糠澤 桂 (ヌカザワ ケイ)

NUKAZAWA Kei

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

水文生態学

ホームページ

http://keinukazawa.webcrow.jp/home.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2008年03月

    岩手大学   工学部   社会環境工学科(元:建設環境工学科)   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2013年03月

    東北大学  工学研究科  土木工学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(工学)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境動態解析

  • 水工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 水文モデルを用いた河川環境評価

    共同研究  

    研究期間: 2010年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Growth and antibiotic resistance acquisition of Escherichia coli in a river that receives treated sewage effluent

    Suzuki Y., Hashimoto R., Xie H., Nishimura E., Nishiyama M., Nukazawa K., Ishii S.

    Science of the Total Environment   690   696 - 704   2019年11月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2019 Elsevier B.V. Wastewater treatment plants could discharge Escherichia coli and antibiotic resistant bacteria to the environment adjacent to, or downstream of their discharge point. However, their discharge also contains nutrients which could promote growth of E. coli in water environments. This study was done to clarify the potential of growth and antibiotic resistance acquisition of E. coli in a river environment. Levels of E. coli were monitored in a river that receives treated sewage effluent for over four years. River water, periphyton and sediment samples were collected at sites upstream and downstream of treated sewage inflow. Concentrations of E. coli increased in river water and periphyton at the sites downstream of the treated sewage inflow, although levels of E. coli were very low or below detection limit in the treated sewage samples. Concentrations of Chlorophyll a increased at the downstream sites, likely due to nutrient input from the treated sewage. Based on pulsed field gel electrophoresis, identical genotype occurred at multiple sites both upstream and downstream of the treated sewage inflow. However, strains resistant to antibiotics such as ampicillin, cefazolin, ciprofloxacin, and chloramphenicol were more frequently obtained from the downstream sites than the upstream sites. Multidrug resistant E. coli strains were detected in periphyton and sediment samples collected at the downstream sites. Non-resistant strains with PDGE genotype identical to the multi-drug strains were also detected, indicating that E. coli might have become resistant to antibiotics by acquiring resistance genes via horizontal gene transfer. Laboratory incubation experiment showed the growth of E. coli in periphyton or sediment-fed river water samples. These results suggest that the wastewater treatment inflow did not directly provide E. coli to the river water, but could promote the growth of periphyton, which could lead to the elevated levels of E. coli and the emergence of antibiotic resistant E. coli.

    DOI

  • A highly efficient method for concentrating DNA from river water by combined coagulation and foam separation

    Suzuki Y., Imafuku Y., Nishiyama M., Teranishi K., Jikumaru A., Nukazawa, K., Ogura Y.

    Separation Science and Technology     2019年  [査読有り]

    共著

  • Optimum condition for valuable seaweed growth to utilize treated sewage as a nutrient source

    Suzuki, Y., Nakada, K., Nukazawa, K., Yamanishi, H.

    Journal of Environmental Science and Technology   12 ( 1 ) 17 - 25   2019年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • 宮崎県小丸川水系の底生動物の個体数変動における餌資源因子の影響評価

    糠澤桂,有働祐也,鈴木祥広

    土木学会論文集B1(水工学)     2019年  [査読有り]

    共著

  • 下水消化汚泥の遠心脱水プロセスにおける高分子凝集剤の最適薬注率の設定

    鈴木祥広, 遠藤圭吾, 大幸和佳奈, 糠澤桂, 古橋勇一, 仲元寺宣明

    水環境学会誌     2019年  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 小丸川水系生物調査

    フィールドワーク 

    2018年04月
    -
    継続中
     

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第55回環境工学研究フォーラム 優秀ポスター発表賞

    2018年12月18日   土木学会  

    受賞者:  西村恵美,糠澤桂,鈴木祥広

  • 応用生態工学会第22回研究発表会 優秀ポスター研究発表賞

    2018年09月23日   応用生態工学会  

    受賞者:  糠澤桂

  • 平成28年度建設工学研究奨励賞

    2017年06月05日   一般財団法人建設工学研究振興会   宮崎における分布型汚濁流出モデルの開発とその利用による河川環境・生物多様性評価  

    受賞者:  糠澤桂

  • 第21回地球環境シンポジウム 優秀講演賞

    2014年09月   土木学会地球環境委員会  

    受賞者:  糠澤桂, 風間聡, 渡辺幸三

  • 平成24年度東北大学 工学研究科長賞

    2013年03月   東北大学  

    受賞者:  糠澤桂

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 流出解析に基づく流域一貫の河川生息場モデルの高度化: 流況と空間解像度に着目して

    若手研究

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  糠澤桂

  • インドネシア・バンドンのデング熱蚊の生態疫学:ウイルス伝播と気候変動影響の予測

    二国間交流事業共同研究

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  渡辺幸三

  • 健全な流砂系の回復によるサステナブル流域総合土砂管理の実証研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中  代表者:  赤松 良久

  • 蚊に着目したデングウイルスの空間伝播動態の解明と生態学的防御

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  継続中  代表者:  渡辺 幸三

  • 流域資源管理に向けた水文・藻類モデルを利用した河川総生物量推定手法の開発

    基盤研究(A)

    研究期間:  2016年04月  -  継続中  代表者:  風間 聡

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 総合土砂管理による河川生態系への影響の定量的評価手法の開発

    提供機関:  民間財団等  河川基金

    研究期間: 2017年04月  -  2019年03月  代表者:  入江 光輝

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 宮崎県小丸川流域における治水と生態系の総合評価のためのモデル開発

    提供機関: 国土交通省  一般受託研究

    研究期間: 2018年05月  -  2021年03月  代表者: 糠澤桂

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 工学部の研究のため

    寄附者名称:西日本技術開発(株) 2019年01月

  • 工学部の研究のため

    寄附者名称:西日本技術開発(株) 2018年01月

  • 工学部の研究のため

    寄附者名称:西日本技術開発(株) 2017年01月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 宮崎県耳川水系における流況改変が河川生態系に及ぼす影響

    白坂厚大, 糠澤桂, 鈴木祥広

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会  (長崎市)  2019年03月  -  2019年03月   

  • 宮崎海岸の養浜施工が前浜の土砂分布に及ぼす影響

    宮園昂, 伊藤健一, 糠澤桂, 鈴木祥広

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会  (長崎市)  2019年03月  -  2019年03月   

  • 宮崎県耳川流域における分布型流出モデルを用いたダム通砂運用の評価

    金山祐太, 糠澤桂, 鈴木祥広

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会  (長崎市)  2019年03月  -  2019年03月   

  • 自然河川の最上流域における大腸菌と腸球菌の薬剤耐性株の存在実態

    西村恵美, 糠澤桂, 鈴木祥広

    第55回環境工学研究フォーラム  (京都市)  2018年12月  -  2018年12月   

  • 牧場における畜産動物と畜舎周辺に生息する野生小動物の薬剤耐性大腸菌の実態調査

    廣木颯, 畔柳聴, 坂本信介, 小林郁雄, 上村涼子, 糠澤桂, 鈴木祥広

    第55回環境工学研究フォーラム  (京都市)  2018年12月  -  2018年12月   

全件表示 >>