山子 剛 (ヤマコ ゴウ)

YAMAKO Go

写真a

所属

工学教育研究部 工学科機械知能工学プログラム担当

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) ( 2007年3月   新潟大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 生体医工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 設計工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 材料力学、機械材料

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Thinner femoral cortical thickness in patients with destructive rheumatoid arthritis of the knee 査読あり

    Kakutani R, Kondo N, Yamako G, Mochizuki T, Someya K, Kawashima H

    Journal of Orthopaedic Surgery and Research   18 ( 1 )   850   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13018-023-04340-0

  • Weight-shifting-based robot control system improves the weight-bearing rate and balance ability of the static standing position in hip osteoarthritis patients: A randomized controlled trial focusing on outcomes after total hip arthroplasty 査読あり

    Miyazaki S, Yamako G, Arakawa H, T sakamoto, T kawaguchi, K Ito, Chosa E

    PeerJ   11   e15397   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7717/peerj.15397.

  • Evaluation of Sit-to-stand Movement in Older Adults with Locomotive Syndrome using the Nintendo Wii Balance Board 査読あり

    Yamako G, Punchihewa NG, Arakawa H, Tajima T, Chosa E

    Sensors   23 ( 7 )   3368   2023年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/s23073368

    PubMed

  • Leg Muscle Activity and Joint Motion during Balance Exercise Using a Newly Developed Weight-Shifting-Based Robot Control System 査読あり

    Yamako G., Ito K., Muraoka T., Chosa E.

    International Journal of Environmental Research and Public Health   20 ( 2 )   2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Environmental Research and Public Health  

    A novel and fun exercise robot (LOCOBOT) was developed to improve balance ability. This system can control a spherical robot on a floor by changing the center of pressure (COP) based on weight-shifting on a board. The present study evaluated leg muscle activity and joint motion during LOCOBOT exercise and compared the muscle activity with walking and sit-to-stand movement. This study included 10 healthy male adults (age: 23.0 ± 0.9 years) and examined basic LOCOBOT exercises (front–back, left–right, 8-turn, and bowling). Electromyography during each exercise recorded 13 right leg muscle activities. Muscle activity was represented as the percentage maximal voluntary isometric contraction (%MVIC). Additionally, the joint motion was simultaneously measured using an optical motion capture system. The mean %MVIC differed among LOCOBOT exercises, especially in ankle joint muscles. The ankle joint was primarily used for robot control. The mean %MVIC of the 8-turn exercise was equivalent to that of walking in the tibialis anterior, and the ankle plantar flexors were significantly higher than those in the sit-to-stand motion. Participants control the robot by ankle strategy. This robot exercise can efficiently train the ankle joint muscles, which would improve ankle joint stability.

    DOI: 10.3390/ijerph20020915

    Scopus

    PubMed

  • Development of a video camera-type kayak motion capture system to measure water kayaking 査読あり

    Miyazaki S, Yamako G, Kimura R, Punchihewa NG, Kawaguchi T, Arakawa H, Chosa E

    PeerJ   2023年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 関節外科(特集 運動器を扱うメディカルスタッフのためのバイオメカニクス必携)

    企画・編集:帖佐 悦男( 担当: 共著)

    メジカルビュー社  2016年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:94-99   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 未来型人工関節を目指して -その歴史から将来展望まで―

    吉川秀樹, 他( 担当: 共著 ,  範囲: pp.181-186)

    日本医学館  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 整形・災害外科 (特集 骨・関節のバイオメカニクス –最近の進歩)

    企画:黒坂昌弘( 担当: 共著 ,  範囲: pp.1365-1374)

    金原出版  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 橈骨遠位端骨折 最近の進歩と治療法の選択

    斎藤英彦,他( 担当: 共著 ,  範囲: pp.168-172)

    金原出版  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • Efficacy of inertial measurement units in the evaluation of trunk and hand kinematics in baseball hitting 査読あり

    Punchihewa N.G., Miyazaki S., Chosa E., Yamako G.

    Sensors (Switzerland)   20 ( 24 )   1 - 11   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Sensors (Switzerland)  

    Baseball hitting is a highly dynamic activity, and advanced methods are required to accurately obtain biomechanical data. Inertial measurement units (IMUs) can capture the motion of body segments at high sampling rates both indoor and outdoor. The bat rotates around the longitudinal axis of the body; thus, trunk motion plays a key role in baseball hitting. Segmental coordination is important in transferring power to a moving ball and, therefore, useful in evaluating swing kinematics. The current study aimed to investigate the validity and reliability of IMUs with a sampling rate of 1000 Hz attached on the pelvis, thorax, and hand in assessing trunk and hand motion during baseball hitting. Results obtained using the IMU and optical motion capture system (OMCS) were compared. Angular displacements of the trunk segments and spine joint had a root mean square error of <5◦ . The mean absolute error of the angular velocities was ≤5%. The intra-class correlation coefficient (>0.950) had excellent reliability for trunk kinematics along the longitudinal-axis. Hand velocities at peak and impact corresponded to the values determined using the OMCS. In conclusion, IMUs with high sampling rates are effective in evaluating trunk and hand movement coordination during hitting motion.

    DOI: 10.3390/s20247331

    Scopus

    PubMed

  • ロコモ度の機器による評価は? (特集 ロコモをめぐる最近の話題) -- (クリニカルクエスチョン)

    帖佐 悦男, 鄧 鋼, 田村 宏樹, 山子 剛, 塩満 智子, 鶴田 来美

    Loco cure = ロコキュア : 運動器領域の医学情報誌   2 ( 4 )   340 - 343   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:先端医学社  

  • 障害者スポーツの病態解析と機器の開発の研究 : バイオメカニクス研究を中心に

    帖佐 悦男, 鳥取部 光司, 田村 宏樹, 黒木 洋美, 山子 剛

    デサントスポーツ科学   37   35 - 42   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:石本記念デサントスポーツ科学振興財団事務局  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 半月板切除後におけるフロートリングの圧力分散効果

    佐藤 和,イスル ウダヤンガ,帖佐 悦男,山子 剛

    日本機械学会九州支部第76期総会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月6日

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 半月板インプラントを設置したブタ膝関節面の接触圧力計測

    内海光稀,山子剛

    日本機械学会九州支部第54回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月3日

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重心移動で操作するLocomotion Robotは,人工股関節全置換術後における立位姿勢の体重負荷率およびバランス能力を改善する

    宮﨑 茂明,山子 剛,荒川 英樹,坂本 武郎,川口 翼,伊東 きらり,中村 嘉宏,日吉 優,帖佐 悦男

    第6回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月4日 - 2022年11月6日

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 変形性股関節症患者の歩行時における歩行姿勢と股関節反力の関係

    鎗水 浩平,大内 宏輝,松本 大世,デン ガン,山子 剛,鳥取部 光司,帖佐 悦男

    第49回日本臨床バイオメカニクス学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月4日 - 2022年11月5日

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ワイヤレス慣性センサを用いた野球打撃動作の分析 招待あり

    山子 剛,Punchihewa Niroshan,帖佐 悦男

    第49回日本臨床バイオメカニクス学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月4日 - 2022年11月5日

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 工学部賞

    2023年5月   宮崎大学工学部  

    山子 剛

  • 優秀ポスター賞

    2022年11月   第6回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会   重心移動で操作するLocomotion Robotは,人工股関節全置換術後における立位姿勢の体重負荷率およびバランス能力を改善する

    宮﨑 茂明,山子 剛,荒川 英樹,坂本 武郎,川口 翼,伊東 きらり,中村 嘉宏,日吉 優,帖佐 悦男

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 第37回日本整形外科学会基礎学術集会感謝状

    2022年10月   日本整形外科学会  

    山子 剛

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 第9回ヘルスケア産業づくり貢献大賞「特別賞」

    2022年6月   九州ヘルスケア産業推進協議会  

    山子 剛

  • 第48回日本臨床バイオメカニクス学会感謝状

    2021年11月   日本臨床バイオメカニクス学会  

    山子 剛

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 半月板損傷後の膝軟骨を守るFloat-ring型インプラントの開発

    研究課題/領域番号:22H03925  2022年04月 - 2026年03月

    独立行政法人日本学術振興会  科研費  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 人工股関節全置換術後の生体力学的な未来予測

    研究課題/領域番号:17K01362  2017年04月 - 2021年03月

    科研費  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 術後の骨量減少が生じない傾斜低弾性人工股関節ステムの最適化研究(国際共同研究強化)

    研究課題/領域番号:15KK0213  2016年04月 - 2018年03月

    科研費  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 術後の骨量減少が生じない傾斜低弾性人工股関節ステムの最適化研究

    研究課題/領域番号:26750148  2014年04月 - 2016年03月

    科研費  若手研究(B)

  • 皮質骨の微細孔構造及び基質の石灰化が骨力学特性に及ぼす影響

    研究課題/領域番号:20700378  2008年04月 - 2010年03月

    科研費  若手研究(B)

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 半月板切除後に膝関節のクッションとして用いるフロートリングの開発

    2023年05月 - 2025年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)  官民による若手研究者発掘支援事業(社会実装目的型の医療機器創出支援プロジェクト) 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • Shell-core構造を実装した半月板インプラントの製造法確立と生体力学機能の評価

    2021年04月 - 2022年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)  橋渡し研究戦略的推進プログラム シーズA (北海道大学拠点) 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • Shell-core構造を実装する半月板インプラントの形状最適化

    2020年04月 - 2021年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)  橋渡し研究戦略的推進プログラム シーズA(北海道大学拠点) 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • フォースプレートを用いた『ロコモ』モニタリングシステムの製品化

    2015年04月 - 2017年03月

    国立研究開発法人 科学技術振興機構  JST マッチングプランナープログラム「探索試験」 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 機械的強度と弾性率を部位毎に最適化させた新素材活用による新たな人工 股関節ステムの開発と事業化

    2014年04月 - 2017年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構  AMED 医工連携事業化推進事業 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

全件表示 >>

研究・技術シーズ 【 表示 / 非表示