末次 大輔 (スエツグ ダイスケ)

SUETSUGU Daisuke

写真a

所属

工学教育研究部 工学科土木環境工学プログラム担当

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) ( 2004年6月   九州大学 )

  • 修士(工学) ( 1997年3月   九州大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 地盤工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 中詰め材と金網の種類の違いが蛇籠の圧縮特性に与える影響 査読あり

    中澤博志,末次大輔,原忠,栗原裕之,西剛整

    材料   73 ( 1 )   46 - 51   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Zairyo/Journal of the Society of Materials Science, Japan  

    The advantage of gabion structures is that they are simple, cost-effective, and quick to construct, and they are used in a wide variety of applications in Japan and abroad. However, despite the fact that wire mesh comprising the gabion has been used for a long time, there are few studies on its basic mechanical properties. Therefore, the design and construction of gabion structures are mostly based on experience due to the lack of established design methods. In this study, large triaxial compression tests on the stones for filling into gabion boxes and a series of compression tests on miniature gabions were carried out in order to understand the basic mechanical properties of the structures. From the tests, the compressive properties of the miniature gabions were found to be varied depending on the difference of geometry of the stone and the combination of the shape and direction of the wire mesh. These results suggest that an understanding on deformation mechanism of gabion structures is necessary for their reasonable design and construction.

    DOI: 10.2472/jsms.73.46

    Scopus

    CiNii Research

  • EFFECT OF DIATOMACEOUS EARTH ON DESICCATION CRACKING OF EXPANSIVE SOILS 査読あり

    Tadesse A.B., Fukubayshi Y., Koyama A., Suetsugu D.

    International Journal of GEOMATE   24 ( 105 )   66 - 76   2023年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of GEOMATE  

    Expansive soils shrink and swell, causing considerable density differences as the moisture content varies and cracks develop as the soil dries. This cracking condition has a detrimental effect on the stability of infrastructure built on expansive soil, such as road embankments. This paper investigates the influence of diatomaceous earth (at 5%, 10%, 15%, and 20% DE percent by mass) on the desiccation cracking of expansive soils. The report demonstrates an image analysis technique to describe soil surface cracking quantitatively. The geometric features of cracks, such as surface crack area and crack connectivity, were estimated and examined. The study considers soil crack area ratio and cracking index to investigate the effect of diatomaceous earth on expansive soil surface cracking. The crack area ratio and cracking index analysis results show that the expansive soil surface cracking is uneven and significant. The soil matrix containing 10% and 20% diatomaceous earth has reduced surface cracking and a homogenous radial cracking pattern. The image analysis approach, an essential method to quantitatively quantify soil desiccation cracking, revealed that diatomaceous earth substantially affects surface crack reduction.

    DOI: 10.21660/2023.105.g12280

    Scopus

  • 日南層群分布域の道路斜面の動態観測と地下水位推定による地すべり挙動の検討 査読あり

    伊集院 弘尚, 福林 良典, 神山 惇, 末次 大輔

    地盤工学会災害調査論文報告集   1 ( 1 )   121 - 137   2023年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    イモ洗いのニホンザルが生息する宮崎県串間市の幸島から,南へ2.0kmほど国道448号を南下した箇所で,令和2年7月豪雨により路側構造物や道路に変状をきたす道路災害が発生した。当該箇所は,平成22年(2010年)から現在に至るまで,数回にわたり被災・復旧を繰り返している箇所であり国道448号の道路管理上の要ともいえる場所である。令和2年7月豪雨においては,擁壁の増し打ちアンカーの抜け出し,擁壁の傾倒・沈下,道路のクラック等の変状が確認され,全面通行止めによる通行規制が数か月間に渡り実施された。人的被害の発生は免れたものの,地域経済や観光業,緊急輸送道路としての機能に少なからず影響を与え,地域住民の生活に大きな制限を強いたことは言うまでもない。本事例報告においては,過去に発生した被災状況及び令和2年7月豪雨で発生した被災状況を紹介しながら,地盤工学的観点から,同じ箇所で繰り返し発生する道路災害防止に関しての1つの考えを述べるものである。

    DOI: 10.11512/jgsdr.1.1_121

    CiNii Research

  • 宮崎県西米良村における国道219号線での道路盛土の崩壊と復旧工 査読あり

    神山 惇, 福林 良典, 伊集院 弘尚, 末次 大輔

    地盤工学会災害調査論文報告集   1 ( 1 )   115 - 120   2023年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    令和2年7月豪雨により,宮崎県西米良村にある国道219号の道路盛土が崩壊した。当該現場は令和元年台風17号においても同様な被害が生じている。本稿では,令和2年7月豪雨における当該現場での被災状況調査結果について報告するとともに,過去の豪雨による被害事例について述べる。そして,今回の被害を受け設計,施工されている復旧工の様子を示す。

    DOI: 10.11512/jgsdr.1.1_115

    CiNii Research

  • Evaluation of base course consisting of soil bags filled with fine-grained soil using the dynamic cone penetration test 査読あり

    Fukubayashi Y., Koyama A., Suetsugu D.

    E3S Web of Conferences   368   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:E3S Web of Conferences  

    In African countries, in order to improve the trafficability of earth and gravel road, locally available material-based and labour-based approach are regarded as one of the most practical measures. As one of the approaches, a base course reinforcement method using Do-nou, which is the Japanese term for soil bag, had been developed. In this study, the bearing capacity of base course built with Do-nou has been examined through the Dynamic Cone Penetration tests (DCP). The series of full-size driving tests have been conducted with varying base structures and compaction methods. The results of the DCP tests show that, only in the case of Do-nou reinforcement base with manual compaction, the strength distribution balance at the part of base course and subgrade within 800 mm in depth from surface was shifted from average to well after being subjected to traffic load. In the other two cases, the balance remained average. It presents that by reinforcing soil material with Do-nou bags, the base course compacted manually keeps the sufficient bearing capacity and well-balanced strength profile in depth comparing with those conventionally designed and constructed with equipment.

    DOI: 10.1051/e3sconf/202336802030

    Scopus

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Q&Aでわかる土木と木材

    末次大輔,他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第7章)

    (公社)土木学会  2023年3月  ( ISBN:9784844609186

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 土質力学

    安福 規之 , 石藏 良平 , 大嶺 聖, 笠間 清伸 , 酒匂 一成 , 蒋 宇静 , 末次 大輔 , 杉本 知史 , 林 泰弘 ( 工学), 福林 良典 , 松原 仁 , 椋木 俊文 , 村上 哲 , 山本 健太郎 ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第6章,他)

    理工図書  2022年9月  ( ISBN:9784844609186

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  • 熊本地震被災構造物の復旧に関する調査研究

    末次大輔,他( 担当: 分担執筆)

    地盤工学会九州支部  2023年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • Vibration characteristics of lightweight embankments converted from bridges on soft ground using polyurethane filling

    Koyama A., Suetsugu D., Fukubayashi Y.( 担当: 単著)

    Smart Geotechnics for Smart Societies  2023年1月  ( ISBN:9781003299127

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    A method of filling the lower space of a bridge with rigid polyurethane foam (RPU foam) to reduce the traffic load along with seismic reinforcement is often applied to extend the life of bridges in Japan. The purpose of this study was to evaluate the reinforcement effect and change in the vibration characteristics of a bridge that was converted into a lightweight embankment using RPU foam filling. A truck was driven before and after filling an actual bridge with RPU foam and monitored the embankment behavior. RPU foam was observed to reduce the vibration and strain of the slab at the center of the span. The predominant frequency inside the RPU foam when a traffic load was applied was approximately 5 Hz, and long-period vibration was confirmed compared to the slab. Enclosed CPI_AR_PDF1.7.joboptions should be used to create the final camera ready copy PDF file. The publisher will reduce camera-ready copies by 75%. For the convenience of the authors, template files for MS Word 6.0 (and higher) are provided. R_PDF1.7.joboptions should be used to create the final camera ready copy PDF file. The publisher will reduce camera-ready copies by 75%. For the convenience of the authors, template files for MS Word 6.0 (and higher) are provided.

    DOI: 10.1201/9781003299127-298

    Scopus

  • Integrity and restoration of soil structures damaged by the 2016 Kumamoto earthquake

    Suetsugu D., Sahara K., Konami T., Fukuda N., Hirae F.( 担当: 単著)

    Smart Geotechnics for Smart Societies  2023年1月  ( ISBN:9781003299127

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    During the 2016 Kumamoto earthquake, which caused two seismic intensities of seven for two days, numerous severely damaged infrastructures were constructed in the vicinity of active faults. Most of these structures have now been reconstructed and are currently in service. In such areas, it is necessary to consider the minimization of the damage as much as possible in the event of future seismic motion or ground surface displacement. In addition, if the deformed structure can avoid collapse, it is necessary to evaluate its integrity for its use. In this study, surveys were conducted on two types of structures: a steel strip reinforced soil wall and an expanded polystyrene lightweight embankment located near active faults that was damaged during the Kumamoto earthquake. The methods were used to evaluate the integrity of the structures and the policies and methods of reconstruction.

    DOI: 10.1201/9781003299127-299

    Scopus

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 塩水浸透劣化に伴うセメント処理土の強度特性の変化

    井上徹郎、末次大輔

    第54回地盤工学研究発表会講演概要集   581 - 582   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)地盤工学会  

  • ネパール国における蛇籠擁壁の健全性評価

    原忠,柴原隆,西剛整,中澤博志,木村瞬,末次大輔,下村昭司,西村義幸

    第54回地盤工学研究発表会講演概要集   1583 - 1584   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)地盤工学会  

  • 令和元年8月豪雨により決壊した佐賀県小城市のため池被災調査報告

    工藤啓幹,神山惇,末次大輔,藤本哲生

    令和元年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集   331 - 332   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)土木学会西部支部  

  • 熊本地震による土構造物の被災状況と被害軽減への課題

    末次大輔

    2020 全建宮崎   ( 55 )   5 - 8   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:宮崎県建設技術協会  

  • 蛇籠金網の引張強度特性に関する基礎的検討

    中澤博志,栗原裕之,中村有志,末次大輔,原忠

    第74回年次学術講演会講演概要集   III-487   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)土木学会  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 高炉スラグとオルトケイ酸ナトリウムによる改良土の強度及び海水環境下における劣化特性

    立和名圭太,安井賢太郎,山田 宏,原 弘行,末次 大輔

    令和5年度土木学会西部支部研究発表会  2024年3月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鋼材により耐震補強された発泡ウレタン軽量盛土の地震時挙動の検討

    月足天衣,神山 惇,末次大輔,福林良典,審良善和,三田部 均

    令和5年度土木学会西部支部研究発表会  2024年3月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 砂岩泥岩互層斜面における崩壊危険性に関する素因分析

    前田陸也,末次大輔,神山 惇,吉村辰朗,福田直三

    令和5年度土木学会西部支部研究発表会  2024年3月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • ため池堤体の3次元浸透流に及ぼす谷地形の影響

    西原 希,川野純也,神山 惇,末次大輔,福林良典,藤本哲生

    令和5年度土木学会西部支部研究発表会  2024年3月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 貯水位上昇と降雨浸透が同時作用するため池堤体内部の3次元浸透流の検討

    川野純也,神山 惇,末次大輔,福林良典,藤本哲生

    令和5年度土木学会西部支部研究発表会  2024年3月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 沿岸部軟弱地盤地帯におけるセメント混合処理地盤の健全度評価手法の開発

    研究課題/領域番号:21K04258  2021年04月 - 2024年03月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 沿岸部軟弱粘土地盤地帯における深層混合処理地盤の長期耐久性の解明

    研究課題/領域番号:18K04348  2018年04月 - 2023年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    セメントならびに石灰処理土はカルシウムの溶脱に伴い徐々に軟弱化する。軟弱化の速さは地下水中(海水中)のマグネシウム濃度に依存する。沿岸部の軟弱粘土地盤地帯で施工された既設のセメント処理地盤の長期的な安定性の評価方法は確立されておらず,軟弱化による力学的不安定化メカニズムの解明が必要である。本研究では,セメント混合処理土と周辺地盤との相互作用に着目することにより,処理土-粘土間の海水の浸透特性ならびに処理土-粘土間の軟弱化に伴う力学的相互作用の変化を明らかにする。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 桁下空間の発泡ウレタン充填による橋梁の長寿命化の評価

    2021年04月 - 2022年03月

    NEXCO関係会社高速道路防災対策等に関する支援基金  令和3年度 高速道路の防災対策、災害支援等の研究機関への助成 

    末次大輔、神山惇、福林良典、三田部均

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • UAVによる航空測量技術を用いた切土法面構造物の変状抽出手法の検討

    2019年07月 - 2020年03月

    民間財団等  宮 崎 『 ひ と ・ ま ち ・ み ら い 』 づ く り に 関 す る 研 究 ・ 活 動 等 助 成 事 業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    宮崎県には宮崎層群や日南層群といった地質リスクの多い地域に長大切土法面が多数存在する。これらの点検の低コスト化、省力化や、正確かつ精度の高いハザードの把握が必要となっている。本研究では、デジタルカメラおよびレーザースキャナを搭載したUAVを用いて、モルタル吹き付けならびにコンクリート法枠工の変状箇所を抽出する手法と、変状進展のモニタリング方法について検討する。

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 小丸川水系渡川ダムの堆積土砂を有効利用した流域土砂生産抑制による新しい総合土砂管理の検討

    2021年05月 - 2023年03月

    国土交通省九州地方整備局  一般受託研究 

    入江 光輝、末次 大輔、福林 良典、関戸 知雄、光田 靖

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  受託研究区分:一般受託研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • UAVによる航空測量技術を用いた切土のり面構造物の変状抽出手法の検討

    2021年04月 - 2022年03月

    株式会社ジオセンターエム  国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究

  • 崩壊危険斜面における土中水分動態の観測手法に関する研究

    2020年08月 - 2021年03月

    日本地研株式会社  国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究