今 隆助 (コン リユウスケ)

KON Ryusuke

写真a

所属

工学教育研究部 工学基礎教育センター担当

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) ( 2001年3月   静岡大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 数学基礎

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Global dynamics of a special class of nonlinear semelparous Leslie matrix models 査読あり

    Yunshyong Chow, Ryusuke Kon

    Journal of Difference Equations and Applications   26 ( 5 )   625 - 642   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bifurcations of cycles in nonlinear semelparous Leslie matrix models 査読あり

    Ryusuke Kon

    Journal of Mathematical Biology   80 ( 4 )   1187 - 1207   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高次元の1回繁殖型Leslie行列モデルにおける2分律

    今 隆助

    数理解析研究所講究録   ( 2087 )   141 - 146   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Stable bifurcations in multi-species semelparous population models 査読あり

    Ryusuke Kon

    Springer Proceedings in Mathematics and Statistics   212   3 - 25   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer Proceedings in Mathematics and Statistics  

    It is known that the behavior of a nonlinear semelparous Leslie matrix model with the basic reproduction number close to one can be approximated by a solution of a Lotka-Volterra differential equation. Furthermore, even in multi-species cases, a similar approximation works as long as every species is semelparous. This paper gives a mathematical basis to this approximation and shows that Lotka-Volterra equations are helpful to study a certain bifurcation problem of multi-species semelparous population models. With the help of this approximation method, we find an example of coexistence of two biennial populations with temporal segregation. This example provides a new mechanism of producing population cycles.

    DOI: 10.1007/978-981-10-6409-8_1

    Scopus

  • Non-synchronous oscillations in four-dimensional nonlinear semelparous Leslie matrix models 査読あり

    Ryusuke Kon

    Journal of Difference Equations and Applications   23 ( 10 )   1747 - 1759   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Difference Equations and Applications  

    In a certain class of semelparous Leslie matrix models, either a positive equilibrium is stable and an invariant set on the boundary of the nonnegative cone is unstable or vice versa generically if the model dimension is two or three. This dynamic dichotomy is expected to be failed in the four-dimensional case. Our study focuses on a semelparous Leslie matrix model with specific nonlinearities and rigorously proves that the dynamic dichotomy does not hold in the four-dimensional case. This result is derived by showing that the four-dimensional semelparous Leslie matrix model can be uniformly persistent with respect to the boundary of the nonnegative cone even if there exists an unstable positive equilibrium. In such a situation, there are no missing age-classes but population oscillation occurs.

    DOI: 10.1080/10236198.2017.1365144

    Scopus

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

MISC 【 表示 / 非表示

  • 私とロトカ・ヴォルテラ方程式 招待あり

    今 隆助

    日本数理生物学会ニュースレター   ( 86 )   2 - 9   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Lotka-Volterra方程式のネットワーク構造とパーマネンス

    今 隆助

    日本数理生物学会ニュースレター   58   72 - 77   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本数理生物学会  

  • 存続と絶滅の数理

    竹内 康博, 今 隆助, 齋藤 保久, 佐藤 一憲

    応用数理   16 ( 4 )   280 - 292   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本応用数理学会  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 周期昆虫における固定された寿命の進化

    今 隆助

    第30日本数理生物学会大会  (オンライン) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月20日 - 2020年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 1回繁殖型Leslie行列モデルにおける分岐の問題

    今 隆助

    第185回愛媛大学解析セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Evolution of life cycle constancy in periodical insects

    今 隆助

    研究集会「現象数理学の形成と発展」 ih函館 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月19日 - 2019年12月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • ロトカ・ヴォルテラ方程式を用いた周期ゼミの研究 招待あり

    今 隆助

    第29回MCMEセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1回繁殖型レスリー行列モデルの大域挙動

    今 隆助

    第29回日本数理生物学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月14日 - 2019年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本数理生物学会研究奨励賞

    2007年7月   日本数理生物学会  

    今 隆助

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 構造化生態系モデルのパーマネンス

    2020年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 常微分方程式で近似できる構造化生態系モデルの数理的研究

    2016年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    昆虫の大発生や絶滅のような,自然界の個体数変動のパターンを説明するための理論を構築することは,生態学における重要な目標の一つである.これまで生物の個体数変動のパターンを説明するために研究されてきた生態系モデルの多くは,種内構造を無視している.そのため,種内構造が個体数変動に決定的な影響を及ぼす場合には現象の本質を捉えることが出来ない.本研究では,種内構造を持つ生態系モデル(構造化生態系モデル)の研究を行う.具体的には,常微分方程式による近似を利用することにより,従来の構造化生態系モデルでは扱いが難しかった振動的な個体数変動に対しても応用可能な理論を構築し,振動的な個体数変動が関係してくる生態学の未解決問題の解決を目指す.

  • Lotka-Volterra方程式を用いた構造化生態系モデルの数理的研究

    2011年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金  若手研究(スタートアップ)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    Lotka-Volterra方程式を用いた構造化生態系モデルの数理的研究.

  • Volterraの原理を満たさない生態系の力学系モデルのパーマネンスの研究

    2006年04月 - 2009年03月

    科学研究費補助金  特別研究員推奨費

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    Volterraの原理を満たさない生態系の力学系モデルのパーマネンスの研究.

  • 非ロトカ・ボルテラ型モデルのパーマネンスの研究

    2005年04月 - 2006年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    非ロトカ・ボルテラ型モデルのパーマネンスの研究.

 

授業 【 表示 / 非表示

  • 数学の考え方T(1)

     詳細を見る

    科目区分:共通教育科目 

  • 数学の考え方T(2)

     詳細を見る

    科目区分:共通教育科目 

  • 数学の考え方T(3)

     詳細を見る

    科目区分:共通教育科目 

  • 数学の考え方T(5)

     詳細を見る

    科目区分:共通教育科目 

  • 数学解析I (1)

     詳細を見る

    科目区分:専門教育科目 

全件表示 >>