稲葉 丈人 (イナバ タケヒト)

INABA Takehito

写真a

所属

農学部 植物生産環境科学科

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 2002年3月   名古屋大学 )

  • 修士(農学) ( 1999年3月   名古屋大学 )

  • 学士(農学) ( 1997年3月   名古屋大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 応用生物化学

  • ライフサイエンス / 応用分子細胞生物学

  • ライフサイエンス / 植物栄養学、土壌学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Salicylic Acid Acts Antagonistically to Plastid Retrograde Signaling by Promoting the Accumulation of Photosynthesis-Associated Proteins in Arabidopsis. 査読あり

    Hirosawa Y, Tada A, Matsuura T, Mori IC, Ogura Y, Hayashi T, Uehara S, Ito-Inaba Y, Inaba T

    Plant & Cell Physiology   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcab128

    PubMed

  • Loss of inner-envelope K<sup>þ</sup>/H<sup>þ</sup> exchangers impairs plastid rRNA maturation and gene expression 査読あり 国際共著

    DeTar R.A., Barahimipour R., Manavski N., Schwenkert S., Höhner R., Bölter B., Inaba T., Meurer J., Zoschke R., Kunz H.H.

    Plant Cell   33 ( 7 )   2479 - 2505   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Plant Cell  

    The inner-envelope Kþ EFFLUX ANTIPORTERS (KEA) 1 and 2 are critical for chloroplast development, ion homeostasis, and photosynthesis. However, the mechanisms by which changes in ion flux across the envelope affect organelle biogenesis remained elusive. Chloroplast development requires intricate coordination between the nuclear genome and the plastome. Many mutants compromised in plastid gene expression (PGE) display a virescent phenotype, that is delayed greening. The phenotypic appearance of Arabidopsis thaliana kea1 kea2 double mutants fulfills this criterion, yet a link to PGE has not been explored. Here, we show that a simultaneous loss of KEA1 and KEA2 results in maturation defects of the plastid ribosomal RNAs. This may be caused by secondary structure changes of rRNA transcripts and concomitant reduced binding of RNA-processing proteins, which we documented in the presence of skewed ion homeostasis in kea1 kea2. Consequently, protein synthesis and steady-state levels of plastome-encoded proteins remain low in mutants. Disturbance in PGE and other signs of plastid malfunction activate GENOMES UNCOUPLED 1-dependent retrograde signaling in kea1 kea2, resulting in a dramatic downregulation of GOLDEN2-LIKE transcription factors to halt expression of photosynthesis-associated nuclear-encoded genes (PhANGs). PhANG suppression delays the development of fully photosynthesizing kea1 kea2 chloroplasts, probably to avoid progressing photo-oxidative damage. Overall, our results reveal that KEA1/KEA2 function impacts plastid development via effects on RNA-metabolism and PGE.

    DOI: 10.1093/plcell/koab123

    Scopus

    PubMed

  • Induction of TOC and TIC genes during photomorphogenesis is mediated primarily by cryptochrome 1 in Arabidopsis 査読あり 国際共著

    Fukazawa H., Tada A., Richardson L.G.L., Kakizaki T., Uehara S., Ito-Inaba Y., Inaba T.

    Scientific Reports   10 ( 1 )   20255   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    © 2020, The Author(s). The majority of genes encoding photosynthesis-associated proteins in the nucleus are induced by light during photomorphogenesis, allowing plants to establish photoautotrophic growth. Therefore, optimizing the protein import apparatus of plastids, designated as the translocon at the outer and inner envelope membranes of chloroplast (TOC–TIC) complex, upon light exposure is a prerequisite to the import of abundant nuclear-encoded photosynthesis-associated proteins. However, the mechanism that coordinates the optimization of the TOC–TIC complex with the expression of nuclear-encoded photosynthesis-associated genes remains to be characterized in detail. To address this question, we investigated the mechanism by which plastid protein import is regulated by light during photomorphogenesis in Arabidopsis. We found that the albino plastid protein import2 (ppi2) mutant lacking Toc159 protein import receptors have active photoreceptors, even though the mutant fails to induce the expression of photosynthesis-associated nuclear genes upon light illumination. In contrast, many TOC and TIC genes are rapidly induced by blue light in both WT and the ppi2 mutant. We uncovered that this regulation is mediated primarily by cryptochrome 1 (CRY1). Furthermore, deficiency of CRY1 resulted in the decrease of some TOC proteins in vivo. Our results suggest that CRY1 plays key roles in optimizing the content of the TOC–TIC apparatus to accommodate the import of abundant photosynthesis-associated proteins during photomorphogenesis.

    DOI: 10.1038/s41598-020-76939-w

    Scopus

    PubMed

  • Installation of authentic BicA and SbtA proteins to the chloroplast envelope membrane is achieved by the proteolytic cleavage of chimeric proteins in Arabidopsis 査読あり

    Uehara, S., Sei, A., Sada, M., Ito-Inaba, Y., Inaba, T.

    Scientific Reports   10 ( 1 )   2353   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    To improve the photosynthetic performance of C3 plants, installing cyanobacterial bicarbonate transporters to the chloroplast inner envelope membrane (IEM) has been proposed for years. In our previous study, we successfully introduced chimeric cyanobacterial sodium-dependent bicarbonate transporters, BicA or SbtA, to the chloroplast IEM of Arabidopsis. However, the installation of authentic BicA and SbtA to the chloroplast IEM has not been achieved yet. In this study, we examined whether or not tobacco etch virus (TEV) protease targeted within chloroplasts can cleave chimeric proteins and produce authentic bicarbonate transporters. To this end, we constructed a TEV protease that carried the transit peptide and expressed it with chimeric BicA or SbtA proteins containing a TEV cleavage site in planta. Chimeric proteins were cleaved only when the TEV protease was co-expressed. The authentic forms of hemagglutinin-tagged BicA and SbtA were detected in the chloroplast IEM. In addition, cleavage of chimeric proteins at the TEV recognition site seemed to occur after the targeting of chimeric proteins to the chloroplast IEM. We conclude that the cleavage of chimeric proteins within chloroplasts is an efficient way to install authentic bicarbonate transporters to the chloroplast IEM. Furthermore, a similar approach can be applied to other bacterial plasma membrane proteins.

    DOI: 10.1038/s41598-020-59190-1

    Scopus

    PubMed

  • Alternative oxidase capacity of mitochondria in microsporophylls may function in cycad thermogenesis 査読あり

    Ito-Inaba, Y., Sato, Y., Sato, M.P., Kurayama, Y., Yamamoto, H., Ohata, M., Ogura, Y., Hayashi, T., Toyooka, K., Inaba, T.

    Plant Physiology   180 ( 2 )   743 - 756   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.19.00150

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 温度と生命システムの相関学

    中山克大, 大川久美子, 稲葉丈人ほか( 担当: 共著)

    東海大学出版会  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • 翻訳版 人工光合成 -生物学的基礎から工業技術的応用まで-

    河野智謙・監訳( 担当: 共訳)

    エヌ・ティー・エス出版  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Studies of pea Ypt/Rab GTPases expressed in darkness

    稲葉 丈人

    [s.n.]  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

MISC 【 表示 / 非表示

  • 光合成能改良を目指した植物へのシアノバクテリア重炭酸イオン輸送体の組込み 招待あり

    上原晋,稲葉丈人

    アグリバイオ   2 ( 12 )   82 - 86   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Energetic manipulation of chloroplast protein import and the use of chemical cross-linkers to map protein-protein interactions.

    Inoue, H. Wang, F., Inaba, T. and Schnell, D.J.

    Methods in Molecular Biology   774   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

  • 葉緑体機能の構築とプラスチドシグナル伝達経路.

    稲葉丈人, 矢津芙美子, 柿崎智博

    バイオサイエンスとインダストリー   68   394 - 397   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:バイオインダストリー協会  

  • ストレス応答における親水性タンパク質の役割.

    中山克大, 大川久美子, 稲葉丈人

    化学と生物   46   128 - 134   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本農芸化学会  

  • クラークと新島襄ゆかりの街、Amherstでの研究生活 - 葉緑体タンパク質輸送の一端を解き明かす -

    稲葉丈人

    化学と生物   44   491 - 495   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本農芸化学会  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Targeting of a polytopic membrane protein to the inner envelope membrane of chloroplasts involves multiple transmembrane segments.

    Okawa, K., Inoue, H., Adachi, F., Nakayama, K., Ito-Inaba, Y., Schnell D.J., Uehara, S. and Inaba, T.

    日本植物生理学会2014年度年会  (富山)  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山  

  • ザゼンソウの花成ホルモン(SrFT)が熱産生に及ぼす影響の検討

    稲葉靖子, 増子(鈴木)潤美, 片山陽子, 渡辺正夫, 稲葉丈人

    日本植物生理学会2014年度年会  (富山)  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山  

  • 植物細胞における葉緑体形成の分子機構 ~タンパク質輸送からシグナル伝達まで~

    稲葉丈人

    日本動物学会九州支部・九州沖縄植物学会・日本生態学会九州地区会学術講演会  (宮崎)  日本動物学会九州支部・九州沖縄植物学会・日本生態学会九州地区会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:宮崎  

  • ポリトピック型膜タンパク質の葉緑体内包膜への輸送機構

    稲葉丈人, 井上仁志, 大川久美子, 安達ふみ, 中山克大, 稲葉靖子, Danny J. Schnell

    第37回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム  (雲仙)  蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:雲仙  

  • プラスチドシグナル伝達因子GLK1の細胞内局在と組織特異的発現の解析

    戸田真, 稲葉靖子, 矢津芙美子, 榊原陽一, 水光正仁, 稲葉丈人

    平成24年度日本農芸化学会西日本支部大会  (鹿児島)  日本農芸化学会西日本支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Excellent Scholar Award

    2017年4月   International Botanical Congress 2017  

    Takehito Inaba

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 宮崎大学農学部表彰論文 最優秀賞

    2016年12月   宮崎大学農学部  

    稲葉丈人

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本農芸化学会 農芸化学奨励賞

    2009年3月   日本農芸化学会  

    稲葉丈人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 2008 Plant and Cell Physiology Cover Design Award 第3位

    2009年3月   Oxford University Press  

    Ito-Inaba, Y., Hida, Y., Mori, H. and Inaba, T.

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • 日本農芸化学会東北支部奨励賞

    2007年11月   日本農芸化学会東北支部  

    稲葉丈人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 葉緑体電子伝達反応を利用した光合成発電デバイスの開発

    2020年07月 - 2023年03月

    科学研究費補助金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • カンキツ属植物の自家不和合性はS-RNaseに支配されているのか?

    2019年04月 - 2023年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 合成生物学的手法を用いた高効率CO2流入経路の構築とそれに基づく光合成能の改良

    2018年 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • ハイブリッド型葉緑体を持つ植物の創出とその機能解析

    2015年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ハイブリッド型葉緑体を持つ植物の創出とその機能解析

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 穀類のデンプン高蓄積を可能にするタンパク質透過装置の解明

    2020年08月 - 2021年07月

    民間財団等  エリザベス・アーノルド富士財団 学術研究助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 生体制御分子の機能変換機構の解明のための研究・若手研究者育成ネットワークの構築

    2013年10月 - 2016年03月

    文部科学省  日本学術振興会 頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    生体制御分子の代謝や機能制御において中心的な役割を果たす硫酸化に関して、その生理機能解明と生態制御分子硫酸体の機能解明に関する国際共同研究を実施する。

  • 2012 Annual Meeting, Society for Experimental Biology

    2012年04月 - 2012年06月

    民間財団等  内藤記念科学振興財団 若手研究者海外派遣助成金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    SEB meetingにおける研究発表。