安在 弘樹 (アンザイ ヒロキ)

ANZAI Hiroki

写真a

所属

農学部 畜産草地科学科

職名

助教

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 2016年3月   京都大学 )

  • 修士(農学) ( 2013年3月   京都大学 )

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 行動

  • 放牧

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 動物生産科学

学歴 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   農学研究科   応用生物科学専攻

    - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 京都大学   農学研究科   応用生物科学専攻

    - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 京都大学   農学部   資源生物科学科

    - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 宮崎大学   農学部   畜産草地科学科   助教

    2017年07月 - 継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 全国放牧畜産ネットワーク協議会

    2020年4月 - 現在

  • 畜産システム研究会

    2019年4月 - 現在

  • 日本草地学会

  • 日本畜産学会

  • システム農学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Interindividual differences and their consistency in grazing cattle behavior across seasons 査読あり

    Anzai H, Shitajikkoku M, Hani K, Yamada N, Hirata M.

    Proceedings of the XXIV International Grassland Congress / XI International Rangeland Congress   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Shift in management strategy of yak herding in the south of Mustang District, Nepal, Himalaya 査読あり 国際共著

    Anzai H, Shah MK, Kumagai H.

    Proceedings of the XXIV International Grassland Congress / XI International Rangeland Congress   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Development of an apparatus for evaluating the visual and olfactory discrimination ability of cattle under controlled target visibility. 査読あり

    Hirata M, Kusatake N, Anzai H

    Behavioural processes   104526   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.beproc.2021.104526

    PubMed

  • Individual Monitoring of Behavior to Enhance Productivity and Welfare of Animals in Small-Scale Intensive Cattle Grazing Systems 査読あり

    Anzai H., Hirata M.

    Frontiers in Sustainable Food Systems   5   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Sustainable Food Systems  

    To enhance productivity and welfare of individual animals maintained as a group, management based on individual behavioral tendencies is essential, which requires individual monitoring of animal behavior. Several behavior monitoring systems are currently available to livestock producers. The data obtained from these systems are analyzed to detect significantly high or low frequencies or intensities of behavior associated with estrus, calving and poor health conditions based on thresholds or past trends of the monitored individual. However, because behavior under grazing is more complex and changeable than under confinement, behavioral symptoms are more difficult to detect, and on-farm monitoring of individual animal behavior has been less validated and utilized in grazing systems. Nevertheless, individual monitoring of all animals in a herd is more feasible and cost-effective in small-scale intensive grazing systems because these systems pursue high productivity at the individual level with smaller herd size than large-scale extensive systems. Individually tailored management to enhance productivity and welfare will be possible by focusing on inter-individual differences in behavior within a herd. Behavior of an individual can be analyzed and understood in more detail by comparing it with those of the herd mates. Higher or lower levels of specific activities than the other animals can be associated with health disorders, temporal changes in physiological states, or productivity- or welfare-related traits. More sensitive monitoring and detection of behavioral responses of individuals to changes in nutritional, physical and social environments will lead to more efficient and welfare-conscious management that better meets the needs of individuals.

    DOI: 10.3389/fsufs.2021.694413

    Scopus

  • Effects of Heat Stress on Heart Rate Variability in Free-Moving Sheep and Goats Assessed With Correction for Physical Activity 査読あり

    Kitajima K., Oishi K., Miwa M., Anzai H., Setoguchi A., Yasunaka Y., Himeno Y., Kumagai H., Hirooka H.

    Frontiers in Veterinary Science   8   658763   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Veterinary Science  

    Heart rate variability (HRV) is the heart beat-to-beat variation under control of the cardiovascular function of animals. Under stressed conditions, cardiac activity is generally regulated with an upregulated sympathetic tone and withdrawal of vagal tone; thus, HRV monitoring can be a non-invasive technique to assess stress level in animals especially related to animal welfare. Among several stress-induced factors, heat stress is one of the most serious causes of physiological damage to animals. The aim of this study was to assess the effects of heat stress on HRV in small ruminants under free-moving conditions. In three experimental periods (June, August, and October), inter-beat intervals in sheep and goats (three for each) in two consecutive days were measured. HRV parameters were calculated from the inter-beat interval data by three types of analyses: time domain, frequency domain, and non-linear analyses. The temperature–humidity index (THI) was used as an indicator of heat stress, and vectorial dynamic body acceleration (VeDBA) was calculated to quantify the physical activity of the animals tested. First, we investigated correlations of THI and VeDBA with HRV parameters; subsequently, THI was divided into five categories according to the values obtained (≤ 65, 65–70, 70–75, 75–80, and >80), and the effects of the THI categories on HRV parameters were investigated with and without correcting for the effects of physical activity based on the VeDBA. The results indicated that HRV significantly decreased with increasing THI and VeDBA. For non-linear HRV parameters that were corrected for the effects of physical activity, it was suggested that there would be a threshold of THI around 80 that strongly affected HRV; high heat stress can affect the autonomic balance of animals non-linearly by inducing the sympathetic nervous system. In conclusion, to assess psychophysiological conditions of unrestrained animals by HRV analysis, the confounding effect of physical activity on HRV should be minimized for a more precise interpretation of the results.

    DOI: 10.3389/fvets.2021.658763

    Scopus

    PubMed

    researchmap

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

MISC 【 表示 / 非表示

  • 九州における放牧酪農の現状と課題

    宮嵜宥佳・安在弘樹

    放牧通信   ( 17 )   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • ネパールにおけるヤクの飼養 招待あり

    熊谷元,安在弘樹

    農業   ( 1589 )   60 - 64   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:大日本農会  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 放牧家畜の空間分布を遠隔制御する新たな技術の開発に関する予備研究:無人車両によるherdingに対するウシの行動反応とその制御性能

    安在弘樹, 櫻井ひな

    2022年度日本草地学会岩手大会  2022年3月  日本草地学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Interindividual differences and their consistency in grazing cattle behavior across seasons 国際会議

    Anzai H, Shitajikkoku M, Hani K, Yamada N, Hirata M.

    The Joint International Grassland and International Rangeland Congress 2021  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月23日 - 2021年10月29日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Shift in management strategy of yak herding in the south of Mustang District, Nepal, Himalaya 国際共著 国際会議

    Anzai H, Shah MK, Kumagai H.

    The Joint International Grassland and International Rangeland Congress 2021  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月23日 - 2021年10月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Individual monitoring of behavior to enhance productivity and welfare of animals in small-scale intensive cattle grazing systems 招待あり 国際会議

    Anzai H, Hirata M.

    Grazing in Future Multi-Scapes  2021年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 暑熱条件下の昼夜放牧におけるホルスタイン種乾乳牛の採食時間に及ぼす気象要因の影響

    安在弘樹, 中岡恵大

    日本畜産学会第128回大会  (九州大学)  日本畜産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月28日 - 2021年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本畜産学会奨励賞

    2018年3月   日本畜産学会   フィールド調査を軸としたアジアにおける家畜生産システムに関する研究

    安在弘樹

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • 第49回国際応用動物行動学会大会 Student Poster Competition, The Best Presentation Award

    2015年9月   国際応用動物行動学会   Selectivity for rangeland characteristics by grazing yaks in Western Nepal, Himalaya

    Anzai H

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第16回AAAP大会プレゼンテーションアワード

    2014年10月   日本畜産学会   Use of GPS and GIS for estimating grazing pattern of yak in western Nepal, Himalaya

    安在弘樹

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 飼料生産におけるツマジロクサヨトウ対策事業

    2019年10月 - 2021年03月

    日本中央競馬会  日本中央競馬畜産振興事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 黒毛和種繁殖雌牛の放牧行動における群内個体差は生産成績と関連するか?

    2019年04月 - 2020年03月

    民間財団等  2019年度 伊藤記念財団 研究助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 遠隔モニタリングに基づく放牧草地の状態と家畜の行動の相互作用評価

    2018年04月 - 2019年03月

    民間財団等  2018年度 一般財団法人旗影会 研究助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • システム農学   企画委員  

    2021年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本草地学会   和文誌A編集幹事  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本草地学会   学会賞推薦委員  

    2021年4月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 放牧牛の行動に関する研究紹介 ―暑熱対策と空間分布制御について―

    役割:出演, パネリスト

    コープ九州  コープ九州グラスファーミングオンラインミーティング  2022年7月11日

 

授業 【 表示 / 非表示

  • 畜産草地科学序説

     詳細を見る

    科目区分:専門教育科目 

  • 放牧生態学

     詳細を見る

    科目区分:専門教育科目 

  • 草地資源管理・利用

     詳細を見る

    科目区分:専門教育科目 

  • 畜産概論

     詳細を見る

    科目区分:専門教育科目 

  • Biological Genetic Resources

     詳細を見る

    科目区分:大学院科目(修士) 

全件表示 >>