賀本 敏行 (カモト トシユキ)

KAMOTO Toshiyuki

写真a

所属

医学部 医学科 発達泌尿生殖医学講座泌尿器科学分野

職名

教授

研究室住所

宮崎県宮崎市清武町木原5200

研究室電話番号

0985-85-2968

研究室FAX番号

0985-85-6958

ホームページ

http://www.med.miyazaki-u.ac.jp/urology/index.html

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 1997年7月   京都大学 )

  • 学士(医学) ( 1987年3月   京都大学 )

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍マーカー

  • 腎移植

  • 精巣癌

  • 泌尿器腫瘍学

  • 前立腺癌

  • 内視鏡/体腔鏡手術

  • 泌尿器科学、泌尿器腫瘍学、内視鏡手術、腹腔鏡手術

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 泌尿器科学  / 泌尿器病理学

学歴 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   医学研究科   外科学専攻 泌尿器科学

    - 1995年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 京都大学   医学部   医学科

    - 1987年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 京都大学   Faculty of Medicine

    - 1987年

      詳細を見る

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 宮崎大学   医学部   医学科   発達泌尿生殖医学講座泌尿器科学分野   教授

    2009年05月 - 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 宮崎大学   医学部 医学科 発達泌尿生殖医学講座泌尿器科学分野   教授

    2009年5月 - 現在

  • 京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座 泌尿器科学   准教授

    2007年4月 - 2009年4月

  • 京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座 泌尿器科学   助教授

    2003年11月 - 2007年3月

  • 京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座 泌尿器科学   講師

    2001年10月 - 2003年10月

  • 京都大学医学部附属病院 泌尿器科   助手

    1997年1月 - 2001年9月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 米国泌尿器科学会

    1998年1月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本泌尿器科学会

    1987年6月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本癌治療学会

    1990年12月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本泌尿器内視鏡学会

    1992年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 欧州泌尿器科学会

    2006年5月 - 現在

      詳細を見る

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Potential effectiveness of local radiotherapy for extending survival and reducing symptomatic local events in patients with de novo metastatic prostate cancer. 査読あり

    Terada N, Mizowaki T, Saito T, Yokomizo A, Kohei N, Tabata KI, Shiota M, Takahashi A, Shimazui T, Goto T, Hashimoto Y, Fujii M, Tomida R, Sakurai T, Hashimoto K, Kawamura S, Teraoka S, Sakamoto S, Kimura T, Kamiyama M, Narita S, Tanaka N, Kato T, Kato M, Osawa T, Kojima T, Inoue T, Sugimoto M, Nishiyama H, Kamoto T, Japanese Urological Oncology Group.

    BJUI compass   1 ( 5 )   165 - 173   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/bco2.35

    PubMed

  • Effectiveness of pembrolizumab in patients with urothelial carcinoma receiving proton pump inhibitors. 査読あり

    Fukuokaya W, Kimura T, Komura K, Uchimoto T, Nishimura K, Yanagisawa T, Imai Y, Iwatani K, Ito K, Urabe F, Tsuzuki S, Kimura S, Terada N, Mukai S, Oyama Y, Abe H, Kamoto T, Azuma H, Miki J, Egawa S

    Urologic oncology   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Urologic Oncology: Seminars and Original Investigations  

    Background: The association of concurrent proton pump inhibitor (PPI) use with treatment outcome of metastatic urothelial carcinoma (UC) remains controversial. Materials and methods: We retrospectively analyzed the records of 227 patients with platinum-treated metastatic UC treated with pembrolizumab. The primary outcome was overall survival (OS). Immune progression-free survival (iPFS) and objective response per immune response evaluation criteria in solid tumors were also compared. Inverse probability of treatment weighting (IPTW)-adjusted multivariable Cox regression models and an IPTW-adjusted multivariable logistic regression model were used to evaluate the oncological outcomes. Furthermore, the heterogeneity of the treatment effect on OS was examined using interaction terms within the IPTW-adjusted univariate Cox regression models. Results: Overall, 86 patients (37.9%) used PPIs. After weighting, no significant differences in patient characteristics were observed between PPI users and non-users. PPI use was significantly associated with a shorter OS (hazard ratio [HR]: 2.02, 95% confidence interval [CI]: 1.28–3.18, P = 0.003) and iPFS (HR: 1.70, 95% CI: 1.23–2.35, P = 0.001). Although not statistically significant, PPI use was associated with objective response as well (OR: 0.61, 95% CI: 0.36–1.02, P = 0.06). The interaction analyses showed that the effect of PPI significantly decreased with age (HR: 0.97, 95% CI: 0.93–1.00, P[interaction] = 0.048) and was increased in males (HR: 2.97, 95% CI: 1.10–8.05, P[interaction] = 0.032). Conclusions: PPI use was significantly associated with worse survival of patients with metastatic UC treated with pembrolizumab. Furthermore, the results suggested that its effects decreased with age and was increased in males.

    DOI: 10.1016/j.urolonc.2022.02.020

    Scopus

    PubMed

  • Narrative review of local prostate and metastasis-directed radiotherapy in the treatment of metastatic prostate cancer.

    Terada N, Aizawa R, Nihei K, Shiota M, Kojima T, Kimura T, Inoue T, Kitamura H, Sugimoto M, Nishiyama H, Mizowaki T, Kamoto T

    Japanese journal of clinical oncology   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyac035

    PubMed

  • Clinical Utility of Germline Genetic Testing in Japanese Men Undergoing Prostate Biopsy.

    Akamatsu S, Terada N, Takata R, Kinoshita H, Shimatani K, Momozawa Y, Yamamoto M, Tada H, Kawamorita N, Narita S, Kato T, Nitta M, Kandori S, Koike Y, Inazawa J, Kimura T, Kimura H, Kojima T, Terachi T, Sugimoto M, Habuchi T, Arai Y, Yamamoto S, Matsuda T, Obara W, Kamoto T, Inoue T, Nakagawa H, Ogawa O

    JNCI cancer spectrum   6 ( 1 )   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jncics/pkac001

    PubMed

  • Efficacy of combined androgen blockade therapy in patients with metastatic hormone-sensitive prostate cancer stratified by tumor burden. 査読あり

    Nagumo Y, Onozawa M, Kojima T, Terada N, Shiota M, Mitsuzuka K, Yasumoto H, Matsumoto H, Enokida H, Sugiyama T, Kuroiwa K, Saito T, Yokomizo A, Kohei N, Tabata KI, Takahashi A, Sugimoto M, Kitamura H, Kamoto T, Nishiyama H, Japanese Urological Oncology Group (JUOG).

    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   29 ( 5 )   398 - 405   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/iju.14793

    PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 泌尿器病理診断アトラス : 臨床と病理の対話で学ぶ

    賀本 敏行, 都築 豊徳( 担当: 単著)

    総合医学社  2021年  ( ISBN:9784883787203

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

    researchmap

  • 後期研修医がおさえておきたい泌尿器疾患TOP30

    高橋 悟, 賀本 敏行, 菊地 栄次, 杉本 幹史, 安井 孝周, 赤座 英之( 担当: 単著)

    医学図書出版  2021年  ( ISBN:9784865174519

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  • 今日の診療のためにガイドライン外来診療2015

    泉孝英、他( 担当: 共著)

    日経メディカル開発  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 国試カンファレンス あなむね

    賀本敏行、神波大己、他( 担当: 共著)

    医学評論社  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 第109回医師国家試験問題解説書

    賀本敏行、他( 担当: 共著)

    医学評論社  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • Future direction of urologic surgery - What should we learn from the change of surgical procedure

    Kamoto T., Sugimoto M.

    Nishinihon Journal of Urology   82 ( 1 )   3 - 4   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Nishinihon Journal of Urology  

    Scopus

  • 【なぜそれが大切?術式別観察ポイントとその根拠】 尿管皮膚瘻造設術の観察ポイントとその根拠

    向井尚一郎, 深尾理, 賀本敏行

    泌尿器ケア   17 ( 10 )   985 - 989   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:メディカ出版  

  • 【泌尿器病理I-前立腺と腎臓-】 今日の前立腺癌の治療法

    月野浩昌, 賀本敏行

    病理と臨床   30 ( 9 )   941 - 948   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:文光堂  

  • 【明日を見据えた前立腺癌診療】 Key words 前立腺癌の今後の薬物療法への期待

    賀本敏行

    カレントテラピー   30 ( 9 )   968 - 969   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:ライフメディコム  

  • 【骨転移のマネジメント】 前立腺癌治療と骨転移マネジメント

    賀本敏行

    癌と化学療法   39   1178 - 1182   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:癌と化学療法社  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 進行性/去勢抵抗性前立腺癌治療に於ける骨マネジメントー骨転移治療のポイントは?-

    賀本敏行

    第69回西日本泌尿器科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月9日 - 2017年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Differential use of chemotherapy and novel hormone therapy for castration-resistant prostate cancer

    賀本敏行

    第15回日本臨床腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月27日 - 2017年7月29日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Update on Prostate Cancer Biopsy Reporting 国際会議

    賀本敏行

    Advancements in Urology 2017 in San Diego 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月11日 - 2017年1月14日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 泌尿器細胞診報告様式 2015 に沿った細胞診断ーリスクの検証ー

    賀本敏行

    第55回日本臨床細胞学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 去勢抵抗性前立腺癌とは

    賀本敏行

    日本病理学会第 10 回診断病理サマーフェスト 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • CRPCにおけるCAVEOLIN-1,2関連シグナルを介した新規治療法の探索

    2015年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    去勢抵抗性前立腺癌に対するCAVEOLINを介する新規治療法を開発する。

  • 進行性前立腺癌における新しい治療ターゲットの探索

    2012年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    進行性前立腺癌における新しい治療ターゲットの探索

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 成人固形がん に 対する標準治療確立のための基盤研究

    2021年04月 - 2022年03月

    国立研究開発法人国立がん研究センター 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • ビカルタミドCAB療法により治療された国内の転移性ホルモン感受性前立腺癌患者におけるリスク因子及びPSA動態の解析に関する後ろ向き研究

    2020年08月 - 2023年09月

    EPクルーズ株式会社 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • 成人固形がんに対する標準治療確立のための基盤研究

    2020年05月 - 2021年03月

    国立研究開発法人国立がん研究センター 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • オプジーボ点滴静注 ヤーボイ点滴静注液 特定使用成績調査―根治切除不能又は転移性の腎細胞癌に対する併用療法―

    2019年01月 - 2021年03月

  • 筋層浸潤性膀胱癌患者においてネオアジュバント療法としてデュルバルマブをゲムシタビン+シスプラチンと併用し、その後アジュバント療法としてデュルバルマブを単独投与したときの有効性及び安全性を評価する第III相無作為化非盲検多施設国際共同試験

    2018年12月 - 2025年12月

    治験薬試験 

     詳細を見る

    受託研究区分:治験薬試験

全件表示 >>

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 発達泌尿生殖医学講座泌尿器科学分野研究奨学金

    寄附者名称:社会医療法人同心会 2021年03月

  • 発達泌尿生殖医学講座泌尿器科学分野研究奨学金

    寄附者名称:百瀬病院 2021年01月

  • 発達泌尿生殖医学講座泌尿器科学分野研究奨学金

    寄附者名称:特定医療法人健腎会 2021年01月

  • 発達泌尿生殖医学講座泌尿器科学分野研究奨学金

    寄附者名称:武田薬品工業株式会社 2020年12月

  • 発達泌尿生殖医学講座泌尿器科学分野研究奨学金

    寄附者名称:小野薬品工業株式会社 2020年11月

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本泌尿器科学会   理事  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    NCD運営委員会委員長

  • 日本泌尿器科学会   西日本支部理事  

    2009年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap