymptotic Expansion ― 招待あり

    飯田雅人

    数理解析研究所講究録   1123   1 - 19   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 反応拡散系の急速反応極限によって見えるもの

    飯田雅人他

    2009日本数学会秋季総合分科会函数方程式論分科会  (大阪大学豊中キャンパス)  日本数学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月24日 - 2009年9月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪大学豊中キャンパス  

  • 反応拡散近似とは―基本的アイデアと可能性―

    飯田雅人

    応用数学勉強会2015@芝浦工大  (芝浦工業大学大宮キャンパス)  石渡哲哉(芝浦工業大学),高坂良史(神戸大学)

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月29日 - 2015年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:芝浦工業大学大宮キャンパス  

  • 接合漸近展開法による界面の運動方程式の導出

    飯田雅人

    短期共同研究「数理物理に現れる非線形発展方程式の特異点の解析的研究」  (京都大学数理解析研究所)  小川卓克

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年5月25日 - 1998年5月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:京都大学数理解析研究所  

  • 急速反応極限の接合漸近展開による再考 招待あり

    飯田雅人

    四ツ谷晶二先生ご退職記念研究集会  (龍谷大学瀬田キャンパス1-534)  川上 竜樹、森田 善久、壁谷 喜継、森 竜樹

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月22日 - 2019年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:龍谷大学瀬田キャンパス1-534  

  • 急速反応極限の接合漸近展開による再考

    飯田雅人, 二宮広和, 山本宏子

    2018夏の偏微分方程式セミナー  (池田商工会議所)  壁谷 喜継、川中子 正、和田 健志、山本 吉孝、飯田 雅人

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月25日 - 2018年8月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:池田商工会議所  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 反応拡散系とその特異極限形に現れるパターンダイナミクスの数理解析

    研究課題/領域番号:20H01816  2020年04月 - 2024年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    飯田 雅人

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 漸近解構築に基づく反応拡散系の解の形と動きの解明

    2015年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    反応拡散系に対する数値実験によって予想されている特徴的な形状をした諸々の解のうち、角遷移層を持つ解と、複数種個体群の多段階侵入形状の解に対し、それらの存在を理論的に裏付ける強力な手掛かりとして、精密な漸近解の理論的な構築と挙動の解析を目指す。

  • 反応拡散系および自由境界問題の解のパターンダイナミクスの解明

    2014年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    反応拡散系などの非線形偏微分方程式系の特異極限として現れる自由境界問題から、より扱いやすい自由境界問題を導出することによって、形状に関する情報を得る数学的手法を開発し、自由境界の形状の性質を調べる。

  • 反応拡散系の漸近解構築への理論的アプローチ

    2012年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    反応拡散系において、角遷移層型形状の解と、複数種個体群の多段階侵入を表す形状の解に対し、それらを精密に近似する漸近解を理論的に構築する手法の確立を目指す。その手がかりとして、特定の反応拡散系において、これらの形状の漸近解を試作し、その詳細な挙動を明らかにする。

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 第31回日本数理生物学会大会の実行委員

    2021年09月

     詳細を見る

    実行委員(飯田雅人、今隆助、出原浩史)の1人として、大会を企画・準備し、2021年9月13~15日にオンライン開催した。

  • 研究集会「数学と現象:Mathematics and Phenomena in Miyazaki 2019」の世話人

    2019年11月

     詳細を見る

    世話人(工学教育研究部・工学基礎教育センターの数学教員グループ)の1人として、この研究集会を企画し、2019年11月15日~16日に宮崎大学工学部で開催した。

  • 研究集会「数学と現象:Mathematics and Phenomena in Miyazaki 2018」の世話人

    2018年11月

     詳細を見る

    世話人(工学教育研究部・工学基礎教育センターの数学教員グループ)の1人として、この研究集会を企画し、2018年11月16日~17日に宮崎大学工学部で開催した。

  • 研究集会「数学と現象:Mathematics and Phenomena in Miyazaki 2017」の世話人

    2017年11月

     詳細を見る

    世話人(工学教育研究部・工学基礎教育センターの数学教員グループ)の1人として、この研究集会を企画し、2017年11月17日~18日に宮崎大学工学部で開催した。

  • 研究集会「数学と現象:Mathematics and Phenomena in Miyazaki 2016」の世話人

    2016年11月

     詳細を見る

    世話人(工学教育研究部・工学基礎教育センターの数学教員グループ)の1人として、この研究集会を企画し、2016年11月18日~19日に宮崎大学工学部で開催した。

全件表示 >>

 

授業 【 表示 / 非表示

  • 数学解析I(社環)

     詳細を見る

    科目区分:専門教育科目 

  • 数学解析II(社環)

     詳細を見る

    科目区分:専門教育科目 

  • 自然界における固有値問題

     詳細を見る

    科目区分:大学院科目(修士) 

  • 数理情報工学論(融合科目)

     詳細を見る

    科目区分:大学院科目(博士) 

  • 数学の考え方T(6)

     詳細を見る

    科目区分:共通教育科目 

全件表示 >>