永田 順子 (ナガタ ジユンコ)

NAGATA Junko

写真a

所属

医学部 附属病院 歯科口腔外科・矯正歯科

職名

講師

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学) ( 1994年3月   鹿児島大学 )

  • 歯学士 ( 1990年3月   鹿児島大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 外科系歯学

  • ライフサイエンス / 成長、発育系歯学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 熟達した診断プロセスの形式化に向けた視線計測実験 査読あり

    伊藤京子, 佐尾明輝, 廣江 葵, 長松 隆, 青柳 西蔵, 永田 順子, 高田 健治

    ヒューマンインタフェース学会研究報告集   21 ( 1 )   11 - 16   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • Formulation of diagnostic expertise in oral health care and its application to clinical education 査読あり

    Ito K., Sao H., Nagamatsu T., Nagata J., Takada K.

    Communications in Computer and Information Science   713   532 - 539   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Communications in Computer and Information Science  

    © Springer International Publishing AG 2017. Visual inspection of a patient’s physical condition is an important step in the diagnostic process. This preliminary check is indispensable for dental/medical practitioners to properly assess, in a clinical environment, the presence or absence of abnormalities as well as the pathologic status of the patient. A highly skilled visual inspection results in effective treatment planning, whereas a crude, low-skilled inspection may likely result in diagnostic errors and subsequent prolongation of the treatment period. For students and inexperienced residents to acquire the highly sophisticated skill of visual inspection, it would be crucial to master skills and techniques performed by expert practitioners in the process of visual inspection. In this study, we focus on eye motion as a parameter that describes gaze behavior. This metric should reflect the expertise utilized by proficient dental practitioners during a visual inspection of a patient’s face and oral cavity. We select the orofacial region as the site for diagnosis. This region manifests an intricate three- dimensional configuration and is strongly relevant to food intake, respiration, verbal communication, and aesthetics. It is an important part of the body that requires proficient visual judgment for proper diagnostics. We have conducted an experiment. The participants were two highly experienced dental doctors. The results of the experiment show that there would be the patterns of eye movements for diagnosis and it would be categorized in some patterns.

    DOI: 10.1007/978-3-319-58750-9_74

    Scopus

  • 歯科矯正用アンカースクリューによる大臼歯の圧下と上下顎同時移動術により治療した骨格性Ⅱ級開咬症例 査読あり

    温水 佳世子, 永田 順子, 金氏 毅, 山下 善弘

    Orthodontic Waves   80 ( 1 )   19 - 26   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 歯科矯正用アンカースクリューによる上顎臼歯の遠心移動と上下顎同時移動術により治療した小臼歯欠損と叢生を伴う骨格性Ⅲ級症例 査読あり

    永田 順子, 温水 佳世子, 金氏 毅, 山下 善弘

    Orthodontic Waves   79 ( 2 )   96 - 102   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Orthodontic treatment of a traumatically intruded and ankylosed permanent tooth with surgical corticotomy. 査読あり

    Nagata J, Igawa K, Nukumizu K, Sakoda S, Yamashita Y

    小児口腔外科   26 ( 3 )   117 - 126   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This case report suggested that the orthodontic treatment combined with corticotomy may be an effective method for young patients with severe traumatically intruded and ankylosed teeth with immature roots and retained pulp vitality.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 当科における合併奇形を有した口唇口蓋裂患者の統計学的検討

    温水佳世子、黒木美帆、永田順子、山下善弘

    みやざき歯界   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:宮崎県歯科医師会  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Long term assessment of the effects of occlusal management and oral myofunctional therapy in cleft lip and palate patients. 招待あり 国際会議

    unko Nagata, Yusaku Suehiro, Keiichi Arimura, Yoshihiro Yamashita

    .第59回日本先天異常学会・The 13th World Congress of International Cleft Lip and Palate oundation CLEFT 2019 ICPF合同学術集会  (愛知県名古屋市)  日本先天異常学会・ ICPF

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月26日 - 2019年7月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:愛知県名古屋市  

  • 口唇・口蓋裂患者の矯正歯科治療と顎顔面形態および顎矯正手術の臨床統計的検討

    永田順子, 金氏 毅, 有村慶一, 纐纈 衆, 山下善弘

    第29回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会  (新潟県新潟市)  第43回一般社団法人日本口蓋裂学会総会・学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月30日 - 2019年5月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟県新潟市  

  • NAMによる術前顎矯正治療が唇顎口蓋裂患者の歯槽弓形態に及ぼす影響. 国際会議

    永田順子、末廣雄作、有村慶一、山下善弘

    .第43回一般社団法人日本口蓋裂学会総会・学術集会  (新潟県新潟市)  第43回一般社団法人日本口蓋裂学会総会・学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月30日 - 2019年5月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟県新潟市  

  • 小児の睡眠障害における医療連携―口腔症状・疾患と睡眠との関連

    永田順子

    第27回日本小児口腔外科学会総会・学術大会  (宮崎県宮崎市)  小児口腔外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月7日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:宮崎県宮崎市  

  • Development of a Breathing and Heartbeat Monitoring System for Home-based Sleep Studies using Multi Piezoelectric Elements. 国際会議

    Hiroki Tamura and Keiko Sakurai and Koichi Tanno and Nobuya Takahashi and Junko Nagata

    2019 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC)  (Bari, Italy)  International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC)

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月6日 - 2019年10月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Bari, Italy  

全件表示 >>