市川 朝永 (イチカワ トモナガ)

ICHIKAWA Tomonaga

写真a

所属

医学部 医学科 機能制御学講座血管動態生化学分野

職名

助教

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 2005年3月   筑波大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 医化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of anti-human CADM1 monoclonal antibodies as a potential therapy for adult T-cell leukemia/lymphoma. 査読あり

    Chilmi S, Nakahata S, Fauzi YR, Ichikawa T, Tani C, Suwanruengsri M, Yamaguchi R, Matsuura T, Kurosawa G, Morishita K.

    Int J Hematol   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12185-020-02939-1

  • Novel PRMT5-mediated arginine methylations of HSP90A are essential for maintenance of HSP90A function in NDRG2low ATL and various cancer cells. 査読あり

    Ichikawa T., Shanab O., Nakahata S., Shimosaki S., Manachai N., Ono M., Iha H., Shimoda K., Morishita K.

    Biochimica et Biophysica Acta - Molecular Cell Research   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbamcr.2019.118615

    Scopus

  • The regulation of NDRG2 expression during ATLL development after HTLV-1 infection. 査読あり

    Ichikawa T., Nakahata S., Fujii M., Iha H., Shimoda K., Morishita K.

    Biochimica et Biophysica Acta - Molecular Basis of Disease   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbadis.2019.07.001

    Scopus

  • Degradation of p47 by autophagy contributes to CADM1 overexpression in ATLL cells through the activation of NF-κB. 査読あり

    Sarkar B., Nishikata I., Nakahata S., Ichikawa T., Shiraga T., Saha H., Fujii M., Tanaka Y., Shimoda K., Morishita K.

    Scientific Reports   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-39424-7

    Scopus

  • Overexpression of absent in melanoma 2 in oral squamous cell carcinoma contributes to tumor progression. 査読あり

    Nakamura Y., Nakahata S., Kondo Y., Izumi A., Yamamoto K., Ichikawa T., Tamura T., Noumi K., Yamashita Y., Morishita K.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.12.066

    Scopus

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 新規がん抑制遺伝子NDRG2によるがん進展および転移の分子機構の解明

    市川朝永、田村知丈、中畑新吾、二口充、森下和広

    第76回日本癌学会  (パシフィコ横浜 (神奈川県))  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月28日 - 2017年9月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:パシフィコ横浜 (神奈川県)  

  • Synthetic lethality of PRMT5 inhibition in NDRG2-deficient adult T-cell leukemia through HSP90A dysfunction.

    Tomonaga Ichikawa, Obeid Shanab, Shingo Nakahata, Shunsuke Shimosaki, Nawin Manachai, Hidekatsu Iha, Kazuya Shimoda, Masaya Ono, Mohammed N. Ismail, Ahmed Y. Nassar and Kazuhiro Morishita.

    第76回日本癌学会  (パシフィコ横浜 (神奈川県))  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月28日 - 2017年9月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:パシフィコ横浜 (神奈川県)  

  • 成人T細胞白血病(ATL)に対するアルギニンメチル化転移酵素PRMT5阻害による抗腫瘍効果の検討

    市川朝永、Obeid Shanab、中畑新吾、伊波英克、尾野雅哉、中武彩子、阪本訓代、森下和広.

    第4回日本HTLV-1学会  (関西医科大学 (大阪府)) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月19日 - 2017年8月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:関西医科大学 (大阪府)  

  • Targeting PRMT5 inhibits HSP90A function with induction of tumor-specific apoptosis in NDRG2low ATL and other cancers. 国際会議

    Tomonaga Ichikawa, Obeid Shanab, Shingo Nakahata, Hidekatsu Iha, Masaya Ono, Ayako Nakatake, Kuniyo Sakamoto, Kazuhiro Morishita.

    18th International conference on Human Reteovirology HTLV and Related Viruses  (Hotel Grand Arc Hanzomon (Tokyo)) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月7日 - 2017年3月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hotel Grand Arc Hanzomon (Tokyo)  

  • アルギニンメチル化転移酵素PRMT5によるHSP90A活性調節機構

    市川朝永、Obeid Shanab、中畑新吾、伊波英克、尾野雅哉、中武彩子、阪本訓代、森下和広.

    第21回造血器腫瘍研究会  (熊本大学医学部山崎記念館 (熊本県)) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月17日 - 2017年2月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本大学医学部山崎記念館 (熊本県)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2017年度(第36回)日本癌学会奨励賞

    2017年9月   日本癌学会   新規がん抑制遺伝子NDRG2によるがん進展および転移の分子機構の解明

    市川朝永

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  • 第2回日本HTLV1学会 Young Investigator Award (YIA)

    2015年8月   日本HTLV1学会  

    市川朝永

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • アルギニンメチル基転移酵素PRMT5の異常活性による発がん機構の解明

    2018年 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 新規PTENリン酸化酵素SCYL2の機能解析

    2015年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    がん抑制遺伝子PTENの不活性化は、多くの腫瘍でPI3K/AKT情報伝達系の異常亢進を引き起こし、がんの発症・進展に関与している。その原因として、ゲノム(点突然変異、欠失)やエピジェネティック(DNAメチル化)異常による発現低下と共に、近年リン酸化修飾による不活性化機構が言われてきたがその分子機構は不明であった。これまでの研究でPTEN脱リン酸化機構としてがん抑制遺伝子NDRG2の同定および機能解析を行ってきた。今回、我々はPTENリン酸化酵素(キナーゼ)の候補を同定し、さらに機能解析を行うことで、PTENによるPI3K/AKT情報伝達系の制御機構を明らかにし、PTENリン酸化酵素を標的とした新規診断治療法の開発につなげられると考えている。

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍生化学分野研究奨学金(武田科学振興財団2019年度医学系研究助成(がん領域・基礎))

    寄附者名称:公益財団法人竹田科学振興財団 2019年08月