内田 勝久 (ウチダ カツヒサ)

UCHIDA Katsuhisa

写真a

所属

農学部 附属フィールド科学教育研究センター

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) ( 1997年3月   東京大学 )

  • 修士(理学) ( 1994年3月   富山大学 )

  • 学士(理学) ( 1992年3月   富山大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 形態、構造

  • ライフサイエンス / 水圏生産科学

  • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Establishment of a simplified system to evaluate salinity preference and validation of behavioral salinity selection in the japanese medaka, oryzias latipes

    Miyanishi H., Uchida K.

    Fishes   6 ( 2 )   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fishes  

    In fishes, it is necessary to select a salinity environment suitable for survival. However, little is known about the mechanisms regarding detection and selection of salinity environments in fish. This study involved the establishment of a simple aquarium system in which fish can swim between freshwater (FW) and seawater (SW) in a single tank. In this tank, the lower level contained SW, the upper level contained FW, and the FW and SW levels were clearly separated as different salinity areas. Behavioral experiments of salinity environment selection using this simplified system to evaluate salinity preference showed that FW-acclimated medakas preferred FW to SW. In contrast, SW-acclimated medakas preferred SW to FW. These results indicate that euryhaline medakas prefer the saline habitats to which they are acclimated, when able to select the salinity environment. We identified the taste receptor type-2 and polycystic kidney disease 2-like 1 genes as possibly related to high-salinity taste in medaka. The expression of these genes increased at certain time points after SW challenges. In this study, we established an aquarium system to facilitate a simple experiment for salinity preference. Our results suggest that the medaka is good model for research related to seawater environment selection in fish.

    DOI: 10.3390/fishes6020018

    Scopus

  • Photoperiodic regulation of pituitary thyroid-stimulating hormone and brain deiodinase in Atlantic salmon. 査読あり

     Irachi S, Hall DJ, Fleming MS, Maugars G, Björnsson BT, Dufour S, Uchida K, McCormick SD.

    Molecular and Cellular Endocrinology.   519   111056   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Molecular and Cellular Endocrinology  

    Seasonal timing is important for many critical life history events of vertebrates, and photoperiod is often used as a reliable seasonal cue. In mammals and birds, it has been established that a photoperiod-driven seasonal clock resides in the brain and pituitary, and is driven by increased levels of pituitary thyroid stimulating hormone (TSH) and brain type 2 iodothyronine deiodinase (DIO2), which leads to local increases in triiodothyronine (T3). In order to determine if a similar mechanism occurs in fish, we conducted photoperiod manipulations in anadromous (migratory) Atlantic salmon (Salmo salar) that use photoperiod to time the preparatory development of salinity tolerance which accompanies downstream migration in spring. Changing daylength from short days (light:dark (LD) 10:14) to long days (LD 16:8) for 20 days increased gill Na+/K+-ATPase (NKA) activity, gill NKAα1b abundance and plasma growth hormone (GH) levels that normally accompany increased salinity tolerance of salmon in spring. Long-day exposure resulted in five-fold increases in pituitary tshβb mRNA levels after 10 days and were sustained for at least 20 days. tshβb mRNA levels in the saccus vasculosus were low and not influenced by photoperiod. Increased daylength resulted in significant increases in dio2b mRNA levels in the hypothalamus and midbrain/optic tectum regions of the brain. The results are consistent with the presence of a photoperiod-driven seasonal clock in fish which involves pituitary TSH, brain DIO2 and the subsequent production of T3, supporting the hypothesis that this is a common feature of photoperiodic regulation of seasonality in vertebrates.

    DOI: 10.1016/j.mce.2020.111056

    Scopus

  • 宮崎県沿岸域における循環型サクラマス養殖体制の確立と地域水産業の活性化.

    内田勝久

    調査月報(一般財団法人みやぎん経済研究所)   325   2 - 8   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Production of anserine-rich fish sauce from giant masu salmon, Oncorhynchus masou masou and γ-aminobutyric acid (GABA)-enrichment by Lactobacillus plantarum strain N10 査読あり

    Taoka Y., Nakamura M., Nagai S., Nagasaka N., Tanaka R., Uchida K.

    Fermentation   5 ( 2 )   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fermentation  

    © 2019 by the authors. Previously, we developed a novel production technique for giant masu salmon (GMS). This study aimed to develop a fish sauce from GMS to explore ways to efficiently utilize the salmon and to enrich the fish sauce with γ-aminobutyric acid (GABA) by microbial fermentation. The minced bodies of GMS were autolyzed by endogenous protease at 55 °C and 60 °C. During autolysis, the changes in total free amino acids and protein size was monitored by LC-MS and SDS-PAGE analysis, respectively. After 96 h, fish sauce was prepared by heating, and the amino acid composition was analyzed by LC-MS. To enrich the fish sauce with GABA, Lactobacillus plantarum strain N10 was added and incubated at 28 °C for 48 h. The total free amino acids content significantly increased for 96 h. SDS-PAGE analysis showed that major bands at 200 kDa and 48 kDa detected at 0 h gradually disappeared over time. The ratio of anserine to total amino acids in the fish sauce was approximately 36%. The concentration of GABA in the fish sauce significantly increased through the addition of strain N10. Thus, anserine-rich fish sauce could be quickly produced from GMS, and the fish sauce was enriched with GABA by microbial fermentation.

    DOI: 10.3390/fermentation5020045

    Scopus

  • 日本比較内分泌学会主催シンポジウム「Bridge to a new generation: 時代をつなぐ研究を未来へ」を開催して

    内田 勝久

    比較内分泌学   45 ( 167 )   85_1 - 85_1   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本比較内分泌学会  

    DOI: 10.5983/nl2008jsce.45.85_1

    CiNii Article

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 動物学の百科事典

    内田勝久( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 内分泌系の進化)

    丸善出版  2018年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:1-800   記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 日本最南限でのサクラマス海面養殖の取り組み-宮崎県・五ヶ瀬産の銀化ヤマメを海で育む 招待あり

    内田勝久

    月刊アクアネット   21 ( 3 )   30 - 37   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:湊分社  

    ヤマメ(Oncorhynchus masou masou)は太平洋サケ属に分類される冷水魚である。北海道や本州北部地域では、春に銀化して河川を降り、北洋を回遊した後に母川回帰する個体群は「サクラマス(桜鱒)」と呼ばれ、生涯を河川で過ごす残留型個体群「ヤマメ(山女魚)」とは区別される。一方、九州地方の山間・渓流域に生息するヤマメは、周辺海域を流れる暖流により、ほとんどが河川残留型(陸封型)個体である。この様な背景から、九州地方では、ヤマメの内水面養殖が盛んであり、特に、宮崎県五ヶ瀬町産のヤマメは、県の水産物ブランド認証品第6号「五ヶ瀬ヤマメ」として育まれ、食されてきた。
    ヤマメの養殖事業においては、冬季の低水温(10℃以下)による成長停滞が大きな課題であるが、宮崎県沿岸域では冬季にヤマメを育成可能な水温条件(15℃~19℃)が整う。そのため、冬季に温暖な海水を利用し、宮崎方式のヤマメ海面養殖技術が確立できれば、体成長促進のみならず、日本最南限での海面養殖事業の新興が大いに期待できる。本稿では、温暖な日向灘海域でのヤマメ海面養殖の実用化を目標に取り組んできた、大学発の基礎研究成果や実証成果を紹介する

  • トラザメにおける視床下部-下垂体-生殖腺系とその機能遺伝子探索

    内田勝久,松本昌弘,兵藤晋,渡邊太郎,香川浩彦

    比較内分泌学   40 ( 152 )   83 - 85   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本比較内分泌学会  

  • 最も原始的な脊椎動物・ヌタウナギの下垂体から単離された生殖腺刺激ホルモンとその進化的起源

    内田勝久

    比較内分泌学   37 ( 140 )   32 - 36   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本比較内分泌学会  

  • モザンビークティラピアにおけるソマトラクチンの単離と海水順致、ストレス、絶食条件下における遺伝子発現動態

    内田勝久

    比較内分泌学   35 ( 135 )   296 - 299   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本比較内分泌学会  

  • Erratum to ''Identification of sea lamprey GTHβ-like cDNA and its evolutionary implications" [Gen. Comp. Endocrinol. 148 (2006) 22-35] (DOI:10.1016/j.ygcen.2005.11.009)

    Sower S., Moriyama S., Kasahara M., Takahashi A., Nozaki M., Uchida K., Dahlstrom J., Kawauchi H.

    General and Comparative Endocrinology   163 ( 3 )   344 - 345   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:General and Comparative Endocrinology  

    DOI: 10.1016/j.ygcen.2009.04.027

    Scopus

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 海と山をつなぐ宮大発サクラマス 養殖ベンチャーの挑戦 招待あり

    内田勝久

    第80回宮崎大学イブニングセミナ-  (宮崎大学330記念ホール)  宮崎大学研究国際部研究推進課

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:宮崎大学330記念ホール  

  • 板鰓類トラザメにおける孵化腺および孵化酵素の同定.

    宮西 弘、石田伶音、工樂樹洋、増田元保、高木 亙、兵藤 晋、内田勝久.

    日本動物学会第90回大会  (大阪市立大学)  日本動物学会第90回大阪大会事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月12日 - 2019年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学  

    Pre-hatch前の胚における組織学的解析から、頭部の上皮細胞に分泌顆粒を多数有する細胞層があることが判明した。この細胞層の次世代シーケンス解析により、頭部の上皮細胞で高い発現を示す遺伝子を2種類同定できた。胚の頭部および胴部における発現動態を定量PCRにより明らかにした結果、両遺伝子とも頭部に特異的に発現することが示された。発生段階(pre-hatchの前後)の進行に伴う両遺伝子の発現量の変化を解析した結果、両遺伝子ともコロイド層融解前から発現が見られ、pre-hatchを境に発現量が著しく低下した。これらの結果は、組織学的な解析による分泌顆粒の減少時期と一致した。さらに、whole-mount in situ hybridizationにより、両遺伝子は頭頂部の分泌顆粒を含む上皮細胞に特異的に発現していた。以上の結果より、板鰓類で初めて孵化腺ならびに孵化酵素である可能性が高い機能分子を2種類同定できた。

  • 軟骨魚類・板鰓類にも生殖に寄与する視床下部-下垂体機能軸はあるのか?

    内田勝久、横山裕麻、増田元保、宮西 弘、香川浩彦.

    第34回下垂体研究会学術集会  (島根県松江市)  日本下垂体研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月7日 - 2019年8月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:島根県松江市  

    顎口類の脳内には機能の異なる3つのGnRHパラログ(GnRH1~3)が存在する。トラザメの脳組織を用いたクローニング解析により、3種類のGnRH分子をコードする遺伝子配列が得られ、既知のニワトリⅡ型とツノザメ型に加え、新規タイプのGnRH分子(stGnRH)を同定した。分子系統解析により、stGnRHは、既知の顎口類GnRHパラログのうちGnRH1に属することが判明した(図3)。また、ニワトリⅡ型(gnrh2)は中脳領域で、stGnRH(gnrh1)とツノザメ型(gnrh3)は嗅球で高い発現が認められた。従って、板鰓類の脳内にも3種類のGnRH分子が存在することがはじめて示され、脊椎動物におけるGnRHは、無顎類から顎口類への進化の過程で、3種のGnRHに分子進化ならびに機能進化が生じたと推察される。  さらに、トラザメの脳から4種類のGnRH-Rを同定した。分子系統解析により、それら4種の受容体は、それぞれ、既存の受容体パラログのうち、Type1a、1b、2a、2bグループに分類された。GnRHの受容体遺伝子の脳内組織発現を調べた結果、gnrhr-1aのみが下垂体腹葉のFSH産生細胞で発現することが、組織学的に示唆された。以上の結果から、軟骨魚類・トラザメにも脳(GnRH)-下垂体(GTH)機能軸が存在することが示された。

  • 大西洋サケの銀化発動時における下垂体tshβbの発現と関連する内分泌 因子の動態解析

    伊良知正太郎、宮西 弘、McCormick S.D.、内田勝久

    第34回下垂体研究会学術集会  (島根県松江市)  日本下垂体研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月7日 - 2019年8月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:島根県松江市  

    サケ科魚類は河川で産まれ、春先にかけて銀(Smoltification)と呼ばれる 変態が起こり、塩分濃度の異なる海への降海行動を誘発する。銀化は日長変化に 呼応して誘起されるとされ、様々なホルモンの作用により銀化が進行する。しかし、日長変化がどのような分子基盤で銀化を発動するのかは、未だに不明である。本研究では、鳥類や哺乳類における光周性と成熟発動機構に関する知見を参 考に、サケ科魚類における光受容因子( tshβb, dio2b )の遺伝子発現が、日長条件の変化に応じて脳内でどのように変動するのか、また、それらの因子の変動が銀化に深く寄与すると考えられてきた下垂体の成長ホルモン(GH)の動態とどのように関連するのかを知ることを目的に実験を行なった。大西洋サケ(Atlantic salmon, Salmo salar) を実験魚とし、長日条件(16L:8D)と短日条件(10L:14D)で飼育を開始し、飼育開始後10日と20日にサ ンプリングを行った。 脳の各部位での光受容因子( tshβb , dio2b )の遺伝子発現を解析したところ、 tshβb は下垂体で高く、脳前方の領域にも遺伝子発現が認められ、 dio2b は脳 の広域に発現が認められた。下垂体の tshβb の発現量は飼育開始後10日と20 日ともに長日飼育群で有意に高く、脳前方の領域と視床下部における dio2b の 発現量は20日後の長日飼育群でのみ有意に上昇した。 下垂体 gh 遺伝子の発現量は20日間で変動は認められなかったものの、血中 GH量は20日後の長日飼育群でのみ有意に上昇した。以上の結果より、長日変 化後10日以内に光受容因子である tshβb の脳内発現が変化し、 dio2b の発現 ならびに、GH の分泌が促進され、銀化が誘起される可能性が示された。今後、 脳内の内分泌因子の作用機序を明らかにし、日長変化と銀化誘導の仕組みを理 解したい。

  • 日本最南限におけるサクラマスの養殖の現状と課題、将来展望 招待あり

    内田勝久

    ワークショップ サケマスの生理・生態学研究の最前線  (宮崎大学農学部)  宮崎大学農学部

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎大学農学部  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 宮崎銀行ふるさと振興助成事業(学術研究部門

    2020年1月   一般財団法人みやぎん経済研究所   宮崎県沿岸域における循環型サクラマス養殖体制の確立と地域水産業の活性化

    内田勝久

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

    五ヶ瀬産の養殖ヤマメのうち、体色が僅かに銀白色化する個体(銀化ヤマメ)が海水適応能力を持つことを発見し、海水に効率良く適応させるための馴致技術を開発した。さらに、冬季に海面養殖したヤマメは、わずか4か月余りで体重が10倍近くに増え、魚肉の生産性が飛躍的に増大し、県北部の新しい地域ブランド魚“みやざきサクラマス”の生産を可能とした。
    一方、春以降、海面養殖個体は内水面での養殖が可能であり、秋には大粒のイクラが、従来のヤマメに比べ、約6倍生産できることを見出した。これは、種苗生産を起点とした循環型サクラマス養殖という、新たな県内水産業の創出が期待される研究である。
                                  

  • Best Poster Award

    2003年2月   国際シンポジウム“Function of Marine Organisms-Mechanisms of Adaptation to Diverse Environments”  

    Uchida K.

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 日本動物学会論文賞

    2001年9月   日本動物学会  

    Uchida K., Kaneko T., Miyazaki H., Hasegawa S., Hirano T.

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • サケ科魚類の成長調節メカニズムの理解に基づいた養殖魚診断法の実用化

    2019年04月 - 2023年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    現在、世界的な人口増加の中で、養殖業の重要性が増してきている。その中でもサケ・マス類の海面養殖は、規模的にも技術的にも世界の養殖生産を牽引している。我が国でもサケ・マス類の地域ブランドの確立が盛んになってきている。しかし、国内外の養殖現場では魚は高密度、高水温、高塩分などのストレスにさらされ、成長停滞が懸念されている。本研究は、成長を司るホルモンと蛋白質に着目し、それぞれの機能を明らかにすると共に、それらを成長やストレスの指標(ツール)として確立することを目指している。これらの指標を用て飼育魚の成長・ストレスを定量的かつ定質的に診断する方法を開発することで、飼育環境の評価と改善が期待される。

  • サケ科魚類の新しい成長・ストレス診断法の開発と海面養殖への応用

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    サケ類の海面養殖において、幼魚を任意の時期にストレスなく海水へ移行させ、制約のある飼育環境下で最大に成長させることは最重要課題である。本研究では、まず動物の成長に関与するインスリン様成長因子(IGF)とその結合蛋白(IGFBP)に着目して、サケ類における成長の調節メカニズムと海水適応との関係を明らかにする。そして、IGFとIGFBPを正もしくは負の成長指標として確立して、それらを組み合わせた新しい成長診断法を開発する。さらに、本手法を国内各地とノルウェーのサケ海面養殖に適用し、飼育魚の成長状況を診断し、メカニズムに基づいて改善を図る。

  • 光受容器官としての血嚢体の生理機能解明によるニホンウナギの新規成熟誘起技術の開発

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    香川浩彦、内田勝久

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 次世代シーケンサーを用いたサメ類の繁殖生理機構の解明と応用に向けた実践と発信

    2013年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    サメ類は発展途上国から先進国まで食料として利用されている重要な水産資源である。日本では大震災で被害を受けた東北を中心に漁獲されている。一方、混獲やフカヒレ目的の未利用サメの投棄などから資源の減少が懸念され、FAOは「サメ類の保護と管理のための国際行動計画」を策定し、サメ資源の保全を図ろうとしている。しかし、サメの繁殖保護を図るために必須の繁殖生理学的研究はほとんどなされていない。本研究では、サメ独特の性分化機構及び卵子・精子形成の分子制御機構を明らかにするために、これまでほとんど明らかになっていない成熟内分泌因子を最新の遺伝子解析技術を用いて分子・遺伝子レベル単離・同定し、その生理的役割を明らかにするとともに、性分化制御技術や早期成熟促進技術の開発を目指すことにより、世界のサメ繁殖研究をリードし、繁殖生理学的視点からサメ資源の保護のための提言を発信する。

  • 原始脊椎動物における視床下部-下垂体制御機構の理解とその進化的基盤を探る

    2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    今から約5億年前に誕生した無顎類・ヌタウナギは、現存する最古の脊椎動物である。この動物は、進化の過程で深海を生息域としたため、繁殖現象のみならず、初期発生・成長や代謝過程といった、生命現象の基本となる学術的な知見が極めて乏しい。これまで、ヌタウナギ類の下垂体から生殖腺刺激ホルモン(GTH)を世界で初めて単離し、この動物の生殖内分泌現象の一端を明らかにしている。また、GTHの標的器官である生殖腺で産生される性ステロイドホルモンの分泌動態や、性ステロイド合成に関わる因子の同定と発現動態を明らかにしつつある。しかしながら、GTHを除く(腺性)下垂体ホルモンや、下垂体機能の制御に関わる脳内・視床下部領域における内分泌因子については、未だに知見が乏しく、視床下部-下垂体の機能的な連関についても理解されていない。本研究は、ヌタウナギ類の視床下部-下垂体系を分子レベルで捉え、得られた成果を基盤として、ヌタウナギ類における繁殖、初期発生、成長・代謝制御機構を個体レベルで理解することを目的としている。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 宮崎県沿岸域における循環型サクラマス養殖 体制 の確立と地域水産業の 活性化

    2020年01月 - 2021年03月

    一般財団法人 みやぎん経済研究所  2019年度宮崎銀行ふるさと振興助成事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 宮崎県沿岸域における循環型サクラマス養殖生産事業の定着化

    2018年10月 - 2019年09月

    民間財団等  平成30年度九州・大学発ベンチャー振興シーズ育成資金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 河川・湖沼生態系の酸性化に対する生物学的な環境評価指標の確立

    2009年04月 - 2010年03月

    民間財団等  ユニオンツール育英奨学金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    近年、東アジア地域の近代化に伴い、我が国でも河川や湖沼の酸性化は着実に進行している。酸性雨は水圏に生息する魚類に極めて重大な影響を直接的に及ぼすため、種の存続や水産資源の安定供給が危惧される。従って、環境水の酸性化が魚類にどのような影響を及ぼすのかを、生物学的な視点から理解することは、野外生態系における環境評価の確立や、酸性雨に対する具体的な施策へと繋がる、極めて重要な課題である。本研究では、①環境水の酸性化が魚類に及ぼす影響を、生理学・形態学の視点から理解する、②酸性環境に応答する内分泌機構を明らかにする、③生物学的な成果を、河川・湖沼生態系における酸性環境評価へと繋げている。

  • 陸水生態系の酸性化に対する生物学的な環境評価指標の構築

    2008年04月 - 2009年03月

    民間財団等  内田エネルギー科学振興財団・試験研究費助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    本研究では、人為的酸性環境下で飼育した広塩性魚類・ティラピアをモデル魚種とし、① 環境水の水素イオン濃度(pH)の低下が個体にどの様な影響を及ぼすのかを、生理学・形態学の視点から明らかにする、② 酸性適応に関わる内分泌因子を明らかにする、③ これらの生物学的な成果を、河川・湖沼生態系における環境評価技術の確立へと繋げる。

  • 魚類の酸性環境適応と内分泌系による制御機構の理解

    2007年04月 - 2008年03月

    地方自治体  佐々木環境技術振興財団・試験研究費助成金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    化石燃料の大量燃焼により発生する酸性雨が、様々な動植物を含めた生態系に大きな影響を及ぼし、水圏に生息する魚類にも極めて重大な影響を直接的に及ぼしている。従って、魚類の酸性環境への適応機構を、生理学や内分泌学の立場から理解することは、野外生態系での酸性雨に対する生物学的な評価技術の開発へと繋がる、極めて重要な課題である。本研究では、魚類の酸性適応機構を理解する第一歩として、広塩性魚・ティラピアをモデル動物とし、この魚種の酸性適応能を生理学的・内分泌学的に明らかにするとともに、魚類の酸性適応に関連した内分泌因子として、下垂体より分泌されるソマトラクチン(SL)の遺伝子構造を決定した。

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • ウナギの科学

    2020年04月

     詳細を見る

    日本水産学会誌第86巻第2号書評 ウナギの科学