幣 光太郎 (シデ コウタロウ)

SHIDE Kotaro

写真a

所属

医学部 医学科 内科学講座血液・糖尿病・内分泌内科学分野

職名

助教

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 2008年3月   九州大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学

学歴 【 表示 / 非表示

  • 九州大学   医学系研究科   臓器機能医学

    - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 九州大学   医学部   医学科

    - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Real-world clinical characteristics of post-essential thrombocythemia and post-polycythemia vera myelofibrosis 査読あり 国際誌

    Shide K., Takenaka K., Kitanaka A., Numata A., Kameda T., Yamauchi T., Inagaki A., Mizuno S., Takami A., Ito S., Hagihara M., Usuki K., Maekawa T., Sunami K., Ueda Y., Tsutsui M., Ando M., Komatsu N., Ozawa K., Kurokawa M., Arai S., Mitani K., Akashi K., Shimoda K.

    Annals of Hematology   103 ( 1 )   97 - 103   2024年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Annals of Hematology  

    There are few prospective studies on patients with post-essential thrombocythemia myelofibrosis (PET-MF) and post-polycythemia vera myelofibrosis (PPV-MF). Therefore, we conducted a nationwide longitudinal prospective survey to clarify the clinical characteristics of these diseases. A total of 197 PET-MF and 117 PPV-MF patients diagnosed between 2012 and 2021 were analyzed. The median age at diagnosis was 70.0 years for both diseases. The time from diagnosis of ET or PV to that of MF was 9.6 and 10.4 years, respectively, with no significant difference. Patients with PPV-MF had higher hemoglobin levels and white blood cell counts than those with PET-MF, whereas those with PET-MF had higher platelet counts than those with PPV-MF. Although splenomegaly was more frequent in patients with PPV-MF at diagnosis, there was no difference in the frequency of constitutional symptoms. Ruxolitinib was the most common treatment administered to 74.6% and 83.8% of patients with PET-MF and PPV-MF, respectively. Patients with PET-MF and PPV-MF had similar prognoses, with 3-year overall survival (OS) of 0.742 in PET-MF and 0.768 in PPV-MF patients. In both diseases, leukemic transformation was the leading cause of death, followed by infection. The 3-year OS for patients with PET/PPV-MF and primary MF diagnosed during the same period was 0.754 and 0.626, respectively, with no significant difference. This survey provides real-world clinical features and prognostic data on secondary myelofibrosis in the ruxolitinib era.

    DOI: 10.1007/s00277-023-05528-4

    Scopus

  • Nationwide prospective survey of secondary myelofibrosis in Japan: superiority of DIPSS-plus to MYSEC-PM as a survival risk model 査読あり 国際誌

    Shide K., Takenaka K., Kitanaka A., Numata A., Kameda T., Yamauchi T., Inagaki A., Mizuno S., Takami A., Ito S., Hagihara M., Usuki K., Maekawa T., Sunami K., Ueda Y., Tsutsui M., Ando M., Komatsu N., Ozawa K., Kurokawa M., Arai S., Mitani K., Akashi K., Shimoda K.

    Blood Cancer Journal   13 ( 110 )   2023年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Blood Cancer Journal  

    DOI: 10.1038/s41408-023-00869-9

    Scopus

    その他リンク: https://www.nature.com/articles/s41408-023-00869-9

  • SDHAF1 confers metabolic resilience to aging hematopoietic stem cells by promoting mitochondrial ATP production 査読あり 国際誌

    Watanuki S, Kobayashi H, Sugiura Y, Yamamoto M, Karigane D, Shiroshita K, Sorimachi Y, Morikawa T, Fujita S, Shide K, Haraguchi M, Tamaki S, Mikawa T, Kondoh H, Nakano H, Sumiyama K, Nagamatsu G, Goda N, Okamoto S, Nakamura-Ishizu A, Shimoda K, Suematsu M, Suda T, Takubo K

    Cell Stem Cell   2024年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.stem.2024.04.023.

  • CARD11 mutation and HBZ expression induce lymphoproliferative disease and adult T-cell leukemia/lymphoma 査読あり 国際誌

    Takuro Kameda, Kotaro Shide, Ayako Kamiunten, Yasunori Kogure, Daisuke Morishita, Junji Koya, Yuki Tahira, Keiichi Akizuki, Takako Yokomizo-Nakano, Sho Kubota, Kosuke Marutsuka, Masaaki Sekine, Tomonori Hidaka, Yoko Kubuki, Yuichi Kitai, Tadashi Matsuda, Akinori Yoda, Takayuki Ohshima, Midori Sugiyama, Goro Sashida, Keisuke Kataoka, Seishi Ogawa, Kazuya Shimoda

    Commun Biol   5 ( 1 )   1309   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Nature  

    DOI: 10.1038/s42003-022-04284-x.

    DOI: 10.1038/s42003-022-04284-x.

    その他リンク: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC9709164/

  • Calreticulin mutations in myeloproliferative neoplasms 招待あり 査読あり 国際誌

    Kotaro Shide

    International Review of Cell and Molecular Biology   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Inc.  

    DOI: 10.1016/bs.ircmb.2021.05.005

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 「原発性骨髄線維症, 真性多血症, 本態性血小板血症」最新の臨床WEB

    幣 光太郎( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 原発性骨髄線維症, 真性多血症, 本態性血小板血症)

    南江堂  2024年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 22.分子標的治療薬 19) JAK2阻害薬 新臨床腫瘍学改訂第7版

    幣 光太郎( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 22.分子標的治療薬 19) JAK2阻害薬)

    南江堂  2024年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 「骨髄線維症」特発性造血障害疾患の診断の参照ガイド 令和4年度改訂版

    赤司浩一、下田和哉、桐戸敬太、竹中克斗、幣光太郎、山内拓司( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 骨髄線維症 診療の参照ガイド令和4年改訂版)

    厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患政策研究事業) 特発性造血障害に関する調査研究班  2023年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:34   担当ページ:231-264   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 「Topics MPN分子病態研究の進歩」EBM血液疾患の治療 2023-2024

    幣 光太郎( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Ⅲ.白血病 E.骨髄増殖性腫瘍(MPN) Topics)

    中外医学社  2022年10月  ( ISBN:978-4-498-22540-4

     詳細を見る

    総ページ数:572   担当ページ:235-236   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 「多血症の鑑別診断」 ここが知りたい!血液疾患診療ハンドブック

    幣 光太郎( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第Ⅲ章 鑑別診断 2. 多血症の鑑別診断)

    中外医学社  2022年10月  ( ISBN:978-4-498-22538-1

     詳細を見る

    総ページ数:304   担当ページ:85-93   記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 特集〈Clinical Science〉アンメットニーズに対するJAK阻害薬の可能性骨髄増殖性腫瘍に対するJAK阻害薬の治療効果  招待あり

    幣 光太郎 下田 和哉

    炎症と免疫   32 ( 2 )   29 - 32   2024年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:先端医学社  

  • 特集 JAK阻害薬の効果・安全性と展望 骨髄線維症, 真性多血症の病態と, JAK阻害薬の効果・安全性・展望 招待あり

    幣 光太郎、下田 和哉

    リウマチ科   70 ( 6 )   608 - 614   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 解説 骨髄増殖性腫瘍の分子病態研究の進展 招待あり

    幣 光太郎

    血液内科   86 ( 5 )   745 - 749   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:科学評論社  

  • 特集 造血器腫瘍に対する新しい展開-Choosing Wisely- 骨髄線維症 全ての患者に初期治療でJAK阻害薬を適用すべきか? 招待あり

    幣 光太郎

    腫瘍内科   31 ( 4 )   432 - 437   2023年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:科学評論社  

  • 骨髄増殖性腫瘍の新たな展開 —COVID-19とMPN— 招待あり 査読あり

    幣 光太郎

    臨床血液   63 ( 6 )   647 - 654   2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本血液学会  

    DOI: 10.11406/rinketsu.63.647

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • TYK2 Is Essential for IFNα-Induced Resolution of MPN Features in a Murine Jak2V617F PMF Model 国際会議

    Yuki Tahira, Kotaro Shide, Takuro Kameda, Ayako Kamiunten, Keiichi Akizuki, Masayoshi Karasawa, Ryoma Ikeda, Kengo Matsumoto, Yoko Kubuki, and Kazuya Shimoda

    The 65th ASH Annual Meeting  (San Diego, CA)  2023年12月11日  米国血液学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月9日 - 2023年12月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Diego, CA   国名:アメリカ合衆国  

  • CALR変異体のMPN誘導能におけるC末端アミノ酸配列の重要性

    Kotaro Shide, Takuro Kameda,Yuki Tahira,Taisuke Uchida, Ayako Kamiunten,Keiichi Akizuki,Masayoshi Karasawa, Kengo Matsumoto,Ryoma Ikeda,Yoko Kubuki,Kazuya Shimoda

    第85回日本血液学会学術集会  (東京都)  2023年10月14日  日本血液学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月13日 - 2023年10月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  • COVID-19-associated thrombosis in cancer 招待あり

    Kotaro Shide

    第45回日本血栓止血学会学術集会  (福岡県北九州市)  2023年6月15日  日本血栓止血学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月15日 - 2023年6月17日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:福岡県北九州市  

  • Role of driver mutations revealed from MPN mouse models.(Asian Session 2 : MPN study in Asia) 招待あり 国際会議

    Kotaro Shide

    The 12th JSH International Symposium 2021 in Kamaura  (Kamakura)  2021年5月14日  Japanese society of Hematology

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月14日 - 2021年5月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kamakura   国名:日本国  

  • Depletion of Neoplastic CD11b Positive Cells in Jak2V617F Mutant Mice Reduced Fibrocytes in Bone Marrow and Improved Myelofibrosis 国際会議

    Yoshinori Ozono, Kotaro Shide 他

    American Society of Hematology the 61st Annual Meeting and Exposition  (Orlando, FL, 米国)  American Society of Hematology

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月7日 - 2019年12月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Orlando, FL, 米国  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 公益信託日本白血病研究基金一般研究賞

    2017年11月   公益信託日本白血病研究基金   骨髄増殖性腫瘍の発症・進展における、calreticulin機能不全の分子機構解明と治療法への展開

    幣 光太郎

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  • 平成25年度日本血液学会奨励賞

    2013年10月   日本血液学会  

    幣 光太郎 宮崎大学 内科学講座 消化器血液学分野

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 炎症と血栓形成の新仮説に基づく骨髄増殖性腫瘍の病態制御

    研究課題/領域番号:23K07817  2023年04月 - 2026年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 腫瘍性fibrocyteの本態解明と、骨髄線維症診断・治療への展開

    研究課題/領域番号:23H02938  2023年04月 - 2026年03月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    下田 和哉

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • CALR変異幹細胞の増幅機構及び変異体の機能モチーフを標的とした骨髄線維症の制御

    研究課題/領域番号:19K08819  2019年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • CALRが関わる造血シグナル伝達と、その破綻による骨髄増殖性腫瘍発症機序の解明

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 骨髄線維症における難治性病態の分子メカニズム解明とその克服

    2014年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    骨髄線維症における難治性病態の分子メカニズム解明とその克服

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 異常造血幹細胞のクローン拡大機構と炎症性サイトカインの階層性に着目した骨髄増殖性腫瘍の分子病態研究

    2021年04月 - 2022年03月

    民間財団等  一般財団法人 藤井節郎記念 大阪基礎医学奨励会 令和3年度研究助成金 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 異常造血幹細胞のクローン拡大機構と炎症性サイトカインの階層性に着目した骨髄増殖性腫瘍の分子病態研究

    2021年04月 - 2022年03月

    民間財団等  公益財団法人ライフサイエンス振興財団 2020年度(令和2年)研究開発助成 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 異常造血幹細胞のクローン拡大機構と炎症性サイトカインの階層性に着目した骨髄増殖性腫瘍の分子病態研究

    2020年04月 - 2021年03月

    民間財団等  公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団 第35回基礎医学医療研究助成金 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 小胞体ストレス応答と腫瘍由来fibrocyteに着目した、骨髄増殖性腫瘍の病態解明

    2020年04月 - 2021年03月

    公益財団法人 新日本先進医療研究財団  令和2年度(第6回)新日本先進医療研究財団研究助成 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • calreticulin 変異C末端の機能的アミノ酸モチーフを標的とした骨髄増殖性腫瘍新規治療法の開発

    2018年04月 - 2019年03月

    民間財団等  平成30年度(第4回)新日本先進医療研究財団研究助成 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

全件表示 >>

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 消化器血液学(令和2年度(第6回)新日本先進医療研究財団研究助成金)

    寄附者名称:公益(財)新日本先進医療研究財団 2020年12月

  • 消化器血液学分野研究奨学金(公益財団法人新日本先進医療研究財団)

     2019年01月