山本 佳代 (ヤマモト カヨ)

YAMAMOTO Kayo

写真a

所属

多言語多文化教育研究センター

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(教育学) ( 2006年3月   宮崎大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 外国語教育

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 教室の国際化によって生まれる気づき ―留学生との英語プレゼンテーション交流― 招待あり 査読あり

    山本佳代

    宮崎大学教育・学習支援センター紀要   ( 5 )   27 - 34   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • コロナ禍の大学英語教育におけるESP―大学英語教員による共同報告 査読あり

    荒木瑞夫, 林 千晶, ヘンスリー ジョール, 川北直子, 光永武志, 中野秀子, 縄田義直, 鈴木千鶴子, 徳江 武, 山本佳代, 山内ひさ子, 安浪誠祐

    ESPの研究と実践   ( 13 )   30 - 45   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Lexical interrelatedness of semi-popularization articles across agricultural subdisciplines 査読あり

    Yamamoto, K., Araki, T., and Lavin, R. S.

    Extended Abstracts from BAAL 2019   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 英語プレゼンテーションスキル向上を目指した留学生参加型授業の展開

    山本佳代

    第68回九州地区大学教育研究協議会発表論文集   191 - 198   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    キャンパス内に発生するグローバルな環境を使った学習プログラム試み

  • 農学下位分野間の語彙的相互関連性 -semi-popularization記事によるコーパス分析- 査読あり

    山本 佳代, リチャード S. レイヴィン

    熊本県立大学大学院文学研究科論集   ( 12 )   111 - 123   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • (一社)大学英語教育学会 EAP 調査研究特別委員会(編)「大学英語教育の質保証に向けた EAP カリキュラム実態把握調査」研究成果最終報告書

    荒木瑞夫, 山本佳代( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 宮崎大学における農学部生向け基礎教育カリキュラムにおける EAP の実践)

    (一社)大学英語教育学会(JACET)  2018年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:106   担当ページ:82-89   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • Culture Shock for Nursing Students

    Naoko Kawakita, et.al( 担当: 共著)

    (財)宮崎県立看護学術振興財団  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 留学生とのオンライン・プレゼンテーション交流がもたらす異文化理解

    山本 佳代,  荒木 瑞夫, 内野 富子

    第27回 技術・研究発表交流会  (宮崎市民プラザ)  宮崎大学 産学・地域連携センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮崎市民プラザ  

  • 英語プレゼンテーションスキル向上を目指した留学生参加型授業の展開

    山本佳代

    第68回九州地区大学教育研究協議会  (ニューウェルシティ宮崎)  九州地区大学教育研究協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ニューウェルシティ宮崎  

  • Lexical interrelatedness of semi-popularization articles across agricultural subdisciplines 国際会議

    Kayo Yamamoto, Tamao Araki, Richard S. Lavin

    British Association for Applied Linguistics Conference 2019  (Manchester Metoropolitan University)  British Association for Applied Linguistics Conference

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月29日 - 2019年8月31日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Manchester Metoropolitan University  

  • Learners' contacting behaviors in large-scale asynchronous computer-mediated communication and perception of their own learning 国際会議

    Araki, T., Yamamoto, K.

    EuroCall  (Louvain-la-Neuve, Belgium)  EuroCALL

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月28日 - 2019年8月31日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Louvain-la-Neuve, Belgium  

  • 農学分野の学際性に関するコーパス分析

    山本佳代

    外国語教育メディア学会 第48回九州沖縄支部研究大会  (熊本大学)  外国語教育メディア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本大学  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 社会ネットワーク分析を用いた外国語学習環境の研究

    2020年04月 - 2023年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    荒木 瑞夫、山本 佳代

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 獣医学ESPカリキュラム作成のための基礎研究

    研究課題/領域番号:19K00913  2019年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山本佳代、荒木瑞夫

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • オンライン国際協同学習の大規模化と質保証モデルの開発

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    荒木瑞夫、山本佳代

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 農学ESPのニーズ分析と方法論的検討

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    古くから学際的な分野として発展してきた農学分野のESPのモデル構築を提示するとともに、多様な専門分野をはらむ大学でのESPアプローチ一般に関しても提言を行う。具体的には(1)ニーズ分析、(2)語彙リスト作成、(3)(1)と(2)に基づくオンライン教材作成の作業を行う。

  • 国際協同学習における参加ネットワークと第二言語発達過程に関する基礎研究

    2013年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    荒木瑞夫、山本佳代

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 学生の考え方に変化をもたらす英語クラスの「グローバル化」

    2015年04月 - 2017年08月

    宮崎大学 清花アテナ男女共同参画推進室  女性研究者支援加速のための研究助成 

    山本佳代、荒木瑞夫

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    国際学会にて、口頭発表「“Globalization” of English Classrooms for Triggering Changes in Students’ Mindsets(学生の考え方に変化をもたらす英語クラスの「グローバル化」)」を行った。宮崎大学の学士力発展課程の中で行っている活動(On-campus Exchange Program)について述べ、活動の事前・事後に行ったアンケートによる学生の心的変化について統計を用いた分析結果を発表した。