緑川 良介 (ミドリカワ リヨウスケ)

MIDORIKAWA Ryosuke

写真a

所属

医学部 医学科 機能制御学講座統合生理学分野

職名

助教

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 2003年3月   東京大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Distinct cell surface expression patterns of n-glycosylation site mutants of ampa-type glutamate receptor under the homo-oligomeric expression conditions

    Morise J., Yamamoto S., Midorikawa R., Takamiya K., Nonaka M., Takematsu H., Oka S.

    International Journal of Molecular Sciences   21 ( 14 )   1 - 11   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    © 2020 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. The AMPA-type glutamate receptor (AMPAR) is a homotetrameric or heterotetrameric ion channel composed of various combinations of four subunits (GluA1–4), and its abundance in the synapse determines the strength of synaptic activity. The formation of oligomers in the endoplasmatic reticulum (ER) is crucial for AMPAR subunits’ ER-exit and translocation to the cell membrane. Although N-glycosylation on different AMPAR subunits has been shown to regulate the ER-exit of hetero-oligomers, its role in the ER-exit of homo-oligomers remains unclear. In this study, we investigated the role of N-glycans at GluA1N63/N363 and GluA2N370 in ER-exit under the homo-oligomeric expression conditions, whose mutants are known to show low cell surface expressions. In contrast to the N-glycosylation site mutant GluA1N63Q, the cell surface expression levels of GluA1N363Q and GluA2N370Q increased in a time-dependent manner. Unlike wild-type (WT) GluA1, GluA2WT rescued surface GluA2N370Q expression. Additionally, the expression of GluA1N63Q reduced the cell surface expression level of GluA1WT. In conclusion, our findings suggest that these N-glycans have distinct roles in the ER-exit of GluA1 and GluA2 homo-oligomers; N-glycan at GluA1N63 is a prerequisite for GluA1 ER-exit, whereas N-glycans at GluA1N363 and GluA2N370 control the ER-exit rate.

    DOI: 10.3390/ijms21145101

    Scopus

    PubMed

  • Monitoring the glycosylation of α-amino-3-hydroxy-5-methyl-4-isoxazole-propionate-type glutamate receptors using specific antibodies reveals a novel regulatory mechanism of N-glycosylation occupancy by molecular chaperones in mice.

    Midorikawa R, Takakura D, Morise J, Wakazono Y, Kawasaki N, Oka S, Takamiya K

    Journal of neurochemistry   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jnc.14964

    PubMed

  • N-glycosylation of the AMPA-type glutamate receptor regulates cell surface expression and tetramer formation affecting channel function. 査読あり

    Kandel M., Yamamoto S., Midorikawa R., Morise J., Wakazono Y., Oka S., Takamiya K.

    Journal of Neurochemistry   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jnc.14565

    Scopus

  • Autophagy-dependent rhodopsin degradation prevents retinal degeneration in Drosophila. 査読あり

    Midorikawa R, Yamamoto-Hino M, Awano W, Hinohara Y, Suzuki E, Ueda R, Goto S.

    Journal of Neuroscience   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • KIF4 motor regulates activity-dependent neuronal survival by suppressing PARP-1 enzymatic activity. 査読あり

    Midorikawa R, Takei Y, Hirokawa N

    Cell   125 ( 2 )   371 - 83   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cell.2006.02.039

    PubMed

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • N型糖鎖修飾を介したAMPA受容体のチャンネル機能制御

    緑川良介、若園佳彦、高倉大輔、森瀬譲二、川崎ナナ、岡昌吾、高宮考悟

    西日本生理学会  (ニュウェルシティー宮崎)  高宮考悟

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月1日 - 2019年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ニュウェルシティー宮崎  

    AMPA型グルタミン酸受容体(AMPA受容体)の構成サブユニットの一つであるGluA1は、中枢神経系において神経細胞の興奮性シナプス伝達およびシナプス可塑性の制御に深く関与する。GluA1の細胞外ドメインには計6個のN型糖鎖修飾領域(63N, 249N, 257N, 363N, 401N, 406N) が潜在的に存在するが、その修飾パターンや役割についてはほとんど解明されていない。発表者らは、GluA1のN型糖鎖修飾に着目し、AMPA受容体の機能との関係について解析を行ってきた。その結果、脳内GluA1において401N糖鎖欠失型が有意に存在し、401N糖鎖欠失型GluA1で構成されるAMPA受容体は、グルタミン酸結合後、より持続的なカチオン浸透を示すことがわかった。また、この401N糖鎖欠失型GluA1のもつチャンネル特性は、ガングリオシドGM1との結合を介した脂質ラフトへの局在により発生することが明らかとなった。さらにchemical LTP誘導後の神経細胞において、401N糖鎖欠失型GluA1は脂質ラフト陽性のシナプス後膜に招集されることを示唆する結果を得ており、401N糖鎖欠失型GluA1がシナプス可塑性を制御している可能性が考えられる。

  • Monitoring the glycosylation of AMPA-type glutamate receptors using specific antibodies reveals a novel regulatory mechanism of N-glycosylation occupancy by molecular chaperones 国際会議

    Ryosuke Midorikawa, Daisuke Takakura, Joji Morise, Nana Kawasaki, Shogo Oka, Kogo Takamiya

    第92回日本生化学大会  (パシフィコ横浜)  新井洋由

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月18日 - 2019年9月20日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜  

    In the mammalian nervous system, protein N-glycosylation plays important roles in neuronal physiology. In the present study, we performed a comprehensive N-glycosylation analysis of GluA1, one of major subunit of AMPA-type glutamate receptor, which possesses six potential N-glycosylation sites in the N-terminal domain. By Mass Spectrometry (MS)-based analysis, we identified the N-glycoforms and semiquantitatively determined the site-specific N-glycosylation occupancy of GluA1. In addition, only the N401-glycosylation site demonstrated incomplete N-glycosylation occupancy. Therefore, we generated a peptide antibody that specifically detects the N401-glycan-free form to precisely quantify N401-glycosylation occupancy. Using this antibody, we clarified that N401 occupancy varies between cell types and increases in an age-dependent manner in mouse forebrains. To address the regulatory mechanism of N401-glycosylation, binding proteins of GluA1 around the N401 site were screened. HSP 70 family proteins, including Bip, were identified as candidates. Bip has been known as a molecular chaperone that plays a key role in protein folding in the ER. To examine the involvement of Bip in N401-glycosylation, the effect of Bip overexpression on N401 occupancy was evaluated in HEK293T cells, and the results demonstrated that Bip increases the N401-glycan-free form. The N401-glycan-free form in the GluA1 population could be induced by the selective prolongation of its protein half-life, possibly through the selective profolding effect on the N401-glycan-free form by Bip. Taken together, we propose that the N401-glycosite of GluA1 receives a unique control of modification, and we also propose a novel N-glycosylation occupancy regulatory mechanism by molecular chaperones that might be associated with AMPA receptors function in the brain.

  • Activity-dependent modulation of N-glycans in AMPA receptors involves in hippocampal synaptic plasticity

    緑川良介、若園佳彦、ムナル カンデル、川崎ナナ、高宮考悟

    文部科学省科研費 新学術領域研究「統合的神経機能の制御を標的とした糖鎖の作動原理解明」  (愛知県)  門松健治

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月3日 - 2017年3月4日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛知県  

  • Two N-glycosylation sites are essential for proper tetramer formation and cell surface expression of AMPA-type glutamate receptor

    Kandel Munal Babu, Ryosuke Midorikawa, Kogo Takamiya

    西日本生理学会  (鹿児島市 レインボー鹿児島)  桑木共之

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月7日 - 2016年10月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島市 レインボー鹿児島  

  • GluA1 N-glycosylation regulates channel properties of AMPA receptors.

    緑川良介、若園佳彦、ムナル カンデル、川崎ナナ、高宮考悟

    日本神経科学大会  (神奈川県)  入来篤史

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月20日 - 2016年7月22日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神奈川県  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • キネシンスーパーファミリーKIF4の細胞内における機能解析

    2004年04月 - 2005年04月

    科学研究費補助金  特別研究員推奨費

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    キネシンスーパーファミリー(KIFs)に属するKIF4の神経細胞内における機能について、生化学、細胞生物学、及び組織学的手法を用いて解析を行った。まず、Pull down assayによるKIF4結合蛋白質の同定を試みた。その結果、KIF4は核内酵素であるPoly-(ADP ribose) polymerase-1 (PARP-1)に対する抑制因子であることが分かり、これまでのモーター蛋白質にはない新規の機能をもつモーターであることが明らかとなった。続いて、KIF4の神経細胞内における生理機能についての解析を行った結果、以下のことが明らかとなった。
    1:マウス小脳顆粒細胞においてPARP-1は神経活動依存的に活性化し、その活性化は神経活動依存的な生存機構に寄与する
    2:KIF4はPARP-1活性に対し抑制的な働きをすることで、上記機構の制御を担う
    3:PARP-1の活動依存的な活性化は、以下のプロセスを経る:
    脱分極化に伴う、核内カルシウム浸透→CAM kinaseIIによるPARP-1の燐酸化→PARP-1のautomodification→KIF4のPARP-1からの解離、及びKIF4の核外への移行→KIF4からの解離による、PARP-1の持続的活性化
    さらに、発生初期での中枢神経系組織の構築におけるKIF4の機能について探るため、in utero electroporationによる大脳皮質神経細胞へのKIF4 deletion mutantの過剰発現を行った。その結果、PARP-1活性に対し抑制作用を持つheadless KIF4を発現させた神経細胞ではアポトーシスが誘導されたのに対し、PARP-1結合領域を欠失したtailless KIF4を発現させた場合では神経細胞の生存に影響がみられないことが確認された。これらのことから、発生段階におけるマウスの神経組織内において、KIF4/PARP-1複合体は、神経細胞の発生運命を制御している可能性が示唆された