大澤 健司 (オオサワ タケシ)

OSAWA Takeshi

写真a

所属

農学部 獣医学科

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学) ( 1998年3月   酪農学園大学 )

  • 学術修士(Master of Philosophy) ( 1997年12月   エディンバラ大学(University of Edinburgh)(UK) )

  • 獣医学修士 ( 1989年3月   酪農学園大学 )

  • 獣医学士 ( 1987年3月   酪農学園大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 獣医臨床繁殖学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Correlation of foetal body weight by coronet width measurement using ultrasonography in prepartum cows: a pilot study

    Tani M., Tani C., Tasaki H., Harumoto S., Yoshimatsu R., Ito S., Koutaka T., Hattori N., Moritomo Y., Osawa T.

    Australian Veterinary Journal   99 ( 11 )   469 - 472   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Australian Veterinary Journal  

    This study aimed to clarify the effectiveness of foetal body weight estimation by measuring foetal coronet width using transrectal ultrasonography in beef cows during near-term pregnancy. A characteristic ‘gull wing’ pattern was obtained from the foetal coronet cross-section from the dewclaw side using ultrasonography. This pattern was matched to the bone surface of the distal part of the middle phalanx. Then, the relationship between coronet width and body weight at birth of 22 Japanese Brown calves was analysed and a high correlation coefficient of 0.8965 (P < 0.001) was obtained. In conclusion, the coronet width of the fetus is depicted as a ‘gull wing’ hyperechoic structure and can be measured by ultrasonography per rectum during near-term pregnancy. This technique may be a useful tool to identify high-risk cows with dystocia before calving. High foetal coronet values may predispose cattle to dystocia.

    DOI: 10.1111/avj.13112

    Scopus

  • Association of intrauterine presence of Lactobacillus spp. with inflammation and pathogenic bacteria in the uterus in postpartum dairy cows.

    Wu X, Kitahara G, Suenaga T, Naramoto K, Sekiguchi S, Goto Y, Osawa T

    The Journal of reproduction and development   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本繁殖生物学会  

    <p>The aim of this study was to clarify the influence of <i>Lactobacillus </i>spp. on the degree of endometrial inflammation in the postpartum period and the relationship between <i>Lactobacillus </i>spp. and pathogenic bacteria in the endometrium of postpartum dairy cows. Endometrial samples were collected from 41 Holstein-Friesian cows at 4 and 8 weeks postpartum using cytobrushes for polymorphonuclear neutrophil (PMN) count and bacterial culture to isolate <i>Lactobacillus </i>spp., <i>Escherichia coli</i>, and<i> Trueperella pyogenes</i>. The 4-week samples were divided into four groups (E + L +), (E + L −), (E − L +), (E − L −) according to whether endometritis was diagnosed (E +) and <i>Lactobacillus </i>spp. was isolated (L +). The diagnostic criterion for cytological endometritis was > 18% PMN. The average PMN% in the E + L + group was lower than that in the E + L-group (P < 0.05) at 8 weeks postpartum. There were no significant correlations between the number of colonies of <i>Lactobacillus</i> spp. and <i>E. coli</i> or between that of <i>Lactobacillus</i> spp. and <i>T. pyogenes</i>. <i>Lactobacillus </i>spp. could reduce PMN% in dairy cows with endometritis during the puerperal period. In conclusion, the intrauterine presence of <i>Lactobacillus </i>spp. may have a positive effect on uterine involution in postpartum dairy cows.</p>

    DOI: 10.1262/jrd.2021-023

    PubMed

    CiNii Article

  • 黒毛和種経産牛の正常分娩に伴う子宮頸管熟化におけるコラーゲン組成に関連した変化

    山之口 瑛悟, 北原 豪, 小林 郁雄, 邉見 広一郎, 菱川 善隆, CHOIJOOKHUU Narantsog, 山口 良二, 大澤 健司

    日本繁殖生物学会 講演要旨集   114 ( 0 )   OR - 32-OR-32   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本繁殖生物学会  

    <p>【目的】分娩に伴う頸管熟化には生理的な炎症反応を伴うこと,さらにⅠ型コラーゲンの変化が頸管熟化に関連することがヒトやマウスでは示唆されているが,牛では不明である。牛の臨床現場では長期在胎や陣痛微弱による難産と死産が問題となっており,このような問題を防ぐために頸管熟化を促進させる方法の開発と応用が期待される。そこで,本研究では牛における正常な子宮頸管熟化機構と関連する変化の一端を明らかにすることを目的として,妊娠後期から分娩までのコラーゲンの変化に注目した試験を実施した。【材料と方法】宮崎大学農学部附属牧場の2~14産目の黒毛和種経産牛14頭を供試した。人工授精から分娩までの日数は293±4(平均±SD)日であった。人工授精後200(±3)日,260(±3)日,274(±3)日,288(±3)日,以降7日間隔で分娩直前(0~6日前)まで子宮頸管組織をパンチ生検で採取,さらに子宮頸管粘液を用手で採取した。頸管組織はピクロシリウスレッド染色し,偏光顕微鏡で観察と撮影を行い,得られた画像を用いⅠ型コラーゲンを示す領域が組織の総面積に占める割合を画像処理ソフト(ImageJ)で算出した。頸管粘液はディフクイック染色で有核細胞400個に対する多形核好中球の割合(PMN%)を算出した。【結果】Ⅰ型コラーゲンの組織に対する割合は,初回採材(分娩の12~13週間前)時点で94.8%から最終採材時では72.5%と低下した(p<0.05)。頸管粘液中のPMN%は初回採材時に最も低く(0.01%),分娩4~5週間前までに22.0%と上昇(p<0.05)し,分娩1週間前までに最高値(50.9%)を示した。【考察】以上の結果より,牛の頸管熟化には頸管組織におけるⅠ型コラーゲンの減少が関与していることが示唆された。また,頸管粘液中のPMNの増加の後にコラーゲンが変化し始めていることから,PMNによる炎症とPMNが分泌するコラゲナーゼが頸管熟化に影響することが推察された。</p>

    DOI: 10.14882/jrds.114.0_OR-32

    CiNii Article

  • Predisposing factors, diagnostic and therapeutic aspects of persistent endometritis in postpartum cows

    Osawa T.

    Journal of Reproduction and Development   67 ( 5 )   291 - 299   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Reproduction and Development  

    A certain level of endometrial bacterial infection and inflammation is involved in bovine uterine involution during the puerperal period. Factors that hamper normal uterine involution expose the uterine environment to pathological conditions, causing different endometritis levels. The lack of proper diagnostic tools extends the time to conception. Efforts have been made to elucidate the postpartum uterine environment, including bacterial flora, changes in transient endometrial inflammation, and the pathophysiology of endometritis, to improve bovine reproductive performance. E. coli and Trueperella pyogenes in the uterus are likely to cause persistent infection, and Mycoplasma bovigenitalium infection is associated with dystocia and cytological endometritis in postpartum dairy cows. Due to the widespread use of cytobrush as a diagnostic tool for bovine subclinical endometritis (SE) that enables quantification of the degree of inflammation, we found that endometritis at week 5 postpartum was associated with delayed first ovulation. Approximately 30% of open cows have SE during the postpartum period, and cows with low blood glucose during prepartum have a high risk of developing SE. Additionally, cows with purulent vaginal discharge do not always have endometritis but only vaginitis and/or cervicitis. Intrauterine infusion of polyvinylpyrrolidone-iodine (PVP-I) improves fertility and promotes endometrial epithelial cell regeneration after inducing transient uterine inflammation, suggesting that PVP-I could be a good alternative to antibiotics. In conclusion, prepartum management to prevent glucose deficiency, prompt diagnosis to identify causative agents and intrauterine inflammation levels, and appropriate treatment to minimize antimicrobial resistance is beneficial for tackling endometritis and improving reproductive performance in bovine herds.

    DOI: 10.1262/jrd.2021-052

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • Intrauterine infusion of povidone-iodine: Its effect on the endometrium and subsequent fertility in postpartum dairy cows 査読あり

    Rumika Yoshida, Go Kitahara, Takeshi Osawa

    Journal of Veterinary Medical Science   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 人工授精および胚移植にとっての超音波検査 招待あり

    大澤 健司

    LIAJニュース   ( 186 )   5 - 9   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:一般社団法人 家畜改良事業団  

  • 分娩後の乳牛におけるポビドンヨード子宮内投与が子宮内膜とその後の繁殖性に及ぼす影響 招待あり

    吉田留美加,北原 豪,大澤健司

    臨床獣医   38 ( 10 )   36 - 41   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 現場でできる迅速な牛の子宮内膜炎の診断法 招待あり

    大澤 健司

    家畜診療   67 ( 7 )   411 - 414   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 全国農業共済協会  

  • 牛の分娩に伴う子宮内および腟内感染 - その病態が受胎性に及ぼす影響 招待あり

    大澤 健司

    家畜感染症学会誌   8 ( 4 )   133 - 139   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 総論:牛の子宮修復過程と子宮内膜炎 招待あり

    大澤 健司

    臨床獣医 臨時増刊号 「続・新しい牛の繁殖」   36 ( 7 )   42 - 50   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:緑書房  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 正常産と難産の黒毛和種牛における母牛骨盤と産子サイズ比-難産予測方法確立のために

    前田崇史,大澤健司,北原 豪

    日本畜産学会第128回大会  (福岡市)  公益社団法人日本畜産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月27日 - 2021年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡市  

  • Effect of estradiol benzoate on uterine arteries blood flow and endometrial inflammation in dairy cows with endometritis

    Mohamed Rawy, Ahmed Hassaneen, Go Kitahara, Derar Ibrahim, Gaber Megahed, Takeshi Osawa

    第113回日本繁殖生物学会大会  (仙台市)  公益社団法人日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月23日 - 2020年9月25日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台市  

  • 牛の子宮内膜環境と受胎性に関する研究 – 特に分娩後早期における子宮内膜環境の変化と子宮内膜炎の診断治療プロトコールについて

    大澤健司

    第113回日本繁殖生物学会大会  (仙台市)  公益社団法人日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月23日 - 2020年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:仙台市  

  • ウシ凍結融解精液検査のための携帯型精子運動解析装置の評価

    加藤梨帆,北原豪,大澤健司

    第113回日本繁殖生物学会大会  (仙台市)  公益社団法人日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月23日 - 2020年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台市  

  • Ketosis-related Biochemical Changes in Crossbreed (Tarentaise X Egyptian Baladi) Dual-Purpose Cows in Egypt and its Effect on The Subsequent Fertility

    Ahmed SA Hassaneen, Mohammed H Ramadan, Alaa Eldin Zain Elabdeen Mahmoud, Alaa EB Zeidan, Ahmed Ezzat Ahmed, Mohamed Rawy, Go Kitahara, Takeshi Osawa

    第163回日本獣医学会学術集会  (山口大学)  公益社団法人日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月8日 - 2020年9月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本繁殖生物学会学会賞・学術賞

    2020年9月   公益社団法人 日本繁殖生物学会   牛の子宮内膜環境と受胎性に関する研究

    大澤健司

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 日本産業動物獣医学会九州地区学会長賞

    2016年10月   日本産業動物獣医学会九州地区学会   抗ミューラー管ホルモンによる黒毛和種未経産牛の春機発動の予測

    北原 豪,El-Sheikh Ali, H.,高橋 透,小林郁雄,邉見広一郎,大澤健司

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 日本産業動物獣医学会九州地区学会長賞

    2014年10月   日本産業動物獣医学会九州地区学会  

    北原豪、岩村智美、日高勇一、一色大志、宮田逸郎、大澤健司

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 日本獣医繁殖学・優秀発表賞

    2014年9月   日本獣医学会獣医繁殖学分科会  

    芹生朋美、北原豪、上松瑞穂、邉見広一郎、小林郁雄、大澤健司

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ウシ潜在性子宮内膜炎の病態解明と治療・予防ストラテジーの確立

    2016年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ウシの受胎性を大きく低下させている子宮内膜炎について、申請者らは実用的な診断法を確立するに至った。本研究では、エビデンスに基づいた治療ストラテジーの確立と本症制御を目的として、ウシ子宮内膜炎の発症機序と病態(細菌感染と内膜PMN浸潤との関係、局所免疫応答)、罹患個体の免疫動態が卵巣機能に及ぼす影響、および子宮内膜由来分離細菌の病原性を明らかにする。本研究成果によりリピートブリーダーの主要因ともされている潜在性子宮内膜炎の制御、そして現場における繁殖成績の向上が期待できる。

  • ウシ子宮内膜炎の発症機序解明と子宮内マイコプラズマ感染との関連に関する研究

    2012年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    牛の子宮疾患は受胎性を大きく低下させる。中でも分娩後の子宮内膜炎は発生率が高いにもかかわらず、臨床
    現場において実用的な診断方法がないことから看過されるケースが多く、結果として牛群の繁殖成績を低下させ
    る一因となっていて、このことは生産現場における深刻な問題である。しかしながら、分娩後早期の牛における
    子宮内膜炎の発症機序と感染の実態については未だ不明な点が多い。そこで本研究では、1)分娩後早期の牛の子
    宮内膜における細菌感染と炎症の経時的変化を明らかにすること、2)牛子宮内膜におけるマイコプラズマの感染
    率、病原性と繁殖性への影響を明らかにすること、3)グラム陽性菌、特にA. pyogenes、およびマイコプラズマ
    感染に対する全身および子宮局所における免疫応答機構を明らかにすること、を目的として研究を実施する。

  • ウシ潜在性子宮内膜炎の新規診断基準の確立と分娩後早期繁殖機能促進プログラムの構築

    2009年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    乳牛の分娩後5週における腟内・子宮内環境をモニターし,両者の関係ならびに形態的な子宮修復と子官内多形核白血球の割合(PMN%)との相関を明らかにすることを目的としてホルスタイン種経産牛54頭を供試,分娩後5週目に子官と卵巣の超音波検査と共に腟粘液および子宮内膜スメアを採取した.超音波検査において左右子宮角の外径と内膜径を計測し,前回の妊娠における妊角および非妊角の直径の差が5mm以下の個体を修復群,6mm以上の個体を未修復群とした.また子宮内液体貯留(FIU)の有無によりFIU+あるいはFIU-として計4群に分類した.腟粘液は透明な粘液をスコア0とし,以下粘液中に占める膿の割合によってスコア1,2,3および4の5段階に分類した.子宮内膜スメア中の細胞における多形核白血球の割合をPMN%として算出した.各群における腟粘液スコアとPMN%を比較し,検査時の黄体の有無による影響についても解析した.

    その結果,修復群(FIU+)および未修復群(FIU+)の子宮外径は修復群(FIU-)および未修復群(FIU-)と比較してそれぞれ有意に大きく,修復群(FIU+)では修復群(FIU-)よりも有意に大きい内膜径を示した.PMN%は修復群(FIU-)と修復群(FIU+)で高値を示す個体が認められ,10%を超える個体の割合はそれぞれ23.8%(5/21),40.9%(9/22)であった.一方,未修復群(FIU-)と未修復群(FIU+)のPMN%はいずれも低値を示し,10%を超える個体は認められなかった.全頭における膣粘液スコア別のPMN%について,スコア4はスコア0,1,2および3に比べて有意(P<0.01)に高値を示した.膣粘液スコアやPMN%に対する,検査時の黄体の有無による影響は認められなかった.修復群と未修復群における膣粘液スコアならびにPMN%に有意差は認められなかった.

  • 分娩後早期肉用牛における卵胞吸引を併用した排卵同期化処置・定時人工授精と再授精法

    2007年04月 - 2009年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    分娩後早期の黒毛和種牛における卵胞吸引と排卵同期化・定時人工授精法(OPU-PRID-TAI法)の有効性および授乳が及ぼす影響を明らかにする目的で、定時人工授精前後に計4回の経腟採卵を行うとともに卵巣動態、血中性ステロイドホルモン動態および受胎率を観察した。その結果、定時人工授精後に7日間隔で連続して経腟採卵を行うことで品質の高い移植可能胚を効率よく生産することが可能であること、また、子牛を母牛から一時的に隔離することで、本法による採卵成績と受胎成績の向上が期待できることが示された。

  • 雌馬卵巣に発生する顆粒膜細胞腫の卵巣と内分泌学的動態および同疾病の診断基準の確立

    1999年04月 - 2001年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    臨床的に顆粒膜細胞腫が疑われ,本症と診断された雌馬を材料に研究を行い,以下のような成果を得た.罹患卵巣の超音波画像診断によって,多数の卵胞様構造物が形成されていること,その大きさは正常な卵胞に比べて非常に大きいこと,一方,反対側の卵巣は萎縮していて少数の小さな卵胞しか存在していないことを認めた.また,手術後には萎縮状態であった反対側の卵巣は活動を再開し,正常な雌馬と同様に3・4個の卵胞が発育することを認めた.罹患卵巣中の卵胞様構造物の免疫染色の結果,いずれの症例においてもINH・βA,INH・βBおよびアロマターゼ(arom)は染色されず,本症例では存在しないことが明かとなった.一方,INH・αについては一部の卵胞様構造物で染色像が認められた.これらの結果から,顆粒膜細胞腫に罹患した卵巣では下垂体で合成される卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌を抑制することができるインヒビンが産生されていないことを示すものと思われた.罹患卵巣摘出手術前後の血中ホルモン濃度の変化では,顕著な動態を示すものはインヒビン濃度の変化で,いずれも摘出手術後に急速に減少することを認めた.これらの結果は,顆粒膜細胞腫に罹患している雌馬の血中には高濃度のインヒビンが存在していて,インヒビン濃度を測定することによって,顆粒膜細胞腫における精度の高い診断が可能であること,手術後には急速に低下することからこのインヒビンの産生母地が罹患卵巣中の卵胞様構造物であるこど,およびホルモン測定によって検出されるインヒビンには卵胞刺激ホルモン(FSH)濃度を抑制できるような生物活性がないことを示すものと思われた.罹患卵巣摘出後発情が回帰するまでの長期間の血中性ステロイドホルモン濃度の変化において,手術後約6か月になって,罹患卵巣とは反対側の,罹患卵巣摘出前は萎縮した状態であった卵巣の活動が再開して,血中性ステロイドホルモン(エストロジェンとプロジエステロン)濃度が卵巣活動の動態と一致して上昇および下降していることを認めた.

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 肉用牛における安定的な子牛生産のための妊娠牛健診開発事業

    2021年04月 - 2022年03月

    日本中央競馬会  令和3年度日本中央競馬会畜産振興事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 黒毛和種妊娠牛における血液検査と胎子の超音波検査による難産リスク評価の確立

    2020年04月 - 2021年03月

    一般財団法人畜産ニューテック協会  一般財団法人畜産ニューテック協会 令和2年度研究調査助成事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 子宮内膜炎罹患牛における特異的脂質メディエーターの同定と新規高感度診断法の開発

    2017年06月 - 2018年03月

    伊藤記念財団  伊藤記念財団研究助成 

    大澤 健司、村田 幸久

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 黒毛和種牛の一年一産を可能にする新規排卵同期化・定時授精プログラムの開発

    2013年05月 - 2014年04月

    その他省庁等  興農会平成25年度研究調査助成事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    黒毛和牛経営の一戸あたり飼養頭数の増加に伴い繁殖検診の重要性が増している。今回、携帯型超音波画像装置を併用することで薬剤投与回数を減らした排卵同期化・定時人工授精プログラム(ショートシンク)を提案した。本研究の目的は、黒毛和種繁殖牛における一年一産の実現のためのショートシンクの有効性を明らかにすることである。分娩後40日以降の未授精牛および授精後の不受胎牛の計118頭を超音波検査し、直径20 mm以上の黄体を有する個体を供試牛としてプロスタグランジンF2製剤(PG製剤)を投与後、処置群(56時間後にGnRH製剤を投与、16~20時間後に発情発現の有無に関わらずに人工授精を実施)および無処置対照群(発情が観察された個体に対してAM・PM法に従い人工授精を実施)の2群に分け、排卵同期化率(PG製剤投与96時間後に排卵が確認された個体の割合)、受胎率、妊娠率を両群間で比較した。その結果、排卵同期化率は処置群が28.9%だったのに対して処置群では88.5%と有意に高かった。また、受胎率は対照群の60.0%に対して処置群では55.8%とやや低かったものの、妊娠率では対照群(46.7%)よりも処置群(55.8%)の方が高かった。以上より、検診時に直径20 mm以上の黄体を有する個体に対する排卵同期化処置として、超音波検査を併用するショートシンクプログラムは、PG製剤単独投与による発情同期化法よりも高い繁殖成績が得られる可能性が示唆された。

  • 牛潜在性子宮内膜炎の迅速診断法の開発

    2010年10月 - 2011年03月

    その他省庁等  JST研究成果最適展開事業フィージビリティスタディ 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    牛の潜在性子宮内膜炎をより迅速かつ簡便に診断できる検査手法を開発することを目的として、市販の尿検査用スティックを応用して子宮内膜スメア中の顆粒球エステラーゼ濃度を定性的に測定し、子宮内膜スメアにおける多形核白血球率(PMN%)との相関ならびに検査手法の適合性を調査した。その結果、顆粒球エステラーゼ濃度とPMN%との間のκ値には十分な一致度が認められ、尿検査用試験紙の顆粒球エステラーゼ比色検査が現場での牛の潜在性子宮内膜炎の即時診断に応用できる可能性が示唆された。今後、より一層感度および特異度が高い迅速診断法の開発、そしてウシ子宮内膜炎診断に特化した診断薬の開発などを検討する必要がある。

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 牛病カラーアトラス 第3版

    2014年10月

     詳細を見る

    文永堂出版の「獣医畜産新報」2014年第67巻第10号に洋書「Color Atlas of Diseases and Disorders of Cattle 3rd ed.」に関する書評を書いた。

  • 獣医テクニシャンのための大動物臨床手技 第2版

    2011年09月

     詳細を見る

    文永堂出版の「獣医畜産新報」2011年第64巻第9号に洋書「Large Animal Clinical Procedures for Veterinary Technicians 2nd ed.」に関する書評を書いた。

  • ウマの繁殖管理と人工授精 第2版

    2009年04月

     詳細を見る

    文永堂出版の「獣医畜産新報」2009年第62巻第4号に洋書「Equine Breeding Management and Artificial Insemination 2nd ed.」に関する書評を書いた。