森田 千尋 (モリタ チヒロ)

MORITA Chihiro

写真a

職名

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(工学)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 構造工学・地震工学・維持管理工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A HBM approach for temperature and heat flux convection–diffusion equations and nonlinear problems

    Zhao Y., Huang M., Tang J., Ouyang X., Morita C.

    Nuclear Engineering and Design   342   115 - 127   2019年02月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2018 Elsevier B.V. Solving convection diffusion equation is widely required in many fields of science, technology and engineering. The calculation is usually difficult and time-consuming. In this paper, a highly efficient method, the half boundary method (HBM), is proposed to solve the convection diffusion equation. The main idea of HBM is to reduce the order of the convection–diffusion equations by introducing a new variable and constructing the relations of the variables between the nodes inside the area and the nodes on half of the boundaries. Using the relations, the temperature and heat flux at any point can be calculated simultaneously, after obtaining the variables on the half of the boundaries. Because the unknown variables exist on only half of the boundaries, the computing matrix is reduced to only second order regardless of the number of nodes, the internal storage in the HBM is even less than that required in the finite volume method, making the HBM extremely fast and efficient. The validity and accuracy of the proposed method are investigated. Numerical studies for steady and unsteady, as well as nonlinear convection–diffusion equations, were carried out. The results show that HBM is more accurate than the finite volume method under identical grids conditions.

    DOI

  • 長崎県における耐候性鋼橋梁の腐食性状に関する研究

    中島和俊,加納勇,安波博道,森田千尋

    鋼構造論文集   25 ( 98 ) 35 - 43   2018年06月  [査読有り]

    共著

  • シザーズ構造の力学特性に関する研究

    池畑雄太,森田千尋,有尾一郎,濱優太,近広雄希

    九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム論文集   5   53 - 57   2017年12月

    共著

  • インフラ再生技術者育成のための道守養成講座の構築と認定者の活用の取組み

    松田浩, 中村聖三, 森田千尋, 奥松俊博, 高橋和雄

    土木学会論文集F4(建設マネジメント)   73 ( 4 ) I_21 - I_32   2017年12月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    インフラ再生を担う技術者育成の重要性に着目した長崎大学インフラ長寿命化センターは自治体,地域の建設業等からなるコンソーシアム"道守"養成ユニットを全国に先駆けて2008年度に設立した.社会人技術者を対象としたインフラの維持管理のキャリアを形成する学習ユニット積み上げ方式の道守養成講座のカリキュラムを開発し,人材育成を継続してきた.道守認定者の活動はこれまで主としてボランティアであったが,国土交通省による民間資格への登録を契機に維持管理に関する技術者としての活動が開始された.本論文は,道守養成講座の実施体制,養成講座のカリキュラム,達成評価基準,養成者数等の実績をこれまで蓄積された資料に基づいてまとめる.さらに,道守認定者の資格更新,認定後の自主的な活動,技術者としての活動等についてまとめる.

    DOI CiNii

  • アンケート調査に基づく道守認定者の活動・意向と道守養成ユニットへの反映

    高橋和雄, 松田浩, 中村聖三, 森田千尋

    土木学会論文集F4(建設マネジメント)   73 ( 4 ) I_10 - I_20   2017年12月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    長崎大学は2008年度に全国に先駆けて自治体及び建設業界からなる産学官連携コンソーシアムにより,道路の維持管理を担う社会人技術者を育成する道守養成講座を開催してきた.道守養成講座の開始から7年が経過した2015年4月の時点で道守認定者は約200人に達し,公共工事等に活用できる程度の認定者数が確保された.道守認定者の活動,活用及び意向等はこれまで具体的に把握されていない.そこで,本アンケート調査により,道守認定者としての活動内容,技術者としての活動,道守に関する情報入手,組織化,道守認定者としての自己評価,今後の道守養成講座の実施等についての現状と課題を明らかにした.さらに,アンケート調査の結果に基づいた道守養成講座の見直し,道守認定者への情報提供方法,認定後の活動内容等についてまとめる.

    DOI CiNii

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 耐候性鋼橋梁の可能性と新しい技術

    主査:山口栄輝 他 (担当: 共著 )

    日本鋼構造協会 テクニカルレポート  2006年10月

  • ロマンを訪ねて~九州橋紀行

    九州橋梁・構造工学研究会 主査:﨑元達郎 他 (担当: 共著 )

    西日本新聞社  1995年07月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 宮崎における橋梁点検技術者養成講座について

    森田千尋,福林良典,李春鶴,神山惇,安井 賢太郎,真木大介

    第23回関西大学先端科学技術シンポジウム     272 - 275   2019年01月  [依頼有り]

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   共著

  • 長崎県のインフラ維持管理の現状と長崎大学の道守養成講座

    松田浩,森田千尋,中村聖三,池田正樹

    橋梁と基礎   ( 3月 ) 41 - 45   2016年03月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度土木学会全国大会第73回年次学術講演会優秀発表賞

    2018年11月12日   公益社団法人土木学会  

    受賞者:  佐藤宏紀,森田千尋,小川裕紀,大西晋太郎

  • 国土技術開発賞二0周年記念創意開発技術賞

    2018年07月31日   国土交通省  

    受賞者:  計測リサーチコンサルタント,K&Tこんさるたんと,伊藤幸広,松田浩,出水享,福岡県工業技術センター,森田千尋

  • 第25回鋼構造年次論文(報告)発表会優秀発表賞

    2017年11月18日   一般社団法人日本鋼構造協会  

    受賞者:  森田千尋,野中拓海,大木翔太

  • 第18回国土技術開発賞創意開発技術賞

    2016年07月26日   国土交通省  

    受賞者:  計測リサーチコンサルタント,K&Tこんさるたんと,伊藤幸広,松田浩,出水享,福岡県工業技術センター,森田千尋

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 光学的計測法を用いた仮設足場を用いない効率的・低コストな橋梁健全度診断手法の開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  松田浩

  • 歴史的建造物のオーセンティシティと耐震性確保のための保存再生技術の開発

    基盤研究(S)

    研究期間:  2016年04月  -  2021年03月  代表者:  青木孝義

  • 地方における橋梁維持管理のための簡易点検診断法の提案と三次元解析モデルの構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月  代表者:  森田千尋

  • 光学的手法による仮設足場を設置しない低コストな海洋渡海橋の外観点検システムの開発

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月  代表者:  松田浩

  • 離半島地域における小規模橋梁の実態調査と三次元写真計測・FE解析による健全度評価

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月  代表者:  森田千尋

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 社会人の学び直しとしての「橋梁点検技術者」養成システムの構築

    提供機関:  宮崎大学  戦略重点経費

    研究期間: 2018年06月  -  2019年03月 

  • 社会人の学び直しとしての「橋梁点検技術者」養成プログラムの試行

    提供機関:  宮崎大学工学部  学部長裁量経費

    研究期間: 2017年08月  -  2018年03月 

  • 社会人の学び直しとしての「橋梁点検技術者」養成プログラムの開発

    提供機関:  宮崎大学工学部  学部長裁量経費

    研究期間: 2016年08月  -  2017年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Human resource development of bridge inspection engineers in Miyazaki

    Chihiro MORITA  [招待有り]

    International Symposium on Infrastructure Maintenance and Management in Asia  2019年03月  -  2019年03月   

  • SfMを用いた橋梁の3Dモデル化の精度検証に関する研究

    小川裕棋,佐藤宏紀,森田千尋,山根誠一,濱田貴光

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会  2019年03月  -  2019年03月   

  • 人工海水を用いた大気暴露試験による Zn-Al溶射鋼の腐食劣化に関する研究

    白井敬大,中野敦,森田千尋,押川渡,米沢昇

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会  2019年03月  -  2019年03月   

  • ワッペン式暴露試験による腐食量調査と長期腐食予測に関する研究

    深見俊介,森田千尋,中島和俊,安波博道,押方元寛

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会  2019年03月  -  2019年03月   

  • 宮崎における橋梁点検技術者養成講座について

    森田千尋,福林良典,李春鶴,神山惇,安井 賢太郎,真木大介  [招待有り]

    第23回関西大学先端科学技術シンポジウム  2019年01月  -  2019年01月   

全件表示 >>