稲葉 靖子 (イナバ ヤスコ)

INABA Yasuko

写真a

職名

准教授

生年

1976年

研究室住所

〒889-2192 宮崎市学園木花台西1-1 宮崎大学農学部北棟

研究分野・キーワード

植物生化学、農芸化学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0985-58-7164

研究室FAX

0985-58-7164

ホームページ

https://www.itoinaba.com

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年03月

    東北大学   農学部   応用生物化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2002年03月

    東北大学  農学研究科  応用生命科学専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    2005年03月

    東京大学  農学生命科学研究科  応用生命工学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(農学)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 応用生物化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Alternative oxidase capacity of mitochondria in microsporophylls may function in cycad thermogenesis

    Yasuko Ito-Inaba, Mayuko Sato, Mitsuhiko P. Sato, Yuya Kurayama, Haruna Yamamoto, Mizuki Ohata, Yoshitoshi Ogura, Tetsuya Hayashi, Kiminori Toyooka, Takehito Inaba

    Plant Physiology     2019年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Investigating Localization of Chimeric Transporter Proteins within Chloroplasts of Arabidopsis thaliana

    Uehara S, Ito-Inaba Y, Inaba T

    Bio-protocol   8 ( 3 )   2018年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Ubiquitin-proteasome-dependent regulation of bidirectionalcommunication between plastids and the nucleus

    Hirosawa Y., Ito-Inaba Y., Ito-Inaba Y., Inaba T.

    Frontiers in Plant Science   8   2017年03月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2017 Hirosawa, Ito-Inaba and Inaba.Plastids are DNA-containing organelles and can have unique differentiation states depending on age, tissue, and environment. Plastid biogenesis is optimized by bidirectional communication between plastids and the nucleus. Import of nuclear-encoded proteins into plastids serves as anterograde signals and vice versa, plastids themselves send retrograde signals to the nucleus, thereby controlling de novo synthesis of nuclear-encoded plastid proteins. Recently, it has become increasingly evident that the ubiquitin-proteasome system regulates both the import of anterograde plastid proteins and retrograde signaling from plastids to the nucleus. Targets of ubiquitin-proteasome regulation include unimported chloroplast precursor proteins in the cytosol, protein translocation machinery at the chloroplast surface, and transcription factors in the nucleus. This review will focus on the mechanism through which the ubiquitin-proteasome system optimizes plastid biogenesis and plant development through the regulation of nuclear-plastid interactions.

    DOI

  • Ubiquitin-proteasome dependent regulation of the GOLDEN2-LIKE 1 transcription factor in response to plastid signals

    Tokumaru M., Adachi F., Toda M., Ito-Inaba Y., Ito-Inaba Y., Yazu F., Hirosawa Y., Sakakibara Y., Suiko M., Kakizaki T., Inaba T.

    Plant Physiology   173 ( 1 ) 524 - 535   2017年01月

    共著

     概要を見る

    © 2017 American Society of Plant Biologists. All rights reserved.Arabidopsis (Arabidopsis thaliana) GOLDEN2-LIKE (GLK) transcription factors promote chloroplast biogenesis by regulating the expression of photosynthesis-related genes. Arabidopsis GLK1 is also known to participate in retrograde signaling from chloroplasts to the nucleus. To elucidate the mechanism by which GLK1 is regulated in response to plastid signals, we biochemically characterized Arabidopsis GLK1 protein. Expression analysis of GLK1 protein indicated that GLK1 accumulates in aerial tissues. Both tissue-specific and Suc-dependent accumulation of GLK1 were regulated primarily at the transcriptional level. In contrast, norflurazon-or lincomycin-treated gun1-101 mutant expressing normal levels of GLK1 mRNA failed to accumulate GLK1 protein, suggesting that plastid signals directly regulate the accumulation of GLK1 protein in a GUN1-independent manner. Treatment of the glk1glk2 mutant expressing functional GFP-GLK1 with a proteasome inhibitor, MG-132, induced the accumulation of polyubiquitinated GFP-GLK1. Furthermore, the level of endogenous GLK1 in plants with damaged plastids was partially restored when those plants were treated with MG-132. Collectively, these data indicate that the ubiquitin-proteasome system participates in the degradation of Arabidopsis GLK1 in response to plastid signals.

    DOI

  • Characterization of two PEBP genes, SrFT and SrMFT, in thermogenic skunk cabbage (Symplocarpus renifolius)

    Ito-Inaba Y., Masuko-Suzuki H., Maekawa H., Maekawa H., Watanabe M., Inaba T.

    Scientific Reports   6   2016年07月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    Floral thermogenesis has been found in dozens of primitive seed plants and the reproductive organs in these plants produce heat during anthesis. Thus, characterization of the molecular mechanisms underlying flowering is required to fully understand the role of thermogenesis, but this aspect of thermogenic plant development is largely unknown. In this study, extensive database searches and cloning experiments suggest that thermogenic skunk cabbage (Symplocarpus renifolius), which is a member of the family Araceae, possesses two genes encoding phosphatidyl ethanolamine-binding proteins (PEBP), FLOWERING LOCUS T (SrFT) and MOTHER OF FT AND TFL1 (SrMFT). Functional analyses of SrFT and SrMFT in Arabidopsis indicate that SrFT promotes flowering, whereas SrMFT does not. In S. renifolius, the stage- and tissue-specific expression of SrFT was more evident than that of SrMFT. SrFT was highly expressed in flowers and leaves and was mainly localized in fibrovascular tissues. In addition, microarray analysis revealed that, within floral tissues, SrFT was co-regulated with the genes associated with cellular respiration and mitochondrial function, including ALTERNATIVE OXIDASE gene proposed to play a major role in floral thermogenesis. Taken together, these data suggest that, among the PEBP genes, SrFT plays a role in flowering and floral development in the thermogenic skunk cabbage.

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 温度と生命システムの相関学

    稲葉靖子 (担当: 単著 )

    東海大学出版会  2009年08月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 植物の花による熱産生-ザゼンソウの体温調節性と研究の新展開-

    稲葉靖子

    バイオサイエンスとインダストリー ( バイオインダストリー協会 )  75 ( 3 ) 223 - 226   2017年05月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 発熱するザゼンソウ-大量のミトコンドリアを発見-

    稲葉(伊東)靖子

    科研費 NEWS ( 文部科学省、独立行政法人 日本学術振興会 )  3   16 - 16   2009年12月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • 熱産生における脱共役タンパク質の役割と適応進化

    稲葉靖子,齋藤茂

    化学と生物 ( 日本農芸化学会 )  46 ( 12 ) 841 - 849   2008年12月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会東北支部奨励賞

    2009年10月   日本農芸化学会東北支部  

    受賞者:  稲葉靖子

  • カバーデザイン賞

    2009年03月   Plant and Cell Physiology誌  

    受賞者:  Ito-Inaba Y, Hida Y, Mori H, and Inaba T.

  • 日本農芸化学会東北支部若手奨励賞

    2005年10月   日本農芸化学会東北支部  

    受賞者:  伊東靖子

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 裸子植物ソテツの体温振動を支える光依存的発熱分子メカニズムの解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中  代表者:  稲葉靖子

  • 発熱植物ザゼンソウの温度受容機構におけるクロマチンサーモスタットモデルの検証

    若手研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

  • 発熱植物のミトコンドリア動態を支える転写制御機構の解明

    研究活動スタート支援

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月  代表者:  稲葉靖子

  • 比較トランスクリプトミクスを利用したザゼンソウ低温応答遺伝子群の解析

    若手研究(B)

    研究期間:  2008年04月  -  2010年03月  代表者:  稲葉靖子

  • ザゼンソウ脱共役タンパク質UCPの試験管内アッセイ系の開発

    若手研究(スタートアップ)

    研究期間:  2006年04月  -  2008年03月  代表者:  稲葉靖子

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 呼吸ロバストな細胞系統を利用した植物ミトコンドリア活性化因子の同定と機能解析

    提供機関:  民間財団等  稲盛財団

    研究期間: 2016年04月  -  2017年03月  代表者:  稲葉靖子

  • 植物における温度受容とフロリゲンを介した開花生理をつなぐ新規分子機構の解明

    提供機関:  民間財団等  内藤記念女性研究者研究助成金

    研究期間: 2013年10月  -  2016年09月  代表者:  稲葉靖子

  • 生体内発熱反応経路を特異的に阻害するケミカルプローブの探索

    提供機関:  民間財団等  公益信託山村富美記念女性自然科学者研究助成金・山村フェロー

    研究期間: 2011年04月  -  2012年03月 

  • ミトコンドリア膜小胞を利用したザゼンソウ熱産生因子の生化学的解析

    提供機関:  日本農芸化学会  農芸化学研究奨励会 第35回研究奨励金

    研究期間: 2008年04月  -  2009年03月  代表者:  稲葉靖子

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 新学術領域研究「先進ゲノム支援」

    提供機関:    国内共同研究

    研究期間:  2017年04月  -  2018年03月  代表者:  稲葉靖子

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 宮崎大学農学部研究奨学金

     2017年12月

  • 宮崎大学農学部研究奨学金

     2017年11月

  • 宮崎大学農学部研究奨学金

     2017年10月

  • 宮崎大学農学部研究奨学金

     2017年09月

  • 宮崎大学農学部研究奨学金

     2017年08月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 植物の花による熱産生–ザゼンソウとソテツの研究から見えてきた新視点–

    稲葉靖子  [招待有り]

    第1回Biothermology Workshop –生命システムの熱科学–  (愛知県・岡崎市(岡崎コンファレンスセンター))  2016年12月  -  2016年12月   

  • 体温の調節ができる夢の植物を創る?-ザゼンソウの発熱分子機構に関する研究-

    稲葉靖子  [招待有り]

    第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会  (神戸)  2015年12月  -  2015年12月    ワークショップ『オモロイ生き物の分子生物学』

  • 発熱植物ザゼンソウの葉由来プロトプラストを用いたシアン耐性呼吸酵素AOXの解析

    前川春彦, 溝口幸一郎, 片山陽子, 稲葉靖子

    日本農芸化学会2018年度大会  2018年03月  -  2018年03月   

  • シロイヌナズナの低温シグナル伝達を阻害する化合物のスクリーニング

    三原良太,稲葉靖子,稲葉丈人

    日本農芸化学会2018年度大会  2018年03月  -  2018年03月   

  • ソテツ(Cycas revoluta)雄花の発熱におけるシアン耐性呼吸酵素の役割と分子同定

    倉山侑也、山本知奈、片山陽子、稲葉靖子

    日本農芸化学会2018年度大会  2018年03月  -  2018年03月   

全件表示 >>

 

授業 【 表示 / 非表示

  • 植物生産科学実験 II

  • 農場実習 II

  • 植物生産環境科学基礎実験・実習 II

  • 植物生産環境科学基礎実験・実習 I

  • 専門英語 I(植物生産)

全件表示 >>