髙橋 高人 (タカハシ タカヒト)

TAKAHASHI Takahito

写真a

所属

教育学部 教育臨床心理

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理学 ( 2010年3月   北海道医療大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 臨床心理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語版子どもの行動抑制尺度の作成 査読あり

    高橋高人,石川信一,佐藤正二

    教育心理学研究   69 ( 4 )   382 - 395   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Educational Psychology  

    In the present study, a Behavioral Inhibition Questionnaire (BIQ) – Japanese Version was developed on the basis of parents' and teachers' reports, and its reliability and validity were examined. The parents (n=497) and teachers (n=609) of 3-to 5-year-old children wrote reports. A confirmatory factor analysis of the parents' and teachers' reports indicated that the Behavioral Inhibition Questionnaire had a 6-factor structure. Its reliability was acceptable, as internal consistency and moderate stability for 3 months were observed. An analysis of scores on the Behavioral Inhibition Questionnaire and the Child Behavior Checklist (CBCL) revealed a significant correlation on many sub-scales, confirming the instrument's convergent validity. The construct validity of the parents' and teachers' reports was examined by direct observation of children's behavior in a simulated novel situation in which they had to interact with strangers. In the sample of 31 children, significant correlations were found between ratings on the Behavioral Inhibition Questionnaire and several observational measures of child behavior. These results were encouraging, because they suggest that parents' and teachers' reports may be useful for assessing childhood behavioral inhibition.

    DOI: 10.5926/JJEP.69.382

    Scopus

    CiNii Research

  • Gambling symptoms, behaviors, and cognitive distortions in Japanese university students. 査読あり

    Yokomitsu, K., Sakai, T., Irie, T., Tayama, J., Furukawa, H., Himachi, M., Kanazawa, J., Koda, M., Kunisato, Y., Matsuoka, H., Takada, T., Takahashi, F., Takahashi, T., Osawa, K.

    Substance Abuse Treatment, Prevention, and Policy   14   51   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1186/s13011-019-0230-5

  • 幼児期の社会的スキルと問題行動が児童期の社会的スキルと抑うつに及ぼす影響 査読あり

    松原耕平・新屋桃子・佐藤寛・髙橋高人・佐藤正二

    認知行動療法研究   45 ( 1 )   39 - 50   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.24468/jjbct.18-197

  • Impact on Stress Response and Resilience of Cognitive Behavioral Technique in Adolescence 査読あり

    Takahito Takahashi, Shin-ichi Ishikawa, Shoji Sato

    9th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 中学生に対する認知行動的抑うつ予防プログラムの効果ー2年間のフォローアップ測定による標準群との比較ー 査読あり

    髙橋高人,松原耕平,中野聡之,佐藤正二

    教育心理学研究   66 ( 1 )   81 - 94   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5926/jjep.66.81

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 認知行動療法辞典

    日本認知・行動療法学会(編集)( 担当: 共著)

    丸善出版  2019年8月 

     詳細を見る

    総ページ数:828   記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

    広範な治療法をもつ認知行動療法を網羅的に学ぶための全329項目:見開き(2p/4p)完結の中項目事典 基礎理論、基礎研究から公認心理師主要5分野の解説までを網羅 公認心理師の国家資格化を踏まえ、「認知行動療法」のスタンダードを知ることができる決定版

  • 実践ソーシャルスキル教育

    高橋高人( 担当: 共著)

    図書文化  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 臨床児童心理学

    高橋高人( 担当: 共著)

    ミネルヴァ書房  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 児童に対する認知行動的ストレスマネジメント

    髙橋高人( 担当: 単著)

    風間書房  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 60のケースから学ぶ認知行動療法

    髙橋高人( 担当: 共著)

    北大路書房  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • A cultural adaptation of cognitive behavior therapy for Asian preschool children: Long-term effects of a preventive intervention through for behavioral inhibition 国際会議

    Takahito Takahashi, Shin-ichi Ishikawa

    ABCT 2020 54th Annual Convention  (Virtual Convention)  Association for Behavioral and Cognitive Therapies

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月19日 - 2020年11月22日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Virtual Convention  

  • Impact on Stress Response and Resilience of Cognitive Behavioral Technique in Adolescence 国際会議

    Takahito Takahashi, Shin-ichi Ishikawa, Shoji Sato

    9th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies  (Berlin, Germany)  World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月17日 - 2019年7月20日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Berlin, Germany  

  • The effectiveness of school-based prevention program for bullying in junior high school: Impact on bystander behaviors 国際会議

    Takahito Takahashi, Shoji Sato

    Association for Behavioral and Cognitive Therapies 51th Annual Convention  (San Diego)  Association for Behavioral and Cognitive Therapies

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月16日 - 2017年11月19日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego  

  • Developmental dynamics between depression, social skills, and automatic thoughts in Japanese elementary school students: Two-year longitudinal study 国際会議

    Takahito Takahashi, Yoshitake Takebayashi, Kohei Matsubara, Shoji Sato

    Association for Behavioral and Cognitive Therapies, 50th Annual Convention  (New York, US)  Association for Behavioral and Cognitive Therapies

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月27日 - 2016年10月30日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:New York, US  

  • A parental and teacher report of preschooler’s behavioral Inhibition in Japan 国際会議

    Takahito Takahashi, Shin-ichi Ishikawa, Shoji Sato

    8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies  (Melbourne)  World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月22日 - 2016年6月25日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Melbourne  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 内山記念賞

    2019年8月   日本認知・行動療法学会   幼児期の社会的スキルと問題行動が児童期の社会的スキルと抑うつに及ぼす影響

    松原耕平・新屋桃子・佐藤寛・髙橋高人・佐藤正二

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 小中学生に対するレジリエンス・プログラムの開発と文化適応性の検討

    研究課題/領域番号:20KK0265  2022年03月 - 2024年03月

    科学研究費補助金  国際共同研究加速基金(A)

  • 小中学校における保護要因に着目したメンタルヘルス・プログラムの長期的効果

    研究課題/領域番号:19K03288  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術支援機構  科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 児童に対するユニバーサルレベルの予防的ストレスマネジメント

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究は,児童のメンタルヘルスの問題を予防することを目的としたストレスマネジメント研究を行う。これまでの児童のメンタルヘルスの予防介入は,障害レベルの症状や診断を受けた子どもに対する治療技法と効果指標をそのまま適用しており, “治療”から“予防”への洗練が必要である。そこで,本研究では以下の内容を研究目的とする。
    1) 研究1として,ユニバーサルレベルの予防的介入に特化した,症状や障害だけにとどまらない予防要因(防御要因)を測定する尺度を開発する。
    2) 研究2として,研究1で開発した効果測定尺度を用いて,ユニバーサルレベルの予防的介入に特化したストレスマネジメントを開発し,その有効性を確認する。

  • 小学校における認知行動的ストレスマネジメントの効果

    2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    小学生児童に対するメンタルヘルス教育を目的とした認知行動的ストレスマネジメントの効果を検証することを目的としている。学校現場において,全ての児童を対象として1次予防の観点から心の健康を考える教育活動を行い,その有効性を実証的に検証していく。

  • 小中学生に対するレジェリエンス・プログラムの開発と文化適応性の検討

    研究課題/領域番号:20KK0265  2021年04月 - 2024年03月

    独立行政法人日本学術振興会  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(A))

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 幼児から青少年までのレジリエンス向上を目指したプログラムと人材育成体制づくり

    2020年04月 - 2023年03月

    RISTEX社会技術研究開発センター  RISTEX ソリューション創出フェーズ 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金